国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<赤尾由美『愛の右翼 赤尾敏』(マキノ出版)

2018/06/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
    平成30年(2018)6月5日(火曜日)
         通巻第1254号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 赤尾敏氏の国家主義運動・建国会が最も戦闘的であり、行動的であった
   現代日本では完全な死語と化した「義人」と呼ぶに相応しい人物だった

   ♪
赤尾由美『愛の右翼 赤尾敏』(マキノ出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    
        片瀬 裕(国家主義研究家)

    △
 故赤尾敏氏の姪にあたる赤尾由美氏が書かれた著書だけに知られざる赤尾敏氏の一面が描かれて居り興味深く読了しました。

  想い起せば、昭和37年頃、新橋駅の西口広場に会った街頭ステージで演説中の赤尾敏氏を見掛けて以来、通学路の渋谷ハチ公前広場を始め、新宿,池袋駅前等で赤尾氏の姿を見掛ける度、あの憂国師子吼に耳を傾けたものです。

 初めて赤尾氏の謦咳に接したのは、昭和47年、全日本学生国防会議の集会に赤尾氏を講師としてお迎えする為、大塚坂下町にあった大日本愛国党本部を訪れ、出講を乞うた時です。
赤尾氏は一面識もない学生に快く応接され、小生の依頼を快諾されました。

 その後、やまと新聞の記者として赤尾氏とは取材の為しばしば面談致しました。亦、やまと新聞の前身、帝都日々新聞の社長、野依秀市氏が愛国党の有力な支援者だった事、同党の機関紙「愛国新聞」がやまと新聞の印刷所内で編集、印刷されていた事もあって、赤尾氏も度々やまと新聞に足を運ばれたものです。
そうした折には社の近くにあった芝公園内の喫茶店に氏をお誘いし,珈琲を飲みながら建国会当時の回顧談を拝聴したものです。

  赤尾氏を回想するにつけ想起されるのが、孤高の維新者と評された「国の子・桃太郎」こと渥美勝の事です。渥美大人は京都帝国大学在学中、神政維新の行者たらんことを決意し、徒歩で上京、上野公園や神田須田町の広瀬中佐銅像前で道往く人々に神ながらの世直しを訴えた一個の哲人です。この人は猶存社の有力な同人であり、北一輝とも親交がありました。互いに霊的直観に恵まれ、北は渥美を「神様」と称し、渥美は北を「法華」よ呼んでいました。

 大正10年の宮中某重大事件に際して北は渥美に精神的な指南を仰いだようで、その折、北が渥美に宛てた書簡の複写が小生の手元にありますが、北はその踊るが如き筆跡で渥美の霊的な直観の冴えを賞賛して居ります。
渥美は生涯娶らず、一家を構えず、放浪の生活を続けました。晩年は火の用心の拍子木打ちとして谷中三崎町の火の番小屋に住んでいましたが、昭和5年、同志で易断家の長岡理泉という人の家で、指先を火鉢の灰に埋めたまま眠るように息を引き取りました。その葬儀は愛国者葬として神宮外苑の日本青年館に於て盛大に挙行され、頭山満翁が弔辞を読んだと伝えられています。

陋巷に身を置き、赤貧に甘んじながら、理論と云うよりむしろ傑出した直観の力で記紀の神典を読み抜き国体の清明を十字街頭に説き続けた渥美は、当時の愛国青年に多大な精神的感化を及ぼしたようです。神兵隊事件の首謀者、天野辰夫が渥美を「神兵隊の父」と称えた事にもそれが読み取れます。

  赤尾氏は大正の末年、この渥美氏に師事し深い精神的影響を受けています。左翼無産主義からの転向も渥美勝の思想が及ぼした力は大きいようです。
渥美勝も赤尾氏を熱誠をこめて支援し、建国会の創設に際しては明治神宮に参籠しその成功を断食をもって祈願したと聞きます。
赤尾氏の数寄屋橋に於ける不屈の街頭演説も、渥美勝が貫き通した辻説法に学ぶところ大なるものがあったと思います。

  赤尾氏は亦、憲法学者の上杉慎吉、国家社会主義者の高畠素之の教導と支援を受けています。それ故、赤尾氏の思想と人格形成には、渥美勝の神典に依拠する国体観、上杉慎吉の熱烈な国家主義、高畠素之の近代的まつ日本的国家社会主義思想などが渾然一体となってその血肉を成していると思われます。
ただ、類まれなあの闘魂だけは赤尾氏のもって生れた不退転の気性によるものでしょう。

  赤尾氏を語る上で見逃され勝ちな事は、戦前の国家主義運動に於いて赤尾氏の率いた建国会が最も戦闘的であり、行動的であったという事実です。

 これは例の「特高月報」を通読すれば一目瞭然です。
 毎号、右翼の項目で筆頭に記されるのは建国会の動向と、その精力的な実践運動の状況です。ご承知の通り、民間有志の起した昭和維新運動と云えば血盟団事件と未発に終った神兵隊事件ですが、血盟団の井上日召が右翼運動に参加したのは建国会入会を契機とするものであり、神兵隊司令の前田虎雄、同行動隊長の鈴木善一も建国会を通じて国家主義運動に参入した闘士でした。

  ともあれ、赤尾氏の師子吼は通俗にして平易、誰にでも分かり易い内容の中にキラリと光る警句を宿していました。
これも前期した人々の思想と誠を昇華し、何よりも不断の実践運動によって培われたものと思惟します。赤尾氏は国家社会主義の立場から天皇を奉じた革命,即ち「世直し」を大衆に提唱したわけです。こうした氏の言行に対し、「所謂・国体論」を弄して清談に終始し、国難を前に腰一つだに上げない人々から、とかくの批判や嘲笑を耳にしました。

 その度に小生は「あなた方にこの愛国の義人を批判する資格があるのか!」という反感を抱いたものです。思えば赤尾敏という人物は政治運動家、右翼行動家と評するよりも、むしろ現代日本では完全な死語と化した「義人」と呼ぶに相応しい人であったと思えてなりません。

 今般拝読した赤尾先生の評伝を読みつつ、青年時代に親しく接した氏の面影が鮮やかに甦り、懐旧の念しきりです。
以上本書を読んで感じた所懐の一端を述べてみました。 
            ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 事務局からおしらせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
会員勉強会、六月は荒岩宏奨氏
@@@@@@@@@@@@@

6月は下記の通り展転社の若き編集長・荒岩宏奨氏を講師にお迎えして、「影山正治と維新文学」のテーマで語って頂きます。これまで蓮田善明、保田與重郎,伊東静雄について論じて頂いた日本浪曼派シリーズ第四弾です。
影山正治氏(1910〜1979)は戦前より維新運動家として大東塾・不二歌道会を主宰するとともに、保田與重郎、浅野晃、林房雄など日本浪曼派の巨人達と親しく交際し、三島由紀夫先生を昭和の神風連と高く評価して憂国忌の発起人となり、昭和54年元号法案の成立を熱禱して自裁されました。
           記
◇日時 6月29日(金)午後6時半開演(午後6時開場)
◇会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
     (JR・地下鉄「市ヶ谷」駅2分)
◇講師 荒岩宏奨氏(あらいわひろまさ、展転社編集長)
◇演題 「影山正治と維新文学」
◇講師略歴 昭和56年山口県生まれ。広島大学教育 学部卒、プログラマー、雑誌編集者を経て現在展転社編集長。著書『国風のみやびー国体の明徴と天業の恢弘』(展転社)
◇会場分担金 会員・学生千円(一般2千円)



  ♪
七月、憂国の空の将軍として知られる織田邦男元空将を迎えて国防講座を開催します。

日時  平成30年7月26日(木)18時半開演(18時開場)
場所  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師  織田邦男(おりた くにお)空将(退役)、元航空支援集団司令官
演題 アジアの軍事情勢と日本の国防(仮題)
参加費 2000円(会員千円)
 (織田氏の略歴 昭和27年生れ。愛媛県出身。昭和49年防大卒(18期)同年航空自衛隊入隊。F4戦闘機パイロットを経て第6航空団司令、航空開発実験集団司令、航空支援集団司令官などを歴任。平成21年空自退官。現在は東洋学園大非常勤講師、一般社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員をつとめる)



  ♪
8月の公開講座は澤村修治氏
@@@@@@@@@@@@@

日時   8月24日(金)18時半開演(18時開場)
場所   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師   澤村修治先生(作家・文芸評論家)
演題  「西郷隆盛、日本浪曼派そして三島由紀夫」(仮題)
<講師略歴>昭和35年生れ。東京都出身。千葉大学人文学部人文学科卒。大手出版社勤務、新書や選書の編集長をつとめる傍ら、主に評論と評伝の執筆を行う。『表現者』にも寄稿。主な著作『悲傷の追想「コギト」編集発行人、肥下恒夫の生涯』(ライトハウス開港社)『敗戦日本と浪曼派の態度』(ライトハウス開港社)『唐木順三―あめつちとともに』(ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉)『西郷隆盛 滅びの美学』(幻冬舎新書)その他多数
会場分担金 会員・学生1千円(一般2千円)
           ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 http://mishima.xii.jp/contents/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2018  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/05

    スヒョン文書  売国民主党の正体と日本国内で暗躍する外国人の実態

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

    英国国教会のイルミナティー化問題 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72401540.html

    サヨクが重ねる罪業を放置することが慈悲なのではない

    https://samurai20.jp/shiryou/sayoku/sayoku7/7-6/

  • 名無しさん2018/06/05

    2017年9月19日、国連総会でトランプは金正恩に「ロケットマン」とあだ名を付けて演説した。「ロケットマンは自分とその政権にとって、自殺行為となる任務を遂行している」と猛烈に非難する。



     さらに、「北朝鮮は、この惑星の災いとなっている」「自分や同盟国を防衛するしかない状況になれば、我々は北朝鮮を完全に破壊するしか選択の余地はない」と北朝鮮への全面戦争を思わせる発言を続けた。



     これに対して金正恩は、9月22日の朝鮮中央通信にて「私自身のすべてをかけて、我が共和国の絶滅を喚いた米国の統帥権者の暴言に対して必ずその代価を支払わせる」と全面対決の姿勢を示している。



     だが、これだけでは終わらず、「臆病な犬ほどうるさく吠えるものだ」「相手を見てからものを言え」「トランプは一国の武力を持つ最高統帥者としては不適格で、彼は明らかに政治家ではなく、火遊び好きな放火魔か、チンピラに間違いない」「言葉の意味も分からず好き勝手なことを言っている米国の老いぼれた狂人を必ず炎で罰するだろう」と、ロケットマンと揶揄されたことに対して、臆病な犬、放火魔、チンピラ、老いぼれた狂人などと反撃する。国のトップ同士の政治家発言と言うよりは、酔っ払いの口げんかのような有様である。



     そして11月8日、韓国を訪れたトランプは、韓国国会で演説した33分のうち22分を北朝鮮問題に割り当てて、「指導者たちが独裁、ファシズム、抑圧を掲げて、国民を監禁している」「冷酷な独裁政権」「カルトに支配された国」「北朝鮮はお前の祖父が描いていた天国ではなく、誰もが行ってはならない地獄である」と、罵倒を繰り広げた。しかし、数日後には、「金正恩と友人になるよう努力する。いつの日か実現するかもしれない!」とツイッターに書き込んでいる。



     このように罵倒とフォローが入り乱れ、非常にわかりにくい発言であるが、トランプの態度が一貫せず「ブレる」理由を2つの可能性からみる。



    一つ目は、アメリカ軍の傀儡政権であるトランプだが、ハザールマフィアに弱みを握られて脅されており、その結果、アメリカ軍の意向に反して北朝鮮への「強硬論」を打ち出している、という可能性だ。



     トランプはどんな弱みを握られているのか? 大統領選挙中の2016年4月、トランプはカリフォルニア州の裁判所にて少女レイプの疑いで告訴されている。1994年、実業家のジェフリー・エプスタインが主催した乱交パーティーで、トランプは当時13歳の少女をレイプしたという疑いがかけられているのだ。



     トランプはこの疑惑を不定しているが、エプスタインが所有する島に世界中のセレブを集めて乱交パーティーを開いていたことは法廷でも明らかにされている。セレブたちはその島で未成年に金銭やモデルなどの華やかな仕事を与えて、その代償に性的暴行を働いていたという。そのセレブ達の中に、イギリス王室のアンドリュー王子や実業家時代のトランプがいたという。



     あくまで疑惑にとどまる話だが、エプスタイン自身は2008年に売春斡旋の罪で実刑を受けている。エプスタインがやっていたこと自体は、事実として認定されているのだ。



     トランプは少女へのレイプ疑惑をネタに脅しをかけられているようだ。



     脅迫されているのであれば、アメリカ軍の意向に反して、北朝鮮に対して強硬な姿勢をとっても不思議ではない。



     トランプとアメリカ軍の意向の食い違いは、CNNで報じられたCIA最高幹部らによる国連総会でのトランプ発言に関するコメントから推し量れる。



    「・・・CIA高官は、そうした金委員長の行動について、実験の存続を図る長期的な目標に基づいた理性的な行動だと分析した。・・・「実際のところ、朝鮮半島での衝突を避けたいと誰よりも望んでいるは、金正恩氏なのだ」とリー氏は述べ、「我が国をはじめとする各国は、あの独裁政権に流れる保守主義を過少評価する傾向がある」と分析する。…もう一人のCIA高官のマイケル・コリンズ氏によれば、金氏は米国との戦争を望んでいないものの、実権を掌握し続けるためには対立関係を継続させる戦略がカギを握るとみている。「北朝鮮は、対立の上に反映する政体」だとリー氏は言う」



     CIAの高官が、公の場で大統領の発言に異議を唱え、「北朝鮮はアメリカとの対立を演出したいだけでアメリカを攻撃する気はない。戦争を起こそうとしているのは北朝鮮ではなくトランプだ」と言うニュアンスの発言をしているのだ。つまり、トランプの北朝鮮に対する挑発は、ペンタゴンやCIAの意図するものではなく、ハザールマフィアに脅されたトランプの暴走だということである。ハザールマフィアの要求を飲みつつ、アメリカ軍の意向も配慮した結果、北朝鮮への態度が極端から極端へとブレてしまっているのだ。