国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<シンガポールに行っている間に、中国がクーデターを予防する?

2018/06/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月3日(日曜日)
         通巻第5713号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 二転三転、そして四転五転の米朝首脳会談だが。。。。。
  シンガポールに行っている間に、中国がクーデターを予防する?
****************************************

 5月10日にトランプ大統領は「6月12日、場所はシンガポールだ」と発言し、米朝首脳会談の日程が固まった、かに見えた。
 しかし、予想通りに二転三転し、また四転五転となって、先行きは依然不透明の米朝首脳会談だ。

 初の遠距離外交となる金正恩にとって、自らが言い出したにせよ、もっとも懸念するべきは、じつは不在中のクーデターである。金正恩が軍をおさえていないことは、コリアウォッチャーでない筆者でもわかる。
 第一に金正恩は先軍路線を取りやめ、党に主導権を戻したが、これに対する軍の反撥は想像した以上に強烈であり、辛うじて朝鮮戦争に従軍した86歳の呉光烈が抑えている状態だ。
 第二に軍内に中国の旧瀋陽軍区の幹部と親しい北の軍幹部がおり、中国と連絡の上で、クーデターを起こしかねない。それも不在中を狙って。
 だから金正恩は突如、2回目の中国訪問を大連を選んで、飛行機で飛んでいったのも、習近平に瀋陽軍区への睨みをきかせて欲しいと頼んだのではないのか。

 そのうえで北朝鮮は、6月12日、シンガポールにて開催と決まった米中首脳会談に、前向きな姿勢を示そうと拘束してきた三人のアメリカ人人質を釈放し、ポンペオ国務長官の帰国便に便乗させた。人質をカードにしなかったことは北朝鮮軟化の兆しと見られた。人質となっていたのはアメリカ籍だが、明らかに朝鮮族だ。これら三人はワシントンに「凱旋」し、トランプ大統領の出迎えを受けた。もし、これが日本なら、確実に「身代金」を支払う羽目に陥ったであろう。

 5月22日、訪米した文在寅・韓国大統領に対して、トランプは一転して「米朝会談延期の可能性」を示唆した。キャンセルを含む延期である。

「非核化など、準備段階で溝が埋まらない限り、会談は開かれない」とトランプは北の代理人のごとき文在寅に強硬発言を繰り出した。その挙げ句、共同記者会見で「韓国の言い分は聞き飽きた。いつも同じことを言うだけじゃないか」。
韓国大統領を軽くメッセンジャーボーイとして扱ったのである。

 これは5月7日に再度訪中した金正恩が、大連で習近平に何かを入れ智恵されたらしく、以降の態度に変化が生じていた。このためトランプは情勢を動かせようと強烈なブローを浴びせるかたちになった。
トランプは「非核化によって北朝鮮は偉大な国になれるチャンスがあるのに」と付け加えたが、脅しとも取れる変化球である。
 
 北朝鮮は核実験場を廃棄するとして外国メディアを招待し、廃棄状態を示した。
 同じ頃、米中貿易摩擦はいったん休憩状態となった。米朝会談を控え、波風を立てたくない米中双方が歩み寄ったからだ。メディアはさかんにZTEへの制裁緩和が近いという観測記事を掲げだした。


 ▲北の最終カードは中国が握っているのだろうか

 5月23日、トランプ大統領は「米朝会談は取りやめる」と発表し、またもや世界に衝撃を与えたが、北朝鮮が米国の条件に応じなければ、制裁をさらに強めるという信号を送って、激しく北朝鮮、韓国、そして中国を揺さぶったのである。

 しかし米議会は、この唐突な会談中止を支持するとした。
民主党上院院内総務のシューマー議員は「永続的な成果を期待できないのなら盛大なショーとなるだけ」と切り捨てた。
 要するに米朝会談の準備段階で、双方に巨大な溝があり、第一回の会談だけでは埋まりそうになく、米国は「制裁の手を緩めない」と強硬な牽制球を堅持した。

 米国の要求は「完全な、検証可能な、不可逆的な」朝鮮半島の非核化であり、このラ原則から一歩も引かないという基本姿勢を繰り返し、明確にした。北朝鮮は、このメッセージを深刻に受け止めた筈である。

 5月24日に北朝鮮の幹部等が秘かに北京を訪問していた。金正恩の側近と言われるキム・チャンソン国務委員会部長らは、仕切り直しとなった米朝会談への助言を求めたと観測された。つまり中国のエンドースがないと、次の交渉のカードも切れない状態にあることを内外に印象づけた。

 もっとも、金正恩もしたたかで、ロシアのロマノフ外相を平壌に招き、北京とのバランスを取ることにも腐心した。しかし、北京がときどき思い出したように言いつのる六者協議再開に、関心があるのは韓国と中国だけであり、ロシアは積極的なポーズを見せているだけで、狙いは発言力の維持である。

 ともかくトランプの中止発言に慌てふためいた北朝鮮は、5月30日に金英哲(朝鮮労働党副委員長)を米国に派遣し、「敵対解消」を伝達するなどして、米朝会談中止をなんとか、回避したい姿勢に転じた。
 北が弱みを見せたのである。


 ▲トランプはなぜ危険人物の金英哲を受け入れたのか。

 この金英哲は、先軍路線を党主導へと、北朝鮮の権力構造を変革したあとの党副委員長であり、ナンバーツーの実力派と見られる。
だが同時に金英哲は、2010年の韓国哨戒艇沈没事件の主謀者として、米国が個人の制裁対象の危険人物としてきた男でもあり、この手配人物の入国を米国は受け入れ、しかもホワイトハウスでトランプ大統領が直々に面談するという「異様な厚遇」を示した(6月1日)。
金正恩からの親書を受け取った直後、トランプは「もう最大限の圧力という言葉は使いたくない」と言った。

 トランプ発言はすぐさま世界に飛び火した。おりからシンガポールで開催されていた「シャンブリ・ラ対話」で、マティス国防長官は「おそらく在韓米軍の縮小は議題にはならない」と発言した。この裏では、北朝鮮が在韓米具の撤退も縮小も条件としていないことが浮かび上がった。

また同対話に出席していた小野寺防衛大臣は「制裁という圧力がなければ、対話には怖じてこなかったのであり、トランプ大統領の発言には『完全な、検証可能な、不可逆的な非核化』という立場の後退はない」と日本政府の立場を改めて鮮明にした。

 トランプ大統領はまたまた「やはり6月12日、シンガポールで行われる」と中止を取り消した。強硬な手段を発動して相手を揺さぶる。
さすがにディールには馴れているのがトランプの遣り方であり、敵対するメディアもこの点の豪腕は認めるところであろう。

 こうした激動期間中、筆者はドイツにいたが、帰国した成田空港で目にした新聞は、まだモリカケをやっていた。バカか、と思った。
 あまつさえ日本のメディアに登場する「北朝鮮専門家」たるや、情報もなければ取材もしていない人々が平然と間違った見通しを述べている。
       
▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
 ********************************
 Amazonで予約受け付け中です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4286199231/
 6月5日発売!  定価778円 

 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有。とりわけ合点したのは自存自立の精神の回復だった。
西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。
「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言っている。「安保反対」も「全学連委員長」も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
八年前の対談ですが、内容的に時粧が色褪せておらず、文庫になりました!
        ◎◎ ◎▽ □◎ □▽ ◎□ □◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アンディ・チャンのアメリカ通信  ■アンディ・チャンのアメリカ通信
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
我われは何が起こるか見守るだけだ(We’ll see what we shall see)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
AC通信:No695 Andy Chang (2018/6/1)
AC論説 No.695 金英哲のホワイトハウス訪問

 金正恩の側近金英哲党副委員長がホワイトハウスを訪問し、トランプ大統領に金正恩委員長の親書を手交してトランプと一時間余り会談した。北朝鮮高官のホワイトハウス訪問は18年ぶり、正に歴史的会見だった。会談にはホワイトハウス幕僚長ジョン・ケリーとポンペオ国務長官などが同席した。

 この会談は5月31日、ポンペオ氏と英哲氏がニューヨークで米朝シンガポール会談の実現と議題の打合せなどを討議した結果、シンガポール会談の実現に発展が見られ、さらに英哲氏が金正恩の親書を手交することがわかってホワイトハウス訪問が急遽実現したのである。
ポンペオ氏は双方の主張に明らかな相違があり、困難なこともあったが双方に交渉を続ける意思があることを確認したので英哲氏のホワイトハウス訪問が可能となったと述べた。
 金英哲氏一同は本日の午後1時28分にホワイトハウス到着、ケリー幕僚長が出迎えてホワイトハウスのOval Office(大統領執務室)に入り、2時35分に会談を終えたあと、異例にもトランプ大統領とポンペオ国務長官が英哲氏を同伴して彼の乗車まで行き、待機していた英哲氏一行(夫人と思われる)と記念写真撮影をして見送った後、20分の記者会見を行った。
トランプ大統領が訪問客を外まで送り出したのは恐らく就任以来、初めてと思われる。

 記者会見の内容は以下の通りである:
(1)、6月12日のシンガポール米朝会談は予定通り行うことになった。米朝会談は一度ではなく、今後何度もあると思う。今回の会談はお互いを知るため(Get to know each other)の会談だ。
(2)、いろいろな可能性がある。例えば朝鮮戦争を終結させることが出来るかもしれない。朝鮮戦争は既に70年近く経っている。
(3)、会談の結果については中国や日本、韓国などが大いに興味を持っている。経済援助についても中国や日本も参加するに違いない。中国や日本は北朝鮮の隣国だがアメリカは遠い。北朝鮮の非核化と経済合作は隣国も多いに興味を持っているに違いない。
(4)、人権問題について話し合いはなかった。(つまり拉致問題に言及しなかった)。
(5)、金正恩委員長の親書はまだ読んでいない。

トランプ氏は今回の会談のあと大いに乗り気だが、金正恩の親書の内容を読めば意見が変わるかもしれない。
北朝鮮の非核化には大きな困難が付きまとうはずで、記者会見で楽観的な態度を見せたとしてもポンペオ氏の述べた通り、双方には大きな意見の違いがある。
 アメリカの一貫した主張はCVID(包括的、検証可能で不可逆な非核化)であるのに対し、北朝鮮は「段階的非核化に伴う段階的経済援助」であると言われている。過去に何回も合意を翻した北朝鮮にアメリカや諸外国が段階的経済援助に同意するとは思えない。

 朝鮮戦争の終結も非核化と同じぐらいの困難度を抱えている。戦争の終結は朝鮮半島の南北統一と平和を実現することで、同時に38度線の撤去と米軍の完全撤退を伴う。

 米軍の朝鮮撤退は中国が望むところで、中国が統一朝鮮と平和条約を締結すれば中国の太平洋進出が一気に実現する。アメリカと日本、台湾にとって取り返しのつかない発展になる。
 北朝鮮の非核化は世界諸国の望むところだが、このあと何が起こるか全く予想不能である。
トランプが口癖で言うように「我われは何が起こるか見守るだけだ(We’ll see what we shall see)」
              (アンディ・チャン氏は在米評論家)
      ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊『アメリカの「反中」は本気だ』予約受付!   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 明日、6月4日発売! 定価1404円
――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった!
――南シナ海は「中国の海」となり、一帯一路はアジア諸国への間侵略ではないのか?
AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (上サイトで予約できます)
 ――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
  ――現況を世界史的視点から見つめ直すと、世界とアジアはこうなって見えてくる
          ◇□△□ ◇◎△◇ □△◇□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌5709号(5月22日)の「読者の声2」は「朝鮮半島に曖昧模糊として一種の和平ムードが拡がり、なんだか安定が訪れると、北朝鮮の経済的離陸のために日本がまたカモにされ、巨額をむしり取られそうな雰囲気ですが、これを峻拒するべきではないでしょうか。すくなくとも拉致被害者全員が帰国するまでは」(BC生、横浜)という質問に対して、宮崎先生は、「(宮崎正弘のコメント)過去の清算に関しては朴正煕政権のときに解決済みです。あのときの五億ドルには、北朝鮮復興も含まれており、さらに小泉訪朝で、お互いに請求権を放棄することが合意されています。ですからその後の所謂「慰安婦」については民間の「アジア女性基金」が補償金を負担しており、政府とは関係のない建前になっています。北に対しては韓国がそれなりに援助を行うと声明しているうえ、韓国が日本をせっつくという事態が予測されます」云々とあります。
この件、もう少し詳しく知りたいのです。
(HU生、京都)


(宮崎正弘のコメント)巷間では六兆円とか、好き勝手な数字が出ていますが、何を根拠にしているかと言えば金丸訪朝の折に「五兆円」という発言をしているらしく、「あの話はどうなったのか」などと、北の関係者が尋ねることがあるそうです。厚かましいにもほどがある。
 そのうえ、あの時の合意は政府間でもなく、個人と個人の合意であり、政府は関係がありません。しかも金日成が生きていた時代の話。とうに時効でしょう。
 それよりも、朝銀倒産による我が国の被害です。
 次の数字があります。
 1998年から2002年にかけて朝銀関係の16の北朝鮮系信組が経営破綻し、我が国は公的資金1兆3600億円を負担しています。
 「たとえば朝銀大坂は一度破綻して98年に3100億円投入されたが救済金融機関の朝銀近畿が再度破綻、02年にさらに3256億円が投入され、合計6356億円になる。 17年8月2日、東京地裁は朝鮮総連に対し910億円の支払いを命じる判決を下した。債務約627億円の大半をRCC(整理回収機構)に支払わなければならないと、朝鮮総連に対して命じた額だ」(『テーミス』、2018年6月号)。
 朝鮮総連ビルは競売に架けられたが、その額は損害遅延金にも及ばず、おまけに朝鮮総連は一等地に居座り続けている。
これをどうするか、という問題提議が改めて必要でしょうね。
          ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

  ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/03

    ほほえみながら聞き入る滋さん、「あの子が帰ってくる姿を見れば、それで十分です」と早紀江さん

    https://www.sankei.com/world/news/180528/wor1805280001-n1.html

    https://www.sankei.com/world/news/180528/wor1805280001-n2.html

    https://www.sankei.com/world/news/180528/wor1805280001-n3.html

    https://www.sankei.com/world/news/180528/wor1805280001-n4.html

    反則タックルの日大選手「大学に戻りたい」会見で学長が様子語る

    http://news.livedoor.com/article/detail/14802928/

    【拡散】朝鮮学校への補助金を全額削除した都議、吉田康一郎が #中野区 長選に出馬予定【応援する人はシェア】

    https://samurai20.jp/2018/05/yoshida-2/

    世界に冠たる国民皆保険制度を偽装弱者から守ろう!

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12380429956.html

    【速報】在日韓国人を韓国兵務庁に通報してみた結果www   と ん で も な い 展開キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!!www

    http://www.news-us.jp/article/20180602-000011z.html

    俺たちの旅

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%97%85&chips=q:%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%97%85,g_3:%E9%87%91%E6%B2%A2+%E7%A2%A7&sa=X&ved=0ahUKEwjmqOip_rPbAhVFgrwKHRdPD8kQ4lYIKigA&biw=922&bih=527&dpr=1.75

    背乗り朝鮮人

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12084840897.html

    6月12日開催の米朝首脳会談の背後にイルミナティー?

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72389477.html

    荒れた成人式の正体!!!在日朝鮮人とマスコミはグルですよwwww

    https://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11770181764.html

    田中英壽

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E5%A3%BD

    水郷 潮来の旅

    http://susono.jugem.jp/?cid=87

  • 名無しさん2018/06/03

    ロッテの問題

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12084116342.html

    イルミナティーと「0・1・2・6の法則」との関係 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72392144.html

    日教組とは?

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-244.html

  • 名無しさん2018/06/03

    マネーカーストの最上位を占めるハザールマフィアの内部は、大きく2つの勢力に分けられる。



    一つは、ロスチャイルド一族や世界の大富豪として知られるヨーロッパの王室や貴族である。



    もう一つがロックフェラー一族やブッシュ一族、クリントン一族らを中心として形成された「ナチス・アメリカ(ナチス派)」と呼ばれるグループである。



     第2次世界大戦中にアメリカの中枢を乗っ取った彼らは、アメリカの政治や経済、軍事を長きにわたって支配してきた。しかし、現在、ハザールマフィアの権勢が急速に衰退しつつある。アメリカ経済の低迷、中国の台頭、そしてトランプ大統領の誕生は、ハザールマフィアに弱体化を象徴する大きな出来事と言える。



     2017年3月20日、その衰退に拍車をかける事件が起きた。ナチス派の領袖の一人、デイヴィッド・ロックフェラーが死んだのだ。その死の重大さを理解するには、まず「エネルギー資源マフィア」ことロックフェラー一族の歴史を紐解く必要がある。



     1868年、オハイオ州の油田からその歴史は始まった。最初は小さな製油所であったものの、当時は新しい技術だったパイプラインを駆使して価格を安く抑えることで次第に事業を拡大していく。そしてわずか10年後の1878年には、アメリカ国内の石油精製の実に90%を独占するようになる。さらには、中近東の石油を管理するサウジアラビア王家を牛耳って、石油支配の手を世界へと広げていく。



     ロックフェラー一族が担っていたのは石油産業だけではない。事業を拡大していく中で、軍事産業や金融業、製薬産業などを傘下に収めて絶大な権力を手にするようになったのだ。



     「テロ戦争派」の暴力組織ブッシュ一族や国際犯罪ネットワークに通じるクリントン一族と連携し、時にはライバルとして派遣を争いながら、石油、軍、製薬、金融を牛耳り、旧植民地における利権を支配してきた。



     戦後、ロックフェラー一族を、ひいては世界のダークサイドを支配してきたのは、3代目当主デイヴィッド・ロックフェラーであった。日本に対する属国支配とも関係が深く、「三極委員会」や「ビルダーバーグ会議」「外交問題評議会」と言った組織や会合の会長職に納まり、アメリカの支配力の及ぶ国々に対して命令と言える政策提言を下していった。



     長者番付の順位や数字だけを見ていると、一見、デイヴィッド・ロックフェラーの資産は世界を支配するほどには多くないように見える。亡くなる前年の2016年発表の米長者番付「フォーブス400」では214位、資産額は31億ドルである。1位のビル・ゲイツの810億ドルに比べると26分の一である。



     しかし、その人間が本当にどれだけの富を持っているかは、実は個人資産では計れない。個人資産で評価する長者番付には財団が入らないからである。財団で隠蔽すれば個人資産はいくらでも隠すことができる。実際、デイヴィッド・ロックフェラーが所有している財団をよく調べてみると、ビル・ゲイツを超える「兆ドル単位」の財産を所有していた。そして財団を通して大量の株式を所有することで、世界企業の上位、例えば「フォーチェン・グローバル500(世界企業500社番付)」にランクインしているほとんどの企業の実質的支配権を掌握していたのである。



     2017年3月20日、このデイヴィッド・ロックフェラーが死んだ。101歳だった。戦後70年以上も世界権力ピラミッドの中で絶大な影響力を誇示したこの人物の死によって、権力が空洞化し、世界のパワーバランスは大きく崩れ、組織の弱体化が加速しているのだ。結果、アメリカ国内の力関係も、権力を使って悪事を隠蔽しようとするハザールマフィアたち「ダークサイド」勢力から、法治国家、言論・表現の自由と言った従来の欧米文明にある善の部分を持った「ニューエイジ」勢力へと大きく傾きつつある。そして、アメリカ国内の権力の移行は、そのまま世界の権力の移行を引き起こしている。

  • 名無しさん2018/06/03

    二転三転、そして四転五転の米朝首脳会談だが。。。。。 シンガポールに行っている間に、中国がクーデターを予防する?→宮崎先生、情報ありがとうございます