国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<習近平の「独裁政治」は中国の脅威を世界全域に与える

2018/03/02

絶賛発売中! アマゾン第一位!
    ▲
 宮崎正弘 vs 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ★チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはないことを知っているだろうか。
  ★欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいていたが、中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能。
★「中国化」。激動の世界情勢が動き出した2018年を読み解く!(1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)3月2日(金曜日)
         通巻第5623号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 習近平の「独裁政治」は中国の脅威を世界全域に与える
  絶対権力は絶対的に腐敗するのが歴史の鉄則。
****************************************

 「レーニンは一党独裁を制度化し、個人に独裁権力が集中しないように『制度』を最も重視し、集団指導体制を唱えた。これが所謂『レーニン主義』であり、スターリン死後のソ連でどうやら実現するにいたった」(『サウスチャイナ・モーニングポスト』、2018年3月1日)。

 こう書き出したのは、ディビット・シャンボー(ジョージ・ワシントン大学教授)だ。
シャンボーと言えば、キッシンジャー、ボーゲルと並んでアメリカ人の「親中インテリの三羽がらす」とも言われたが、習近平の登場に前後して中国に絶望し、以後、中国批判の先頭を切った。その追いをしたのが「私は中国の騙されていた」といったマイケル・プルスベリー等である。

ソ連の集団指導性に安定が見られると、政策的な分析も可能となり、次にソ連が何をやらかそうとしているかも予測しやすい環境となった。
 それを横目で見ていた毛沢東は逆の路線に走った。
 毛沢東は党官僚を嫌い、軍の近代化を呪い、独裁に邪魔な制度を破壊させるために紅衛兵をしそうして劉少奇ら「走資派」を失脚させ、つぎに軍の主導権を握った林彪が邪魔となってきたので、粛清した。

 毛沢東は官僚、インテリが嫌いだった。
中国は文革の十年で文明を後退させた。
 
独裁皇帝・毛沢東の死後、同じくレーニン主義に基づいた集団指導性を重視し、権力の制度化に邁進したのはトウ小平だった。トウ小平は制度の確立と安定化を目指し、共産党総書記と国家主席とを分離し、さらには国務院に経済政策の主導権を付与し、中国的社会主義市場経済という、人類未踏の実験に乗り出した。

 爾来、四十年を経て、習近平は、この官僚的な団派の制度、党の集団指導体制を破壊し、安定的システムを、不安泰なものにしかねない独裁政治を志向しはじめた。


 ▲歴史の教訓に学ばない習近平の独裁体制の弱点

 集団指導体制を表面に唱いながら、政敵を『反腐敗』の名の下に次々と粛清し、次世代指導者となりそうなリーダーも失脚させ、軍からは百名の「将軍」とおよそ4000名の幹部を粛清した。

 除才厚、郭伯雄ら江沢民派軍人を血祭りに上げ、旧瀋陽軍区と蘭州軍区に連なる軍人脈、党官僚を左遷し、自らが信頼する旧南京軍区の軍人を片っ端から抜擢して周りを固めた。

 ついで最大の潜在的となりそうな「団派」を標的に照準を定め、孫政才を失脚さえ、胡春華を閑職に追いやり、李克強首相からは経済政策の決定権を取り上げた。
そのうえで、全人代を召集し、憲法を改悪、任期延長を画策する。かれは2023年まで「皇帝」を続ける腹づもりだ。

ネット上に巻き起こった反対論を監視団を使ってすべて削除させ、軍には「いつでも戦争ができる準備をせよ」と緊張を醸成した。かくて習近平の独裁体制は確立間際である。  
しかし、「絶対的権力は絶対的に腐敗する」という歴史の業を、次にかれはいかにして克服できるのだろうか?

     ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のおしらせ)小誌、地方講演のため、3月4日―5日が休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 現代とは国民の生活を間断なく非常事態へと追い込むような時代
  だからこそ現代人はおのれの「死」を意識にのぼらせるほかはない

  ♪
西部邁『保守の遺言』(平凡社新書)
@@@@@@@@@@@@@@

 さきに遺書となった『保守の真髄』(講談社現代新書)を小欄でも仔細に論じたが、本書はその第二弾、というより正真正銘の遺書である。
「あとがき」の日付を見ると1月15日となっている。自裁される六日前である。
 前作より色調はうら悲しく、全体がペシミズムに覆われているかのように、文章の行間にも切なさがともなっている。
福田恒存が晩年に口にしていた『言論は空しい』という言葉を、西部流に置きかえ、それを随所に重複的に述べているからである。
 曰く。
 「ペシミズムのなかでのオプティミズムを保ち続けることなど果たしてできるのであろうか」(280p)
 「私の言論戦は、正しくは戦さなんかではなかったのだ。それは、たとえ解釈力や予見力を発揮していたとしても、言論では単なるエクスクレッセンス(異常突起物)に、つまり疣(いぼ)とか瘤のようなものと扱われるのだ。せめてそのことの自覚を表明しておくのでなければ私の矜持が保たれない。つまり『ファッスン・マイ・シートベルト』と心に呟いて、ファシスモの気分でいた私は『高度大衆社会のただ中で無効無益の意地を張って、そして消えてゆく存在』にすぎなかった」(220p)
 「(多くを書いてきたが)ほぼ間違いなくそのすべてが時代の重さに踏みにじられ時代の風に吹かれて飛んでいく」(301p)
 なんという絶望であろう。
しかし、その絶望を巧みな韜晦力で包み込み、西部氏はその瞬間瞬間を精一杯、楽しく愉快に生きようとした。
 同時に『正論』(4月号)に再録された西部論文に新しい発見があった。
西部氏は『福沢諭吉 その武士道と愛国心』のなかで、福沢を日本と西洋の間で精神の平衡を保ち続けたマージナルマン(境界人)とした。
そのあとに書いたのが『中江兆民』である。本人は、福沢と一対の作品とする企図があったとし、中江に挑む理由を「桑原武夫らの擬似知識人が兆民を左翼の元祖と見立てるという謬見を長きに及んでこの列島にばらまいてきたからだーーそれは丸山真男らが福沢諭吉を近代主義の始祖と見立てるという嘘話を広めてきたのによく対応している」(『正論』2018年四月号再録「ファシスタたらんとした者」)。

 だが「どこからも関心を寄せられなかった」と西部氏は悔やみ、「妻を励ますために書いた『どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由』も予想通り無視された」とある。後智恵のようで恐縮だが、じつはこの弐冊をまっさきに評したのは小生だった。
 こうして西部氏の遺書代わりの本書は、一貫するペシミズムのなかで、最後までオプチィミズムを失っていない。
 本書の肯綮にあたる部分は衆愚政治やマス、進歩的ブンカジン(本書では柄谷行人や佐野眞一批判がある)の批判の集大成でもあるが、スマホ社会を絶望の未来として、次のような文言が続いている。
 「現代とは国民・住民の生活を間断なく非常事態へと追い込むような時代のことなのだ。もちろん、たとえ共同体が安定していようとも、セキュラライゼーション(世俗化)の一途を辿る近現代では、人間はおのれの死を意識にのぼらせるほかなく、そして死の予期の下に有限の生を送らざるを得なということそれ自体、人間の個人としての生がつねに非常事態にあると(実存主義に倣って)いうこともできる」(142p)
 自裁のあとで上梓される本だけに、その決意までの心理的状況がよくよく把握できる。
       ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)世界ウイグル会議の総裁に就任したドルクン・エイサ氏、並びに世界ウイグル会議執行委員長 ウメル・カナット氏の来日公演が開催されます。
ウイグルにおける人権弾圧が強まり、既に全土が政治犯収容所化しつつある現状と、人権改善と民族自決権確立のために、今後世界ウイグル会議がいかに活動していくかを報告します。

日時:2018年4月1日(日) 午後2時開場 2時半開会
場所:TKP神田駅前ビジネスセンター カンファレンスルーム5C
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-kanda-ekimae/access/
参加費:1000円
講演者プロフィール:世界ウイグル会議総裁 ドルクン・エイサ 
 1988年、新疆大学で民主化デモを指導、その後中国政府からの迫害を受け、94年、ドイツに政治難民として亡命。現在はドイツ国籍を持つ。ドイツでも在住ウイグル人の組織化に従事。2004年、結成された世界ウイグル会議の事務総長に就任する。一貫してウイグルの人権問題改善を国連など国際組織に訴え、同時に国外ウイグル人コミュニティの団結のために尽力。2016年、その功績が評価され、共産主義記憶財団の人権賞を受賞しました。また。2017年、世界ウイグル会議総裁に就任。ウイグルでますます強まる中国政府の迫害と民族浄化政策に抗する運動の指導者として活動しています。また、UNPO副議長として、国家を奪われた世界の各民族の問題に取り組んでいます。

 世界ウイグル会議執行委員長 ウメル・カナット
 グルジャ市に生まれ、1999年から2009年、ラジオ・フリー・アジアのウイグル語編集主任として、アフガニスタンとイラクの戦争報道、ウイグル語のニュース編集、ダライ・ラマ法王などアジア地域の著名人との独占インタビュー、世界各国からのニュース速報放送をおこないました。世界ウイグル会議では2006年から副総裁を務め、現在は世界ウイグル会議執行委員長。
主催:日本ウイグル協会
連絡先:イリハム・マハムティTEL 080-3248-3463 Email info@uyghur-j.org



  ♪
(読者の声2)韓国大統領・文在寅は3月1日の演説で、先の日韓合意に公然と反して、「慰安婦問題」の「加害者」として日本を批判したのみならず、「永遠の反省」を求めたと報じられている。
このことを怪しからんと軽々に憤ってはならない。
なぜならば、これは日本政府の間違った対応によって招来されたからである。
2年前に日本国首相・安倍晋三は、我々良識派の反対を押し切って、史実に全く反する「日韓合意」なるものを強行した。あまつさえ、その「合意」の履行も見ぬうちに南北朝鮮の政治ショウと化した「冬季五輪」の地に足を運ぶという朝貢外交の如き軽挙妄動を世論の反対を押し切って再度強行した。
これらは、所謂「支持率」目当てから左翼マスコミを籠絡せむとの浅知恵によるものであり、自己の延命の為には史実も民族の尊厳も国体の本義も尽く薪樵(=煮炊き用の雑木)となす愚挙と断じる外ない。
ここにおいて、マスコミが悪い野党が悪いと安倍に同情する声が良識派の中にもあるが、これこそが問題である。
今や、皇祖皇宗を拝する臣民はこぞって現下の亡国政権に鉄槌を下す秋が到来せしことを認識せねばならない(習近平の猿真似をして総裁任期延長を画策しているらしいが、言語道断である。)
米欧に於て民族の本義を第一義に掲げる良識派政党が躍進せるに比して、本邦民衆、特に自称「保守派」に於る国体護持意識の希薄なるを嘆ずるものである。
  (東京、Y生)



  ♪
(読者の声3)新憲法施行に反対する勢力(日本共産党 左翼など)を批判するウェッブサイトをご案内いたします。
http://newconstitutiongogo.org/
日本共産党の主張する民主主義とは異質な民主主義    
http://newconstitutiongogo.org/005002000.html
北朝鮮と仲が良い団体
http://newconstitutiongogo.org/002040000.html
沖縄関係
http://newconstitutiongogo.org/002038000.html
http://newconstitutiongogo.org/002037000.html
歌声喫茶ともしびの歌集にはこんな歌が掲載されている
http://newconstitutiongogo.org/002045000.html
 日本共産党や左翼、左派系労働組合などの構造と実態の解明を進めています。最終的には、日本共産党や関係する団体について何でもわかるというようなサイトを目指しています。
私は、憲法改正は絶対になされなければならならないと考えています。しかし日本共産党や左翼は、憲法改正に反対する大運動を起こしています。 
  (安東幹)
      □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊 絶賛発売中!     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ―――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活するのか?
 それとも半恒久的に米国の附録なのか? 
(定価1296円 アマゾンは下記 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━━…━…━
 西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━━…━…━
  ♪
支那のおぞましい皇帝と韓国の宦官
@@@@@@@@@@@@@@@@
                          平成30年3月1日(木)

三月一日現在、韓国の大統領と外務大臣は、それぞれ、ジュネーブとソウルで、二年前の、日韓の、いわゆる従軍慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」という国家同士の約束破りをした。
外務大臣は、国連で、日本を「人道上許せない」と国際社会に向かって非難し、さらに大統領は、ソウルにおける三・一独立運動記念日の集会で、「加害者が『終わった』と言ってはならない」と日本を非難した。ここに至れば、我が国は、敢然と、また、断固として、朝鮮人売春婦の強制連行の事実はないと国際社会に向かって明言を続けて、日本の名誉を守るべきである。
そ の際、この度のことで国際社会の公知となった、韓国は国家間の約束も簡単に破る国であるということを指摘し、従軍慰安婦であれ、竹島であれ、約束を簡単に破る国の主張を、信用してはいけない、嘘つきの言うことを信用してはいけない、と強調しなければならない。
 
北朝鮮は、日朝平壌宣言の、ミサイル発射のモラトリアムと核開発中止の約束を簡単に破り、というより、日本に金を払わさせる為にウソをつき、つまり、詐欺を行い、南の韓国も、同じく金を受け取りながら日本との約束を破った。なるほど北も南も同じ民族。一つの朝鮮。既に、南北は嘘つき統一をしている。
また、かつてハーバード大学で、韓国の主張するように日韓併合条約が無効かどうか、欧米各国の国際法学者が意見を出し合い、有効論が大勢を占めたように、欧米の大学に、韓国から金をもらっていない学者達に集まってもらって、従軍慰安婦の強制連行があったか否か、また竹島は日本に帰属することに関し、見解を出してもらったらどうか。
 さて、平昌オリンピックがパラリンピックを残して終了した途端に、北朝鮮の巧妙な戦略と、韓国の大統領文在寅という男の正体が明らかになった。この男は、三八度線の北の北朝鮮から、韓国を守るための米韓同盟の証である米韓合同定例軍事演習の実施を、韓国大統領でありながら嫌がって回避し、朝鮮戦争を起こした戦犯、金日成の孫、ソウル五輪を妨害しようと大韓航空機テロを起こして百十五人を殺し、核開発を優先して北朝鮮住民三百万人を餓死させたテロリストで虐殺犯、金正日の娘、義理の叔父を機関銃で殺してその肉を焼却し、多数の側近を殺し、さらに実の兄を殺した金正恩の妹で金正恩の特使、金与正とオリンピック中に四回十時間以上も会って話し合いながら、核開発の「カ」の字も出さなかったので、金与正は上機嫌で帰国していった。つまり彼はアメリカよりも日本よりも、北朝鮮の独裁者のご機嫌を伺い媚びへつらったのだ。
まるで宦官ではないか。
三代目の金正恩、満足したことだろう。
第二次世界大戦の勃発を観るまでもなく、独裁者に媚びへつらう者が、しなくともよい戦争をつくる。韓国の大統領である文在寅は、明らかに戦争の可能性を広げた。
 また、我が国のマスコミが、オリンピック集中から目覚めた途端に、もう一つ、異様なことが起こり始めているのが見え始めた。
それは、中共である。
中共の習近平主席が、毛沢東になろうとしているのだ。習近平は、三月五日に予定されている全国人民代表大会(全人大)で、自らの名前を冠した思想を憲法に書き込もうとしている。その習近平は、偉大な中華民族の世界支配を目指すと先の集会で公言した。つまり習近平は、こともあろうに中華帝国の皇帝になろうとしているのだ。
その世界支配の手段は、ミサイルと武力の行使と威嚇そして金によるシナ的買収である。
そして、既に、南シナ海の島嶼を埋め立てて滑走路とミサイル基地を造成している。実に、日本危うし、ではないか。
 毛沢東になろうとしているこの習近平は、毛沢東のように行動するだろう。
即ち、内政の矛盾を対外侵攻によって解消させる方策である。しかも、毛沢東の頃と比べて、今の習近平が動員できる火力は膨大な威力に達している。毛沢東の武力は、東へは、金門と馬祖にしか出てこられなかった。しかし習近平の武力は、南シナ海を支配して台湾を呑み込み、東シナ海の沖縄を包囲して西太平洋に出てこられる。
つまり、今、世界中で最も危険な巨大なモンスターが生まれる直前となっているのだ。

従って、既に内政において、習近平は、言論を厳しく大規模に統制し、毛沢東時代と同じプロパガンダ教育、統制教育を行っている。昨年の小中学生向けの国家安全教育アニメーションは、「国家の安全を守り、まわりにスパイがいないか警戒し、家族の言動に注意し、公安に自首を勧めよう」と子供達に語りかけ、家族を密告するよう教えている。
これ、まるで、毛沢東の文化大革命時代に戻ったようではないか。
同時に、ここに現れているのは、共産党独裁下の、力のある者、つまり、統治者の、驚くべき、道義と精神の退廃である。このような、道義と精神の退廃した者(人間のクズ)が、十数億の民を密告と言論統制と恐怖によって支配し、対外的には巨大な武力を背景にして中華帝国の勢力を伸ばそうとしている。
我々は、覚悟するべきだ。
断じて、この毛沢東を夢見る幽鬼に「融和」してはならない。
断じて、アジアにおける勢力拡張を許してはならない。
 さらに、北朝鮮・韓国の不安定化と中共の脅威増大のみではない。北のプーチンのロシアを見落としてはならない。中共が我が国の南で行動を起こせば、ロシアは必ず、北で策動する。これがロシアなのだ。既にロシアのウラジーミルは国後と択捉にミサイル基地を造っているではないか。
 我が国は、身に寸鉄を帯びず、北と西と南から武力信奉国家に包囲されている。
 そして、このことが分からない者が国政に群れている。
この国政の情況は、百年前に田中正造が警告した通りである。
  亡国を知らざればこれ即ち亡国
亡国の要因は、国内にある!
            (にしむらしんご氏は前衆議院議員) 
          □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
絶賛発売中! アマゾン第一位!
  ▲
 宮崎正弘 vs 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ★チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはないことを知っているだろうか。
  ★欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいていたが、中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能。
★「中国化」。激動の世界情勢が動き出した2018年を読み解く!
(1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
 
  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 

  ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のおしらせ)小誌、地方講演のため、3月4日―5日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/03/02

    >2年前に日本国首相・安倍晋三は、我々良識派の反対を押し切って、史実に全く反する「日韓合意」なるものを強行した。

    「良識派」の「史実」とは、「慰安婦は親に売られた娘」「人身売買はあったが強制連行はなかった」でしょうか?ならば、当時、日本でも人身売買は禁止され、旧日本軍はそうした人身売買行為の取り締まりに(不完全ながら)努めていた。安倍総理には「良心派」に刷り込まれた間違った「史実」=「人身売買はあったが強制連行はなかった」があり「日韓合意」を甘受せざるを得なかったのでは?(当時の日本においても禁止されていた人身売買は弁護不能、謝るしかない)

  • 名無しさん2018/03/02

    ・ロバート・デイビット・スティールは米海兵隊の参謀、マティス国防長官も海兵隊、ダンフォード統合参謀長も海兵隊、ジョンケリーも海兵隊であり、米軍が動いている。



    ・水面下で、中国、ロシアとの交渉も進み、朝鮮半島統一、イスラエルのネタニヤフ廃除も決まっている。 ・それに連なる、日本の311売国奴大掃除も始まる。 



    ・米国では大物逮捕が続いている。 



    ・やっと、皆さんが気付いてるが、今やCGIで再生が可能になっている。 



    ・死んだ人も簡単に再生できるので信用ならない。TVに出てくるヒラリー・クリントンなどはCGです。自分の目で確認する必要がある。 



    ・テンプル騎士団も一神教に戻る。ロシア正教会とローマ教会も正常に戻っており、欧州も正常化に向かっている。 



    ・イスラエル警察もネタニヤフを告訴すべきと言い出している。 



    ・ハリー・ハラスも3月末で退職、4月から日本の大掃除が始まる。 



    ・ジェイコブ・ロスチャイルドは昨年の11月のロスチャイルド豪邸の上空のヘリコプターの事故で死んだ。 



    ・フランスとイギリスのロスチャイルド銀行頭取ダヴィド・ロチルドが引退して、息子に代わった。英国はナサニエルが継いだ。 



    ・デイビットロックフェラー死んでから、各王族の退位が続く。世界のトップの入れ替えが起こっているのは間違いない。 



    ・ロシアがプーチンに代わって、所得が倍増している。 



  • Apeman生2018/03/02

    宮崎正弘氏のブログ、いつも楽しく・そして興味深く拝読しております。

    今回の【 読者の声2 by(東京、Y生)】のご意見、ありがとうございます。 ですが、その浅薄な現状分析とその結論ともいうべき決めつけについては、「ヤレヤレ!」という感想をお贈りしたいと思います。

    今後とも、興味深いご意見をお待ちしております。

  • 名無しさん2018/03/02

    読者の声よかった!!

  • 名無しさん2018/03/02

    Q:ジャスティン・トルドーは未だに炭素税を推しており、ディープ・ステート側の利益にべったり寄り添っているように見えます。彼はカナダの一期限りの首相となってくれるのでしょうか? ディープ・ステートが倒された後、カナダが米軍や金融システムの処理を引き受けるという話が正しいのだとすれば、私は懸念せざるを得ないのですが、彼がスノーボードの滑り方を教える以上の成功を収めるだけの経済的な才に長けているとはとても思えません。





    回答:



    ジャスティン・トルドーはスコティッシュ・ライト・フリーメイソンの面々の単なるイエスマン【=言いなり】に過ぎません。彼の祖父(彼の母親であるマーガレット・トルドーの父親)はシンクレア卿で、スコティッシュ・ライト・フリーメイソンリーを創設した家系です。新たな命令が通達されれば、彼も態度を変えるでしょう。いずれにせよカナダの件は、ジャスティン・トルドーという名前の個人とは別物です。







    この方、第20・22代首相ピエール・トルドーの息子で、母親も奥さんも本人も所謂テレビタレントっぽいですからねぇ。ちなみに祖父のシンクレア卿も、カナダの国会議員でしたので、名門政治家の三世です。



    ボンボンという言葉が服着て歩いているような方ですから、アメリカとカナダの両国の手綱を取ることについて、皆さんが不安に感じるのも頷けます(笑)



    ただ、“あの”シンクレア家と繋がっているとは知らなかったので、訳しておくことにしました。聖杯家系ですよ、ダヴィンチ・コードですよ。まぁ血筋に関係なく、良い人は良いのでしょうが……不安が倍増しにはなる情報です。





    ジュリアン・アサンジについてです。

    質問:



    Q何度もすみませんが、ジュリアン・アサンジには本当のところ、一体何が起こっているのでしょう? ニュースでは、スウェーデンが性的暴行の嫌疑を取り下げたにも関わらず、英国が逮捕状の効力を保持し続けているため、彼はロンドンのエクアドル大使館に留まらないといけなくなっていると聞かされています。真相はどうなっているのでしょう?





    回答:



    まず、元々のジュリアン・アサンジはモサドの工作員で、9.11のような真相を否定していた人物でした。雑誌『タイム』などのシオニストのプロパガンダ報道局が彼を表紙に据え、彼が企業メディアによって好意的な取材を大々的にしてもらっていたという事実が、このことを如実に示唆しています。また、元々のウィキリークスも、我々が既に知らなかったような内容は、何ら暴露していませんでした。



    しかし、2016年にアサンジはおそらく殺害された可能性が高く、ないしは最後通告を渡されたかしたのでしょう。ニュースでは、セクシー女優のパメラ・アンダーソンに彼が毒殺されたという形で報道されていました。



    いずれにせよ、2016年からウィキリークスは本物かつ重要な情報を実際に暴露するようになりました。つまり、アサンジの軍事心理作戦を正義の側が乗っ取ったのではないかと思われます。ですので、エクアドル大使館の件は、現行の心理作戦を継続するための隠れ蓑に過ぎません。







    アサンジ氏の写真を探していて驚いたのですが、今年に入ってからも2016年以前の写真や映像があらゆる大手メディアで頻繁に使い回されています。なので、どれが入れ替わった以降の日付で確実に撮影されたものなのか、いささかはっきりしません。



    ですがプーチンもヒラリーも影武者がいるらしいですし、ソロスなんぞは本人死んでいるのに未だに影武者が生きているかのように見せかけているらしいですから、入れ替わり自体はよくあることのようです。……善悪どちらも嘘を吐いている現状がいいのかという疑問は残りますが。徳目の「正直」には反してそうだし、そもそも他人の命を犠牲にしようとする発想が許されるのかって話だし、うーん。



    アサンジ氏につてもう一つ。シリアのことも触れています、というかそちらが本題です。



    Qよく分からないのですが、確か、米軍がアサンジから重要な情報を引き出すために、彼をエクアドル大使館から撤退させる? しかしながら英国は逮捕状を撤回しなかったので、アサンジは未だに大使館に亡命中ではありませんか?



    それと、何故米軍がシリアで同盟軍を爆撃しているのか。最新の展開では、彼らは合法的なシリアの軍隊を爆撃し、約100名のシリア兵を殺害しています。これのどこら辺が同盟国に対する行動なのでしょうか? 一体彼らが何をやっているのか訊ねて頂けませんか。





    ……シリアはアメリカの同盟国じゃなかった筈。ここ最近、大手メディアが「シリアでは同盟軍同士が戦っている泥沼状態」などと書いているので、トルコ軍との関係悪化と勘違いされているのかもしれません。



    100名云々は、2月7日デリゾール県でシリア民主軍(※クルド人が主体、アメリカが後押し)と交戦していたシリア軍を、アメリカ率いる連合軍が爆撃したという話です。

     

    回答:



    アサンジ心理作戦は、トランプを権力の座につけたのと同じ人々によって乗っ取られています。アサンジ、ないしはアサンジのフリをしている人物は、彼らのアジェンダに従っているのです。



    シリアの件に関しては、米軍産複合体とそのお仲間である石油会社連中は中東から得られる石油が必要なのだ、というのが理解です。彼らが言うには、ユーフラテス川より東にあるものは全て自分たちの領地で、西にあるものはロシアの影響ないしは支配下に入ると勝手に決めたのだとか。



    どう見ても、彼らは第一次世界大戦後にフランス勢とイギリス勢が恣意的に作成した国境線を無視することを選択しています。そして“自分たちの”石油施設を守るために、ユーフラテス川の東側へと渡ろうとしたシリア軍を殺害した訣です。



    とりあえず彼らは正直にはなりました。大切なのは彼らの偽物IS軍なぞではなく、石油なのだと認めているのですから。





     確かに「正直」には反していません。教育プログラムの野心と「暴力」など、その他諸々の項目にはごっそり反していますが。正直になればいいってもんじゃないだろ、という良い例です。悪人が己の慾望に素直なときほど厄介なものはありません。





  • 名無しさん2018/03/02

    政府「高度プロフェッショナル制を」→国民「国会議員に高度プロフェッショナル制が必要」

  • 名無しさん2018/03/02

    豪米印日 中国の「一帯一路」への対抗案を実現できるか

    https://jp.sputniknews.com/opinion/201802284621671/

    テロリスト天国と、おすすめ本

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12356123446.html

    今日は満洲国が建国された日

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3683.html

    北朝鮮よ、アメリカは怖いぞ!

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12356459393.html

    労働組合とは左翼の専売特許ではない。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53270933.html

    朝鮮残留孤児がいない理由

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

    アネモネ

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%8D%E3%83%A2%E3%83%8D&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjlirCo0MrZAhVLNrwKHXOHD84Q_AUICigB&biw=1097&bih=518

    ●韓国人の顔がなぜモンゴル顔なのかを説明する 

    https://blogs.yahoo.co.jp/kazu_bokutotu/13737354.html

    日本が韓国につぎ込んだ費用を請求せよ 

    http://www.sankei.com/politics/news/180301/plt1803010010-n1.html

    政府のギャンブル依存症対策に「

    https://abematimes.com/posts/3777749/

    まだSKYPE,appear.inでミーティングしてるの?「ZOOM」のほうが全然便利ですよ。初期導入から使い方まで 

    http://kazoo-game.com/zoom/

    『越冬つばめ』 森昌子

    http://songs20thcentury.hateblo.jp/entry/2015/10/28/071500

    ★ワクチン接種が危険なアレルギー疾患を作り出す!

    http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-13786.html

    【どっち?】渡具知名護市長と防衛省との会談について、

    https://yuruneto.com/toguri-henoko/

    イルミナティ、ロスチャイルド、300人委員会… ユダヤ系金融資本の恐怖支配を気鋭のイケメン経済学者が完全暴露!3

    http://tocana.jp/2017/10/post_14662_entry_3.html

    ワクチンの危険性 医師が情報公開法を提訴し、衝撃的真実が明らかに 

    https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11444532869.html

    太極旗の秘密

    http://blog.livedoor.jp/tonycyoppa/archives/17239375.html

    韓国産食品の放射能汚染

    http://3gensoku.seesaa.net/article/375959941.html

    ”「ゴーマニスト」宣言(94) 

    https://nittablog.exblog.jp/13903288/

    朝日が絡む学者はロクなもんじゃない――高山正之さん

    https://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/cb9ffb8464ca001093762388f40a71cf?fm=entry_awc

    新築パーティに来た女が「私そういうの見えるんだけど、ここは一杯いる。もう足を引っ張られてる」と言って帰った。

    http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/53042150.html

    【台湾】「やさしい日本兵の神様」が子供たちの歌に/台南市 

    http://hosyusokuhou.jp/archives/20784378.html

    市ヶ谷の城北予備校を探してみた

    https://blogs.yahoo.co.jp/kabuto_shi_ro/54532378.html

    【トーク】『「環島」ぐるっと台湾一周の旅』刊行記念トーク ぐるっと台湾一周の旅「環島」の魅力を知ろう 

    https://jp.taiwan.culture.tw/information_36_74799.html

    アメリカの「通貨発行権」をめぐる恐怖の陰謀をイケメン経済学者が暴露!(インタビュー)

    http://tocana.jp/2017/10/post_14661_entry.html

    ・外国人参政権を手にし、「日本乗っ取り」を企む在日韓国・朝鮮人

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-7dec.html

    由比ガ浜  長谷 [江ノ電]

    http://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

    癌の正体を暴露した男オットー・ウォーバーグ、ロスチャイルド家に一蹴され怖気づく その2

    http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/420.html

    裁量労働制ありきで突っ走る安倍政権のため厚労省は虚偽データを作成した

    http://tanakaryusaku.jp/2018/02/00017576

    襲の色目

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%B2%E3%81%AE%E8%89%B2%E7%9B%AE

    認めたくない、首都東京の憂うべき現状

    https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/b5e4de9a8d9603d12aae26eb39a34132

    宜保愛子「あんなおぞましい所には行きたくない」

    http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-8191.html

    NHKはドラマで朝鮮式お辞儀や朝鮮式握手のステマをするな! 

    https://ameblo.jp/neko-10-inu/entry-12230551722.html