国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<禁止されている木材伐採をカンボジアは黙認し、ベトナムへ密輸>>

2018/03/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)3月6日(火曜日)
         通巻第5625号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 フンセン(カンボジアの独裁者)はどこまで腐っているのか?
  禁止されている木材伐採を巨額の賄賂で黙認し、ベトナムへ密輸している
****************************************

 カンボジアの首都プノンペン、河添いのリバーサイドホテルに宿泊したのは昨年師走だったか。毎日夕方にスコールがあって、ときに「道路が川」となる。
浸水でエンストを起こすバス、バイクが多く、幹線道路は渋滞、深夜なら空港から30分の道行きが弐時間半もかかった。

 雷雨に遭遇した夜、目の前のトレンサップ川を見ていた。
はじめは上流地域にも激しい雨風があって、木木が倒れ大量の枝がされているのかと思った。次から次と木の枝、それも大木から伐採した枝だからかなり大柄で、長いのだ。緑葉をつけたまま、流れてゆく。夥しい量である。しかも切れ目がない。

昼も、いや晴れた日にも川に流れているのは流木ならぬ流枝なのだ。「なぜだろう?」と訝しんだが、ガイドに聞いても要領を得ない説明しかなかった。
メコン川はラオスからカンボジアの南北を流れ、ベトナムへ注ぎ込む。プノンペンでトレンサップ川と合流するから、相当の急流である。

ようやく謎が解けた。
ベトナムの木製家具の輸出は年間80億ドル。主として中国へ輸出されている。ベトナムは、この家具の原木をラオスとカンボジアから「密輸」している。
おおまかな製材を終えた木々である。ラオスとカンボジアの官憲がグルになって、ベトナムの業者から破格の賄賂を受け取っており、とくにカンボジア政府高官に流れている。

カンボジア政府は表向き、木材の輸出を禁止している。森林地帯が禿げ山になれば豪雨に襲われて保水力を失い、下流地域は大洪水に見舞われるのは必定だからである。

ところがカンボジアの国立森林公園でおこなわれている闇の伐採は、官憲もアンタッチャブルの世界で、國際査察団の報告でも50万立方メートルの木材が不正に輸出されたという。
見回りに入った監視団は命がけであり、2007年以来、じつに20名が殺害されている。この一月にも三名の警官が取り締まり中に殺害された。

カンボジアの政治はフンセンの独裁、野党政治家は刑務所に入れられたか、海外逃亡を余儀なくされており、西側のメディアに木材不正輸出の実態を詳細に報じるよう、働きかけをしてきた。
     ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評(その1) BOOKREVIEW ★書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 三年かけて五回にわたった講演録だが、中身は単行本数冊を超える
  一回ごとに半年の準備をなして、宗教の奥義と霊性を熱烈に語りつくした

  ♪
上橋泉『私の生命の復活』(如月出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@

 著者の上橋泉氏は柏市議を七期務める現役の政治家である。なぜ鳥取県倉吉生まれの氏が縁もゆかりもない千葉県の柏へやってきて、ローカルな政治の世界に入ったのか。それは個性が強く性格の激しい母親が「あんたは政治家になって世の中に尽くせ」という「命令」だったという。
 しかも七期も市会議員をやりながらも、いまも理想に燃えて、そのエネルギーを地域の発展と安全のために尽くしている。当面の政治目標は柏市にも「赤ちゃんポスト」をつくり、いずれは瞑想センターを解説することだと言う。
 嗚呼、瞑想センターか。評者(宮崎)は、ふと、インドのプネーという瞑想の町へ行ったことを思いだした。世界のヨガ経験者がここで集中的な瞑想の修練をする道場があるところだ。
上橋氏とは40年近い付き合いがあるけれども氏の行動の軌跡に関して理解不能のところがあった。上橋氏は京都大学時代、左翼の暴力学生らがキャンパスを我が物としていたときに、全共闘と戦った反共の闘士でもあり、その後、外務省に入り、テヘランでは米国大使館人質事件に遭遇した。ロスの総領事館にも勤務した。
氏のロス勤務時代に、おりからの大河ドラマ『二つの祖国』にあやかって、日系アメリカ人の取材で評者は『二つの山河』を書くために、リトルトーキョーにあったニューオータニに長期滞在していたことがある。
この間、上橋氏には、いろいろとお世話になった。また拙編著『ウォールストリート・ジャーナルで読む日本』の編集では、上橋氏が仲間に呼びかけて翻訳チームをたちまち組織して呉れたこともありましたっけ。
退官後、国会議員の秘書をつとめながら、政界進出の修行をしていた。
学生運動時代のことを語らうとすると、氏は必ず谷口雅春師のことを言われるので、彼が「生長の家」の信者であったことはかろうじて知っていた。
トこうした履歴を語ったのも、氏と宗教を結びつける接点が稀薄なことを確認するためで、ところが氏は小さい時から宗教に親しみ、神の実在を信じ、キリストの復活を信じてきたという。
だから評者は目を大きく見開いて本署に挑んだ。
読破するに三日を要したが、なるほど、上橋氏がすぐれた宗教学者でもあることを評者は改めて「発見」したのである。

三年間、五回にわたって地元でおこなった講演録が本書だが、中身は単行本数冊をかるく超える豊かさがあり、一回ごとに半年の準備をなして、宗教の奥義を熱烈に語りつくす。
とはいえ、評者が宗教に大いなる興味を抱くのは「大世界史は宗教がつくった」という視点であり、上橋泉氏の視点、つまり氏の宗教生活への入り口は、人間が生まれてから死ぬまでに、いかに神々が恩恵を与え続けるかという、信者としての視点である。
 「私は二十歳代の頃から神の臨在を感じることがあった」と上橋氏は語りだした。
 「それは神の姿が見えたということではない。人間の内に神の生命を認めることが出来れば、それが神の臨在ということになる」。
最初の体験は大学でプルーストの『失われた時を求めて』の授業中に起きた。
 「プルーストは、人間が超時間的存在であることを子供の時から何度か体験している。彼がそれらの体験すべてを回想した箇所の「見出されたとき」は『失われた時を求めて』の中で最も難解な箇所とされており、フランス語文法を終えたばかりの私にとって難解であっただけでなく、教師も意味がよくわからないと言った。その瞬間、私の心の中に何かが入り込んできて、たちどころにプルーストの体験の意味が、氷が解けるように私の心にしみこんでくるという経験をした」
 爾来、氏にとって「人間にとって時間とは何か」というテーマを求める思索の人生が始まったという。

 政治と宗教は、日本では信長以来、明確に峻別された。日本の宗教的風土とは多神教であり、仏教の国家保護と神仏習合という時代を経て、幕末明治の廃仏毀釈という過激な神道原理主義が沸騰した時代もあったが、宗教が政治に介入することまれにしかなかった。
 ただし上橋氏は「廃仏毀釈という仏教排斥へのルサンチマンが、戦後日本の仏教界をして反政府的政治運動に帰結された」という意味の指摘は、一面的だが納得できる。
 政治家生活四半世紀を経験した上橋氏は、こういう。
 「日本が今日見るような苦境に立たされた原因がはっきり見えてきた。それは経済政策や政治改革の失敗などではない。日本人が人間生命の尊厳性を見失ったところに、その原因がある(中略)。アベノミクスなどでこの国が再生されることはない。日本の危機は物の危機ではない。精神の危機、魂の危機だからである」
 魂をもとめて上橋氏の精神の旅が続く。

       ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★書評(その2) BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 朝鮮半島史はファンタスティックな嘘で塗り固められてきた
  通説の虚偽をはがして、真実をさらけ出すと、なんともびっくりの世界

  ♪
宮脇淳子、倉山満『残念すぎる朝鮮1300年史』(祥伝社新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 およそ歴史学というアカデミズムの題材を、俗世間の言葉で咀嚼しなおすと、こういう平明な歴史入門書ができるのか、と感心することしきりである。
 通説を次々と俎上に載せて朝鮮半島史をバッサバッサと斬りまくる爽快さは、あまりにも心地よいために、朝鮮という国家が遠くに霞んで、見えなくなったしまうほど。いや、あの半島にはそもそも近代政治学でいうところの「国家」があったのだろうか?
 平昌五輪における南北会談なるものは、文在寅の屈辱的な態度を見ただけでも、南が北に格落ちしている事態を示しているが、倉山氏は、これを「高麗連邦宣言」だという。つまり「北主導の統一という暗号」だというのだ。
 そして、この高麗連邦宣言は、習近平を緊張させたと倉山氏が意外な側面からの経緯を語る。
 この発言を引き取って宮脇女史が言う。
 「地政学という学問がすごいなと思うのは、古代でも、隋や唐にとって致命傷となったのは高句麗でした。今の中国が北京に首都を置いてしまった以上、中国にとって北朝鮮のある場所がすごく重要なのは、そういう地政学上の理由です」
 古来より朝鮮半島の歴史は北が優勢だった。南は飲み込まれることが多いので、文在寅は、そのことを百も承知のうえで、最低限度の主権国家の体裁さえ保てれば上出来と考えているのかもしれない。
 事大主義はつねに力の強い方を選別し、そちらにつく。これが朝鮮半島の政治の特質である。

 こういう会話が続く。
 倉山 「ところで、韓国の歴史教科書では、『閔一族』という言い方をしていて、閔妃のことをあまり書いていません」
 宮脇 「いいことがありませんから。閔妃は有名な写真が伝わっていましたが、あれはニセモノなんです(中略)。はたして王妃が、妓生を撮って絵葉書をつくるような写真館に出向いて写真を撮るでしょうか。ありえません」
 神道強要などと文句を言われるが、そもそも布教しない神道が朝鮮人に信仰を強要するはずがないし、東京裁判における皇帝溥儀の嘘証言が、日本が朝鮮に文化を強要したとして批判する。こうした解釈は戦後の後知恵ででっち上げられた嘘である、とふたりは明確に否定する。
 創氏改名にしても、強制連行、従軍慰安婦などコミンテルンの謀略のような嘘放送が繰り返される。満州建国にしても、溥儀は天照大神をご先祖にまつろうと言い出し、日本側があきれはてて止めたのが事実である。
当時。関東軍にとっては溥儀を皇帝にすることは反対だった。共和国でもよいと軍が考えていたのも、多くの社会主義者が混在していたからで、なかには孔子の末裔でもいいかな、って考える人もいたそうな。

 満鉄調査部には食い詰めた社会主義者がおびただしく入り込んでいた事実は広く知られるようになったが、当時、関東軍が満洲に鮎川儀介を連れて行って国策会社を作らせたのも、三井・三菱を嫌った軍部の方針であったとか、目からうろこの話が果てしなく続く。

 最後にひとつだけ不満が残ったのは、秀吉の朝鮮征伐の項で、秀吉は情報もなく半島に進出してしまったと分析されている箇所だ。
秀吉は宣教師やフィリピンからの情報を把握し、正確に世界情勢を理解しており、キリスト教が布教を見せかけながら亜細亜侵略の牙を研ぎ、つぎに明を狙っていたことは、いまでは多くの資料が明らかにしている。
秀吉の出兵は先制的防御(プリエンプティブ)とよばれる軍略の一環で、むしろ秀吉の英断であった。問題は壮挙の途中で秀吉が死んだため、かれの世界戦略を理解していた武将が不在となって引き上げざるを得なくなったことだった。
       ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)河添恵子先生「第2次習近平政権の野望と、どう動く?北朝鮮情勢(仮)」の講演会のお知らせです。
記          
【日 時】 平成30年3月10日(土)14時半〜16時半(開場:14時)
【会 場】 文京区民センター3F 3-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
        東京都文京区本郷4-15-14  Tel:03-3814-6731
交通:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒
東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」5番出口から徒歩3分
講師    河添恵子(かわそえけいこ) 先生 ノンフィクション作家、
1986年より北京外国語学院、1987年より遼寧師範大学(大連)へ留学。1994年に作家活動をスタート。2010年に上梓した『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)は、Amazon〈中国〉〈社会学概論〉の2部門で半年以上、1位を記録するベストセラー。
最新刊は『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)。その他、『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』『だから中国は日本の農地を買いにやって来る』(共に産経新聞出版)、『「歴史戦」はオンナの闘い』(共著)(PHP研究所)など。世界の学校・教育関連の取材・著作物も多く、図鑑(47冊)他『エリートの条件―世界の学校・教育最新事情』(学研)など。産経新聞や『正論』『Wi LL』『夕刊フジ』『新潮45』『週刊文春』などで執筆。TVとネット番組で、コメンテーターとしての出演も多数。40ヶ国以上を取材。
【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の学生:1000円、高校生以下無料
【懇親会】 19時〜21時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】 3月9日23時迄にメール又はFAXにて下記まで(当日受付も可)(懇親会は3月8日23時迄)★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます★
【主 催】 一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会 女子部
【主 催】  千田会    https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
https://twitter.com/Masahiro_Senda
FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
【後 援】 一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会 岡山県支部

        □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊 絶賛発売中!     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ―――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活するのか?
 それとも半恒久的に米国の附録なのか? (定価1296円 アマゾンは下記 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/


  ♪
絶賛発売中! アマゾン第一位!
宮崎正弘 vs 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ★チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはないことを知っているだろうか。
  ★欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいていたが、中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能。
★「中国化」。激動の世界情勢が動き出した2018年を読み解く!(1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
   ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため、小誌は3月9日―11日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。