国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国のビッグデータは反政府分子やスパイの摘発ばかりではない

2018/04/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)4月12日(木曜日)
        通巻第5670号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国のビッグデータは反政府分子やスパイの摘発ばかりではない
  国内の金融取引の全てを掌握し、管理する邪悪ビッグブラザーの元締めだ
****************************************

 中国は従来の金融監督官庁を統合して「銀行保険監査管理委員会小組」を立ち上げた。トップは劉?(副首相)である。中央銀行の従来の役目を取り上げるのか、並立的な組織となるかは不明だが、その目的は単純明快である。

 2015年の上海株式暴落を、中国政府は管理の不徹底によってシャドー・バンキングならびに金融ユニット末端の新興組織(これも影の銀行の範疇にはいる)が、高金利を謳って投資家から金をかき集め、それを信用取引で四倍、十倍に梃子を効かせて株式市場に注入したからであるとした。

 なぜなら株価が下落すれば投資家は証券会社から保証金の追い証を取られるが、おおくの投資家は借金して、ハイリターンを信じて投資したのであり、そのメカニズムさえ理解できずに、ひたすら株はあがるものという信仰がもたらした熱狂的投機だった。

 実態はと言えば、太子党や証券にすくう代理人等の空売り、それも巨額の空売りがなされ市場の狼狽が次の下落を招いたからである。
 上海株式市場から蒸発したカネは5兆ドル(当時のレートで500兆円)と当局は算定している。株式は時価総額の合計から下落額を引けばそうなるが、実際には、それだけの現金が消えたわけではない。5兆ドルというのは時価総額のことである。

 「けっきょく監督力が不足したのだ」というのが、中国政府の驚くべき安易な総括で、再暴落を防ぐには、徹底した管理が必要という共産党独裁者の狭窄な思考範囲が達した予防策である。

つまり最新のデータベースを使って、銀行間、銀行・証券間、銀行の地方政府への融資ばかりか、証券と保険の迂回融資、影の銀行の実態を掌握するために個人の銀行口座の取引記録まで閲覧し、これらのデータから対策を割り出すという、あくまでも共産党の人民管理方法の発送の延長線から生まれてきた対策なのである。

 「e租宝」とう新興のネット企業は、p2p(ネットでのカネの貸し借り、当局には届け出だけで良かった)の大手である。[e租宝]に群がった投資家がおよそ90万人もいて、ファンドライジングであつめたカネは77億ドル。

魅力的な高利を謳って、多くのプロジェクトを提示し、薔薇色の将来の収入を画面に分かりやすく描いて夢を売り、民衆のカネを集めたのだ。
ところが調査した結果、95%のプロジェクトは胡散臭い、実態のないものだった(サウスチャイナモーニングポスト、4月11日)。

 かくして中国のビッグデータは反政府分子やスパイの摘発に向けられるばかりではなかった。国内の金融取引の全てを掌握し、管理する巨大なビッグブラザーの元締めとなるのだ。 
      ○◎▽み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)先日、勢観房源智が法然の言葉を書き留めた「三心料簡および御法語」にある言葉が親鸞の悪人正機と符合することから、両者の教えには一般に言われているような大きな違いがなく、また悪人正機の意味も明治になってから清澤満之等によって説かれていたものと大きく異なることを私の投稿の中で指摘した。
 私はこれを新たな発見であると思っていたが、実は大正六年に醍醐寺で他にも多くの法然関連の文書が見つかり、何人かの学者が研究した結果が昭和60年頃にいくつか発表されていることが分かった。
 その結論は、法然と親鸞の教えは、殆ど同じであり、悪人正機も法然の教えを親鸞が口にしたことを唯円が歎異抄の中に書き留めたというものである。
 しかし、これは法然を開祖とする浄土宗、親鸞を開祖とする浄土真宗という宗門にとって困ったことであり、そのため学者たちは学者の世界の外に公然とこのことを言えない風潮があるということがわかりました。
 二十年くらい前にある韓国人の学者が国際法上竹島は日本領だと言ったところ、自宅の外に出ると殺されるので、実質的に自宅軟禁状態になっているのと似たような状況です。
 まことに情けないことです。
    (當田晋也)
      ◎◎◎◎◎ △△△△△ □□□□□ ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、14日(土曜)と15日(日曜)は休刊になります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部邁『日米安保五十年』(海竜社。絶版。六月に改題して文庫化) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/04/12

    無様なアメリカに、世界各国は呆れている。まさにアメリカによる世界一極支配の終焉である。これも、魔王デイヴィッド・ロックフェラーの死でもたらされた。もはや、アメリカは世界の警察でも何でもない。軍部が秘密結社を攻撃している。前代未聞の混乱に陥っている。だから、各国は自らの利益を追求できるようになった。



     例えば、EUは、もう、アメリカの言いなりになる気はさらさらない。それが如実に表れている典型的な急変が、2017年に相次いで起こっている。その一つが、脱ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド車の電気自動車(EV)シフト宣言である。早く言えば、欧州諸国の脱石油宣言である。まさに、世界の自動車業界は震撼した。それに続いて、コンクリート都市から木造都市へのシフトも加速している。さらに海洋風力発電などの自然エネルギー導入で、アメリカを引き離している。石油王が生きていたら、とてもできなかったであろう事柄である。これらはEUの脱石油宣言つまり、脱アメリカ宣言なのだ。こうしてEU諸国は世界の警察からの監視と頸木を逃れて我が道を行く。



     中国の急成長が止まらない。先進国の過去20年間のGDPを比較しても、中国が14倍と断トツである。ちなみに、アメリカは2倍、イギリスも2倍、フランスも2倍、ドイツは1・4倍、そして日本は0・85倍である。先進国の中で唯一マイナス成長なのである。中国は資本主義よ、日本は社会主義ね・・・ 中国がアメリカと異なる経済大国に成長したのは、物造りに徹したからだ。物まねと笑われ、コピーと侮られ、盗作と非難されても、ひたすら造り続けた。そうして今や巨大な世界の工場に変貌をとげたのだ。中国人はお金のため、家族のため、必死で働く。その勤勉さを日本人は見習うべきである。特に現代の日本の若者たちは、本当に元気がない。中国人のバイタリティを今こそ見習う時だ。



     中国は右肩上がりで、アメリカは右肩下がりである。アメリカ社会の病根は、秘密結社フリーメーソンにより建国、支配されてきたことである。彼らユダヤ資本は、物造りを軽蔑して来た。そして、無から有を産む金融産業を隆盛させた。金融はどこまで行っても金融である。自ら富を生み出さない。他者の富を巧みに盗むだけである。物造りの中国、金盗みのアメリカ・・・どちらが豊かになるかは言うまでもない。中国があれほど産業を発達させているのは国際秘密結社フリーメーソンからの支配を免れてきたから? そうではない。それどころか、アヘン戦争の恨みはいまだに深い。それはメーソンの巣窟であったマセソン商会が、英国議会に強硬な圧力をかけて開戦に持ち込んだもの。国民の健康はアヘンで破壊され、国土は侵略され、誇りは地にまみれた。中国がメーソンやイルミナティの侵略から免れたのは、彼らが独自の極秘ネットワークを持っていたからだ。それが華僑である。華僑の人脈はメーソンの人脈に劣らぬくらいの威力を秘めている。だから、中国はどこと同盟を結ばなくても堂々と我が道を行ける。彼らも魔王ロックフェラーの死を横目で見ている。世界史を支配してきた秘密結社の衰退も当然、了解している。経済力では超大国アメリカを追い越すことは確実だ。さらに技術力でも追い抜きかねない。だからアメリカに遠慮し、従属する意味など感じていない。さらに中国共産党が独裁する資本主義国家という奇妙な国家形態が、経済成長には強みになっている。独裁なので決定したら実行は早い。即断・即決・即実行・・・・。これに対して自己保身の官僚主義に冒された日本の病状は、目を覆うばかりだ。稟議書にハンコの行列を作ってもまだ決済せず、様子を見る・・・。この意思決定スピードの遅さが、日本経済の致命的欠陥となっている。それなのに、誰も指摘しない。誰も気づかない。日本経済の没落はさらに進むだろう。中国共産党独裁は、人権抑圧、言論統制、汚職腐敗などの問題を抱えていることも確かである。しかし、日本もそれは同じ。露骨に弾圧するか、陰湿に弾圧するかの違いだけである。

  • 名無しさん2018/04/12

    拉致問題解決の失敗は日本政治の敗北

    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180409/soc1804090008-n1.html

    【急報】沖縄県知事選に暗雲、自民敗北の危険性。翁長知事の容体【危機啓発のためにシェア】

    https://samurai20.jp/2018/04/okinawa-31/

    パレルモ条約と共謀罪

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

    桜ってどんな花ですか

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%9C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E8%8A%B1%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B&tbm=isch&tbs=rimg:CbOq4Q63-fukIjgLZhsRYNkIPz1qYXFZ7zfdCpOjsbuQXTwO33Pdirj0EEyayncLfHUAjplJ4y7YxuneTHYkataNQioSCQtmGxFg2Qg_&tbo=u&sa=X&ved=2ahUKEwjQ87SdhbHaAhWIErwKHQ9LCc8Q9C96BAgAEBg&biw=1097&bih=518&dpr=1.75

    1Ee2GvEQbL9AjKhIJPWphcVnvN90RMEpApDWDXJUqEgkKk6Oxu5BdPBE65lhHaa9wlioSCQ7fc92KuPQQEXp9SlsHPx4_1KhIJTJrKdwt8dQAR2zWyIruQlNgqEgmOmUnjLtjG6RFXTHkqn7qRGCoSCd5MdiRq1o1CEeWe7Apb5HST

    「共観妄想」の「設計主義的合理主義」

    http://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/_pages/user/iphone/article?name=2009-11-05

    血や死や女性の穢れなどという概念は日本にはもともとなかったもの

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3723.html

    【ひとり空手大戦争】青柳政司インタビュー

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar497002

    WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響が一目でわかる写真

    https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12347157051.html

    GHQの権力・圧力の実態を語る。

    https://togetter.com/li/287941

    学校の制服がデニムっていいね! 

    http://okazaki-knit.jp/2017/09/29/post-2179/

    瑶池金母

    http://www.kuantu.org.tw/GDT_J_01_02_07.html

    メガソーラーの健康被害

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1909

    ”「ゴーマニスト」宣言(131)

    https://nittablog.exblog.jp/14455793/

    ワクチンでインフルエンザは防げません 

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-12155389356.html

    ヘイトスピーチ芸人、桑田佳祐の故郷は半島の南部(サザン)か。

    https://blog.goo.ne.jp/ranka830/e/d4fdcb191e21fd04ddd69955b3b9ef20?fm=entry_awp

    【アテナ神】ギリシャ神話の女神の歴史と評判

    https://unvcoin-ancient.com/history/athana

    五代友厚

    https://bushoojapan.com/jphistory/baku/2018/02/25/110427