国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<天安門事件29年集会に12万人、香港で夜中まで祈りの集会

2018/06/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月5日(火曜日)弐
         通巻第5716号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 天安門事件29年集会に12万人、香港で夜中まで祈りの集会
  大学はボイコットを決めたが、集会は予測をこえる人々があつまった
****************************************

 あの天安門の虐殺(89年6月4日)を中国政府は「反革命暴乱」と言ってのけた。公式発表での死者は316名とか。

 西側は中国を制裁し、また民主活動家たちの亡命を欧米は受け入れた。多くがパリ、ニューヨークに逃れた。
 そして29年の歳月はまたたくまに流れ去り、ノーベル平和賞の劉暁波は獄中で死を迎え、民主化運動は消えかけようとしていた。

 制裁を真っ先に解除したのは日本だった。世界の自由民主団体から批判されたが、しかしその後、日本の頭を越えて中国に大接近し、投資したのは欧米諸国だった。
 フランスも英国も、訪中の度に取って付けたように「人権」を言ったが、それはジェスチャーに過ぎず、ドイツのメルケルに到っては人権を口にもしなくなった。「人権」は、中国という巨大なマーケットの前では、ずいぶんと軽くなったのである。

 当時の指導者だったウアルカイシは台湾にあり、王丹はボストンになり、柴玲はニューヨークでファンドを経営し、それぞれが違う人生を歩んだ。

あたらしい波は香港の雨傘運動、台湾の民主化運動、そして連帯する世界各地の民主化団体で、静かな祈りの集会を立ち上げた。蝋燭を手にして、静かな抗議、香港では12万人が集まった。
会場のヴィクトリア公園は参加者で埋め尽くされ、中国共産党の暴政を静かに、祈りの行動を持って表現した。
         ▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 朝日新聞という巨悪の根源を斬る名刀が冴えわたる
  切支丹伴天連たちは、戦国の世に何をしたのか

  ♪
高山正之『高山正之が斬る朝日新聞の魂胆を見破る法』(テーミス)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 このシリーズも第四弾。巨大メディアが毎日、息を吐くように平気でつく嘘を抉りだし、真実に迫る快著である。
とりわけ朝日新聞の欺瞞と虚偽とフェイクの作り方、その見破り方など、いつもの高山節が冴える。
 朝日新聞はマッカーサー元帥が押しつけた憲法を「良い」と称賛するICU副学長の談話を利用しているが、ICUとは、キリスト教布教のためにマッカーサーから強要されて、創設された戦後の大学である。
 ところがGHQの意図に反して、卒業生はキリスト教に染まらず、要するに日本ではキリスト教は、上から強圧的に布教しても、末端には普及しなかった。
 なぜか。
 この先はメディア批判ではなく、高山さんの切支丹伴天連批判となる。
 ポルトガルの火縄銃が種子島に漂着した。
 「30年もしないうちに自分たちで工夫して世界最大の鉄砲王国となった。キリスト教も、もう八百万の神がいる。一人増えても気にしなかった」
のである。
 しかし伴天連の宣教師らの意図は、日本をキリスト教化し、支配権を握り、ポルトガルの植民地に作り直し、富を搾取することにあった。
 「ついでに彼らはその調査費用稼ぎも兼ねて商売をした。日本の美術品の売買とかもあるが、主な商品は奴隷だった。キリシタン大名は乞われるまま、例えば有馬晴信は領民の子供達を召し上げて『インド副王に献呈した』記録がある」(中略)「敵の城主も妻も子も大奥の女も捕らえ、ときには百姓領民も捕虜にして海外に売った。鉄砲の火薬に欠かせない硝石1樽は女50人と交換された。大友宗麟らが出した遣欧少年使節はその旅の先々で日本女性が鎖に繋がれ、秘所を丸出しにして売買される姿を目撃している。切支丹大名は領内の神社仏閣を打ち壊し、僧侶にキリスト教への改宗を迫り、拒絶する者を焼き殺した」
 なんとも凄まじい。
 マッカーサーも、これに倣って神道を敵視し、靖国神社を破壊してドッグレース場にしようとした。
そのうえ、日本政府の金で2000万冊の聖書を運びこみ、日本に1500人の宣教師を呼び寄せ、しかも日本の金でICUを建てさせ、教育にキリスと教を混入させた。
しかしながら伴天連には秀吉の時代から懲り懲りだったので、日本での信者は増えなかった。
一気に読むと清涼飲料10本に値する快著だ。
           ○○ ○○○○○ ○○○○○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊『アメリカの「反中」は本気だ』!   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにある
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (AMAZONから購入は上記サイト。定価1404円)
          ◇□△□ ◇◎△◇ □△◇□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎先生の最新刊、『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)を早速購読し、読み終えました。
本書の特色はいつものことですが、徹底的に現場主義、それゆえ主要なメディアの報道にはない、現地の裏面がよく理解できます。
 また全体を北東アジア(韓国、台湾)と「アセアン十ヶ国」(フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー)と「インド経済圏」(インド、ネパール、ブータン、バングラデシュ、スリランカ、モルディブ、パキスタン)に区分けして、それらを「親中国」「反中国」「二股」を色分けしたのは新鮮な試みとおもいます。
 いずれにしても、これら全てを宮崎さんは自分の足で現場を踏み、感じたままを書かれているわけですから、本書の強みだと思います。
 とくに日本人があまり行かないブータンとかバングラデシュとか、ブルネイなんて、移動特派員だって、これらを網羅したジャーナリストはいないのではありませんか。
 新鮮な感動をもって、一気に読み終えました。
   (HF生、横浜)



  ♪
(読者の声2)トランプ大統領とキム・ヨンチョル朝鮮労働党副委員長の面談のテキストです。
 トランプ大統領は6月1日、北朝鮮のキム・ヨンチョル朝鮮労働党副委員長とホワイトハウスで面会し、その後の記者会見で6月12日にシンガポールで米朝首脳会談を行うとを発表した。 
 トランプ大統領の会見 
Remarks by President Trump after Meeting with Vice Chairman Kim Yong Chol of the Democratic People’s Republic of Korea The White House, June 1, 2018 
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-president-trump-meeting-vice-chairman-kim-yong-chol-democratic-peoples-republic-korea/
 これに先立ち、ポンペオ国務長官とキム副委員長は2日間にわたってニューヨークにおいて会談した。 
 会談後のポンペオ国務長官の記者会見 
https://www.state.gov/secretary/remarks/2018/05/282892.htm
 


  ♪
(読者の声3)『エルネオス』6月号の宮崎さんの「カリーニングラード旅行記」を楽しく拝読しました。ロシアにとって軍事重要拠点のカリーニングラードに配備された軍事施設は、陸海空ともに相当量かと思います。
当然ながら都心でも田舎町でも注意深く目立たないように配備され許可を得ないと観光ができないようです。
 一方、高い天井と大容量エアダクトのあるモスクワの広大な地下鉄駅構内は、一旦緩急の際は相当数のモスクワ市民を収容できる立派なシェルターと化すのでしょうね。
 狭く天井の低い東京の地下鉄大江戸線構内などは、改築したところでシェルター要件を満たすのは無理難題と思われ、モスクワの地下鉄と同じところは深さだけでしょうか。
 夏の暑さに向けくれぐれもご自愛ください。
    (KU生、杉並)


(宮崎正弘のコメント)カリーニングラードに関しては、いずれ単行本に収録予定です。ご感想を有り難う御座いました。
        ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
 ********************************
 Amazonで購入できます。 本日発売!  定価778円 
https://www.amazon.co.jp/dp/4286199231/

 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有。とりわけ二人が合点したのは自存自立の精神の回復だった。
西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。
「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言っている。「安保反対」も「全学連委員長」も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
八年前の対談ですが、内容的に時粧が色褪せておらず、文庫になりました!
          ○○○○○ ○○○○○ ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)週末(6月9日、10日)は地方旅行のため休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/05

    “日本のロシア属国化”

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/06/04/195259

    法曹関係者も川崎言論弾圧を憂慮

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53282619.html

    ヘンリー王子とマークル氏の結婚はイルミナティーの謀略?(5月19日) 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72400184.html

    竹中平蔵氏が国家諮問会議で要求の施策、竹中会長のパソナが認定機関として事業展開

    http://biz-journal.jp/2018/03/post_22680.html

    【拡散】左翼がサヨクにさよく時?保守の戦い方

    https://samurai20.jp/2015/06/sayokugasayokunisayokutoki/

    辛光洙(シン・グァンス)を含む

    「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」

    http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html

  • 名無しさん2018/06/05

    トランプの発言がブレる理由には、一つの可能性が考えられる。トランプによる北朝鮮への一連の挑発が、世界の脅威を煽るための「お芝居=パフォーマンス」であるという可能性である。トランプがアメリカの国益のために、ハザールマフィアの北朝鮮に対する政策を踏襲しているのだ。その可能性を考察するために、北朝鮮国家の本当の成り立ちを知らなければならない。



     北朝鮮は第2次世界大戦中、日本軍に徹底抗戦を挑んだ金日成によって建国されたとされているが、実際には、その建国に大きく関与していたのは、徹底抗戦の相手である旧満州の日本軍残党である。彼らは敗北濃厚となった日本に見切りをつけて、逃亡先を作ったのだ。建国後、旧日本軍残党は、同盟国ナチス・ドイツの残党を介して「ナチス派CIA」と通じるようになる。「ナチス派CIA」とはCIA内部に存在するハザールマフィアの裏部隊である。そして、ナチス派CIAは旧日本軍残党を使って日本の暴力団とのルートを構築し、北朝鮮の覚せい剤を売りさばくようになった。



     ナチス派CIAは、覚せい剤取引に自らが製造した偽札「スーパーK」を使用した。麻薬シンジケートに渡ったスーパーKの使用場所を突き止め、「証拠は押さえた。逮捕されたくなければ傘下に入れ」と彼らを配下に収めていったのだ。覚せい剤はナチス派CIAにとって、資金稼ぎであるとともに、裏社会掌握のためのツールだったのである。



     北朝鮮のICBMミサイルの技術などは、これらの覚せい剤製造・販売やテロ活動の見返りとして、ハザールマフィアによってもたらされたものである。ニューヨーク・タイムズでも、マイケル・エルマン国際戦略問題研究所専任研究員の「北朝鮮はウクライナの軍需工場で生産されたロケットエンジンを闇市場を通じて購入した」と言う見解が報じられた。この報道は、ロシアに疑惑の目を向けさせようとする意図を持つものだが、ウクライナは旧ソ連崩壊後、ハザールマフィアの支配下に置かれた国である。北朝鮮とハザールマフィアとの関係を考えれば、北朝鮮にミサイルを流した犯人は自ずと浮かび上がってくる。



     「北朝鮮の潜水艦は、イスラエルのものだ」と言う情報も伝わっている。北朝鮮は、表では欧米諸国を目の敵にする発言を続けているが、裏ではハザールマフィアを通じてイスラエルの潜水艦を借りて配備している。まさに表と裏が二面性国家なのだ。ナチス派CIAを窓口としてハザールマフィアをバックに付け、表と裏を使い分けながら体制を維持する国家が北朝鮮である。



     それでは、なぜハザールマフィア、もしくはその政策を踏襲するトランプは、北朝鮮と「お芝居」を打っているのか? それは世界の脅威を煽ればハザールマフィアが儲かるからである。



     北朝鮮問題を材料にした「錬金術」には3種類ある。



    一つ目の錬金術は、北朝鮮の脅威を演出して日本や韓国にアメリカ製武器をかわせるという商売である。トランプは北朝鮮の脅威を声高に叫んでいるが、1998年に北朝鮮が人工衛星・光明星1号を打ち上げた時点で、北朝鮮のミサイルはアメリカを射程圏内に入れている。この20年近く、アメリカを攻撃しようと思えばいつでも攻撃できたのだ。しかし、北朝鮮はアメリカを攻撃しない。攻撃する理由もない。北朝鮮はハザールマフィアと裏で手を組んだアメリカの傀儡国家だからである。北朝鮮のミサイル問題自体が茶番である。北朝鮮はアメリカの半植民地だ。同じような見解を中国の政府関係者からも聞いた。



     総合すると、アメリカが北朝鮮のミサイル騒動を演出している目的は主に2つある。武器の営業とドルシステムの覇権を取り戻すべく、核戦争と言うカードで世界を脅すためと言うことである。



     その武器のお得意先が日本と韓国である。今熱心に売り込みが続いているのは、「イージス・アショア(弾道ミサイル防衛システム)」である。これは1基あたり1000億円と高額で、毎年のメンテナンス費用も払わなくてはならない上、欠陥商品なのである。アメリカでは、そのような欠陥商品を軍産複合体・レイセオンとロッキードが日本と韓国に売りつける。日本も韓国も完全にリサイクルショップ扱いである。

  • 名無しさん2018/06/05

    天安門事件29年集会に12万人、香港で夜中まで祈りの集会 大学はボイコットを決めたが、集会は予測をこえる人々があつまった←でも、中国(シナ)は、5000年間、なにもかわってないのですよね・・本質は!もう、特亜論(シナ、朝鮮とは関わらない!)ですすむべきなんでしょうね。