国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <パキスタン、追加融資か救済がなければIMF管理になると中国に泣きつく

2018/04/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)4月6日(金曜日)弐
        通巻第5664号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)●明日7日(土曜)、8日(日曜)は小誌休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 弱者の開き直りほど、悪質な債務者はいない
  パキスタン、追加融資か救済がなければIMF管理になると中国に泣きつく
****************************************

 パキスタンに巨額を投資して高速道路、鉄道、石油とガスのパイプライン、光ファイバー網と四つの工事を実施しつつ、グアダル港の開発、輸出加工区、コンテナヤード建設を中国は一帯一路の一環として位置づけ、「CPEC」(中国パキスタン経済回廊)プロジェクトに合計570億ドルを投資、このうち半分以上は融資である。

 中国に次いで、大型融資を実施したのはサウジアラビアだ。なにしろパキスタンの核兵器開発費用も、世界最大級のモスクをイスラムバードに建てた費用も胴元はサウジアラビアである。

 無謀にもパキスタンは2013年から2017年の3年間だけで、400億ドルを借り入れた。このうちの60億ドルの償還が3月末に迫ったが、外貨準備が底をついているパキスタン政府に支払う余裕などない。
いや、借金というのは「借りた方が勝ち」という「弱者の開き直り」の強さがある。悪質な債務者ほど始末に負えない。

 「リスケに応じてくれるか、支払いのための追加融資で救済してくれるか、さもなければIMF管理下に入る」とイスラマバードは、舞台裏で中国とサウジアラビアに迫ったかも知れない。
弱者逆転の脅かしである。デフォルト宣言はテクニカルな方法で、南米諸国は、そうやってIMF管理に入り、緊縮財政、通貨暴落に耐えて経済を輸出増大で切り抜けた。韓国もその手を使って、生き延びた。

 しかしベネズエラはIMF管理を嫌がっているため、猛烈インフレ、スーパーから品物がなくなり、ブラジルへ、コロンビアへ経済難民が殺到して、事実上のデフォルト。最大の債権者は420億ドルを貸与しているとされる中国だ。

 中国はパキスタン救済のため、一部の輸出入代金を現地通貨決済でおこなうという救済措置をとった。しかしながら建材から建機まで中国製であり、その代金をパキスタン・ルピーで貰っても、中国側はバーターとしてパキスタンから買うモノも製品も、ほとんどないのだ。
 
 ましてパキスタン中央銀行の債務は80億ドル、償還できなければIMF管理へ移行する。それは中国主導の「CPECプロジェクト」が挫折することを意味する。

IMFは、利子支払いを優先させ、財政を管理し、指導し、贅肉のプロジェクトは中断、中止を勧告することは目に見えており、中国としてはなんとしてもIMF管理下入りを避けるしか、プロジェクト続行の選択はない。
はやくも中国は深刻な立場に追い込まれたのだ。
      ○◎▽み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)7日(土曜)、8日(日曜)は小誌休刊の予定です。● 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)西部先生の自殺を幇助した人がいたことが分かり、二人が逮捕されたというニュースに驚いています。森鴎外の『高瀬舟』でしたか、自殺幇助が罪になるという、釈然としないのが法治国家のありよう。この点、如何でしょう?
   (HI生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)森鴎外の『高瀬舟』は弟の死を楽にしてあげようと助けた男が「罪人」として扱われても、憂いそうな顔をしていたという話で、主題は安楽死を追った、記念碑的作品です。
西部先生の場合は、異色な自裁ですので、寺尾総・原田美枝子が演じた『半落ち』(横山秀夫原作)を連想しました。
       ◎◎◎◎◎ △△△△△ □□□□□ ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部邁『日米安保五十年』(海竜社。絶版。六月に改題して文庫化) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/04/08

    デイヴィッド・ロックフェラーは、一族のジョン・デイヴィソン2世の5男として産まれた。父親の死後、次男ネルソンの一族と、5男デイヴィッドの一族が、ロックフェラーの血脈を引き継いでいる。つまり、ネルソン一族が本流であり、5男デイヴィッドは傍流であった。(長男のジョン・デイヴィソン3世は穏やかな性格であり、骨肉の争いを避けていた) しかし、実際は5男がロックフェラー一族の利権を掌握し、世界の大魔王として君臨した。



     ロックフェラー一族は、利権をめぐって骨肉の争いを繰り返してきた。デイヴィッドも、その事実を全く隠していない。特に兄ネルソンとの骨肉の争いを回顧録では「内戦」とすら表現している。



    「1977年に入ると、RBF(ロックフェラー兄弟基金)の会議では、論争がますます激化した。ネルソンとジョンの怒りに満ちたやり取りが増え、ローレンスも時々議長の役目を放棄して争いに加わった」(「回顧録」より)



     この「回顧録」は、兄に対する罵倒と憎悪に満ちている。



    「いかなる時も猪突猛進のネルソンは、他者からの抑制を受け付けない」「ネルソンの提案は他の理事から強い反対を受けた」・・・兄弟の対立は、まさに日々日常・・・「ファミリー・オフィスの小競り合い」として繰り返された。



    「ネルソンは不可解にも、自分のアイデアを一族の他のメンバーに売り込む際、駆け引きの判断を誤った」「兄弟の承認を得られれば、自分のプランが実施されるとなめてかかっていた」「親類たちが全員一致で提案を却下したという通告を受けると、ネルソンは唖然とした」「ネルソンは今でも見たこともないくらい怒り狂い、兄弟3人に、直ちにプラン全体の導入を支持するよう要求した」(「回顧録」)



     本来一族の主流である兄ネルソンが、5男デイヴィッドの傍若無人ぶりに、憎しみと怒りを抱いていたのは当然である。このように、ロックフェラー兄弟5人の間の葛藤、憎しみは凄まじかった。とりわけ、5男でありながら兄を蹴落とし、一族のトップに上り詰めたデイヴィッドに対するネルソン一族の恨みはまさに骨髄だ。



     傍流であったデイヴィッド・ロックフェラーの死は、その後のロックフェラー一族利権の継承に難題を残している。一つは長男、デイヴィッド・ジュニアが一族の長におさまる道。もう一つは、本来主流であった兄ネルソンの係累に権力を移譲する選択肢である。すると、その権限は、J・D・ロックフェラー4世に引き継がれることになる。J・D・ロックフェラーは1937年生まれであり、1985年よりウェストバージニア選出の上院議員を務めている。しかし、この柔和な顔をした上院議員に、次期「世界皇帝」つまり、魔王の役目が務まるだろうか? 

    デイヴィッド亡き後、一族には強力なカリスマが存在しない。次の魔王を引き継ぐ人材がいないのだ。つまりは、デイヴィッドは、その顔貌の示す如く、底なしの悪魔的な魅力と権力をたぎらせていたということだ。



    「ロックフェラー財閥は、外交問題について分析・討論するために創設された会員制組織「外交問題評議会」(CFR)に巨額な資金を提供した。ここから輩出される人員は5000人を下らないといわれ、ことごとく歴代アメリカ政府の要職についている」



    「しかし、そのCFR自体が表舞台に出ることはまずない。間瀬メディアのトップもすべてフリーメーソンであるがゆえに、情報操作が簡単にできるからである。ちなみに、あの国連も、このCFRの提言によって創設された」



    「1973年には、現当主デイヴィッド・ロックフェラーが、日本・北米・欧州の各界を代表する指導者を集めた「三極委員会」(TC)を設立し、これを足掛かりに統一政府による世界支配を目指して暗躍しているという」(並木伸一郎氏)



     つまり、国連も魔王の所有物に過ぎないのだ。ちなみに、国連本部の建つ敷地もロックフェラーの私有地だ。そして狡猾な魔王は、自分に反対する動きは、逐一見逃さなかった。この冷徹な老人は、瞬き一つで一国を滅ぼすことが可能だった。だから彼は「世界皇帝」として恐れられていたのだ。

  • 名無しさん2018/04/08

    日本の礼法「礼」 検索 卒業式 入学式 入社式 お辞儀 手の位置 正解はこちら(辞令 授与 起立 礼)

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/a8528691f6e3714e3da080f56b718700

    森友の情報漏洩者は山本真千子大阪地検特捜部長(江田憲司談)・調書を作文し拷問や脅迫で署名強要

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7040.html

    民主党政権の医療観光が大失敗 

    被害額が把握できぬほど膨れ上がる 

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53275247.html

    在日・反日勢力

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-007f.html

    テロリストを支援するトランプの新補佐官 / 北鮮危機の裏にある人事

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68709597.html

    【辺野古】偽造運転免許で日本人になりすました中国人が米軍基地内で労働…那覇地検が起訴 

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5521.html

    日本フィンランド学校

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiE9aLv1KfaAhXJTLwKHcHhCcoQ_AUICygC&biw=990&bih=513

    日本国籍の有無による区別は人種差別ではない 人種差別撤廃条約で明言 

    https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/64226793.html

    46%が怒り嫌悪

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12365996193.html

    緊急拡散《中国が困ることを実行して、反日情報戦に打撃を与えましょう!》

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10732930024.html

    ”「ゴーマニスト」宣言(127) 

    https://nittablog.exblog.jp/14408470/

    病院で殺される‥8

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11903060147.html

    呪われる韓国

    http://blog.livedoor.jp/tonycyoppa/archives/30861234.html

    【生田警察署襲撃事件・大津地方検察庁襲撃事件・関東朝鮮人強盗団事件・直江津駅リンチ殺人事件】在日朝鮮人の戦後の悪行、日本人を襲撃した事件

    http://hosyusokuhou.jp/archives/40486047.html

    韓国軍によるベトナム人戦時虐殺問題――戦争の記憶と和解 

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

    蓮舫氏の“国籍問題”

    http://www.sankei.com/politics/news/160905/plt1609050034-n1.html

    朝鮮人! 2

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12365780744.html

    城北予備校

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E5%8C%97%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1

    点と点がつながって、、、森友問題と関西生コン、辻元清美?

    https://ameblo.jp/gekiokoobachan/entry-12362098546.html

    中川八洋氏『山本五十六の大罪』(弓立社)を読む 2 

    https://blogs.yahoo.co.jp/yasusan2525/55921822.html

  • 名無しさん2018/04/07

    麻生はロスチャイルドのフランス分家の犬で、彼らは確実に失脚している。

      イギリスのメイ首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのメルケル首相で最終防衛ラインを引いているが、もたない。アメリカの軍、CIAがこの人たちを狙っている。 

      株式ファンドの77%を買っているのは日銀。株式ファンドの持ち主をたどると、財団経由で外国マフィアにお金が流れているのがわかる。日本のお金を外国マフィアに渡している。

      トランプが鉄とアルミに関税をかけた。関税を日本が免除されなかったのは、日本が意図的に質の悪い鉄をアメリカに売ったため。この影響で武器が壊れているので、ただでは済まされない。

      スイスの分析で、大体700人の人たちが作った仕組みが現在終わろうとしている。

      驚いたのは、9.11の廃材を中国が所持しているかも知れないというところ。確かにブッシュ政権は、崩壊したビルの鉄くずを中国に売りました。それを保存して調べていたとなると、犯人の逮捕も時間の問題ということに。

  • 名無しさん2018/04/07

     101歳の高齢老人が死んだだけで、世界が急変するだろうか? しかし、実際に2017年、激変が世界を襲った。それは魔王の死んだ年、まさに2017年ショックだった。その激変の震源は「悪の大帝」の死以外に考えられない。



     世間の疑問の一つに、次のようなものがあるだろう。「デイビッド・ロックフェラーが死んでも家族や親戚がいるはず。跡継ぎには困らないはずだ」「支配の権利は、子供たちに引き継がれるのではないか」 誰でもそう思うはずである。



     「ロックフェラー回顧録(下)」の表紙には家族の肖像が載っている。中央後方が若き頃のデイビッド。カメラを見据えた6人の子供たち。優し気な愛妻ペギー。この家族写真を見る限り、魔王は家庭では、一族の愛に囲まれた幸せなひと時を過ごしていたように思える。しかし、実際はそうではなかった。子供たちは、ほとんど父親に反発した。とりわけ長女のアビーと三女のペギーの反抗は凄まじかった。「二人は、1960年代の革命的な思想と運動に深く魅了された」と、彼は「回顧録」に、「家庭内の悩み」として吐露している。



     その家庭内の子供たちの反抗は、外部にも知られるようになっていた。1976年、1冊の著書が出版された。タイトルは「ロックフェラー、アメリカの名家」。著者はP・コリアー他。同書は発売されるやベストセラーとなった。デイビッドは苦々しく綴っている。



    「この本は、私の一族を、マルクス主義理論と反体制の文化政治観のレンズを通して眺め、中傷的な記述がなされている」「私たちを、資本家の欲の権化、アメリカと世界中の現代社会における大部分の悪の原因として描き出している」 しかし、これらは、全く事実であった。長女アビーが父親に抗議し、食って掛かったのだ。



    「アビーは、マルクス主義に魅かれ、フィデル・カストロの熱烈な崇拝者になり、しばらくの間、社会主義労働党にも加わった。アメリカがベトナムへの軍事援助を強化すると、ランバーツ誌を含む反戦組織の財政を援助し、ボストンで徴兵反対組織のカウンセラーとして働いた」



    しかし、ここまで正直に娘の行状を綴る父親デイビッドにも、いささかの共感を覚える。



    「アビーが最も深く傾倒したのはフェミニズムだ。1967年には、社会における女性の副次的な地位に抗議するため「二度とドレスを着ない」と言った」 さらに、1970年代に入ると、アビーの関心は環境と生態系の維持にも寄せられた。そして、父親への反抗は収まらなかった。



    「アビーは、一族と私が象徴する、ほぼすべてのものに対して、猛烈な反抗と怒りに満ちた拒否を表明してきた」



     その妹ペギーも、姉の影響を受けて、父親に猛反発した。



    「多数の帆船組織を積極的に支援し出した。ペギーはその強い社会正義感から、自分には非常に大きな富と機会を提供する一方で、他の何百万もの人間を最悪の貧困状態に陥らせる制度に疑問を抱くようになった」



     ペギーは父親に一切頼ることなく、「1960年代半ば、ブラジルで働くうちに、自力で貧困の本質を見出した」「自分の目撃した貧困状態に打ちのめされ、意義ある変化を妨げる政治的、経済的な障壁に激怒した。また、私に代表される資本主義制度が問題の大半を占めていると信じ込んだ」 そして、彼女は、大学時代のほとんどを、恵まれない子供たちや被虐待児を救うボランティア活動に捧げた。アビーとペギーは父親を嫌悪して、ロックフェラーと言う姓を名乗ることさえ拒絶した。そして、母方の姓を名乗り続け、父親との関係すら一切絶った。



     末っ子のアイリーンも反抗的だった。「彼女は緊張状態に陥った。1970年代中ごろに、アフリカ長期旅行から帰国後に、親もとから離れて暮らすと決心して、しばらくは、私たちとの仲が疎遠になった」



     次男リチャードもベトナム戦争に苦悩していた。彼は、この戦争に対する鋭い疑問を父親に投げかけている。「その質問に答えたり、息子の命を奪いかねない戦争への、強力な支援を正当化したりするのは、優しいことではなかった」とデイビッドは告白している。戦争でぼろもうけする「死の商人」の大ボスも、息子の前ではうろたえているのだ。だから、家族そろって団欒の夕食も、しばしば、激論と口論の場と化した。デイビッドは、それを「戦場のようだった」」と回顧している。



     6人の子供たちの、ほとんどが父親に反旗を翻したり、反抗している。もっとも温和だったのが長男のデイビッド・ジュニアだ。「ジュニアは、1992年、私の引退と同時にファミリー・オフィスの長となった」「ジュニアが一族の中で最適だった」とロックフェラーは長男を自賛している。しかし、一族の末路には暗雲が漂っている。2014年6月13日、医師であった次男リチャード(65歳)が突然、自家用飛行機で墜落事故死したのだ。彼は前日に、父親デイビッドの99歳の誕生日を祝い、米北東部メーン州の自宅に帰る途中に墜落死した。飛行機は離陸後、わずか数分で墜落したことから、暗殺説が根強くささやかれている。一部報道では、「父親に会い、イルミナティ一族やロックフェラーの秘密を暴露した本を出版すると父親を脅迫した直後に、飛行機事故で死亡したように見せかけて彼を殺害し・・・・13日の金融日の満月の夜のいけにえ儀式に捧げられた」とあった。これはあくまでも推測の記事で真贋のほどはわからない。デイビッドが溺愛する息子を手に掛けることはあり得ない。しかし、飛行機事故を装うのは、暗殺の常套手段であり、他の勢力による脅しなのかもしれない。

  • 名無しさん2018/04/07

    契約は仕事をする上で必要なものです。

    契約に基づくルールでお互いの取引が成立しています。

    不都合なルールでも契約すれば契約に従うことが求められます。



    しかし、契約の通じない国もあります。

    1昨日、50年ぶりの同期会がありました。

    その中には独立して個人事業をやっている友人もいました。



    仕事は海外での仕事で中国やインドネシアでの事業が中心だそうです。

    彼の話を聞くと「中国は契約があっても無駄だ。信用できない」と言っていました。



    今では報酬も貰えていないそうです。

    こんな国に進出する財界人の考えが不思議でなりません。



    「朱に染まれば赤くなる」と言われます。

    中韓という「悪友」とは距離を置くべきではないでしょうか。

    これは中韓に対する差別ではありません。

    「区別」です。



    かって「國岡鉄三」氏は「平等は人間尊重ではない。公平でなければいけない」と言っていました。

  • 名無しさん2018/04/07

    【拡散】事実上の”人権擁護法案”が、知らないうちに制定され、しかも運用されていた件【情報共有のためにシェア】

    https://samurai20.jp/2018/04/jinnkennyougohouan/

    教育水準が世界一の国 フィンランドの教育現場に日本との差を考える 

    http://temita.jp/wd/59063

    関西生コン支部(武建一)の企業恐喝

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53275060.html

    生まれる国を間違えた

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%9B%BD%E3%82%92%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%88%E3%81%9F&tbm=isch&tbs=rimg:CZnDAmj6AxQFIjgi9XbJH7SfnG33BDvlNybKSIW32qmMQNS5rn8Pn2pIo1kC9C3AigZUTRGUUo5JoNhjvT4xJePEcSoSCSL1dskftJ-cERTmc_12P6hipKhIJbfcEO-U3JsoR1GA9NTp02MkqEglIhbfaqYxA1BEUFGIX8_1fMtioSCbmufw-fakijEZXkADsjJX9UKhIJWQL0LcCKBlQRNW29c502TRwqEglNEZRSjkmg2BF3zwGQkP8ypCoSCWO9PjEl48RxEdoaDCxruRlG&*&cad=h

    【悪用】中国人が日本の医療制度で“タダ治療” → ネット「こいつらのせいだったか・・・」「ま?た、民主党の置きみやげか」

    https://snjpn.net/archives/47375

    朝鮮人

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12365507263.html

    在日米軍の基地内に『国籍を偽造した中国人が浸透する』異常事態が発生。色々な意味で恐ろしすぎる

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50509584.html

    うつ病の薬の副作用レベル一覧wwwwwwwww

    http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-11452.html

    太平洋戦争の大嘘

    http://www.owaki.info/shiryo/jyoho/nichibei.html

    駿台中山寮コミュのはじめまして

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=207205&id=1219837

    住所に字や大字がつく場合の区切り場所を教えてください。

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111522641

    水にも酸にも溶けないガラス化した放射性セシウム

    https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/e912faaa0c9f192cbc4c67540e980b5a

    「我是日本人!」と叫ぶ蓮舫を待ち受ける阿鼻叫喚の断末魔(転載)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

    【阪神教育事件】GHQが『戦後唯一の非常事態宣言』を布告した在日朝鮮人と日本共産党による大規模テロ事件

    http://hosyusokuhou.jp/archives/40460742.html

    夫婦別姓がなぜ良くないのか・・・ 戸籍制度の破壊が目的

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10727300141.html

    韓国ホラーが面白くない理由と「靖国神社」

    http://blog.livedoor.jp/tonycyoppa/archives/30949629.html

     

    病院で殺される‥7

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11902041365.html

    ケンカ十段! 芦原英幸正伝 小島一志著 を読む その2

    http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2013-12-27

    これで、在日の特別永住許可はその根拠を失う。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18872861.html

    “民族系”日蓮主義者の皇統観を叱る

    http://blog.livedoor.jp/acablo-nakagawayatsuhiro/archives/46064432.html

  • 名無しさん2018/04/06

    アメリカで大量栽培されている遺伝子組み換えトウモロコシ(キングコーン)をマウスに与えたら、5?8割に巨大な腫瘍が発生した。遺伝子組み換え食品の猛烈な発癌性が明らかになり、世界の消費者団体、市民グループに一大衝撃を与えた。世界的に高まる猛烈な反対の声を、ロックフェラーが支配するモンサント社は、一切、黙殺して暴走してきた。こうして遺伝子組み換え食品(GM食品)は、モンスター食と化している。2015年、米国食品医薬品局(FDA)は遺伝子組み換えで成長が2倍となった怪物サケの販売を認可した。すると、各国で遺伝子組み換え動物の製造が猛スタートした。例えば、すでに東南アジアでは「ベーコンが多くとれる」遺伝子組み換え奇形豚が量産されている。これらは、デザイナー・アニマルと言う名称で、遺伝子組み換えであることを隠して流通されているのだ。しかし、実は数十年前から、密かに遺伝子組み換えによる怪物たちは大量生産されてきたのだ。



    「24年前、食肉工場で、四つ脚鶏を見てからは肉が食えなくなったんです」とIさんは、今も顔をしかめる。ネット上でも四つ脚などの奇形鶏の告発映像が流されている。なぜ、彼らはGM技術で四つ脚鶏を製造したのか? 答えは「フライドチキンのもも肉が2倍とれるから」である。



     このようなGM技術による人造生物は、見かけも奇怪だが、中身も危険だ。遺伝子組み換え健康食品(トリプトファン)で38人もの死者、1500人余りの重症被害者を出している。遺伝子組み換え操作が、猛毒成分を生成することは、すでに数多くの研究で明らかにされている。これら遺伝子組み換え技術の、暴走も、ロックフェラー所有会社であるモンサントの悪行によるものなのである。



     水エンジン開発者は毒殺された。スタンリー・マイヤーは公衆の面前で「奴らに毒を盛られた」と苦悶し、急死した。スタンリー・マイヤーはなぜ死んだ?

    彼は水を燃料に変える方法を知っていたからである。「水は燃える」と言えば、普通一笑に付される。しかし、この秘密に気付いた研究家、発明家が、次々に殺され、行方不明になっている。



     スタンリー・マイヤーは水エンジン車の完走を祝うパーティで、乾杯のグラスをあおった瞬間に、苦しみ始めた。そして、亡くなる寸前に、言葉を発したのだ。「奴らとはいったい誰だろう?」



     日本でも「水が燃えること」を立証し、実験装置で公表した研究家がいた。その研究家である倉田大嗣氏が、突然、行方不明になっている。関係者の間では、暗殺されたという声が根強い。倉田氏の著書によれば、水H2Oは、ある特定周波数の磁力波で、非常に低エネルギーで、水素と酸素に分解する。その水素を燃やせば、入力以上のエネルギーを得ることができる。



     スタンリー・マイヤーもその原理を応用して手作りで水エンジン車を完成させ、「1ガロン(4リットル弱)で、160キロ走る」と新聞記者発表した。それが石油王を激怒させたのだ。

    誰でも思う。「水が燃えるなら、石油なんかいらない」 勇気ある発明家を殺させた主犯はデイヴィッド・ロックフェラーである。



     闇に消されてきた未来を担うネオ技術は多い。例えば、フリー・エネルギーは、宇宙から無尽蔵にエネルギーを取り出せることが可能だ。UFOは、このフリー・エネルギーで飛行しているというのは研究者の常識である。そしてフリー・エネルギー研究者が次々と行方不明になっている。その首謀者はデイヴィッド・ロックフェラーである。その魔王がついに死んだ。そして世界が大きく急激に動き始めた。

  • 名無しさん2018/04/06

    IMFは、利子支払いを優先させ、財政を管理し、指導し、贅肉のプロジェクトは中断、中止を勧告することは目に見えており、中国としてはなんとしてもIMF管理下入りを避けるしか、プロジェクト続行の選択はない。

    はやくも中国は深刻な立場に追い込まれたのだ←宮崎先生、情報ありがとうございます

  • 名無しさん2018/04/06

    五十六パパかく戦えり

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/04/01/vol-8-vol-9-%e8%a1%a8%e7%b4%99%e3%81%a8%e7%9b%ae%e6%ac%a1/

    【速報】在日韓国人、南北統一で強制送還になることを知らないもようwww 特別永住許可消滅でめでたく帰国クル━━━━(°∀°)━━━━!!!

    http://www.news-us.jp/article/20180404-000011z.html

    関西生コン(武建一)

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53274881.html

    北山杉

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E5%B1%B1%E6%9D%89&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjhv_K8j6LaAhUDjJQKHQiZCUEQ_AUICygC&biw=768&bih=362&dpr=2.5

    朝鮮高校の青春

    https://i1.wp.com/hosyusokuhou.jp/wp/wp-content/uploads/2014/09/9d7fec83.png

    小田和正「たしかなこと」に涙する人続出!!カバー動画でも1000万回再生を超える名曲を徹底解剖♪ 

    https://otokake.com/matome/eNAsqc

    甲野善紀達人伝説の真相

    http://yusin6.blog77.fc2.com/blog-entry-389.html

    スイスはCIAの本拠地!

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51955492.html

    新免疫治療薬「オプジーボ」で副作用、1人死亡

    https://okasanproject.com/column/opdivo_2016_07_26/

    小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう

    http://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2011-06-30

    ケンカ十段! 芦原英幸正伝

    http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2013-12-26

    病院で殺される‥6

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11900486528.html

    「冬のソナタ」は、マインドコントロール

    http://blog.livedoor.jp/tonycyoppa/archives/31024129.html

    夫婦別姓で日本は一夫多妻制の不倫大国に?

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10732952305.html

    【朴烈事件】韓国民団の創設者は、皇太子暗殺を謀り、大逆罪で服役したテロリスト

    http://hosyusokuhou.jp/archives/40391289.html

    大雑把に言うと、韓国ってこんな国

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-360.html

    共産党の志位和夫委員長

    https://ameblo.jp/gekiokoobachan/entry-12362649393.html

    小さな親切、大きなお世話

    http://peridot-hiroba.net/?eid=111

    国保悪用の外国人急増

    https://employgaijin.link/20170109-307.html

    サクラの花が下を向きに咲く理由

    https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=1481