国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み << トランプが金正恩と直接交渉へ乗り出す?

2018/03/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)3月12日(月曜日)弐
         通巻第5632号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トランプが金正恩と直接交渉へ乗り出す?
  中国とは貿易戦争を覚悟の鉄鋼に高関税、その一方で「TPP11」が成立
**************************************

 硬直状態に風穴が空いた。
金正恩とトランプが「中国を抜きに」博打に打って出た。平昌五輪に代表団を送り込み、実妹を事実上の使節団長としてソウルに派遣した北朝鮮は文在寅韓国大統領をして「4月末までに板門店における南北首脳会談」を約束させ、唐突に「雪解け」を演出した。

 突然の歩み寄りという変化に、トランプ大統領はこの状況の激変に対応するかのように、「五月までに北朝鮮の金正恩と直接の首脳会談を受け入れる」と発表した。
金正恩のメッセージを口頭で伝えに行った韓国使節団が仰天し、日本は梯子を外されたのではないかとすぐに安倍首相はワシントンに電話をかけた。

「拙速だ」「金正恩に騙される」「素人外交ゆえに危なっかしい」と、トランプ大統領の衝撃の決定に対して、一斉に批判が巻き起こった。
 日本のメディアの一部には、このトランプの豹変ぶりに驚愕して、当時同盟国だったドイツが、抜き打ち的にソ連と不可侵条約を締結するにいたり、平沼騏一郎は「国際情勢は複雑怪奇」と迷言を吐いて辞任にしたように、独ソ不可侵条約の衝撃に比したところがあった。

 しかし、おそらく一番慌てたのは習近平だっただろう。
 この伏線には「同盟」の組み替えを意図した戦略上の変更があるのではないのか。
 六カ国協議で主導権をとって、日本を蚊帳の外に置いてきた中国は、米国を再び三度騙して、北朝鮮の時間稼ぎに結果的に協力し、さらには国連制裁に加わって、あたかも北朝鮮を締め上げる日米の強い政策圧力に協力的であるかのようなポーズを作ってきた。

 その不誠実に、トランプ大統領のアメリカは腹に据えかねた。
 トランプの急変は、中国に一言の相談もなく、こんどは中国が蚊帳の外に置かれたのだ。中国の外交部も楊潔チ国務委員も事前に、トランプの激変ぶりを予測してはいなかった。
それはそうだろう。米国の国務省も国防相も大統領の発言に驚きを隠せず、CIAもFBIも事前にトランプの方針転換を予測していなかったのだから。

 直前にトランプは主として中国からの鉄鋼、アルミにそれぞれ25%、10%の高関税をかけると宣言し、大統領命令に署名した。対中貿易戦争宣言である。このため、中国は周章狼狽し、劉?をすぐに米国に派遣したが、成果はなかった。
 
 他方で、日豪加など11ヶ国は米国抜きのTPPを成立させたが、米国は音無の構えだった。


 ▲トランプは北朝鮮の逆利用を考えたのではないか

 1971年7月15日のことを筆者は昨日のように覚えている。
時の米国大統領リチャード・ニクソンはソ連を封じ込める効果的手段として、同盟関係を組み替え、中国を梃子とすることを思いつき、突如敵対してきた中国と国交を再開し、世界にニクソンショックを与えた。
 トランプは深くニクソンを尊敬する大統領であり、オバマの「戦略的忍耐」を批判し、「あらゆる選択肢は卓上にある」として北朝鮮制裁を強化してきた。

 世間は「経済制裁が効いた結果だ」とトランプとの直越対話に乗りださざるを得なくなった北朝鮮の孤独を言ったが、同時に多くの分析は「中国派の張成沢を処刑し、実兄をマレーシアで殺害した非常な人間が、まじめに非核化などを考えては居ない。時間稼ぎに騙されるな」という意見が圧倒的である。

 しかしトランプは最初から自国の国務省を相手にしていない。
リベラルの巣窟、米国の外交をこれほどまで低下させ、劣化させたのが国務省と総括しているトランプにとって、国務省に相談しないのは基底の方針とみると、国務省がいかに慌てようと、そのことで動揺したりはしない。

 ましてやティラーソン国務長官は、歴代高官とはことなり外務経験ゼロ、むしろ敵対国や政情不安な国々のトップと複雑な駆け引きをしてきたタフネゴシエーターである。ティラーソン国務長官の一連の発言が、かならずしも国務省を代弁してはいなかったように。

 トランプは考えたのだ。
 最終的な米国の敵は中国である。その中国のパワーを減殺させるためには、徒らに直接的な貿易戦争、技術移転阻止、スパイの摘発、中国企業制裁だけでは効果があがらない。げんに中国は南シナ海を支配し、戦後の世界秩序を大きく変えてしまった。
 

 ▲「中国が支配するアジアを受け入れるのか」と『フォーリン・アフェアーズ』

 「中国が支配するアジアを受け入れるのか」と『フォーリン・アフェアーズ』にジェニファー・リンド(ダートマス大学準教授)が衝撃的論文を寄稿した。
 この論文を執筆したジェニファー・リンド女史(ダートマス大学準教授)とは何者かを先にみておく必要がある。
彼女はマサチューセッツ工科大学卒業、若手の国際政治専門家。とくに日本研究で知られ、長期に日本に滞在した経験がある。

 曰く。「外交上、謝罪は重要だが、日本の場合、中国や韓国へ謝罪を続けることは日本国内の政治的混乱を引き起こすだけ」であり、「もう謝罪は不要だ」と発言する気鋭の政治学者だ。基調はリベラルである。
リンド教授の「「中国が支配するアジアを受け入れるのか」と題する所論の『フォーリン・アフェアーズ』論文の原題は「地域ヘゲモニーはいかようになりつつあるのか」(WHAT REGIONAL HEGEMONY WOULD LOOK LIKE)であり、日本語訳の題名はいささかニュアンスが異なるきらいがある。

 ともかくリンド女史が言う。
「米国は東アジアでいまなお圧倒的な力を持つとはいえ、中国はそのギャップを急速に埋めてきた。もっとも経済的危機と国内政治の失敗が中国の勢いを減退させる可能性は残るものの、いまの趨勢が持続すると仮定すれば、中国はアジアにおいて軍事的、経済的、政治的ヘゲモニーを確立するだろう。

 となると米国の従来の同盟国であるオーストラリア、日本、フィリピン、韓国などが独自の防衛力を増やしつつも、米国以外との協力関係の増強に向かうか、あるいは中国の支配を受け入れるかの選択を迫られるだろう」(同誌より要旨を拙訳)。

 この論文の指摘を待つまでもなく、中国の脅威はアジア諸国に拡大し、アセアン諸国並びにインドは中国を極度に警戒する態度に変質している。

 中国は「侵略など毛頭考えない」と外交のリップサービスで標榜しながら、一方では軍事的プレゼンスをいやますばかりか、経済的にアジア諸国を圧倒し、文化的浸透を強めてきた。

いずれにしても、トランプの米国は南シナ海の中国支配を転覆させるほどの意思も実力もなく、結局北朝鮮の核施設は攻撃せず、中国に任せていたらまったく進捗せず、韓国はぬけぬけと反米的行動を取り、頼りになる日本には肝腎の軍事力がないときている。

 リンド女史はこうも続ける。
「中国は植民地主義など企図しないし、中国は近隣諸国とは友好親善という平和的アプローチを進めると公言しているが、ヘゲモニーを確立する国とは、典型的に地域の安全を優先させるものである。なぜならヘゲモニー国家はライバルの力の増大を決して望まないからである」。

したがって中国は、日本がインドなどと防衛協力体制の構築強化を進めることに並々ならぬ関心を示すとともに、日本の国内政治に対しても異様な関心を抱くのである。
日本が他国との軍事演習をおこなうたびに言葉を極めて非難し、すこしでも防衛予算を増やし、装備を近代化しようものなら「日本に軍国主義の復活」などと、声高に批判し続けるのも、これによって日本政治に親中派の輪を拡げ、日本政府の決定を内部から攪乱させる高等な外交戦術とみるべきである。

こうした中国の増長に対して、日米も欧州も、いやアジア諸国もロシアも、決定打を欠いた。
ならば状況を変える突破口として、トランプは米朝会談という「トランプ」(切り札)カードを切ったのではないのか。

      ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)歎異抄にある以下の部分は悪人正機と言われ、その意味がいろいろと議論されてきました。
 善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世の人つねにいはく、
「悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや」。

 偶然に親鸞の師法然の言葉にこれと符合するものを見つけました。大正六年に醍醐寺三宝院で発見された「三心料簡および御法語」の中にあります。
「三心料簡および御法語」は法然の側に仕えた勢観房源智が書き記したものです。

此宗悪人為手本 善人摂也。
聖道門善人為手本 悪人摂也。云々

書き下すと以下のとおりです。
 この宗は悪人を手本となし、善人までも摂す也。
聖道門は善人を手本となし、悪人をも摂す也と云々。

浄土宗は悪人を対象として救う方法を求め、それを善人にまで含めて適用する。
聖道門は善人を対象として救う方法を求め、それを悪人にまで含めて適用する。

 この法語集を親鸞が読んでいたかは分かりませんが、親鸞は法然のこの考えを理解していたはずです。そうすると悪人正機と言われる「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」という親鸞の言葉は「浄土門の救済方法は悪人を対象としたものであるにもかかわらず善人までもが併せて往生を達成する。それなら本来の救済対象である悪人は当然往生する」
という意味になります。

 歎異抄は明治時代に清澤満之によって再発見されて、「三心料簡および御法語」が発見された大正六年頃にはほぼ解釈が出尽くしていたと思います。したがって、法然に関する新発見の資料まで調べる人も少なく、このような明らかな符合にも気づく人がいなかったのでしょう。
   (當田晋也)

 
(宮崎正弘のコメント)偶然でしょうか。先週土曜日、小生、奈良で所用のあと時間が出来たので、京都へ行って、親鸞聖人の廟に詣でてきました。拙宅はご先祖以来の、浄土真宗東本願寺大谷派でもありますので。
浄土宗の総本山が知恩院、そこから500メートルほど八坂神社寄りに親鸞の廟があり、いまも花と線香が絶えません。そういえば、あの東山全域は、高台寺あり、各宗派の総本山ありで、日本仏教の聖地ですね。世界的にみると、仏教各派の総本山がおよそ一ケ所で共存しているのは奇観ではありますまいか。
   □▽ど□▽く◇□し▽○ゃ○□の□▽こ□▽え○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊 絶賛発売中!     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ―――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活するのか?
 それとも半恒久的に米国の附録なのか? (定価1296円 アマゾンは下記 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/

  ♪♪♪
絶賛発売中! アマゾン第一位(中国部門)!
 宮崎正弘v福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ★チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはないことを知っているだろうか。
  ★欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいていたが、中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能。
★「中国化」。激動の世界情勢が動き出した2018年を読み解く!(1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
  ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

       ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材旅行のため小誌は3月18日―26日を休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/03/12

    ・トランプ政権は軍事政権

    ・閣僚は元軍人

     マティス国防長官、実質大統領ジョン・ケリー、統合参謀長ダンフォードも海兵隊上がり(海兵隊ばかり)

    ・1903年代にパパ・ブッシュは反ルーズベルト大統領のクーデターを起こそうとした。米国海兵隊のスメドリー・バトラー将軍に味方に付けば、大統領にすると持ち掛けたが、彼はそれを拒み、暴露本を書いた。「アメリカ軍が大富豪の資源泥棒に使われている」

    ・スメドリーの部下たちが、今アメリカで権力を取った。

    ・彼らは70年間の外交戦略を変えようとしている。

    ・その中で、朝鮮半島がどうなるかというと、「北朝鮮はアメリカの同盟国」と言うこと。

    ・金正恩が叔父さんを殺したのは軍閥と官僚の内戦であった。

    ・官僚は中国系、軍閥は独立系

    ・その時に、アメリカの保護を依頼した。北朝鮮のミサイル技術はアメリカから来ている。

    ・南北は統一して、アメリカ軍は38°線南に配置する案が出ている。

    ・日本は、ハリー・ハラスが3月末に退役するので、誰が後任になるかが問題。

    ・マクマスターは陸軍上だが、結構軍隊内で力がある。

    ・クシュナーも犯罪捜査の対象になっている。

    ・クシュナーはやがて逮捕されることになるだろう。

    ・それらの革命は直ぐに日本に来る。

    ・3/23の借入上限問題が突破できるか。

    ・3/26に石油先物取引の元取引性が始まる。

    ・ワシントンDCは一旦終わる可能性が高い。

    ・朝鮮半島統一は決まっている。

    ・あとはアメリカの既存の権利をどう守るかが調整となる。

    ・最大の問題は統一後、アメリアカ軍が残るかどうか。



  • 名無しさん2018/03/12

    こうした中国の増長に対して、日米も欧州も、いやアジア諸国もロシアも、決定打を欠いた。

    ならば状況を変える突破口として、トランプは米朝会談という「トランプ」(切り札)カードを切ったのではないのか。←宮崎先生、慧眼でございます!

  • 名無しさん2018/03/12

    トランプ政権の一部が貿易戦争や北朝鮮との開戦を推している



     もしこの戦いが本当に貿易についてのものなのであれば、米国は毎年中国から輸入する2620億ドル相当の電子機器や機械に対して関税を課すべきだったのだ。だが商務省の連中は、破産を押し留めるためにも、中国が更なる金(かね)を自分たちに貸してくれるよう、確実にする必要があったがために、中国を標的にはしなかった。



    カナダ其の他の同盟諸国に対するトランプ政権の攻撃の真の理由とは……

    破産した株式会社アメリカ政府が全く別の政権と取って代わることを、これらの国々が見てみたいと望んでいるからだ。



     思い起こして頂きたい、カナダもだが、英国・ドイツ・イタリア・スイス・フランスを含む欧洲勢は、中国のAIIB【=アジアインフラ投資銀行】そして今では一帯一路構想で中国と協働するために、米国金融システムを支配しているハザールマフィアどもとは袂を分かったのだということを。8兆ドルの一帯一路構想は、かの有名なマーシャル・プランより約60倍も大きい。現時点では、米国はこの仲間に入り損ねている。



     

    次なる地政学的に大きな一手としては、金(きん)に裏打ちされた人民元建て原油先物取引が、3月26日に中国で開始される。オイルダラーの金融支配者どもにとってはこれまた痛手となるだろう。彼らが支配しているのは、今や米国・日本・イスラエル・サウジアラビアだけだ。あらゆる兆候は、サウジアラビアと日本が向きを変えようとしていることを指し示している。よって彼らが支配するのは早々に米国とイスラエルだけとなるだろう。



    米国とイスラエルの残されたカバール連中を破産させ、西洋のために資産に裏付けされた新たな金融システムの下地を準備し、中国が既に立ち上げつつあるそれと相補うようにさせるべく、株式市場が崩壊することになっている。



     米軍に関しては、商務省を迂回して、中国と直接交渉する道を開こうとしている。米軍は、米国の債務帳消しや米国経済およびインフラの完全な再構築への資金援助との引き換えに、大半はエネルギーや航空工学の分野のものとなるハイテク技術との取引を考えている。



     空前の好景気を生み出す中国の一路一帯計画に匹敵するものを、西洋でも開始させるという本格的な計画も進行中だ。



     既に米軍は彼らのハザールマフィア掃討に対する支援へのお礼として、残りの世界から昇給と予算拡大を約束されている。なので、貿易戦争の脅威をちらつかせて、同盟諸国から資金を巻き上げようとしているのは、トランプ政権内の軍人ではないメンバーたち――つまりは失職するかもしれない面々――なのだ。



    北朝鮮との戦争を開始すると延々とヒステリックに脅していた裏側にいたのも、同じく米国政府内の軍人ではない連中である。北朝鮮との戦争は大失敗となるだろう、と米軍はいみじくも言っており、それが決して起こらないよう積極的に動いている。その代わりとして、米軍は韓国からの撤退と朝鮮半島統一を容認することに合意した。



     







    米国内で粛清され追い詰められていくカバール



    アメリカ権力層内の特定の一部がヒステリーを起こしている本当の原因は、当然のことながら北朝鮮ではなく、どちらかというともうすぐ確実に起こりそうな軍事裁判のせいなのだ。この法廷がどれほど大掛かりなものになるのかと言うと、今や18,500件の極秘起訴がなされており、ニュルンベルクとその関連法廷で裁かれた人数を10倍以上も凌ぐ数となっている。



    また、アメリカ合衆国財務省が12月21日にのトランプの大統領令に依拠して資産を凍結した「悪意ある関係者」のリストは、今では1,108ページにも及んでいる。

    https://www.treasury.gov/ofac/downloads/sdnlist.pdf



    更なる動きとして、アメリカ軍事政権はトランプの義理の息子であるジャレッド・クシュナーを含むトランプ政権内部の130名が有する機密情報ないしは場所アクセス権限の等級を引き下げた。イスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフの「ホワイトハウスにおけるモサドあるいはハバードのアセットであるジャレッドは、最高機密アクセス権限を喪失して牙を抜かれているところであり、防諜活動【※機密の外部漏洩阻止】の標的となっている。



     

    おまけに、イヴァンカ・トランプまでもが彼女のモサドあるいはハバードとの繋がりで、FBIの捜査を受けている。トランプが家族よりも国を優先するよう、そしてジャヴァンカ【※ジャレッドとイヴァンカのカップルのこと】を切り捨てるよう強いられたからだ。



    「ハバード」とは、正統派ユダヤ教徒によるハシディズムの最大の運動の一つでウィキペディアによると、現代では最も良く知られたものだそう。ハバードとは叡智・理解・知識のヘブライ語の頭文字を並べたものですが、ロシアで生まれ発展していった運動です。ネタニヤフの替え玉がロシアのスパイだという話がずっとしっくりこなかったが、これで繋がりが見えてきた。ハバードは世界中で展開しているそう。

    「アセット」は、CIAが登場するようなドラマによく登場する単語で、諜報機関が雇った正式な職員や味方ではないけれど、情報を引き出すために機関にていよく利用されている政治家などの有力者か何らかの価値ある人物。つまり諜報機関に言わせれば「手駒」、よくて「協力者」(そしてその人物が所属する先から言えば、「裏切り者」)。









    トランプの将来、米軍の諜報機関掌握、其の他諸々の交渉の進捗具合



    ウラジーミル・プーチンや習近平がロシアや中国をそうしているように、トランプが国を最優先する限りは、アメリカの安定した政権の顔として長きに渡って据え置いてもらえる可能性がある。



     

    また、米軍はメリトクラシー【=実力主義】を準備していくにあたり、「CIAをNSAの部局として降格し、一連の諜報組織に対する軍隊の完全支配を確保した。多くの者にとって軍事政府という発想は懸念材料ではあるが、マフィア連中が権力の座から排除され、健全な文民政権が導入可能となるまでの暫定的な措置となるに過ぎない。



     一方で、旧い騎士修道会や秘密結社に関しても色々と起こっている。ロンドンのシティ・テンプル騎士団・マルタ騎士団・ロシアの複数の騎士修道会・グノーシスイルミナティ・P2フリーメイソン・其の他が関与する交渉が行われているのは確認されている。我々がこの惑星を統治してきた手法は根本から改革改善される必要があるという点で、彼らの間に全体的な意見の一致が見られた。

  • 名無しさん2018/03/12

    現在トランプ政権内で対立している二つのグループです。カバールと戦いを繰り広げ、他の国々からも感謝されている米軍出身の武官組と、イスラエルなどに情報をリークしている文官組。イヴァンカさんまでスパイ行為を疑われております。

      そしてどちらの派閥からも重視されているのが、借金漬けで後の無い米国にとって金づる――もとい、命綱である中国。ちなみに日本は……ポチです、奴隷植民地です、事あるごとに金は巻き上げられますが、眼中にすら入っていません。

      そんな内部のドタバタがあっても、カバールを裁くための軍事法廷の準備は着々と進んでいます。ニュルンベルク裁判は、第二次世界大戦後に連合国が22人のナチス戦犯を裁いたものでした。ここも日本的に言えば東京裁判ですが、英語ではピンと来る人が少ないのでしょう、「ニュルンベルク形式」でございます(※細かく言うと、東京裁判もニュルンベルク裁判を下敷きに、その後開かれました)。

      

  • 名無しさん2018/03/12

    辛淑玉が福島県民を差別発言

     ドイツにまで行っての誹謗中傷

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53272062.html

    習近平

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-8462.html

    貧農史観と百姓一揆史観のウソ

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3692.html

    スパイ容疑をかけられた労働党のリーダー / 暴かれたロシアの手先 (後編)

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68703620.html

    パチンコ、焼肉屋、消費者金融、在日韓国・朝鮮人が金持ちな理由!?

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

    速報!森友文書の書き換え認める!財務省、12日に国会報告・やるべきは倒閣ではなく財務省解体だ

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7010.html

    【手首を不自然にポージング】コンス・マナーの第一人者 諏内えみ(すない えみ)

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/3e567c56a4691b1f78c97fa85e88daa5

    波動医学

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B3%A2%E5%8B%95%E5%8C%BB%E5%AD%A6&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiV_Pein-PZAhVEH5QKHekaBZ0Q_AUICigB&biw=1097&bih=518

    あっと驚くトランプ流のどんでん返し

    https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/62d3cca22d71b30059c655195839ddb2

    埼玉の白山神社を巡る

    http://893ginger.blog55.fc2.com/

    定府

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E5%BA%9C

    軽井沢と皇室

    https://karuizawa-kankokyokai.jp/knowledge/300/

    子宮頸がんに伴って現れた自己免疫疾患。ワクチンの副作用との共通点

    http://kenkoubyouki.com/?p=6595

    「ダ・ヴィンチ ミステリアスな生涯」は最高!

    http://appletechlab.jp/blog-entry-404.html

    福島原発事故の真実と放射能健康被害

    https://www.sting-wl.com/fukushima-children15.html

    築地

    http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-f51f.html

    ”「ゴーマニスト」宣言(102) 

    https://nittablog.exblog.jp/13980657/

    金井廣さんの墓所

    http://baribarikaniza.sakura.ne.jp/inoue/imgbbs/index.php?mode=article&id=222

    川の水枯れ、大量の残土、電磁波、そして原発との関係…問題山積みのリニア中央新幹線計画について、

    https://iwj.co.jp/wj/open/archives/241467

    ☆たったひとつの恋03

    http://sakuaki.blog45.fc2.com/blog-entry-248.html#more

    世界銀行の北朝鮮支援を止めろ!

    http://kenkato.blog.jp/archives/1867305.html

    真面目に韓国考察

    http://jackassk.web.fc2.com/fact/report/index.html

    吉田茂元首相が在日朝鮮人を全員強制送還しようとしてた件 

    http://hosyusokuhou.jp/archives/25267694.html

    現代とこんなに違う大正時代[美人は女学校中退、カフェはキャバクラ?]

    https://matome.naver.jp/odai/2138319332138548401

    井内由佳さんのお話から

    http://www.e-denen.net/blog.php/1260

    雑考

    http://www.asyura2.com/0505/idletalk13/msg/977.html

    座右の銘をどれにしようか迷っています。四字熟語でいい言葉はないですか?

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1095508825

    ネオニコチノイド系農薬問題とは?

    https://www.actbeyondtrust.org/whats-neonico/

    霊能者 宜保愛子さん(故人)は嫌韓だった

    http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5251560.html