国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米議会にEB5ヴィザ制度の見直しムード

2018/04/24

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)4月24日(火曜日)弐
         通巻第5685号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米議会にEB5ヴィザ制度の見直しムード
  中国の富裕層の不動産投資移民にも変化、激減の兆し
***************************************

 1990年、米国議会は景気活性化のためにEB5ヴィザという法的措置を講じた。つまり不動産投資移民プログラムといわれるもので、当初は1000万ドル(10億8000万円)が最低線だった。

 また「投資プログラム」は50万ドル(5400万円)で米国内でビジネスを起業し、従業員を十名以上雇用するという条件でグリーンカードを発給した。
 2012年から13年にかけて、167億ドルが、この特権を狙って不動産に投下された。また174000人の雇用増が見られた。

 ヴィザ認可は人数に制限があり、毎年、一万人上限としたが、 この制度を利用したグリーンカードを取得した外国人は、ほとんどが中国人だった。
 ついで、インド、ベトナムという順だった。

 昨夏、この問題が政治議題として浮上したのは、大統領上級顧問のクシュナー氏一族が経営する不動産開発業者が、EB5ヴィザが取りやすいような広告を打って販売をしたため、中国に便宜を図ったと批判されたからだった。
 しかも販売先はスキャンダルまみれの安邦生命で、CEOの呉小暉が北京で逮捕拘束されたことで、問題が深刻化したのだ。

      ○◎▽み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は黄金週間の4月27日から5月5日まで休刊となります。  
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1721回】       
――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(22)
  内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

   △
「将来の支那が君主制となるか共和制となるかは、最も重大な問題であって、これを解決するには、歴史の精神に通達しまた歴史の形跡を超越するの作用を要する」と切り出した内藤は、「貴族政治からして君主独裁政治に傾いて来た」ことが中国史の「重大な事実になっておる」と切り出した。

 「支那の政治は独り貴族の団体の把握するところであって、平民はもちろん全くこれに与らない」。「天子というものも、その貴族の中のある一家族が、時々代わり合ってその地位を占め」ていたので、天子だからといって「侵すべからざる神聖のものという意味」ではなく、「各諸侯の上に特別擢んでた絶大の力並びに地位をもっておるというのではない」。「唐の高祖が家を化して国とすると云」っているように、貴族政治とは代々伝わる貴族が「一家を治める方法、すなわち家族制度のやり方を国に応用したに過ぎな」いものであり、「君主はその自分の一族並びにそのほかの名族とともに、一般人民を隷属として治めて行くにすぎないのである」。
いわば「君主の地位というものは、各階級の上に超越した所の絶大の権力でもって各階級を支配するというのではなく」、「貴族の間におって、そうして貴族とともに天下をもっておるというようなことに過ぎない」。
だから「君主は大きく言えば、各貴族の私有物、小さく言えば、その一家族の私有物のような地位で」しかない。

 ところが時代が下り唐の中頃から、「武人の勃興と名族の衰滅」という現象がみられるようになった。「支那においてはこの武人の勃興というものは日本と違って、大抵は卒伍から出身しておる」。
それというのも、「元来武人を卑しんで、名族はそんな職業はせぬ」ものだから、「微賤な者から武人が出ると相場がきまるようになって来た」。

 時代が下るに従って版図が拡大すれば、もはや貴族政治のレベルでは国は治まらなくなる。たとえば唐では各地方に藩鎮を置いて武人に治めさせるようになったが、力をつけた武人は我が子に、我が子がない場合には「乾児制度」によって養子を立て藩鎮の私物化を図った。唐末の五代十国(906年〜970年)になると、「ついには天子にまでも、この制度が応用されて来た」。かくして名族は滅亡し、貴族政治は終わりを告げることになる――内藤の説を敷衍すると、おそらくこういうことだろう。

  名族の滅亡によって「君主の形は漸々独裁的に傾かしめて来た」。つまり「従来は貴族の中の一人が政権を執るに過ぎなかった」君主だったが、貴族が無くなった結果、「万民の上に超越した地位になって来た。そうして事実上万民の上に君臨するというようになって来た」のである。
それでも天子=皇帝の位に就いた者は自分の血統をデッチあげて祖先は古の名族であると言い張るような“節度”があったが、明朝を開いた朱元璋は「自分はどこの馬の骨か分らぬものであることを認めて、それを改めなかった」。つまり「天下を救うものは、いかなる種類の人でも天子になれるということ」になった。

  君主の地位が変われば、「その下に立つところの臣僚の地位というものも変って来た」。それまでの天子は「自分の家を私有して、それを拡めて国とし、天下としておったのであるが、今度はもう頭からして君主は天下を私有することになった。天かというものは自分の私有財産のような形になって来た」。独裁君主の誕生である。

  各役所の事務を「一々見て、そうして天子は昔の天子と宰相との地位を兼ねたような形にな」り、「それが清朝になってもますますその権力を君主に集める方に傾いて来て」しまったわけだ。「独裁制度としては、(中略)この支那の近世、すなわち明・清以後の制度というものが理想的の完全なるもの」ではあるが、「独裁君主の力が強くなって、君主の感情次第でいかなる事でもこれを処決することが出来るようになって」しまったという。
《QED》
        ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「一葉落ちて天下の秋を知る」
 CIA ポンペイオ長官が北の若大将に会った。「お前さん そんなにいつまで突っ張っていると、こちらは本気を出すゾ!」
「参りました、全て言うことをききます」
 完全降伏します。20日朝6:00の臨時ニュースの内容。
 夏前後には北朝鮮問題完全解決。日本人拉致、全て帰国。
 トランプ大統領、本年のノーベル平和賞間違いなし。
 安倍総理、あんたは完全にトランプの掌にのせられているのが、分からんかネ。
 モリカケ問題、etc をトランプ大統領とのゴルフで親密ぶりをみせているつもりかもしれないが、全てトランプは計算済みダヨ! 現に、日米2国間FTAでは日本を優遇する気配は見られない。それに気がつかんのかネ。
 霊界から、もう我慢しきれないので一言(木内信胤)
 木内信胤語録(明徳出版社)。非売品の段階の「木内信胤語録」がてもとにあります。
そのあとがきに、佐藤なにがしさんの監修をうけて云々の表記がありますが、今回の非売品ではなく公式出版に際し、その監修者の名前を削除したのはどの様な事情がおありなのでしょか? 深沢賢治さん。ご説明ねがえますでしょうか?
  (木内信胤信徒の一人)



  ♪
(読者の声2) TBSテレビの18時ごろの報道番組で何とかという元NHKの女性キャスターが「アメリカは北朝鮮にCIA長官を派遣することを安倍首相に事前に通告したのか? していないはずです。其れでも安倍訪米を総括し(事前連絡ももらえない安倍首相が、日米関係が最も緊密だと評価するのはどうかと思います」としたり顔で言っていました。
けれどトランプはアメリカ国務省さえ蚊帳の外に置いていた(本日の宮崎正弘国際ニュース記事)と云う事実をどう説明するのだろう。
   以下は今夕の産経ネット記事です。
「経団連の榊原定征会長は23日の記者会見で、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題に関連し、「不祥事が財務省で相次いでいる中で、こういった問題が起きたことは不見識だ」と批判した。
同時に、被害を訴えたテレビ朝日の女性記者の取材手法について「夜に酒を飲むような場所で1対1で話すことが公器であるメディアで働く人に求められるのか」と疑問を呈した。榊原氏は「異性と1対1でということは、さまざまな誤解を生みかねない。マスコミであっても会社としての規律とか、規範があってもいいのではないか」と、指摘した。」
 私はトランプとゴルフをした安倍首相に「ゴルフ場ではなく会議室でトランプと交渉すべき」と主張した立憲民主党の福山幹事長に上記記事についてコメントを求めれば「女性記者が夜に取材を求めてきたら、会議室で一対一でやれ」との意見を頂けると思いました。
   (SSA生)



  ♪
(読者の声3)全国の地方公共団体・防災関係機関等を結んでいる衛星通信システム「LASCOMネット」は、東日本大震災において、多くの市町村で地上系の通信手段が完全に途絶し、復旧するまでの10日程度の間、国と被災自治体を結ぶ唯一の通信手段として利用され、自然災害や国民保護事案等の危機発生時における存在価値と役割が改めて見直されました。
そこで検討中の同システムの次世代システムは整備費用の大幅な価格低減と大幅な機能向上と信頼性向上が期待されています。 東日本大震災発生時の総務省消防庁長官として、総務省消防庁長官の指揮権を史上初めて行使し、福島第一原発への放水活動も調整した官僚が、今は「LASCOMネット」の最高責任者として、以上のような諸問題に関して解説してくださいます。貴重な機会ですので、多くの方々のご参加を待ち申し上げております。

【日 時】 5月22日(火曜日)午後6時〜8時 (受付5時30分)
【会 場】 憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面向側)
【講 師】 久保信保(東京大学法学部卒、自治省入省、総務省大臣官房審議官( 地方行政、選挙担当)、消防庁長官を歴任して退官)。現在、自治体衛星通信機構 理事長。 
【参加費】 2000円
【要予約】以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。http://www.ozakiyukio.jp/lectures/2018.html#0417
【主 催】 グローバル・イッシューズ総合研究所
【共 催】 一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
【協 力】 株式会社近代消防社



   ♪
(読者の声4)「日本の自立」という問題を真剣に討論する場で、民主主義と天皇の関係についての意見が分かれて平行線となっているのを拝見しました。
一方は、形式的には相容れないという立場で、もう一方は、そもそも日本の歴史的な国体において両者は両立していたというものでした。しか、時間がなかったため平行線のまま終わってしまいました。ただ時間があったとしても、それ以上の進展は望めなかったのではないかと思いました。

 その理由として、国家とは何か、の学問的な国家論の共有がないことが挙げられます。この学問的な国家論の本質は、すでにヘーゲルによって概念化されているのですが、その学問的な価値が理解されていないのが現状ですので、これは致し方のないことではあると思います。しかし、そういう現状を肯定していたのでは、いつまでも日本の真の自立はおぼつかないと思いますので、それを理解できた者として、その立場から、この問題について検討してみたいと思います。
 西洋の民主主義は、王権に対してその王権を制限する形での憲法を媒介として、国民が権利を徐々に獲得していって、最終的に国民主権を樹立する形で生まれました。
したがって、王権は国民に現実的な権力の座を奪取されて滅亡したか、あるいは妥協的に譲る形で、棚上げされ、神棚に飾られて国家の統合の象徴の地位に就くという形で残ったわけです。つまり、対立関係は正しく解決されて解消されたわけではないということです。その意味で、、王権と国民主権とは、権力関係としてはあれかこれかの関係のままで、相いれないものだという主張は、西洋の民主主義に限って言えば、その通りだと言えます。

 だから西洋においては、民主主義と全体主義とは、あれかこれかの対立した関係と受け止められています。これには、ナチズムやファシズムが民主主義を否定する形で生まれた、という歴史的事実がありますので、なおさらのこと強固に信じられているという事情があります。
 また日本においても、前川元文科省事務次官が、道徳教育について、個人の利益よりも国家の利益の方が優先される恐れがある、と批判していたそうですが、このように国家と国民を対立させてとらえるのは、西洋民主主義だけでなく、前川元次官の信奉するマルクス主義においてもそうであり、そのマルクス主義のペキンテルンのプロバガンダ、すなわち軍国主義と日本国民とを分断し、軍国主義のみを否定するという形で国家と国民を対立させる構図が、いろいろな形で教育されてきました。青山繁晴氏によると、昔、共同通信では、国益という言葉は禁句だったそうです。

 ところが、日本の軍国主義の実際は、国民と一体であったのであり、国民がその自由意志で主体的に国家のために自分の人生を捧げていたのです。じつはこれが、学問的な国家論としては、全く正当であり、まともな在り方なのです。
 日本の自立のための討論の中で、聖徳太子の時代から日本は民主主義であったとの指摘があったように、日本はそもそもの国の成り立ちのはじめから「和を以て貴しとなす」話し合いで物事が決せられる民主主義の伝統が培われていったのです。
そして、国民は「大御宝(オオミタカラ)」と呼ばれてとても大事にされ、形式的にも内容的にも民主主義が徹底されていたのです。人倫的理念の化身である天皇と大御宝とがまさに一体の国体を創り上げてきたのが、日本国なのです。

 だから、鎌倉時代の御成敗式目には、自由とは道理のことである、ということが書かれてあるそうです。
じつは、これとまったく同じことが、人類最高の学者であるヘーゲルの「法の哲学」の中に書いてあるのです。曰く「自由とは必然性の洞察である」つまり、日本の人倫国家が説く自由と、ヘーゲルの学問的な人倫国家論の説く自由とは、全く同一だということです。この自由の学問的構造は、即自の自由と対自の学問との統一ということであり、即且対自の自由ということです。

 これに対して、西洋的民主主義の自由とは、国民の即自の欲求の自由だけでしかありません。
つまり、対自(国家)がないのです。だから、国家と国民とは常に対立・抗争することになってしまうのです。
ただ、西洋の民主主義は、人倫国家日本との戦いに勝利して、自分たちの人種差別的悪行の濡れ衣を日本に被せた手前上、自分たちは人倫国家然としなければならなくなったので、露骨な即自は表面上は控えるようになりました。とはいえ、中身は全く変わったわけではありません。
つまり本当の意味での、人倫国家を実現できた国は、西洋諸国の中にはまだ存在しないということで
す。
 
 一方、本物の人倫国家であった日本は、西洋から民主主義を輸入しましたが、もともと本物の民主主義の内実を持っておりましたから、何らの不都合もなく取り入れることができました。しかもその日本が創り上げた民主主義こそが、本物の即自対自の民主主義だったわけです。
だから大日本帝国は強かったのであり、敗戦後も自発的にアジア諸国の独立戦争に身を投じていくものが多かったのです。

 ところが、敗戦後は、その本物の人倫国家解体キャンペーンが、自虐史観教育の徹底と憲法九条の押し付けという形で強力に押し進められた結果、日本の麗しき誇り高き対自がかき消され、即自だけの日本人が大量に作られることになって、日本の民主主義も、西洋レベル以下に矮小化されることになってしまいました。
その70年間の積み重ねの結果が、現在の日本の、国家の大事をそっちのけで、即自の感情のみで森そば・かけそばに熱中して国会を占拠する低レベルの民主主義のありさまなのです。

 また、現在の日本で吹き荒れているme tooなどのセクハラ・パワハラ撲滅・ジェンダーフリーキャンペーンの本質は、人倫国家の最小単位である家族を、女性を奴隷状態にする家内奴隷制と見立てるマルクス主義の、家族を解体して、人倫国家を解体することによって、社会そのものをガタガタにしようとするマルクス主義の策謀の一環に他なりません。これによって社会が良くなることは、絶対にありません。
それどころか、社会は、これによってますます活力を失い、滅亡への道をひた走るばかりとなってしまいます。

 では、これらの問題の根本的解決はどうすべきでしょうか?
それは、女性が土俵の上に登れるようにすることでもありませんし、そういう言語を知ってそれを使わないようにすることでもありません。
かつての日本がそうであったように、天皇の御心であるあらまほしき人倫的理念の誇り高き対自を、即自的な国民一人一人が自分のものとして、即自対自の立派な日本国民となることであり、それによって互に尊敬し合い、ともに立派な日本国家・社会を創る同志として、男性も女性も協力し合うようにすることこそが、本当の意味での根本的解決になることだと思います。
    (稲村正治)
         ◇◎□◎◇□◎□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は黄金週間の4月27日から5月5日まで休刊となります。   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部邁『日米安保五十年』(海竜社。絶版。六月に改題して文庫化) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/04/24

    ・安倍は手ぶらで帰った。鉄鋼とアルミの課税は例外にならない。TPPはやらない。 



    ・安倍は「日本の鉄とアルミは品質の問題はない」とわざわざ言った。 



    ・日本がアメリカ軍に品質の劣る鉄鋼とアルミを売った。 



    ・拉致被害者問題は取り上げると言われたことが成果。 



    ・従来の日本ハンドラーズはいなかった。変った。 



    ・シリア攻撃については米トランプ、英メイ、仏マクロンは責められている。

  • 名無しさん2018/04/24

    西側の権力を乗っ取った悪魔崇拝エリートは、彼らの生存をかけて戦っており、シリアにおいて、そして米大統領ドナルド・トランプに対して大規模攻撃を演出した。この攻撃は今や息切れしており、シリアやその他において彼らの嘘が暴露されたので、大きな打撃を受けている。そして、25,500の封印された告発が実行されるのに、何の言葉も出てこない。悪魔主義者を永遠に世界の権力から廃除する動きが増加している。









    この面で、先週の最大の出来事は、悪魔の創設者であるアリスター・クロウリーの娘である最高悪魔主義者のバーバラ・ブッシュが死亡したことである。









    http://www.newnationalist.net/2018/04/18/the-uncanny-resemblance-of-barbara-bush-to-aleister-crowley/









    彼女の夫が年老いた後、米国の最大の悪魔崇拝主義者であると多くの人に認められている。バーバラは9/11、イラク、福島等の大量殺人や戦争犯罪で起訴される夫や息子を見ることを望んでいないことは間違いがない。









    しかし、この偽のニュースやコンピュータグラフィックスの世界においては、この死亡発表のタイミングとそれに関するニュース報道において、多くの疑問がある。目立つ例としては、テレビニュース24時放送の46秒の放送を下のリンクで見れば、ナンシーレーガンと一緒に自分の葬儀に出席しているバーバラ・ブッシュを見ることができる。









    https://www.youtube.com/watch?v=trad7UJzUfk&feature=youtu.be









    また、カナダの秘密情報局のコンピュータ専門家は、バーバラ・ブッシュの葬儀に出席した元大統領の写真が、明らかに「ひどい写真の偽造品」であると言っている。写真は企業ニュースサイトから全体に削除されているが、以下では見ることができる。



    ビデオやで示達写真として出てきたときに、依然として「百聞は一見に如かず」と考える人々にとっては、下の4月13日の公開紹介をご覧ください。そこには、グーグルの頭脳部門に雇われているコンピュータ技師スパソン・スワジャナコーンは、前大統領のバラク・オバマが話しているところを作った偽のビデオを示した。









    http://www.bbc.com/news/technology-43639704?SThisFB



    fake-barbara-bush-funeral-photo3-300x222.png 











    従って、バーバラ・ブッシュの葬儀全体が偽装されている可能性があり、これ全体が深層国家欺瞞の臭いがする。









    ブッシュの副大統領であったディック・チェイニーが寝返って、恩赦と引き換えに元のボスに対する証言をしたので、バーバラ・ブッシュの葬儀への出席を拒否した。









    また、偶然かもしれないが、葬儀の映像が放映されている頃に、テキサス州ヒューストンのブッシュ家の近くで大規模な爆発と火事が報道されている。









    http://halturnerradioshow.com/index.php/news/u-s-national-news/2407-valero-refinery-on-fire-in-texas-shel









    偽装葬儀は、世界中で悪魔主義者の幹部が追い詰められているので、彼らが経験している大きな敗北を隠ぺいするために徒党によって企画された。実際に生きているならば、大量殺人のブッシュ家族のだれもが、そう長いことはない。









    先週のもう一つの死は、メロン銀行の財産相続人であり、連邦準備制度理事会を所有する家族の一つのメンバーであるマシュー・メロンのものであった。メロンは仲間の連銀所有者のロックフェラー家(クリントン家)との関係において深刻な断絶をしていたが、これがマシューの54才の死に関係があるかは、現時点では明らかではない。









    https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-17/billionaire-banking-heir-matthew-mellon-dies-at-54









    また、関連する展開かもしれないが、ロスチャイルド家のフランス家は、37歳のアレクサンドル・ド・ロスチャイルドが父親である75才の指名手配者デイビット・ロスチャイルドから引き継いだと発表した。









    https://www.rt.com/business/424399-rothschild-announce-new-boss-appointment/?content_urlfro/









    しかし、グノーシス・イルミナティはロスチャイルドの継続的支配に寛容ではなく、スイスのチューリッヒに対して行動をとるよう代理人のネオボジに接触している。



    これが、フランスのロスチャイルド奴隷大統領エマニュエル・マクロンが今週、ロスチャイルド政権の交代を約束して保護を求めるために米国を訪問している理由かもしれない。グノーシスはおそらくロスチャイルドを信用できない理由があるのでしょう。フランス移転評議会議長のエリック・フィオリルはマクロン自身が財務所の犯罪やその他の高級犯罪に関与していると語っている。評議会は、マクロンが国有の兵器製造業者を使ってフランスのいわゆる「イスラム主義テロリスト」に武器を流すことで、フランス国内で内戦を始めようとしている証拠を持っている。









    我が国の主要な兵器製造会社がイスラエル、サウジアラビア或いは湾岸の顧客から注文を受けている。請求書はそこらへ行くが、ライフル、ロケットや弾薬はフランスの不安定な郊外のジハードグループに配達される。これはあらゆる問題を引き起こしており、フランスは内戦の崖っぷちにいる。









    フランス情報部と憲兵情報部のホワイトハットはこの活動に盲目の目を向けることはできない。フィオリルはまた、我が国の一般化された電子監視により、我々がIC(NSAやコンピュータ情報と同等)に我々のホワイトハットと治安部隊を完全に協力させれば、10日も掛からずに我が国の重装備のジハード集団を簡単に解体できると述べた。政府は教書反逆を行っており、軍隊は違法な政府を逮捕する正当な理由があると結論付けている。









    フランスのホワイトハットが遭遇したのは、もちろん、彼らによって支配される一神教を創設するためにイスラム教徒とキリスト教徒の間に戦争を強要する悪魔主義P2フリーメーソンの計画である。



    いずれにしても、シリアを攻撃して第三次世界大戦(ハルマゲドン)を始める為に、偽のシリア毒ガス攻撃(6回目の暴露された嘘)を口実に使う悪魔主義者の計画は、広く嘘による戦争犯罪として暴露されている。ドイツ国営メディアの報道も、今これを報道している。









    https://www.zerohedge.com/news/2018-04-21/germanys-largest-public-tv-news-broadcaster-syria-chemical-attack-most-likely









    一方米国内では、カルフォルニアの左翼知事ジェリー・ブラウンは、トランプがロングビーチ港でハリウッドの小児性愛と人身売買活動を止めたので、メキシコ国境に400人の国家警備隊を派遣させられている。









    さらに、特別検察官のロバート・ミュラーはヒラリークリントンを起訴して、やがて魔女狩りを完了させるだろう。これは、バーバラを露出させることで、彼女が今は最年長の魔女である事実の言及かもしれない。









    また、数ヵ月後には、元ニュヨーク市長のロドルフ・ジュリアーノがミュラーと共にブッシュギャングとイスラエルのような911加害者を標的にしているトランプの法律チームに加わる。









    朝鮮戦争を正式に終わらせる平和条約によって、イスラエルは、ゴラン高原を返還してシリアと平和を図るために、9/11と3/11の役割について明かすことを強いられるだろう。









    朝鮮の平和条約は日本の米軍内の多くの高レベル犯罪者を暴露することになるだろう。日本の米軍は横田航空基地を運営する人々と、東京近くの座間キャンプに駐留している人々とに別れている。座間キャンプの人々は福島の真実の暴露を支持している。うまく行けば、次期太平洋司令部のフィリップ・スコット・ダビットソン指令官は、正式に式を取ると戦争犯罪人を排除するつもりである。









    先週の他のニュースでは、トルコは連邦準備制度理事会に保有する金塊を全て返却するように、公式に要求した。この要請はおそらく、CIAのトルコ捜査官アンドリュー・ブルソンに関する秘密交渉に関連している。公式には、約25人の教会員を抱えるプロテスタントの小さな教会であるイズミール復興教会の福音主義牧師である。彼は、何万人ものトルコ軍人、公務員、教育者、学者、反体制派、ジャーナリストを拘禁する2016年のトルコクーデターの企み後の掃討において逮捕された。









    彼が解放されなければ、66人以上の米国上院議員がトルコに対して措置を脅かしている。彼がただの牧師であるならば、なぜ、それほど多くの上院議員は控え目な伝道者を助けに来て、トルコを『処置』で脅かすでしょうか?ギュレンは間違いなく、引き渡される悪魔主義者について多くを知っているので、ブルソンはバスの下に投げ入れられる危険性が高い。









    https://www.nbcnews.com/news/world/senators-warn-measures-against-turkey-andrew-brunson-case-n867721









    先週の別の進展としては、陰謀論を信じている人は、外観ほど狂ってはいないかもしれない。米国政府関係者のが報道機関に漏らしたことで、標的になった個人が音を聞いたり痛みを感じたりするのに使われるエネルギ-技術の詳細が明らかになった。









    https://boingboing.net/2018/04/19/government-accidentally-sends.html

  • 名無しさん2018/04/24

    NHKの「はしか感染拡大」のあおり報道がありました。沖縄を訪れた台湾男性から「はしか」の感染が広まり、たまたま沖縄に旅行に来ていた10代の少年に感染したことで、帰路の新幹線のルートに沿って、さんざん感染を広げた、というストーリーです。「この報道が事実かどうか確かめようがない」ところですが、医師の「みんなできるだけ早くワクチンを打て」という警告で締められます。

      山本節子氏によると、はしかによる死亡は限りなくゼロに近く、その上日本はWHOから「はしか排除国」に指定されるほど、はしか発生の可能性が低い。そのため、このようなニュースは、ワクチンを売りさばきたい医薬産業界の思惑と見ています。

      現在、どうやら沖縄をターゲットにしたワクチン政策があるようで、NHK以外にも沖縄の地元メディアは、はしかへの恐怖をあおり、大人も子供もとにかくワクチンを受けるよう奨励しています。山本氏は、小さな子供へのワクチンの悪影響を懸念し、6ヶ月児へのワクチン接種を決めた自治体に対して、

    ・予防接種法との合法性はクリアしたのか?

    ・乳児への危険性を一度でも検討したのか?

    ・はしかワクチンには神経毒性で知られるグルタミン酸ナトリウムが含まれるが、脳へ与える影響を考慮したのか?

    ・相談窓口や責任体制は整備したのか?

    と、これらの前提条件を求めます。これらが無いということは無知につけ込む緊急事態だと、悲惨なワクチン被害を知るジャーナリストならではの指摘をされています。

      ほんの数十年前までは、はしかは一度はかかる病気として認められ、自然感染によって生涯免疫をつけるために、わざわざ、はしかに感染した人に「もらいに」行っていたとか。

     無理やり打ったワクチンの副反応は、自然感染の症状と比較できないほど危険であることを同時に報道しないのは、いかにもアヤシイ。子供達を守る知恵を磨きましょう。

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1920

  • 名無しさん2018/04/24

    マンションなどコンクリート住居と木造住宅の住民の平均死亡年齢を比較するとコンクリート住宅のほうが約9年も早死にしていた。その理由が、コンクリート素材による冷輻射による「冷え」である。冷輻射とは熱輻射と反対作用である。氷柱に手のひらを近づけるとヒンヤリする。手のひらから熱が奪われているからだ。同じようにコンクリート建築では、体熱が奪われる。冷えは万病のもと。それは冷ストレスとなり、病気や短命の理由となる。



     それを証明する実験結果がある。コンクリート製巣箱で、生まれたてのネズミの赤ちゃんを100匹飼うと、コンクリート巣箱では7匹しか生き残らない。木の巣箱は85匹も生き残れる。コンクリートの12倍以上の生存率だった。さらに、コンクリート巣箱では母ネズミは子供をかみ殺して食べるという残忍な行為を見せる。父親ネズミは他のネズミに襲い掛かり、噛み付き、血まみれにする。昨今の家庭内暴力や学校のいじめそのもの。人間もコンクリートの集合住宅に住み、学校に通っている。逆に木造の巣箱では、母ネズミは優しく子供に授乳し、父ネズミもおっとり平和だ。建築素材で、これほど寿命と心理に大差が生じるのだ。



     しかし、これら島根大学の論文、静岡大学等の警告は、一切、建築界から黙殺された。そして、時の建築界を席巻していたのがコンクリート打ちっぱなしブームだった。教祖はあの安藤忠雄氏だ。高卒の建築士として、彼は建築界のスーパースターに躍り出た。マスコミの寵児となり、メデイアは彼の動向を追いかけた。彼を操っていたのはコンクリート・鉄鋼業界である。こうして全国にコンクリート打ちっぱなし建築が雨後の筍のように林立した。教祖を神輿に担ぐ業界は、笑いが止まらない。鉄筋コンクリートで住民は病が止まらない。コンクリート校舎で生徒にいじめが止まらない。ブラック・コメディのような悲惨な状況が蔓延した。コンクリート・ストレスの存在は、不都合な真実だった。しかし、魔王ロックフェラーの死で、タブーの堰は一気に崩壊した。



     内陸部に「森林都市」の建設を。その理由は、東日本大震災の惨状を思い浮かべていただければわかるだろう。さらに、南海トラフ巨大地震が差し迫っている。内閣府・中央防災会議の予測ですら、死者は想定32万人・・・。しかし、現実にはそんなに生易しいものではない。東日本大震災の犠牲者発生状況をコンピュータ・シミュレーションで当てはめた南海トラフ地震の犠牲者数は、350万人である。どうしてこのような戦慄の犠牲者数になるのか? 南海トラフで発生する津波は太平洋ベルト地帯を襲う。その津波の高さは20?30m級であり、5m以上の津波が襲うベルト地帯に住んでいる人口は、2200万人である。彼らの多くは、確実に津波の怒涛に一瞬にして呑まれる。だから、海岸都市から内陸都市への非難が焦眉の急である。



     海岸文明で栄えた「火の文明」は最後に、恐ろしい牙をむいて襲ってくる。森林文明で栄える「緑の文明」に早急に移行すべきなのだ。さらに、木造都市を推進するのは、地球温暖化の問題がある。



     重さ100キロの柱1本の半分は炭素である。それだけ木材は二酸化炭素を固定する。山の木を伐って木造都市を建築すれば、木材が二酸化炭素を固定する。木造都市を建設することは都市を第2の森にすることだ。つまり、温暖化を防止し、人類がこの地球上で生き延びる道を拓いてくれるのだ。

  • 名無しさん2018/04/24

    朝鮮戦争の真相・・・韓国の対馬・北九州侵攻

    https://blog.goo.ne.jp/1320akko/e/5f2327d334e72aff6bfa5ca9b5d8d9ad?fm=entry_awp

    沖縄市長選挙で【オール沖縄】大敗、落選候補を支援した野党共闘【女性を市長に】運動が沼津市長選でも 

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5551.html

    日本における朝鮮人枠

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-303.html

    めぐみへ

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF%E3%81%B8&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjVi7SCqNDaAhWFzbwKHRkyDOsQ_AUICygC&biw=1097&bih=518

    リモージュ

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

    「私も !」という女の議員 / 便乗する斜陽左翼

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68713360.html

    「来日&在日による過去10年の殺人全般の件数を示す公的資料を公開」⇒ 案の定、ワースト1は

    https://blog.goo.ne.jp/lifetree241rnm/e/2b809411b3b9e013e9a5da2ddb90df47

    憲法第九条の改正はイルミナティー・ファクターを考慮すべき

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72364874.html

    ”「ゴーマニスト」宣言【追記編・欄外編】(10) 

    https://nittablog.exblog.jp/14666818/

    子どもたちの命と未来を守るために

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11944552817.html

    野党6党とマスゴミは、やっぱり日本人の敵 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

    未来の水上戦闘艦?フランスDCNSのコンセプト潜水艦SMX-25

    http://oncon.seesaa.net/article/176345227.html

    【余命】日弁連関連で動けない谷垣禎一と稲田朋美?稲田朋美は増税派だった!?

    https://blog.goo.ne.jp/lifetree241rnm/c/cd54119b208b72cfd203e402eb88c1e0

    【国連】特別報告官「韓国社会に深刻な人種差別が存在する」「教育と認識改善を通して、政府が人種主義と外国人差別問題に取り組まなければならない」

    http://hosyusokuhou.jp/archives/40615235.html

    マスコミから

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12130512149.html

    日教組の問題を無視して森友学園をたたく民進党 その姿は…3月4日

    https://www.sankei.com/column/news/170304/clm1703040003-n1.html

    嘘つき蓮舫!民進党にはまだまだ多くの二重国籍議員がいる。

    https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/7e10d09924b588aae25e4dba2a0bab6d

    前田正名の在来産業振興論

    http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_files/eco_06/11/notes/ja/JET-11.pdf

     

  • 名無しさん2018/04/24

    米議会にEB5ヴィザ制度の見直しムード

      中国の富裕層の不動産投資移民にも変化、激減の兆し→米国もやっと、中国の酷い正体に気が付いたということでしょうか!

  • 名無しさん2018/04/24

    >佐藤なにがしさん

    佐藤さんがどなたかは分りかねますけど、佐藤優氏については宮崎先生は以前評価していたようにも思われるのですが、沖縄の独立を煽るような言動とか最近の佐藤氏への評価はいかがなのでしょうか?