国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<慰安婦像を韓国のキャンペーン・レベルを超えて

2018/03/27

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)3月27日(火曜日)弐
        通巻第5647号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 慰安婦像を韓国のキャンペーン・レベルを超えて
  中国が情報戦の効果的武器として活用、「超限戦」の道具に
****************************************

 先月、マニラの幹線道路ロハス・ブルーバードの海岸沿いの遊歩道に、突如建立された「慰安婦像」を撮影してきた。付近の散歩者や釣り人は誰一人、その像が何を意味するかを知らなかった。

フィリピンは米軍によって四十万人が虐殺され、さらには韓国人がフィリピン女性を騙して生ませた子供を放置し、大きな社会問題となっている。
 そのフィリピンとほとんど関係のない「慰安婦像」を建てたのは華人グループだが、かれらが北京とつながって国際的規模で謀略を展開していると、アジアタイムズ(3月24日)に鋭い分析を寄稿したのはジェイソン・モーガン麗澤大学準教授である。

 モーガン準教授は早稲田大学に留学、日本史で博士号を持つ学究だが、次の分析を続ける。
 「中国の情報戦略の一環として、韓国がはじめた慰安婦像キャンペーンを、韓国の思惑を超えて中国が国際的に展開する謀略に着手した。韓国の動機は短絡的な『反日』で国民を糾合する手段でしかないが、中国はこれを在外華僑の政治集団に指令し、カナダで、米国で反日キャンペーンを展開し、従来の国連での反日工作や東南アジアでの反日キャンペーンから、さらに北米、とりわけリベラルの多い西海岸、反意地メディアが集中する被害海岸で、南京問題の展示やら慰安婦問題でのキャンペーンを急増させた」という。

 目的は明らかである。
 「中国がアメリカで慰安婦キャンペーンを展開するのは日米離間が戦略的目的である」。
 そうした背景を軽視して、徒らに、或いは感情的に中国を批判しても始まらない。謀略には謀略をもって対応するという戦略性が日本に求められているのではないか。
      ○▽み□▽や◇□ざ▽○き○□ま□▽さ□▽ひ○□ろ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎さんが徳間書店からだされた最新刊のなかで、韓国へ行かれて、日本のメディアがまったく報道しない韓国の「保守派」の集会の悲壮な訴え、その正論(米韓安保堅持、THAAD配備賛成、日本との友好関係など)を紹介されていました。
 状況が激変し、南北朝鮮会談も行われるということになり、相変わらず日本のメディアには保守の動きが報じられていませんが、いったい韓国の保守陣営は、こうした危機的状況をいかように分析しているのでしょうか?
   (GH生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)訪韓は一年前、大統領選挙直前でしたので、以後の韓国の保守陣営がどう動いているのか、小生は掌握していません。6月頃に室谷克実さんと、対談第五段を出す予定ですので、そのなかで具体的な話がでるかと思います。
 そこで、最近、韓国の保守派と会談されてこられた渡邊利夫(拓殖大学前総長)の話を援用させていただきます(『財界』、4月10日号)。
 第一に米韓同盟が消滅する怖れが強くなっている。なぜなら米国は米韓同盟の手前、韓国に相談無く北朝鮮を攻撃できない。もし、北攻撃を伝えると文在寅が反対するから、米国は米韓同盟破棄に至り、行動の自由を確保する。
 第二に北が米国西海岸にとどく核ミサイルを成功させると、トランプは北朝鮮を核保有国として認定し、米朝の平和条約が視野に入ってくる。なぜなら米国は北を不倶戴天の敵とは認識しておらず、トランプはすぐに姿勢をかえる可能性もある。
 第三に米朝平和条約が締結されると、在韓米軍の存在意義がなくなり、撤退へ向かう。そうなれば南北朝鮮統一は北の主導ですすむが、韓国は歓迎的であり、北京のほうが、黙っていない。つまり日清戦争前夜の東アジアの地政学に非常に酷似してきた。
 
以上のような極端なシナリオが韓国の保守系の人々の意識にあることを渡辺氏は指摘しています。



  ♪
(読者の声2)貴誌5646号 石平著『なぜ中国は民主化したくてもできないのか』への書評で、以下の文章を引用されました。

 「皇帝独裁の中央集権制」では「官僚への任命権と意思決定権を握る皇帝が絶対的な権力者」であり、他方、「皇帝には最高権威としての地位も付与された。それは、皇帝が持つ『天子』という別の称号」(中略)「中国の伝統思想において、森羅万象・宇宙全体の主はすなわち『天』というものだが、皇帝はまさに『天の子』として『天からの任命=天命』を受け、この地上を治める」のである(57p)
 かくして中国の皇帝は天命を受けた天子であり、唯一の主権者ゆえに、「皇帝は自らのやりたいことが何でもできる絶対権力になるが、(中略)この絶対的権威と権力こそが、皇帝とその王朝を破滅へと導く深い罠になっている」(58p)

 これでハタと気が付いた。
 漢訳仏典でパーリー語の「devaputta」が「天子」と訳されていて、日本の仏教界では「てんじ」と読んでいます。何故、漢訳仏典で「天子」と訳したのか不思議でした。時の皇帝から文句が出たはずだからです。
 漢訳仏典の多くは三国時代から南北朝の群雄割拠の時代に編纂されました。この時代には、全土を支配する皇帝がいないことが多く、その場合諸王の中で一番有力な王が「天王」と称していました。つまりこの時代には現世の「天子」が居なかったので、「devaputta」を「天子」と訳すことが出来たのでしょう。
 ちなみに「天王」は漢訳仏典で地上での仏教の守護者である王のことです。
この時代に中国では仏教が広く行われていたので、「天王」と称することが栄誉と考えられていたのでしょう。
余談ですが、宮崎市定氏は、日本の天皇はもともとは「天王」と書いていたのが、隋の時代になって皇帝がでてきてそれより下位とみなされるのを避けるため「天皇」と書くようになったとしています。私もこの見解が正しいと考えます。
  (當田晋也) 



  ♪
(読者の声3)「日本文化チャンネル 桜」からのおしらせです。
今晩(27日)午後八時のフロントジャパンに宮崎正弘氏が登場です。ホストは福島香織さん、テーマは「習近平独裁皇帝のゆくえ」と「ラオスは中国の経済植民地におちた」の日本で一時間番組です。
 明日からはユーチューブでも再放送になります。
○▽ど□▽く◇□し▽○ゃ○□の□▽こ□▽え○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊 ▼宮崎正弘の新刊 ▼宮崎正弘の新刊 ▼宮崎正弘の新刊        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
大増刷出来!
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活するのか?
 それとも半恒久的に米国の附録なのか? (定価1296円 アマゾンは下記 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/
           ▽○◇◇□○


   ♪♪
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ★チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはない。
  ★欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいた。しかし中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能だろう。
★「中国化」。激動の世界情勢が動き出した2018年を読み解く!(1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
  ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/03/28

    >そうした背景を軽視して、徒らに、或いは感情的に中国を批判しても始まらない。謀略には謀略をもって対応するという戦略性が日本に求められているのではないか。

    慰安婦問題については、まずは、保守側にある「人身売買はあったが強制連行はなかった」(慰安婦制度=人身売買制度)のような史実に反し(人身売買は当時の日本でも違法、旧軍は取り締まりに努めていた)相手側が人権問題で攻めてきているときに相手側に付け入る隙を与えるような主張の誤りを保守側が認め撤回することなのでは?

  • 名無しさん2018/03/27

    「中国がアメリカで慰安婦キャンペーンを展開するのは日米離間が戦略的目的である」。

     そうした背景を軽視して、徒らに、或いは感情的に中国を批判しても始まらない。謀略には謀略をもって対応するという戦略性が日本に求められているのではないか。

  • 名無しさん2018/03/27

    金担保中国元による石油先物取引の初日(2018年3月26日)は惑星地球の支配のための目下の金融戦争において中国の勝利が広く認められる。世界は決してハザールマフィア支配を中国マフィア支配には交換しないことを、中国が思い起こすにはよい時である。









    西側は、悪魔崇拝ハザールマフィア支配から自身を開放する戦いにおいて、アジアの秘密結社によって提供された援助に永遠に感謝することになる。この戦いは人類の勝利になることを、我々は指摘することができる。









    しかし、決して過少評価すべきでないハザール人は、惑星地球のバビロニア神王の役割を約束することによって特定の中国指導者の自我に訴えている。中国の支援と引き換えに、多くの中国の指導者たちは、このために堕落して、惑星全体の中国独裁を夢見ている。









    従って、中国はいくつかのことを思い出す必要がある。一つ目は、西側はまだ、中国を完全に抹殺する力を持っていることである。同盟国は、それを当にやりたがった西側の派閥を敗北させるために懸命に戦った。したがって、中国を消滅させる代わりに、西側は意図して、中国の近代化と発展を助けるために、産業技術と専門知識を移転した。









    それは、正しいことであり、西側がアジアに、貧困を終わらせ、環境破壊を止めるキャンペーンに援助を求めてるからである。また、中国とアジアの国々は、惑星地球が現在施されている隔離を終わらせるためには、東西間で世界平和条約が必要なので、彼らの近代化において援助された。言い換えれば、最終的な目標は誰にとっても賢明な解決策を達成することであると中国の一部の派閥は思い起こす必要があります。









    そのことを念頭に置いて、惑星地球の為の目下の戦いにおける最新のニュースを見てみましょう。この前線では、石油ドル体制と米国覇権に対する脅威と見られる中国の金担保元取引の開始にあたり、米国と中国の間で非常に深刻な危機がある。









    米国の対応は、中国の輸入品に600億ドルの関税を課し、米大統領ドナルド・トランプの国家安全保障顧問をして急進的なネオコンであるジョン・ボルトンを雇うことであった。中国に対する米国のメッセージは明らかであり、「我々はあなたの物資を買うのを止め、中東の石油供給を断ち、北朝鮮を戦争の口実に使う」であった。対照的に中国の反応は、米国側に、起こり得る可能性に対して完全に準備ができていることを思い起こさせる一方で、妥協と平和的交渉を求めるものであった。





    米国は優勢であるが、両陣営が保有するカードを見てみると、どの貿易戦争においても割の合わない勝利になる可能性が高いことは明らかだ。これは、物事を究極に考えて、そして米国が中国との全ての貿易を止めて、中国は米財務省の保有物を登記することを想像することで理解できる。アメリカ人は安価な中国製品へのアクセスを失うため、生活水準が急落する一方で、ドルの急落は世界からの輸入をより高価にするだろう。









    中国は、米国の大豆や穀物へのアクセスを失うが、これらはロシアやブラジルのような供給源に置き換えることができるだろう。米国との貿易黒字によって獲得された米ドルの損失はまた、世界中のその力を強化するために使われている硬貨の多くを中国から奪うだろう。

    米国との貿易戦争において失う石油ドルの手っ取り早い代替を、金担保石油元を準備した可能性が高い。









    ところで、上海GOY(金担保石油元)の取引開始の最初の日の最も活発なトレーダーはロスチャイルドの会社グレンコアであったことは注目に値する。上海の最も活発な9月契約の約1,200万バレルが、ブレント原油の最も活発な契約より高く、取引55分で持ち主が変ったことも、注目に値する。









    https://au.investing.com/news/commodities-news/oil-prices-fluctuate-amid-middle-east-tension-launch-of-shanghai-oil-futures-1061044







    表面的には、ロスチャイルドとハザール兄弟たちは米国に対峙して中国側にいるように思える。しかし、より深いところで物事を分析すると、非常に異なる絵が浮き上がる。この一つとして、ロスチャイルドとその同僚のハザールマフィアは壊滅的敗北に直面している。









    現実には、中国との貿易戦争は米軍の為に注目を逸らし、彼らが株式市場を崩壊させ、世界中で盗まれた数十億ドルの資産を没収できた。









    トランプが、軍隊に資金援助して彼らが世界中で隠密や公開作戦によって沼地を飲み干すことができるように、しぶしぶ1兆3000億ドルの包括資質法案に署名したので、3月の狂気は3月23日に始まった。6か月間の包括法案はトランプに白紙委任状を与えているので、彼はどの機関やどの計画にも融資することができ、またCIAやイスラエル援助のような悪質なものは抹殺することができる。









    誰も読んでいない2,232ページの包括支出法案は、証人、グアンタナモ、ディエゴ・ガルシアの為に数トンのお金を実際に提供し、それは政府全体に警察官の権限を与え、徒党の犯罪を暴露するために資金を提供する。









    さらに、トランプはシンガポールなどの麻薬密売人に死刑を求めているので、1,200ページの司法初総括報告書は、大量小児性愛、殺人、強奪、汚職、反逆、いやがらせなどを明らかにするだろう。









    もし、誰かが最高レベルで掃討が始まっていることに疑いがまだあるならば、教皇マレディクトの辞任、米国の議員や上院議員の多くの引退とジョージ・ソロスやビル・ゲーツ等の消滅について、立ち止まって考えるべきである。









    今、ハザールマフィアのフェイスブックやグーグルのようなインターネット巨人の支配に対して極めて目に見える攻撃が起こっている。この面では、デイビット・ロックフェラーの孫マーク・ツッケンバーグはスティーブ・ウィンが最終的には彼のすべての株の売却を強要された時に、スパイやインサイダー取引を行っていると述べている。共和党の元財務局長のワインは大量殺人事件に使われたホテルを所有しており、昨年10月にラスベガスでドナルド・トランプの暗殺を企てた。









    先週、フランスの元大統領ニコラス・サルコジはリビアから違法キャンペーン資金を受け取って、公式に告発されたように、欧州における掃討も続けられている。また、フランスのロスチャイルド奴隷大統領エマニュエル・マクロンは寡頭主人を富ませるために、フランスの労働者の給与を削減しようとして大量のストライキや抗議に直面している。









    一方イタリアでは、反体制派の北部同盟と5星運動がファシストEUとその通貨ユーロに挑戦する政府を作ることに近づいている。









    もちろん、ハザールマフィアは依然、第三次世界大戦を始める熱狂的な試みをあきらめてはいない。先週、彼らはロシアとの戦争を始めるためにシリアと英国で毒ガスを再び使用した。









    ハザール人は米大統領ドナルド・トランプを脅迫して、過激なネオコン戦争挑発屋のジョン・ボルトンを国家安全保障顧問として雇わさせた。ボルトンは小児性愛で脅迫されている壊れた商品だ。ジョン・ボルトンは長続きはしないかもしれないが、彼は軍隊が演技をしている間に、掃討をする任務がある。









    また、トランプを副大統領のペンスに置き換えるハザール人の計画は、ペンスは小児性愛で逮捕される一人であるので、失敗する運命にある。









    いずれにしても、ボルトンはイランに対する戦争と、結果的には新金融システムに関するアジアとの交渉カードとして、中東の石油の遮断を脅かす有益な役割を果たす。









    ロシアはその同盟国のトルコ、エジプトとイランと共に、中東の石油を削減するその西側の計画にも協調しない。ロシアは世界平和と友好的な法律に基づく国家関係を望んでいる。彼らは、偽ガス攻撃の背後に居る戦争屋ハザール人が権力から廃除されるまで、西側を信用しないだろう。









    イルミナティは現実であり、血統支配に反対するグノーシス・イルミナティと、古代ローマの血統によって支配される世界政府を望むP2ロッジ・イルミナティに分かれる。

  • 名無しさん2018/03/27

    いつも良質のニュースに感謝しています。

    本当に国内のメディアに頼っていては決し得られない情報や視点は羅針盤になります。いかにマスメディアが地に落ちているか目を覆うばかりです。お体をご自愛のほど祈念しています。