国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  バチカンと中国共産党の手打ちが近い、おそくともイースターまでに

2018/03/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)3月31日(土曜日)
        通巻第5653号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「人々の信仰と誠意を裏切るのか、バチカンよ」と中国の地下信者ら
   バチカンと中国共産党の手打ちが近い、おそくともイースターまでに
****************************************

 交渉は大詰めにきた、と多くのカソリック関係者がみている。長年対立してきたバチカンが、中国と外交関係を回復するというのだ。

 過去数十年、中国では信仰の自由はなく、宗教活動は抑圧され、教会は破壊され尽くし、信者は地下へ潜った。表向きあるキリスト教会は、すべての礼拝参加者が記録されているが、他方では、「共産党の指導の下に」宗教活動をしている偽信者だと、地下のカソリック信者、全世界の信者は見ている。

 中国で地下に潜ったカソリック信者はおよそ一千万人。この人たちは中国共産党が認めた地区の司祭を認めていない。ところが過去二年、新しい法王になって以来だが、バチカンは中国が指名した偽司教を追認し、中国共産党に阿ってきた。

 深い失望、暗澹たる喪失感が宗教界に広がったのは台湾だけではない。香港のキリスト教会はほぼ総立ちでフランセスコ法王の親中路線への傾斜を「裏切り」と捉えている(『サウスチャイナ・モーニングポスト』、2018年3月30日)。

バチカンと中国の関係回復はおそらくイースターの前後でしょう、と香港の教会筋は予測する。そして、そのとき中国大陸の多くのカソリック信者は、バチカンへの忠誠をやめ、信仰の熱心な司祭、司教は引退し、しずかに去ることになるでしょうと香港の事情通は悲しみの表情で語ったと同紙は伝えている。
教会の腐敗を糾弾したのはチェコのフス、そしてドイツのルターだった。それからヨーロッパにおける宗教改革が開始され、十九世紀にはニーチェがでて、『神は死んだ』と言った。中国のカソリックも、まもなく「神は死んだ」と言うのかも知れない。
       ○◎▽み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 「幕末」とはいったい何時始まって、何時終わったのか?
   歴史作家の冷徹な眼を通して激動の時代を客観的に振り返ると

   ♪
中村彰彦『幕末史 かく流れゆく』(中央公論新社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 幕末の激動期のことは多くの作家が書いた。主流は薩長の勝利史観を基にしての西?、大久保、木戸という「維新の三傑」が主役だが、ときに脇役の龍馬、晋作が大活劇を演じた小説もあり、あるいは先駆的役割を果たした吉田松陰、武市瑞山、あるいは傍流でしかない新撰組やら田中新兵衛らが主人公の短編小説も花盛りだった。
 敗者となった?川慶喜を持ち上げるひともいれば、榎本武揚を、勝海舟を過大評価する向きもあった。しかし個人をあまりに英雄視し、カリスマ扱いすると、作り話が肥大化して、史実とは大きくかけ離れた噴飯ものの時代小説に化けたものもあった。
 史家はと言えば、明治維新を是としてフランス革命になぞらえる試みやら、講座派とか、マルクス主義歴史観で裁断する硬直的な明治維新論も一時期は流行ったが、いまは顧みられない。
大政奉還、版籍奉還、地租改正、憲法制定、議会開催の決定を単に近代主義の進歩過程だとイデオロギー的に説く所論も、出版動向をみると少なくなった。
 学閥の従来的解釈をはなれて、最近の若い書き手の評価には異色のものがでてきた。つまり従来の特定史観による一方的で浅薄な解釈は、執筆者の出身地、学閥、個人的好みによって多彩であってもまちまちであり、それぞれは薩摩に過剰に肩入れしたり、長州がつねに主役の物語になったり、司馬遼太郎に到っては龍馬が維新の立役者となった。
感情移入がはげしく、最近は逆に会津史観が登場し、西?をけちょんけちょんにけなす作品から、あるいは皇国史観のイデオロギー色が濃すぎて、内訌で自滅した水戸藩の悲劇を物語る作家もある。
ときに史実をハナから無視した乱暴な論法も目立つようだ。

 さて本書である。
 どの藩にも人物にも肩入れせず、史実は史実として、客観的に通史を描くと、全体の幕末像がみごとな輪郭を描く。
 まさに、題名のように幕末の歴史は「かく流れた」のだ。
資料読みとして知られる中村彰彦氏はデビュー作が佐川官兵衛であり、その後、新撰組もたくさん書いたことでしられるけれども、小説ではたしかに会津贔屓だが、理論では徹底的に客観的、中立的である。 
 薩摩の暴走と陰謀、長州の短慮、冒険心、水戸の思想偏重などをさらりと片付け、本書はその折々の事件を、その歴史的な意味を再評価し、大事件と脇役とをみごとに振り分け、歴史の深淵をのぞかせてくれる。
立項目は多彩だが、その叙述はきれいに時系列となっており、歴史作家の多くが見落としがちだった節目節目の人事交代、事件処理、欧米列強の動きと要人のクライマックスにおける発言などのなかから「歴史を動かした要素」を基軸に措えなおしてみせた。
 従来ありがちな「勤王」「佐幕」とか、『開国』か『攘夷』かという二元論ではなく、すべてが政局の流動かとともに輻湊したのだ。
 そして著者はいうのだ。
「幕末」というのなら「幕初」と「幕央」はなぜないのか。幕末は明治政府の発足でおわるというのが通説だが、ではいつから始まったのか。
 著者は幕政の衰えが顕著となった「天保12年の幕府命令撤回」という「事件」から幕府の衰退が始まり、つまりは『幕末』がこのとき開始され「西南戦争」の決着をみて、終わったという史観を披露する。
 ひさしぶりに「読書をした」という感想である。

      ◎◎◎◎◎ △△△△△ □□□□□ ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部講演会のお知らせ(一般開放)
「直面する喫緊課題の解決に向けて〜憲法改正、防衛、外国人による土地取得」について
       記
 日 時  平成30年6月24日(日)14:30 〜 17:00(開場 14:00)
 講 師  山田 宏 参議院議員(自由民主党)
 会 場  護王神社会館(京都市営地下鉄烏丸線・丸太町駅下車北へ徒歩7分。
       京都御所西側、蛤御門前)
 参加費  1,000円
 定 員  90名 
 お断り  場内でのビデオ・写真撮影・録音・携帯電話の使用は固くお断りいたします。
 主 催  頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部
 協 賛  頑張れ日本!全国行動委員会 兵庫県姫路支部
      新聞 アイデンティティ
 問合せ  http://ganbare-nippon.kyoto.jp
 (予約) 080−5634−5790



   ♪
(読者の声2)トランプ大統領は「シリアから近く米軍は引き揚げる」と爆弾発言をしています。これはオバマ政治の全否定の一環ですが、単なるリップサービスなのか、本気で撤退したらイスラエルもサウジも慌てるでしょうに。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)トランプはオハイオ州の共和党集会で、演説の弾みで言い出したのですが、「そうですね、なるべく早く」と言ったあとに「すぐにもだ」「すぐだ」と二回繰り返していますから演説のはずみとは言えないでしょう。
 慌てたのはイスラエルよりも、まず米国務省です。「そんな話は聞いていない」と高官が発言、また国防総省は「駐留は続ける」と大統領とは異なった見解を示しています。
 実際に米軍はシリアに2000名が駐屯しており、反政府武装勢力とクルド武装集団へのテコ入れ、軍事訓練を展開していますが、ISは衰弱しても、アサド政府軍ならびに、それを支援するヒズボラならびにイランの革命防衛隊が偽装した勢力と対立を続けていますから、徹底は容易ではないでしょう。
 ついで、イスラエルとサウジアラビアは、シリアにおけるヒズボラ(イランの代理人)、イランの革命防衛隊の影響力拡大を恐れていますから、米軍の撤退には反対でしょう。
 オハイオ州の共和党集会は中間選挙のための陣営引き締めが目的であり、選挙のためのスローガンである意味合いが濃厚です。

     ○▽M□◎I◇□Y▽○A○□Z□▽A□▽K△◇I□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊 ▼宮崎正弘の新刊 ▼宮崎正弘の新刊 ▼宮崎正弘の新刊        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
大増刷出来!
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活するのか?
 それとも半恒久的に米国の附録なのか? (定価1296円 アマゾンは下記 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/
           ▽○◇◇□○

   ♪♪
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ★チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはない。
  ★欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいた。しかし中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能だろう。
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
  ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。