国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ミャンマー経済の高度成長が止まった。

2018/05/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)5月20日(日曜日)
         通巻第5706号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ミャンマー経済の高度成長が止まった。ヤンゴンの不動産は30%の暴落
  ロヒンギャ問題とスーチーの無能が欧米に非難され、将来に暗雲
***************************************

 四年前まで、ミャンマーへの期待が爆発的に大きく、市場規模が膨らむとの予測によって世界中から投資が集中していた。民主化され、ノーベル平和賞のスーチーがミャンマーを率いると分かって将来への発展の夢が大きく拡がった。
 街の中心に位置するトレーダーズホテルは十年ほど前にも宿泊したことがあるが、バアに「神風」というカクテルがあった。旧日本軍がミャンマーの独立を支援した由来からか、日本の人気は凄かった。

 その近くには鴻池組など日本企業が建設した、20階建ての耐震構造複合ビル「さくらタワー」が聳え立ち、オフィスと住居兼用のタワービルに外国人駐在員が集中し、なんと一平米100ドルというレンタル料金。ヤンゴンの象徴といわれた。
 驚いたのは為替の自由化に伴い、ドルショップを開業した日本企業もあったことだ。もちろん、日本料亭、居酒屋。。。。

 安倍首相もミャンマーを訪問し、日本が総力を挙げてのティラワ工業団地の着工式もあり、直後に筆者も現地を再訪し、あちこちを取材したが、ダンプが行き交い、工事の槌音高く、付近には団地も造成されていた。

件のトレーダーズホテルは予約が満員で、代金も200ドルを超えていた。仕方なくすこし離れたビジネスホテルに宿を取ったが、そこも100ドル前後だった。偶然ミャンマーで鉢合わせした山口元大使さえ、ホテルが取れず、民宿のような旅館にお泊まりだった。

 首都のネピドーへ行くと、この新都市は宏大な森を開墾して造ったので、新緑がまぶしく、ホテルはヴィラッジ形式で、静かで落ち着いた雰囲気もあった。
 
 第二の都市マンダレーはもともとが華僑の街、朝からホテルでウィスキーをあおっていたのは、大概が雲南省からきた宝石商などの華僑だった。


 ▲なぜミャンマー経済は失速したのか?

 突然、ミャンマーに不況の風が襲った。
 スーチーの無能はそれまでにも指摘されていたが、少数民族(シャン、カチン、カレン、ワ族、そしてモン族など)への配慮に欠けること。人気が上滑りである上、ビルマ族中心の政策に非難がおきていた。

 決定的となったのはロヒンギャ問題だった。
 イスラム系ロヒンギャが集中して住んだ西南部ラカイン州で暴動、内紛、民族衝突が繰り返され、ついには70万人のロヒンギャは西隣のバングラデシュへ避難した。この弾圧的な遣り方に欧米の批判が高まり、投資が激減する。

 ところがラカイン州は沖合にガス、石油の海底油田があり、中国はこの地を起点に雲南省昆明へと770キロのパイプラインを稼働させている。
 つまり中国にとっては資源戦略の拠点なのである。

 2014年から2015年にかけて海外からミャンマーへの投資は95億ドルだった。
それが2017年から18年予測で57億ドル(うち46億ドルが中国からだが)に顕現する。

熱い視線を送り、東京とヤンゴンには直行便も飛んでいる日本は、どうするのか。
日本企業の目玉は三菱グループが中央駅付近を「ヤンゴンの丸の内」にしようと手がけるツインタワーで、2020年の完成を目指している。

 ところが、ヤンゴンの指標と言われた「さくらタワー」はレンタルが一平方100ドルから、なんと35ドルに急落した。

 弱り目に祟り目、スーチー政権は末期的症状を呈する。この隙をついて、ヤンゴン政府に急激に密着しているのが中国という構図である。

▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊『アメリカの「反中」は本気だ』の予約募集を開始!   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 6月4日発売! 定価1404円
 <内容紹介>
アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった!
南シナ海は「中国の海」となり、一帯一路はアジア諸国への間侵略ではないのか?
AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (上サイトで予約できます)
 ――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
  ――現況を世界史的視点から見つめ直すと、世界とアジアはこうなって見えてくる
            ◇□△□◇△◇□△◇□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材のため小誌は23日から31日が休刊になります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  アンディ・チャンのコラム  アンディ・チャンのコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
ヒラリーが当選していたらこれら数々の悪事が全て闇に葬られ、ヒラリーが大統領になって更にどれだけの悪事を重ねることになったか.
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.692 Andy Chang (2018/5/18)
AC論説 No.692 ホロウイッツ監察官の「クリントン調査報告」

 ウォールストリート・ジャーナルは17日、「オバマの司法部はクリントンのメール事件の調査で法を犯した」と言う報道記事を出した。このニュースは16日に司法部のマイケル・ホロウイッツ(Michael Horowitz)主任監察官が発表したオバマ時代の司法部とFBIがヒラリーの私有メールサーバを使用した事件の調査報告である。
 この報告は今年一月から三月までに出ると期待されていたが、新たな情報がどんどん出てきたので発表が五月まで遅れたのだった。
報告書の内容はまだ公開されていないが司法部とFBIの違法を詳述したと言われている。

 ホロウイッツ監察官は今月16日に報告書が完成した事を国会に通知し、司法部、FBI及び国会の調査委員会が「内容非公開」に同意した上で報告書を読み、数日内に報告書についての意見や批評、そして司法部とFBIの反論を求め、これら全てを報告書の末尾に加えた上で一般公開するとした。公開発表は数週間後になる見通しと言われている。
 The Hillのサラ・カーター記者によると、ホロウイッツの調査報告はとても長くて非常に詳しく、FBI幹部数人と、特にコーメィ長官がヒラリーのメールサーバーの調査の結果を不注意だが不起訴としたことに非常に批判的と言われている。
 また同報告書では、マッケーブ副長官の妻が民主党の金を受け取っていたにも拘らず調査に参加して回避しなかったことや、FBIのストローク氏とリサ・ペイジ(Peter Strzok and Attorney Lisa Page)が交わした数千通のメールがトランプ批判だったことを指摘したと言う。また、マッケーブ副長官が意図的に情報をメディアに流した事も指摘されている。

●NYタイムスの報道

 5月17日はマラー検察官がロシア癒着の特別検察官に任命されて満一年になった日である。ちょうどこの日にホロウイッツ監察官が報告書が完成したと発表したので調査は新しい展開を迎えた。
マラー検察官の調査はトランプの癒着に関する調査だが、ホロウイッツ監察官の調査はオバマ政府の司法部とFBIがヒラリーを援助して選挙に介入した事の調査報告である。
 ヒラリーの選挙、FBIの選挙介入、スティール文書、ロシアの選挙介入、トランプのロシア疑惑などは2016年から現在ま実に多くの事件が未解決である。

 16日のNYタイムスには、FBIがヒラリーのメールとサーバーの調査を不起訴とした数日後にトランプとトランプの選挙陣営の数人の調査を、FBI の幹部の数人だけで秘密裏に調査を開始したと報じた。
 この記事はNYタイムスのMatt Apuzzoなど三名の連名記事で非常に詳しく、しかもFBIや司法部にも批判的でなく、中立記事と言える。
https://www.nytimes.com/2018/05/16/us/politics/crossfire-hurricane-trump-russia-fbi-mueller-investigation.html

 FBIが16年7月にヒラリーを免責とした数日後、FBIの同じメンバーがトランプのロシア関連調査を秘密裏に始めたと言う。この調査はOperation Crossfire Herricane(ハリケーンの十字砲火)と名付け、しかも11月の選挙だから秘密調査がトランプ側に漏れたら不公平選挙と批判されるからFBI内部の数名しか知らないほど機密だったと言う。興味のある人は一読する価値がある。

●ギングリッチ氏の感想

 最後にFBIと司法部の選挙介入やヒラリーの違法調査についてギングリッチ(Newt Gingrich)元国会議長が述べた感想は以下の通りである。
司法部とFBIが選挙に介入した事件はニクソンのウオーターゲートとは比較にならない大事件だ。政府がらみの違法はアメリカの歴史に一度もなかったことである。政府の高官が選挙に介入してヒラリーが絶対当選する手段を整えたにたにも拘らず、トランプが当選した事は、アメリカに天の御加護があったとしか思えない。

もしもヒラリーが当選していたらこれら数々の悪事が全て闇に葬られ、ヒラリーが大統領になって更にどれだけの悪事を重ねることになったか、いくら考えてもアメリカは好運だった。
            (アンディ・チャン氏は在米評論家)
     ◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ************************************* 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
予約開始! 宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
 ***********************************
Amazonで予約受け付けが開始されました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4286199231/
 6月5日発売!  定価778円 

  ♪
西部邁 vs 宮崎正弘
『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有。とりわけ合点したのは自存自立の精神の回復だった。
西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。
「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言っている。「安保反対」も「全学連委員長」も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
八年前の対談だが、時粧がまったく色褪せず、ここに文庫化!
          ◎◎◎▽□◎□▽◎□◇◎□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)来週木曜日、5月25日の三島由紀夫研究会「公開講座」は憂国忌発起人でもある井上隆史先生をお迎えします。「公開講座」ですので、どなたでも、予約なしで御参加いただけます。
           記
日時 5月25日(金)午後6時開場、6時半開演
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    (JR・地下鉄「市ヶ谷」駅徒歩2分)
講師 井上隆史先生(国文学者、白百合女子大教授)
演題  「もう一つの日本」を求めて、『豊饒の海』を読み直す」
会場分担金  会員・学生千円(一般2千円)
  <講師略歴>いのうえたかし氏は昭和38年生れ。横浜市出身。東京大学文学部国文科卒。文芸評論家。百合女子大学教授。専門は日本近代文学。著編書に『三島由紀夫幻の遺作を読む〜もう一つの『豊饒の海』』(光文社新書)、『混沌と抗戦〜三島由紀夫と日本、そして世界』(共著、水声社)など多数。最新著に『「もう一つの日本」を求めて〜三島由紀夫『豊饒の海』を読み直す』(現代書館)
       □▽◎◇〇▽□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
  ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材のため小誌は5月23日から31日を休刊します
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/20

    最後にFBIと司法部の選挙介入やヒラリーの違法調査についてギングリッチ(Newt Gingrich)元国会議長が述べた感想は以下の通りである。

    司法部とFBIが選挙に介入した事件はニクソンのウオーターゲートとは比較にならない大事件だ。政府がらみの違法はアメリカの歴史に一度もなかったことである。政府の高官が選挙に介入してヒラリーが絶対当選する手段を整えたにたにも拘らず、トランプが当選した事は、アメリカに天の御加護があったとしか思えない。



    もしもヒラリーが当選していたらこれら数々の悪事が全て闇に葬られ、ヒラリーが大統領になって更にどれだけの悪事を重ねることになったか、いくら考えてもアメリカは好運だった。←しっかし、よく、トランプさん、大統領に当選したものですね・・・あらためて、驚きました!

  • 名無しさん2018/05/20

    アメリカ経済の安泰と言う幻想を支えているのは、「ドル」の信用力である。しかし、そのドルを発行する権限を持つ、アメリカの中央銀行FRBもまた、すでに「死に体」になっている。近年、FRBやEU(欧州連合)の中央銀行であるECB(欧州中央銀行)の買い支えにより欧米金融市場は高騰を続けた。しかし、それは、実体経済の回復による健全な株価上昇ではなく、人為的に作られたものである。量的緩和と超低金利政策によって、投資熱が煽られた結果、7・4兆ドル分の債券が取引されている現状は、明らかに異常事態である。



     2017年、FRBは、4・5兆ドル規模にまで膨れ上がったバランスシートをリセットするために、「市場の買い支えを止め、資産(株、債券など)を売却する」と言う方針を示した。しかし、経済専門家らの見解は、「時すでに遅し」と言ったものだ。



     著名な投資家であるピーター・シフは、ITバブル、リーマンショックと繰り返してアメリカ金融市場に起こっては弾けたバブルを生みだしたのはFRBだと指摘している。そして、現在のバブルは史上最大規模であり、リーマンショックやITバブルよりもはるかに危険だと断じている。



     また、シフを初めとする経済エキスパートたちは、FRBが大規模な資産の売却を始めれば、住宅ローンなどの金利の急上昇を招き、結果アメリカ経済が崩壊すると警告している。結論として、アメリカ経済の崩壊を避けるためには、FRBはバランスシートが10兆ドル規模に膨れ上がるまで投資を続けるしか術はないという。行くも地獄、戻るも地獄である。FRBは既に後戻り出来ないところまで来ている。その状況の中で、2017年9月6日、FRBのスタンレー・フィッシャー副議長が早期辞任を発表した。その後さらに、ジャネット・イエレン議長を初めとした、寡頭勢力の息のかかったすべてのFRB理事の退陣が発表された。



     実体経済の活性化を伴わない金融政策によって生じたバブルは、いつか必ず弾ける。彼らがアメリカで行っていたまやかしのドルシステムが限界に達したことを意味する。現在、FRBの新経営陣が「中央銀行による金融政策の戦略見直し」「実体経済への資金の導入方法」などについて新たな手法を検討している。しかし、ドルシステムと言うものの根本的な崩壊を避けることは既に難しい状況である。



     戦後、特権的寡頭勢力が金融詐欺ともいえる悪魔的な手法で世界をペテンにかけて「ドルの価値」と言うものを演出し続けてきた。その価値を裏付けてきたのは金と石油である。現在、金と石油両面において、「ドルの価値」の化けの皮が剥がれつつあるのだ。それは「ドル体制崩壊」が迫っていることを意味する。



     2017年8月、トランプ大統領により財務長官に指名されたスティーブン・ムニューチンが金絡みで妙な動きを見せた。8月21日、ムニューチンがケンタッキー州のフォート・ノックス陸軍施設を訪れたことがメデイアで報じられた。ムニューチンは「皆既日食を見に行った」と語ったが、これは建前である。ムニューチンはその日のうちに陸軍施設内にあるFRBの金塊保管庫を視察している。そして、視察後すぐ「金は安全に保管されている」とツイートした。本当の目的は「このツイートをすることなのである。フォート・ノックスの金塊は既にない。金がすでにないことを前提に、ムニューチンと政府の動きを見る必要がある。つまり、財務省のトップがプライベートで皆既日食を見に行ったついでに、「たまたま」その地にあった金塊保管庫を視察して、「ふと思いついたので」その安全についてツイートしたなどと言うことは絶対にありえない。ツイートのさりげなさを演出するために、逆算して皆既日食を見に行くというストーリーを描いたのだ。突発的な視察を名目に報道取材もほとんどされていない。何よりも、最後にフォート・ノックスの金塊の量が数えられたのは、1953年なのである。これで「金の実在」を信じろという方が無理がある。



     さらに、財務省は「フォート・ノックスに貯蔵された1億4700万オンスの金塊を政府は保管している」と「わざわざ」報告している。なぜ今、尋ねられてもいないのに、「金の安全」を必死でアナウンスするのか? その裏にはドル体制の崩壊が迫っている状況が透けて見える。金を取り巻く混乱した状況の中、アメリカ情報機関に国際金融・貿易などについてアドバイスを行っているジェームズ・リッカーズは金の価格について「今の約4倍の1オンス1300ドルから1オンス5000ドル、最終的には約8倍の1オンス1万ドルにまで跳ね上がる」と予測している。そして、「迫りくるドルシステムの終焉に向けて、今後ますます世界中の国々が金を取得するペースを上げるだろう」とその理由を説明している。

  • 名無しさん2018/05/20

    蓮舫

    http://netgeek.biz/archives/118686

    佐々木弁護士とは↓のような人物だ。『ISテロリストとして有田、神原、福島、宇都宮、佐々木、野間、辛淑玉、上瀧というような紐付きのグループの仲間でもある。』←弁護士廃業しても食って行けるんじゃね?

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18918318.html

    50s ファッション

    https://www.google.co.jp/search?biw=1097&bih=531&tbm=isch&sa=1&ei=-9r_WqPCA8K48QWTzo_4Cg&q=50s+%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&oq=50s+&gs_l=img.1.0.0l10.2043.2043.0.3674.1.1.0.0.0.0.174.174.0j1.1.0....0...1c.1.64.img..0.1.170....0.tzhkT9Y0ME8

    ノースリーブス

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%B9

    マレーシア首相が日本の高校生に送ったエール 「日本人よ誇りを持て」

    http://news.livedoor.com/article/detail/14710587/

    日本では野菜の種子等が自家採種できなくなることになりそうです

    https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12371324968.html

    タネが危ない!わたしたちは「子孫を残せない野菜」を食べている。 野口のタネ店主 野口勲さん

    http://nextwisdom.org/article/1156/

    なぜ、公安委員会が正式許可したデモが阻止されたのか?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53280484.html

    竹林でハングル等の落書き!NHKと日テレはハングル隠蔽・NHKが字幕捏造を訂正するも原因不明

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7085.html

    天赦日(てんしゃにち)【2017・2018年】

    http://www.天赦日.net/

    「世界」の国歌を見てみよう!

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12376849938.html

    教育者も呆れた朝鮮人のDNA

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12376171314.html