国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<マレーシアも「中国の罠」に陥落したのか?

2018/04/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)4月11日(水曜日)
        通巻第5668号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マレーシアも「中国の罠」に陥落したのか?
  ナジブ首相が中国主導のプロジェクトにのめり込む面妖な背景
****************************************

 マレーシア総選挙は5月9日と決定した。
 前回の選挙で大幅に得票を減らした与党連合「UMNO」はマレー人主体だが、華僑の政党、インド系も加わっている。得票率は47%、しかし議席は60%を確保した。
次の選挙では野党への期待が高まっており、事前の世論調査では与党敗北の信号が灯っていた。

 したがってラジブ首相率いる与党と野党連合の対決は大接戦なると見られていたが、土壇場へ来て選挙区の区割り変更など、狡猾な手段でナジブ政権は野党の票田を分裂させ、しかもマハティール元首相が主導する野党連合「希望連合」からイスラム政党を離脱させるなどの分裂を策した上で、活動停止処分とするなど悪質な妨害が目立つようになった。

 ナジブは独立後2代目首相ラザクの息子であり、いってみればマレーシアの「太子党」を代弁する利益集団のトップ、末端の国民からは好かれていない。

 マレーシア独立以後、はじめて政権交代、与党敗北色濃いという事前予測が主流となった背景には「マレーシアも中国の経済植民地となるのか」という未曾有の危機感があったからだ。

 いかなる経緯があったか。
 第一に中国の進める「一帯一路」プロジェクトにナジブ政権は或るスキャンダルを境目に、突如、興奮するかのように乗り気となり、熱烈な協力者となった。その理由は国家ファンド「1MDB」が抱えた巨額の不良債権という闇のファクターが存在する。
 
 2015年に発覚した1MDBの負債は1兆4000億円といわれ、しかも、そのうちの使途不明金850億円が、なんとナジブの個人口座に振り込まれていたという疑惑が取りざたされ、マレーシア政界を震撼させた。

 この穴埋めにナジブ政権は中国の一帯一路に相乗りして、資金を穴埋めにつかおうというのが中国への急傾斜の動機だとクアラランプールの情報筋は言う。


▲なぜマレー半島の東海岸を縦断する鉄道が必要なのか

 中国が提示するマレーシア関連のプロジェクトには東海岸の660キロに敷設する鉄道建設がある。しかもこの鉄道建設は中国企業が主導する。
長期的には雲南省昆明からラオス、カンボジア、タイを経てマレーシアを通過し、シンガポールまでの長距離。

 ところが東海岸鉄道は旅客が望み薄であり、既にバス路線が発達しているため、マレーシアではなく、中国のための鉄道ではないかという不満が渦巻く。
中国の軍事戦略では南シナ海のシーレーンが脅かされた場合のバックアップ・ルートしてマラッカ海峡ルートを確保しておくという戦略があるからだ。

あたかも江戸幕府が東海道に対しての中仙道を重視したように、あるいは日本軍参謀本部の東海道線の代替ルートとしての中央本線という位置づけと対比すれば理解できるだろう。

 この鉄道に付随してクアンタン港の整備、マラッカ海峡の諸都市にある港湾の整備、ボルネオ島北部の拠点=コタキナバルへの中国軍艦寄港など中国の「海のシルクロート」に協力的なプロジェクトが並ぶ。

 またマレーシアにおける中国企業の躍進も凄まじく、華為技術と中興通訊(ZTE)の二社はマレーシア通信事業に大々的に参入した。
マレーシアの国民車として親しまれるプロトン社の49・9%の株式は中国の吉利集団が購入した。

 エドラ発電は中国廣核集団に売却し、バンダルマレー株の60%を中国中鉄に売却するなど、旗艦産業も外国資本に売り渡すような政策は「売国奴」だという野党側の批判に発展した。

 しかし、中国の投資はますます巨大化し、民間でも巨大投資はジョホールバルの四つの島を埋め立てて建設する「フォレストシティ」である。これは中国不動産企業のトップを走る「碧佳園」がゼネコン&デベロッパーとなって完成間近だ。現場の労働者は80%が中国から、残りをパキスタンなどから連れてきた。
 中国から六割、四割は地元の雇用という約束は反故にされた。

 ナジブ政権は、フォレストシティ建設プロジェクトの契約に際して、例外的に外国人の土地所有を認めた。
ここには70万人の中国人が移住するために、マハティール元首相は「ナジブは国土を中国に売り渡した」と激しく攻撃し、ひろく国民の間にも、「反中ナショナリズム」が燃えあがっていたのである。


 ▲近年になかった保革逆転の予測が二転三転

こうした状況でマレーシアの政治は「ナジブ政権 vs マハティール元首相」という対決構造となり、マハティールが野党を結成し、野党連合を組織して、選挙に出馬すると声明を出して、準備に入った。
与党敗北予測がメディアに目立つようになると、狼狽したナジブは、このマハティール野党に解散命令を出し、(書類不備の難癖)、さらに特急作業で「反フェイクニュース法」を制定し、事実上、ナジブ政権批判を封じ込めた。

 そのうえで、222の小選挙区の区割りを与党有利に再編し直し、ナジブ首相は、なりふり構わずに議会解散を強行した。マレーシアの選挙法では議会解散から60日以内に総選挙がおこなわれるという規定があり、4月10日になってマレーシア選挙管理委員会は5月9日を投票日と決めた。

この与党の電光石火の早業によって、イスラム政党が野党連合から離脱、マハティールは無所属でも立候補すると記者会見した。

 世論は圧倒的に反ナジブだが、政権批判のメディア二紙が休刊を命じられ、他方ではナジブ首相が選挙目当てのバラマキ、駆け込み施策をおこなって人気の回復を図った。大票田を固めるために公務員、年金受給者への現金支給。最低賃金の上乗せ、燃料価格安定のための補助金支給、そして選挙公約では消費税廃止も謳っている。

 マレーシアは伝統的な多民族国家であり、マレー系に華僑、インド系の三大民族構成というのはあまりに単純な図式である。

 「華僑」と一口にいっても、多くは福建省、広東省出身であり、ついで潮州出身が多く、彼らには北京語は通じない。
マレーシア華僑を代表するのはシャングリラ・ホテルの経営者ロバート・クォク(郭?年)が有名だろう。郭は香港の老舗「サウスチャイナ・モーニングポスト」を買収して論調を北京寄りとしてから、マードックに売り抜け、さらにマードックはアリババの馬雲に譲渡した経緯がある。

 この多重的な華僑の列に「海峡華僑」という「倭寇」の末裔とされる人々がいて、英語しか喋れないため「英語系華僑」とも言われる。シンガポールのリークアンユー前首相も、この海峡華僑の流れをくむ。(倭寇は前期倭寇に日本人もいたが、後期倭寇はシナ人の海賊だった)。

 インド系マレーシア人はタミル語族であり、インド・アーリア系列ではなく、ベンガル流域から流れ込んだ。したがって言語もタミル語である。 
 ともかく上記のような複雑な、多民族国家の未来が次の選挙にかかっている。
      ○◎▽み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)ペマ・ギャルポ先生の「侵略に気付いていない日本人」講演会のお知らせです。

とき       4月22日(日)1430(開場1415)
ところ      文京シビックセンター26階「スカイホール」
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
講師       ペマ・ギャルポ(拓殖大学客員教授。チベット文化研究所所長)
https://ja.wikipedia.org/wiki/
演題       「侵略に気付いていない日本人」
参加費      1000円(学生無料)
         どなたでも予約なく御参加いただけます
主催       英霊の名誉を守り顕彰する会(代表 佐藤和夫)
お問い合わせ  (090)6709−9380



  ♪
(読者の声2)関西方面の愛読者の皆さん、「昭和の日のつどい」が大坂でも開催されます。同時に小さな音楽会も開催です。
           記
とき   4月29日(日曜、昭和の日)1300
ところ  大阪市立歴史博物館四階講堂
http://www.mus-his.city.osaka.jp/visit/access.html

講演   高橋史郎(麗澤大学大学院特任教授)
演題   「昭和天皇をめぐる歴史的経緯について」
第二部  音楽会「昭和の小さな音楽会」
     スペシャルゲスト 山口菜希(シンガーソングライター)
     入場無料
お問い合わせ(090)9818−4469



  ♪
(読者の声3)161回士気の集いは、コンスタンチン・サルキソフ先生の講演会「日露再考――我々は分かり合えない隣人同士なのか」になります。
 かつて仮想敵国だった、近くて遠い国、ロシア。東西冷戦終結後も、日本政府は日米同盟を基軸とする外交・安全保障戦略の下、ロシアとの関係緊密化に消極的で、日本国民の中には領土問題を抱えるロシアに対する拭い難い不信感がありました。
しかし米国の弱体化、中国の台頭という激動する東アジア情勢は、日本にこれまでの外交・安全保障戦略の見直しを迫ることになります。米国の戦略家、国防アドバイザー、E・ルトワックは台頭する中国に対する日本の対抗策の一つとして、ロシアとの関係強化を挙げていますが、現状では関係強化以前に、まず我々日本人がロシアのことをあまりに知らないという問題があります。
そこで、今回はロシア科学アカデミー東洋学研究所のコンスタンチン・サルキソフ先生にお越しいただきまして、ロシアの世界観、安全保障の基本方針、アジア戦略と日本の位置付けについて領土問題も含めお話していただく予定です。
【講師】コンスタンチン・サルキソフ先生のプロフィール;1942年10月24日、旧ソ連アルメニア共和国生まれ。1966年に、旧ソ連サンクトペテルブルグ国立大学東洋学部日本学科を卒業。以後、現在までロシア科学アカデミー東洋学研究所に勤務し、現在は特別顧問。JAPAN ANNUAL編集長、ロシアでの日本研究会の会長を務めるなど日本とロシア(旧ソ連)の関係に精通。活躍は旧ソ連と日本の外交にも及び、1991年4月の旧ソ連ゴルバチョフ大統領来日の際には、随行代表団のメンバーとして活躍する。また、翌1992年にはハーバード大学が企画した北方四島の問題解決のプログラムに、ロシアの代表として参加する。現在も日本とロシアを行き来し、政治・経済・学術に貢献している。

【日 時】平成30年4月28日(土)18時30分〜20時45分(開場:18時15分) 
【会 場】文京シビックセンター内 アカデミー文京 学習室(地下1階)
    東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」徒歩1分、都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分、都営バス「春日駅前」徒歩1分、JR総武線「水道橋駅」徒歩8分
  http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/bunka/academy/bunkyo.html
【参加費】事前申込: 1,500円(事前申込の学生:1,000円、高校生以下無料)
      当日申込:2,000円
★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★
【申込先】 4月26日23時までに下記Googleフォームにてお申し込みください(当日受付も可)
     https://goo.gl/forms/DMWj6ybjlhW3qan12
【主催】 士気の集い http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
      ◎◎◎◎◎ △△△△△ □□□□□ ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部邁『日米安保五十年』(海竜社。絶版。六月に改題して文庫化) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/04/11

     重りが重いほど、外れた時の反動も大きい。「重鎮」という言葉が、まさにそれだ。魔王デイヴィッド・ロックフェラーは、地球社会の大きな重りだった。それが2017年、突然外れた。その反動が世界中に波及している。最も大激震として広がっているのがアメリカ国内だ。



     フリーメーソン並びに中枢イルミナティも、彼らの制御のきかぬ大統領に困り果てている。ドイツの移民の子で叩き上げのトランプにとってはメーソンの支配など、くそ食らえである。それどころか、若いうちに彼らに何度も煮え湯を飲まされている。財界エリートとは無縁のルートから這い上がってきた男だ。その泥臭い現実主義に、メーソンのエリートたちは太刀打ちできない。何しろ相手は、怖いもの知らずの金髪キングコングだ。それがアメリカ最高権力を握ってしまった。まさに制御不能・・・・。これほど荒っぽい大統領を目の前にしたのもフリーメーソン史上初めてではなかろうか。さらに、その主張は「アメリカ・ファースト」であり、多くの大衆に受け入れられている。



     彼の別名は「ミスター・ツイッター」である。ツイートで、本音をバンバン語って旧勢力を震え上がらせている。漏れ伝えられる情報は、「ワクチンはやめろ」「抗がん剤もダメだ」「メデイアは嘘つきだ」・・・・などなど。それが本当ならまさにトランプ万歳だ。ただし、この大男は揺れ幅が大きすぎる。右かと思えば左。左かと思えば右・・・・。まさに。予測不能の人物だ。ただ一つ言えることは、大胆不敵でありながら、敵は徹底的に叩きのめすか、追放する。痛快な男である。それは国際秘密結社による背後からの陰湿な支配とは対極である。すべてさらけ出す。「それで、どうした?」と肩をすくめる。



     トランプの強気の背景には、旧支配勢力の検挙、逮捕、拘束を推進していることにある。それにより、欧米の旧体制による世界支配も終わる見込みが強まった「水面下で展開されるアメリカ権力層の内部抗争がエスカレートし、ワシントンDCでは、権力者らの「大量逮捕劇」の動きが加速し、カリフォルニア州においては、SF映画かと見まがうばかりの異常な光景が展開されている。



     逮捕に向かっている隊列はアメリカ軍当局なのである。そして、軍部が攻撃し、制圧したのがCIA州本部だ。まずは、旧体制の監視塔であるCIAラングレー本部を制圧し、次に最前線で暗躍する末端のギャングや人身売買業者などを大量に逮捕して「犯罪組織の命令系統」や「権力者の性的児童虐待ネットワーク」の実態を把握した。そうして、今、米軍当局は、ようやくその権力者らの逮捕劇に至ったのだ。



     つまり、アメリカ軍部が出動して国内のゴミ(犯罪者)の大掃除を始めたのだ。



     米軍によるCIA本部への急襲と制圧・・・・。まるで、ハリウッド映画を見るような気分である。しかし、それは現実に起こった。海兵隊がCIAラングレー本部から200?ほど離れた場所に上陸して、軍の捜査官による家宅捜査を受け入れるよう、本部に要求を行った。CIA本部も「要求を拒否すれば武力行使も辞さない」と言う海兵隊の警告を受けて家宅捜査に応じ、おとなしくコンピュータやデータを差し出した。いずれにしても、海兵隊がCIAラングレー本部を制圧して以降、大手マスコミは「フェイク・ニュース」を報道することができなくなった。その結果、CNNやニューヨーク・タイムズ、ブルームバーグ、ワシントン・ポスト…等々のプロパガンダ大手マスコミが、次々と反トランプ記事や報道などに対する訂正を出す羽目になっている。



     米軍が回収した最大のゴミはCIAであり、腐敗政治家と言うわけだ。今回の逮捕劇で、最も多くの逮捕者を出した地域はヴァージニア州のプリンスウィリアム郡。この地域はワシントンDCからほど近い。富裕層が住む高級エリアだ。この米軍による大量逮捕劇に加えて、政界にも激変が起こっている。2017年10月以降、上下院合わせて30名以上の議員が政界引退を発表。この異変にも訳があった。引退議員たちは「ワシントンDCからおとなしく退場するなら、代わりに刑務所行きは免除する」と言う米軍当局の取引に応じたからである。相手が地上最強の軍部では太刀打ちできない。つい最近、アメリカから来日した人の証言では、おびただしい数の戦車や兵士を大量に積んだ貨車が、延々と地方に運ばれている。テレビやマスコミは、これら軍事行動について一切報道しない。この軍事行動こそ、全米各地の旧勢力を制圧するためのものだろう。

  • 名無しさん2018/04/11

    「最後のチャンス生かして」 首相にお願いしてきました 横田滋・横田早紀江

    https://www.sankei.com/premium/news/180408/prm1804080020-n1.html

    中国ファシズムに挑戦するトランプ政権

    http://conservative.jugem.jp/?eid=623

    シナ人の不法入国→日本国内での不法行為、犯罪に要注意。

    https://blog.goo.ne.jp/ranka830/e/1fdc9fb9032a4682940981cc59cf3c5e

    アテナ女神

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8A%E5%A5%B3%E7%A5%9E&chips=q:%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8A+%E5%A5%B3%E7%A5%9E,online_chips:%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2+%E7%A5%9E%E8%A9%B1&sa=X&ved=0ahUKEwi21J64367aAhUFULwKHXAiC2AQ4lYIKSgD&biw=853&bih=403&dpr=2.25

    パレルモ条約と共謀罪

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

    【北朝鮮】寧辺の核施設付近に新設備。核爆弾数発を作成するのに十分な量の材料。米北朝鮮分析サイト確認。 河野外相は正しかった

    http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/53276983.html

    オプションで340億円損した慶大教授

    http://jcoffee.g2s.biz/tsure12.html#keidai

    反グローバリズムの潮流(フランス、マクロン大統領は公約を実現するも、じり貧状態に)

    http://www.kanekashi.com/blog/2018/04/5700.html

    【衝撃】姪っ子「お茶どうぞ!」ホームレス『こんなゴミに優しくしてくれるなんて(泣』→翌日からホームレスは消えたが、数か月後になんと…!

    http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/46821017.html

    坂学会

    http://www.sakagakkai.org/index.html

    ビヨンセの父親は白人が好みだった

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68702723.html

    いますぐ距離をおいたほうがいい「9タイプのNG人間」

    https://tabi-labo.com/91429/toxic-people-drain-soul

    日本人と、韓国人の違い。唐辛子の副作用。

    http://blog.livedoor.jp/tonycyoppa/archives/21914946.html

    三○代で肺ガンを患い、手術も抗ガン剤も一切拒否して、八○歳を超えてかくしゃくと元気な老医師がいます。

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-12122322140.html

    ”「ゴーマニスト」宣言(130) 

    https://nittablog.exblog.jp/14450282/

    竜口英幸『海と空の軍略100年史』(集広舎)

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-76b5.html

    西洋生まれの西暦には297年間の水増しがあるかもしれないというお話

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3721.html

    【在日犯罪】南武朝鮮学校長の梁瑞鳳容疑者(53)を現行犯逮捕 武蔵小杉駅でJKのスカートの中をスマホで盗撮した疑い  川崎

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48814228.html

  • 名無しさん2018/04/11

     マレーシアも「中国の罠」に陥落したのか? ナジブ首相が中国主導のプロジェクトにのめり込む面妖な背景←マレーシアも未来が暗いですね!つまり、中国と関わると未来が暗くなると・・・いうことですね。