国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<グリーンランドにも忍び寄る中国の魔手

2018/04/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)4月20日(金曜日)弐
         通巻第5679号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 グリーンランドにも忍び寄る中国の魔手
  氷の島は地下資源に恵まれるが、北京はいったい何が狙いなのか
****************************************

 グリーンランドの面積は日本の五倍か六倍もある。陸路での交通は不可能で、拠点移動は飛行機しかない。人口はたったの五万六千人。

 グリーンランドは半分独立国にみえて、じつはデンマーク領である。正確には大幅な自治が与えられており、住民投票では独立が回答だが、独立したらデンマークからの補助金がなくなって経済的には苦しくなる。ほとんどがエスキモーなどイヌイット系、漁業のほか、毛皮も輸出してきたが、ワシントン条約により廃業となった。

 歳入の半分がデンマーク政府からの補助金である。
 近年はツーリズムが盛んでコペンハーゲンやアイスランドのレイキャビクからチャーター機が夏の間は飛び交う。トップの観光客は西欧人だが、二番手は中国人だ。
 
 グリーンランドは金、ウラン、亜鉛、鉄鉱石など地下資源が多いとされるが、土地はほとんどが氷河と凍土、これまで鉱山業は成立が難しかった。自然環境が変わったのは地球温暖化である。この地下資源を狙っての参入が中国の第一の目的だった。

 第二に地球温暖化で凍土の地下開発の展望が拓かれると、ひょっとしてグリーンランドの地下には原油、ガスが埋蔵されているのではないか。中国の狙いはそこにもあるのだろう。

 第三は、しかしながらもっと気宇壮大、中国は「北西航路」の開発に余念がないのである。大西洋の北側、カナダの真北を通過する中国の実験船は、すでにこの「北西航路」の試験公開に成功しており、パナマ運河より五日間は早くなる。

他方、ロシア主導で「北極海航路」は砕氷船が先導し航路が確立している。このために中国は輸送ルートに当たる北海道の土地買いに狂奔した側面もある。
もし、本格的に北極海航路が多様化されるとなると、従来のマラッカ海峡、スエズ運河航路より8000キロ短くなり、日数も八日から十日の短縮となる。

 グリーンランドは東西冷戦中、米国が投資して宇宙センターやレーダー基地を置いた。そのため大規模な飛行場が三つ作られた。
冷戦終結後、米国の存在は稀薄となり、かわっての登場が中国資本。鉱山関連の投資を始めた。

 中国はアイスランドの北方にも大規模な土地を購入し、リゾート建設を謳ったが、軍事利用転用が明白なため、アイスランド政府は拒否した経過がある。
 グリーンランドへの中国の進出、デンマークばかりか、米国が俄に懸念を強め始めたのである。
     ○◎▽み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 ペリーは日本に来る前に沖縄に寄港し、そのあとも沖縄へ寄港していた
  明治維新はペリーの沖縄来寇から始まり、廃藩置県の最終処分(沖縄県)で終わった

  ♪
仲村覚『沖縄はいつから日本なのか』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 沖縄の歴史に関して、現代日本にはまともな解説書も歴史探究書もない。学校で教わる沖縄の歴史はウソのオンパレードである。
 あるのは、デマゴーグ大江健三郎が書いた『沖縄ノート』とか。要するに沖縄は独立国家であり、沖縄は日本の大東亜戦争の犠牲にされた、それゆえヤマトンチューを恨んでいるとか、沖縄は独立王国だったのだから独立してしかるべきである、とか。
 沖縄の二紙(『沖縄タイムズ』と「琉球日報」)は極左で、主張は極左冒険主義的であり、背後に中国の世論工作があるかと思えるほどに反米であり、つねに反政府であり、それが民意だと誤解したらトンデモナイ。沖縄の民衆は沖縄二紙とはまったく違う考えを持ち、基地反対とかいって騒いでいるのは本土からやってくる外人部隊である。
 沖縄は一貫して日本なのである。
 本書はそのことを証明する「真実の沖縄史」であり、記述は簡単明瞭だが、力強い。
 ところが左翼による洗脳工作が教科書にもおよび、多くの日本人が沖縄の実相を誤解している。GHQの洗脳工作の残滓はいまだに強烈な影響力を発揮して、沖縄の理解を真相から遠ざけている。すなわち沖縄二紙を基軸とする左翼のプロパガンダは、あたかも南京大虐殺、慰安婦強制連行のプロパガンダと同様に悪質なのである。
 真実はこうである。
 「琉球が明や清の属国であったことは一度もありません。琉球人は、中国語を母国語として話したこともありませんし、中国に税金を納めていたこともありません。琉球に中国の役所があったこともありません。清の時代に、漢民族のように辨髪を強制されたこともありません。明や清は、単なる貿易相手国」でしかなかったのである。
 もっと重要なことは、「沖縄は日本で最も大陸文化の影響を受けていない地域」(68p)。
 沖縄に伝わる音楽でも、そのことは証明されている。『日本民族の魂の原点』が残っているとも仲村氏は言う。
 沖縄がイメージとして「外国」のように扱われたのは薩摩の政策だった。薩摩が意図的に沖縄を外国のようにみせて、通商を独占する合法性を得たと同時に、幕府への発言力を担保できた。パリ万博に出展したときも、薩摩の勲章は「薩摩琉球」であった。
  ペリーは日本に来る前に沖縄に寄港し、そのあとも沖縄へ寄港した
  明治維新はペリーの沖縄来寇から始まり、廃藩置県の最終処分(沖縄県)で終わった

 さて本書で評者(宮崎)が初めて知った事実がある。
 ジョン万次郎は薩摩が保護し、大抜擢したことは誰でも知っているが、万次郎が上陸したのは沖縄県糸満市大度濱海岸であった。万次郎以下三人だった。かれらは七ヶ月も勾留され監視されていたが、島津齋彬が英語を操る日本人がいると聴いて鹿児島へ呼びよせ、以後の大活躍が始まる。
 この同時期に琉球には英語を操る通詞がいた。牧志朝忠という言葉の天才だった。シナ語、フランス語も駆使し、ペリーが沖縄に来寇したときの通訳である。ペリーは、牧志の英語力に舌を巻いたほどだった。
 ところが齋彬の急死によって事態は一変し、反齋彬派が琉球王府内で勢力を回復し、牧志らは冤罪で捉えられ拷問された。十年の流罪を言い渡されるが、薩摩は英語教師を必要としていたため、牧志に薩摩からの呼び出しがあった。釈放され。その薩摩へ向かう舟から飛び降りて自殺した(謀殺説も有力)。これにより琉球王府は貴重な國際感覚をもった人材を失った。
 ところで本書はアマゾン国際政治部門で、第一位をつけ、多くの注目を集めていることは悦ばしい。
     ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の最新刊
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/米国衰退、中国膨張-かくも長き日本の不在-宮崎-正弘/dp/4759315888

 米朝首脳会談が開催される可能性が高まり、在韓米軍の撤退が視野に入ってきた。日本の危機は未曽有の規模であり、米軍は最後まで日本を守る保証はない。
 いかにして日本は自主憲法、自主防衛の態勢をととのえることが可能なのか?
          ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)通巻第5678号における宮崎正弘氏のコメントについて)
 財務次官は、公務員試験1桁合格、司法試験合格。新潟県知事は、東大医学部卒、司法試験も合格だそうで、大変な「受験秀才」であることは間違いない。
 その「秀才」方について、まったく地位も金も(したがって、それを利用した女遊びも)縁の無かった男からあえて述べさせていただくと、これらは、連中に「人生の修養が足りない」というより、連中には、そもそも、「公人」(Public company すなわち株式公開会社の幹部も含みます)には、プライヴァシーが制限されることが当然であることについての自覚というか認識が足りなかった結果なのではないでしょうか。プライヴァシー制限は地位と公的報酬を享受する代償です。それが嫌なら、「出世」したり「有名」になどならぬことです。 TVに顔を出すことなど絶対にしてはいけないし、選挙に出るなどとんでもないことです。「名」と「実」をともに求めるなど思い違いも甚だしい。昔から、経営者が経営書などを著し始めるとその会社は危ないと言われているのもそういうことでしょう。
 私は、しょせんは人間の欲望の実相など、いつの時代でもそう変わりはないと思うので、今回の「事件」も「大事な徳育を忘れてしまった結果」などとは思いません。
 ただ、民主主義を情動させる基底にはジェラシーがあるように思いますが、女性の社会進出と女権の向上もともなって、「ジェラシーの正当化」とでもいうべき現象がますます激しくなってきているように感じますね。
海の向こうでも、クリントンなどのケースもありました。ケネディなども今のようなマスコミ状況なら、どうなっていたことか。
我が国の歴史を見ても、ミッドウェー海戦を始めるという最中でありながら山本五十六が勤務地に愛人を呼び寄せたり、しまりのないラブレターを出していたというようなとんでもない例もあります。
   (CAM)



  ♪
(読者の声2)国防講座はいよいよ来週です。奮ってご参加ください! 第38回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』
 日本最古の史書とされる『古事記』『日本書紀』には、遠い昔から今に伝わる日本人の戦争観や武力行使のあり方、優れた戦略・戦術や軍隊の指揮・統率など、現代社会においても十分に役立つ最高の兵法書としての教えが数多あります。今回の兵法講座では、皇統断絶の危機を救うため、応神天皇五世の孫・継体天皇が擁立された経緯、筑紫国での「磐井の反乱」鎮圧、複雑化する朝鮮半島との関係、蘇我氏と物部氏が勢力を拡大する安閑天皇・宣化天皇の治世などにつきまして、図や絵を用いながらビジュアルに、分かりやすく解説いたします。
                記
演 題:第11話 継体天皇から宣化天皇まで
日 時:4月28日(土)13:30開演(16:30終了予定)
場 所:文京シビックセンター5階 会議室A
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください)



  ♪
(読者の声3)国防を語らずして、日本を語るなかれ!
 第40回 軍事評論家・佐藤守の国防講座 軍事評論家としてブログなどで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの最終回です。今回の国防講座では、かつて34年間にわたり日本防空の任務を遂行してきた“大空のサムライ”佐藤守氏が、自衛官を志した動機や、操縦課程学生から戦闘機パイロット、操縦教官、飛行隊長、三沢基地司令、そして沖縄の南西航空混成団司令へと歩んできた人生を振り返って、あれこれと思い出話をいたします。「雫石事件」で無実の罪を架せられた同僚パイロットの無念さ!厳しくも暖かい心での後輩パイロット育成!墜落事故で殉職した部下パイロットの壮絶な最期!UFOに遭遇した後輩パイロットの証言!自衛隊を「御巣鷹山事故」の主犯に仕立て上げようとした朝日新聞との戦い!米空軍を驚愕させた三沢での空中格闘戦訓練、沖縄南混団司令として「国民党空軍OBの尖閣諸島侵攻」を阻止した作戦や「米軍普天間飛行場の辺野古移設」の真相など、笑いあり、涙あり、目からウロコの「空の守り」よもやま話です。
抱腹絶倒、脱線転覆を交え、大人気の佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。
         記
演 題:空の防人(さきもり)よもやま話〜34年間の戦闘機パイロットとしての体験から
日 時:5月19日(土)13:00開演(16:00終了予定)
場 所:靖国会館 2階 偕行の間
講 師:佐藤守(軍事評論家、日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
FAX 03-3389-6278(件名「国防講座」にてご連絡ください。事前申込みがなくても当日受付けます。
 (日本兵法研究会 家村和幸)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部邁『日米安保五十年』(海竜社。絶版。六月に改題して文庫化) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(黄金週間の休刊について)小誌は4月27日から5月5日まで休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/04/22

    あの国の目当ては水です。

  • 名無しさん2018/04/20

    ピンク・フロイドのリーダーだったロジャー・ウォーターズ氏が、“ホワイト・ヘルメットは人道支援団体を装った偽善団体”だとコンサートで発言したとのことです。発言内容を見ると、正確に状況を認識しているのがよくわかります。

      ホワイト・ヘルメット側が彼を宣伝要員としてリクルートしようとしたようですが、逆にホワイト・ヘルメットの正体をコンサートで暴露されてしまったようです。

      世界的な著名人が本当のことを言うのは、支配層が最も恐れることで、その意味で、覚悟がなければこうした発言はなかなか出来るものではありません。ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンなどの世界的な著名人が何人も死んでいますが、かなりの人が殺されたのではないかという気がします。支配層に反旗を翻した者は消されるというのが、この世界のしきたりのように感じます。要するに、この世界の最上層部はマフィアの掟で動いているわけです。

      私たち日本人は、原発は安全であるという嘘を信じるように、情報操作されていたわけですが、3.11でこれが嘘であったことを知りました。政府が平気で嘘つくことをこの事件で知ったにもかかわらず、放射能の影響はないとか、子供の甲状腺がんの多発はないとかとの、政府の見解を素直に信じる人たちが結構居るのには驚きます。

      

  • 名無しさん2018/04/20

    >明治維新はペリーの沖縄来寇から始まり、廃藩置県の最終処分(沖縄県)で終わった

    「薩摩の琉球入り」のときは、スペインのフィリピン侵略、清朝の成立と日本を巡る国際環境が大きく動いていたとき。沖縄が問題になるときはそうしたとき(日本の版図を明らかにし防衛の必要が出てきたとき)

  • 名無しさん2018/04/20

    EVの父・清水浩氏がかつて世に送り出したスーパーEV社「IZA」は、あらゆる面で驚異的だった。何と約30年前の快挙である。それは実車モデルで1充電548?走行、最高速度・時速167?と言う当時の世界最高性能を誇った。日本中の自動車メーカーが、IZAを量産すれば日本は世界のEV大国になれる。長い不況からも脱出できる。それで各メーカーを回りIZA量産を説得した。しかし、各社は異様に腰が引けていた。日産は「わが社では無理。IZAは余りに性能が良すぎる」と耳を疑う回答だった。性能が良すぎるから作れないとは・・・・? 

    マツダは「わが社一社ではできません。これはもう国策ですから」と言う。日本はいつから社会主義国家になったのか? 

    トヨタは「わが社開発EVは1充電60?」とおもちゃレベルで話にならない。ホンダの広報部長は「IZAって何ですか?」と言う。日本の各メーカーのお粗末さに、声を失った。



     清水浩氏は余りに超高性能の電気自動車を開発したため、国立環境研を追われるように退職した。その後、慶応大学から招聘され、学生たちと10車種ものEVを完成させている。すべてナンバープレートを取得。いつでも路上走行が可能な実車モデルである。例えば、「KAZ」は8人乗りリムジンで、最高速度310?。「ルシオール」は前後2シートのEVコミュータ。加速性能などはベンツを上回り、太陽電池パネル装置でソーラーカーに変身する。「エリーカ」は最高速度370?のウルトラEVだ。



     EVの天才のあふれるような才能と情熱にはただただ舌を巻く。しかし、むなしく月日だけが過ぎてしまった。そして、世界最高性能EV「IZA」が開発されて30年もの年月が流れてしまった。そして、魔王ロックフェラー死す。突然起きた2017年ショックが世界に衝撃を与えている。脱石油、EVシフト、夢にまで見た緑の文明の扉が開かれた。しかし、この人類史における第2の産業革命とでも呼ぶべき大変動に日本だけが取り残されている。欧米自動車メーカーはしたたかだった。石油王が高齢であることから、その最期を予見し、その時に備えて密かにEV開発を行っていたのだ。表向きは素知らぬ顔でディーゼル車開発などで、お茶を濁しながら、実は陰で超高性能EVの開発を進めてきた。その先端を走るのがテスラ社のEVだ。最新モデルは1充電走行距離は、1000?以上をクリアした。新車では史上最高記録を達成している。さらに、スウェーデン、ボルボ社の新型EV「ポールスター」も性能ではテスラに肉薄している。これに比べて日本の日産「リーフ」は約400?であり、彼らとの差は余りにも大きい。さらに、ドイツの名門メルセデス・ベンツも2022年までに、全車種をすべてEV化すると発表した。



     これら欧米の最新EVは、1充電の走行距離は800?900?はざら。日産のリーフなど足元にも及ばない。トヨタ自社制作EVの60?などおもちゃである。



     2017年ショックにおける全世界のEVシフトは、まさに日本にとって未曽有の国難である。このまま推移すれば日本経済はさらに沈み、失業者はあふれ、円安は進み、日本はアジア最貧国にすらなりかねない。「日本にはエンジンやハイブリッドの優れた技術がある」とうぬぼれている向きもあるだろう。しかし考えてほしい。10年、20年先、販売禁止になるような車を誰が買うのか?

    それは中古車としても売れない。つまり、無価値となる。確かに、現時点では欧米やインドでも、ガソリン車やディーゼル、ハイブリッド車は販売可能だ。しかし欧米各国は近い将来、これらの販売を禁止することを公的に発表している。それはEU全体の決定になる。インド、中国もEVシフトを明確にした。もはや、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドの3大エンジン車は過去の遺物なのだ。日本政府よ、自動車メーカーよ、学界よ、国難の時である、今こそ一致団結せよ。目の前にあるEV開発競争に勝ち残れなければ日本の未来はない。EVの天才・清水浩博士を中心に官民学の頭脳を集結して、国家レベルの開発プロジェクトを結成せよ。30年前に、たった一人で世界最高性能のスーパーEVを開発した頭脳だ。国難の今、彼は最大限に持てる力を発揮してくれるだろう。それ以外に日本の生き残る道はない。

  • 名無しさん2018/04/20

    グリーンランドは半分独立国にみえて、じつはデンマーク領である。正確には大幅な自治が与えられており、住民投票では独立が回答だが、独立したらデンマークからの補助金がなくなって経済的には苦しくなる。ほとんどがエスキモーなどイヌイット系、漁業のほか、毛皮も輸出してきたが、ワシントン条約により廃業となった。 歳入の半分がデンマーク政府からの補助金である。近年はツーリズムが盛んでコペンハーゲンやアイスランドのレイキャビクからチャーター機が夏の間は飛び交う。トップの観光客は西欧人だが、二番手は中国人だ。←グリンランドって、デンマーク領だったんすね!情報感謝です。



    仲村覚『沖縄はいつから日本なのか』(ハート出版)この同時期に琉球には英語を操る通詞がいた。牧志朝忠という言葉の天才だった。シナ語、フランス語も駆使し、ペリーが沖縄に来寇したときの通訳である。ペリーは、牧志の英語力に舌を巻いたほどだった。←沖縄にすごい天才がいた、彼がジョン万次郎とともに活躍していたら!と、心の中でおもいました。

  • 名無しさん2018/04/20

    外国政府の不動産について 

    https://payoku.requiem.jp/9628

    創価学会・統一教会は、日本人ではない!

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12369358342.html

    【国民の敵】日教組が「安倍、○ね!」とか言ってるのも同列に議論すべきだ【納得したらシェア】

    https://samurai20.jp/2018/04/teki-2/

    今の日本人は、本当に戦うべき敵の姿を見失なっている

    http://the-soliloquy-of-ishikawa-quon.blog.jp/archives/1070370891.html

    旭日昇天

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%98%87%E5%A4%A9&tbm=isch&tbs=rimg:Cez-c8XmaCgNIjhaYsHB854w7R-fn95lDBK1wukYKxkLiAA4AQQz6FJr0g9qGnLXNy63Bk_1UeWB-2yjdjuo0kpcE4ioSCVpiwcHznjDtETiD-PTbk18QKhIJH5-f3mUMErURiemWPeHxNkIqEgnC6RgrGQuIABE25vg2MV6YHSoSCTgBBDPoUmvSEcR3Sk2yejRrKhIJD2oactc3LrcRAuHZ9ppESCQqEgkGT9R5YH7bKBEDg6cH7QN1AyoSCd2O6jSSlwTiETiD-PTbk18Q&tbo=u&sa=X&ved=2ahUKEwj0_Y6M9sXaAhXEV7wKHQnTCGgQ9C96BAgAEBg&biw=960&bih=453&dpr=2.25

    日本国民の敵

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/100-c0f7.html

    NHKに情報公開請求を!「公安情報」井上太郎 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

    すべてのワクチンは"時限爆弾"だ。将来、さまざまな病気を生み出すために埋め込む"種"である。

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11939714500.html

    拡散希望:「朝鮮進駐軍の非道を忘れるな」

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

    『半分、青い。』子どものコンプレックスにどう向き合う? 2人のママの異なる対応とは

    https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1523865765226/

    江田憲司のツイートで逮捕の恐れ 法務省「国家公務員が職務上知り得た秘密を洩らした場合は秘密漏洩罪が成立する」 

    http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/53309536.html

    ”「ゴーマニスト」宣言【追記編・欄外編】(3) 

    https://nittablog.exblog.jp/14629006/

    菅野完

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7043.html

    ワイ教師、部活で

    http://military38.com/archives/51858913.html

    日本軍人の精神は「東洋民族の誇り」戦史修正のお知らせ

    http://oncon.seesaa.net/article/457842001.html

    想像以上の技術力がある北朝鮮サイバー攻撃の脅威

    https://gunosy.com/articles/RJDWQ?s=t

    「?」と「啄」

    http://www.eonet.ne.jp/~jinnouji/page9/houwa/page178.htm

    韓国兵務庁、兵役義務のあるスポーツ選手、芸能人の兵役逃れを取り締まる法整備を進める考えを示す

    http://blog.livedoor.jp/antijapanhunter/archives/51867155.html

    捨て石

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%A8%E3%81%A6%E7%9F%B3

    緊急のお知らせ3

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/04/16/2467-%e7%b7%8a%e6%80%a5%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b%e2%91%a2/

    【日本はこの男に支配されている】安倍の側近・今井尚哉のヤバすぎる権力5例! NHKも官僚も安倍も完全コントロール!

    http://tocana.jp/2016/06/post_10024_entry.html

    <朝鮮戦争の最中に起こった三大騒擾事件>在日朝鮮人と日本共産党・左翼団体による大規模襲撃・テロ事件

    http://hosyusokuhou.jp/archives/40547972.html