国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<民主化ドミノ、マレーシアからタイ、シンガポールへ広がるか

2018/05/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)5月12日(土曜日)
         通巻第5699号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 民主化ドミノ、マレーシアからタイ、シンガポールへ広がるか
  マハティール政権、はやくも始動。ナジブ前首相の出国を足止め
***************************************

 奇跡のカムバック、92歳のマハティール元首相が返り咲き、国王の認証式を終えた後、ただちに組閣に入った。
高齢のマハティールは出来るだけ早くアンワル元首相に権力を禅譲する腹づもりと言われるが、まずは獄中の彼に恩赦を与える必要がある。

 アジアタイムズ、ストレートタイムズ、サウスチャイナ・モーニングポストなどは「国王が承認しており、数日以内に釈放になる」との観測記事を流している。
しかし釈放されても、アンワルには議席がないため、議員に返り咲くには補選もしくは次の選挙を経なければならない。

そこで、マハティールは事実上のナンバーツーであるワンアジザ女史を、当面「副首相」ポストにあて、アンワルの復帰に備える。ワンアジザはアンワル元首相の妻、かつてはマハティールの政敵だが、野党連合の中核である「人民正義党」を率いた。

 さて大差で敗れた与党。ナジブ前首相は特別機で5月12日早朝にインドネシアへ出国しようとしていた。マハティール首相は、ナジブ首相を汚職で起訴する姿勢を見せており、ただちに禁足令を命じた。

 マハティールのカムバックに一番慌てたのは中国であり、親中路線のナジブが勝利と踏んできただけに落胆は隠せない。つぎに周章狼狽したのは、じつはシンガポールである。リー一族の専政体制にあるシンガポールでは言論の自由をもとめる若者等の抗議行動が起きており、「民主化」を要求している。

 この民主化ドミノは次にタイとカンボジアへ波及するだろう。
 一党独裁のラオス、ベトナムはますます警戒を強めるというのがマレーシア総選挙後の東南アジアの構造となってきた。

     ▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)二宮報徳会 第22回年次総会のお知らせ
とき   5月20日(日)13時〜16時
ところ  富岡八幡宮・婚儀殿
次第:  13:00 国家斉唱、報徳訓奉読
           二宮報徳会 新会長 工藤昭彦 挨拶
           「二宮報徳連合」の設立案内、各会派会長挨拶
     13:30 記念講話 エリ・コーヘン 元イスラエル大使

エリ=エリヤフ・コ−ヘン(Eli-Eliyahu Cohen)のプロフィル; 1949年エルサレム生まれ。 1975年ヘブライ大学数学物理学科卒業、1997年ロンドンテームズヴァリー大学にてMBA取得。 保険代理店・コンピューターマーケティング社勤務、マーレアドミム市副市長を経て、1991年国 防省ナハル局局長就任。1993年周辺地域開発担当局長。1997年国防大臣補佐官。 退任後、フランス及びイスラエルの複数のハイテク企業社長、国会議員(リクード党)を経て、 2004年より2007年まで駐日イスラエル大使を務める。 現在は、ECアドバンスド テクノロジーズ マーケティング 代表取締役。 特技として、イスラエル松濤館流空手道協会会長(松濤館大島道場五段)、全日本剣道連盟居合道(五段)。その他の活動としては、文化・運動・青少年コミュニティーセンター会長、ヒマラヤ山脈(ブータン、チベット)捜索隊長、アリエル大学理事長(民間理事) 日本での著書に、『大使が書いた日本人とユダヤ人』(中経出版)、『ユダヤ人に学ぶ日本の品格』 共著(PHP研究所)、『グローバル時代のビジネス武士道』(ディスカヴァー21)などがある。

    14:10 懇親会 15:50 聖寿万歳 (中締め)
会費: 五千円 (懇親会費を含む) 
(本年は、二宮報徳連合の設立祝いもあり、どなたでも参加できます。) 



  ♪
(読者の声2) 「米中対立と日本の対策」
米中の通商対立が起きている。中共は米国に報復するなど、強気に振る舞っている。
しかし両国の国民経済をみると、月とスッポンの差があることに気付く。すなわち、米国は自給自足できる国である。中共からの輸入は個々の業者が利益を上げるためにやっているだけで、国家としては自給できるし、いくらでも代替できるのだ。
一方、中共は十億人の過剰人口を抱える対米輸出と米国企業の投資依存国なのだ。
 支那は広いが、古来の生産力でまかなえる人口は四億と言われている。土地はすべて耕され尽くされており、農業には水や肥料が必要だ。肥料がないと広大な土地もすぐに不毛の地に変わる。
そこで不足する食糧を手に入れるため輸入するから毎日いやでも莫大な外貨を消費する。食糧供給が出来なくなれば支那の歴史でおなじみの大反乱だ。毛沢東は大躍進では四千万人を餓死させたが、いまは強権で押さえつけることは出来ないだろう。
共産党幹部と家族が美味しい生活をしていることは知れ渡っているからだ。したがって中共経済は輸出と外国の投資を頼みとする自転車操業なのだ。そして米国はその柱だ。大事なお客様だ。例えて云うと米国と中共の関係は太陽と月なのだ。
そこで中共は人口を移民させ外国の富を運び込むために一帯一路戦略を始めた。対外借款の担保に取った外国の領土は返さないつもりだろう。しかし当初騙された諸国もワナに気付きだした。マレーシアではマハティール氏が返り咲き、前政権の対中政策をすべて見直すという。上手くは行かない。
 だから米中貿易対立では中共は長期戦はできない。共産党のレーニン主義は、時間稼ぎの妥協や撤退を認めている。今回米国に弱い中共が対米強硬策を主張する北朝鮮に因果を含めているのはその一例だろう。
 ただ、中共の対日敵対性は尖閣列島問題で手を緩めないように、不変だ。李首相が来日したが顔で笑って手にナイフと考えるべきで油断は出来ない。トランプ大統領は何時までもいないから、日本はこの危機をバネに再軍備、核自衛へ進むのが正しい。欧米や東南アジア諸国は、極東、アジア、そして世界の安定のために日本の核自衛を待っているのだ。
そのためには日本政府の国民への危機と方針の広報が不可欠だ。放送の自由化は待ったなしだ。 
    (落合道夫)



  ♪
(読者の声3)『中国が反論できない 真実の尖閣史』(石平著/いしゐのぞむ資料監修。扶桑社)
 その1―まえがき・序章 
 中国から尖閣への軍事的脅威が高まりつつあります。政府は国防体制づくりを急がねばなりませんが、同時に尖閣の領有権に関する世論戦、情報戦を大々的に展開していく必要があります。
 近代国際法に基づけば、尖閣の日本の領有権は、明々白々です。なにしろ1970年以前には、中華民国・中華人民共和国とも、あるいは公文書において、あるいは国家承認のもとに作成された地図において、更には共産党機関紙「人民日報」において明確に日本領と認めていたのですから。
 中国は古い歴史文献を持ち出してきて、その領有権を主張しています。これに引っかかる人が世界には多いのですが、実は根拠薄弱、全く領有権の証明などにはなっていないのです。
 長崎純心大学准教授のいしゐのぞむ氏は、十数年来専門家としての知識と漢文の読解力を生かして、尖閣に関する膨大な漢文の資料を収集し整理してきました。石平氏がこれを活用してわかりやすく解説したものが本書です。この英訳をこれから9回にわたってご紹介していきます。
 世界に「これが真実の尖閣史」だとアピールしていきます。みなさんも是非これを拡散してください。
   日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/senkaku-1.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/The-Senkaku-Islands-1.pdf
海外には、下記の通り英文で発信しました。
(「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道)
◎◇□◎□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ADVERTISEMENT
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
西部邁 vs 宮崎正弘
『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有しているので議論が噛み合わないということはなかった。
とりわけ合点したのは自存自立の精神の回復であり、西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言った。安保反対運動も全学連も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
 6月5日発売決定! 定価未定。
         ◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
  ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/13

    中国が反論できない 真実の尖閣史

    https://bookmeter.com/books/12092164

    蓮舫「あなたの記憶は自在に無くしたり思い出したりするものなんですか?」・国民「お前が言うな」

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7076.html

    川崎ヘイトスピーチ条例の危険性(5)

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53279628.html

    【拡散】朝鮮学校への補助金を全額削除した都議、吉田康一郎が #中野区 長選に出馬予定【応援する人はシェア】

    https://samurai20.jp/2018/05/yoshida/

    めぐみを助けてください

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF%E3%82%92%E5%8A%A9%E3%81%91%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjGkKKx3__aAhUIy7wKHehEB1UQ_AUICigB&biw=1097&bih=518

    独楽寿司 八王子店

    https://hitosara.com/tlog_13016426/

    「日本会議」の反日狂気

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/05/11/232533

    朝鮮人「日本人は日本に帰れ!」

    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-354.html

    業病の韓国に未来はあるのか?(転載)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

    東京都杉並区と横浜市青葉区、そこに住む「意識高い病」にかかった人々の共通点

    https://ddnavi.com/news/312106/a/

  • 名無しさん2018/05/12

    マレーシアで、マハティール氏が15年ぶりに政権の座に返り咲くことになったとのことです。これは非常にめでたい。マハティール氏は偉大な指導者で、アジア通貨危機の折にも、マハティール氏の指導によってマレーシアは難局を乗り切っています。

     新政権誕生で…汚職の撲滅と激化する民族間、宗教間対立の解決の期待が高まっています。欧米の傀儡になると、TPP推進と共に汚職が増え、貧富の格差が拡大し、民族間の対立が深まるのが見て取れます。それは、マハティール氏が指摘している通り、“TPPはニューワールドオーダーの道具”だからです。これをひっくり返さなければなりません。

      フィリピンのドゥテルテ大統領、マレーシアのマハティール首相、日本も後に続かなければなりません。

  • 名無しさん2018/05/12

     民主化ドミノ、マレーシアからタイ、シンガポールへ広がるか マハティール政権、はやくも始動。ナジブ前首相の出国を足止め←92歳なんですね、、マハティール新首相・・・すごい!すごい!まずは、拍手しちゃいました。

  • 名無しさん2018/05/12

    「真実の尖閣史」に感動です。もっと日常的に広める工夫は無いのでしょうか。

  • 名無しさん2018/05/12

    石油利権、ウラン利権にとって、最大の敵は燃える水であり、フリーエネルギーであろう。石油も原子力も複雑かつ悪魔的だ。そして、これら絶対利権をロックフェラーとロスチャイルドという双頭の悪魔が各々掌握しているのも、まさに天魔の支配と言うしかない。



     フリーエネルギーの研究者、発明家たちが、次々に抹殺されたり、行方不明になっている。これは知る人ぞ知る事実だ。フリーエネルギーとは別名「宇宙エネルギー」と呼ばれる。わかりやすく言えば、空中から取り出されるエネルギーだ。一笑に付す人は、倉田氏が嘆いた「常識の枷」にとらわれている。



    「宇宙は、場エネルギーで満たされている」



     25年前のロバート・ベッカー博士『クロス・カレントー電磁波ー複合被爆の恐怖』。その時、インパクトを受けた言葉だ。場エネルギーは英語で「フィールド・エナジー」と言う。だから、真空とは無ではない。真空とは有なのである。だから、空間からエネルギーを取り出すことは手品でも魔法でもない。それは、まさに科学なのだ。



     空間に存在する場エネルギーは無尽蔵だ。それを取り出す装置を開発すれば、無尽蔵のエネルギーを得る。永久に動力として活用できる。これが「永久機関」である。「永久機関などありえない」と叫ぶ学者もいる。彼らは完璧に時代に取り残された、哀れな人々と言うしかない。真空が場エネルギーで満たされていることすら、全く知らないのだから残念である。



     真空からエネルギーを取り出すー永久機関を発明したのが天才二コラ・テスラである。それも100年以上も前である。それは徹底的に黙殺され、弾圧された。天才は老いて、失意のうちに亡くなった。すると直後に、FBIはそのアパートを急襲し、あらゆる研究資料を盗んでいった。以来、100年以上にわたって、闇の支配者イルミナティはフリーエネルギーの研究を徹底弾圧してきた。



     空間には3つの場がある。電場、磁場、重力場だ。これらは互いに拮抗している。ちょうど、メルセデス・ベンツのマークを想像すればよい。この場のバランスを崩すと、場エネルギーを取り出すことが可能となる。修行を重ねたヨガ行者は、空中浮遊が可能となる。ヨガ行者は厳しい修業を重ねると、意識を無にし、生体の電場・磁場を無にすることが可能となる。すると重力場のみとなり、身体は押し上げられて、空中浮揚が可能となる。もちろん、宇宙の場は複雑微妙に変動しており、そのような場を作り出すことは、奇跡に近いだろう。想像を絶する精神統一のみがなせる技と思える。



     以上、燃える水とフリーエネルギーについて概括してきた。魔王ロックフェラーの死でこれらの研究、実用化は嫌でも加速される。



     今後、解禁となるであろうネオ技術を挙げてみる。これらの成功は、まさに早いもの勝ちだ。日本で開発された技術も多い。



    シンラ・タービン→超小型でエネルギー変換効率7割以上。斎藤武雄東北大名誉教授が発明。太陽熱パネルと発電機を組み合わせれば卓上型発電機が可能。冷蔵庫と逆に熱を入れ、電気を出す。太陽熱は太陽光の約5倍密度がある。よって、パネル面積も5分の1。21世紀は太陽光から太陽熱利用に完全シフトする。同タービンは、海洋温度差発電や地熱など温度差さえあれば何でもエネルギー利用でき発電可能となる。



    日本は地熱だけで必要エネルギーはすべて自給される→レスター・ブラウン博士は断言する。さらに、超高率シンラ・タービンを活用すれば、日本は世界に冠たる地熱エネルギー大国になれる。



    風のレンズ発電→大田俊昭九大名誉教授らが提唱する洋上風力発電ファーム。浮体方式で次世代カーボンファイバーでハチの巣構造の浮体上にハゼのレンズをつけた風車を設置。風のレンズで発電効率は4倍。CF構造で寿命は3倍。世界最高性能を誇る。



    エアロ・トレイン→地上約1メートルを時速500キロで滑空する未来列車だ。東北大、小濱泰昭教授が開発。2020年、350人乗り、時速500キロ走行の友人期待の完成を目指している。建設費は新幹線と同じ。運行コストは3分の1以下。さらに、電源は風力と太陽の自然エネルギーで賄う。リニア超特急とは雲泥の差だ。



    エコ・シップ→気泡航行船は前方から気泡を出して海水との摩擦を減らす。海流活用船は凧の原理で船を索引。



    直流送電→エレクトロニクス文明の発達は深刻な電磁波による健康被害をもたらしている。その原因は、交流送電と交流機器にある。これを直流送電にすれば電磁波被害の9割はなくせる。



    無配線送電→二コラ・テスラは無配線送電にも成功している彼が設計。制作した送電塔はニューヨークからロサンゼルスまでの無配線送電実験に成功している。



    海洋温度差発電→佐賀大学を中心に推進している。超高性能マイクロ・タービンの導入で発電効率は飛躍的に向上する。



    砂漠緑化プロジェクト→海水淡水技術を温度差発電とリンクすれば中東砂漠地帯などを緑の沃野に変身させることができる。



    藻バイオマス発電→水草が発電資源になる。滋賀大、伴修平教授らが推進している。刈り取った水草をメタン発酵させ、それを発電に利用する。



    木材バイオマス発電→木材加工の木くずを、ペレット燃料に加工し、廃棄物処理がエネルギー資源となる。



    ローマン・コンクリート→ローマ時代に活用された建築材料を使う。現代のコンクリートの2倍以上強度があり、寿命は2000年である。



    超高速列車→イーロン・マスクが発表紙世界の度肝を抜いた。ジェット旅客機より早く、巨大な筒の中を空気圧で走る。掃除機のチューブを連想すればよい。列車は空気銃の弾ように猛スピードで飛ぶ。約10年で実現化する。