国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<インラック(タイ前首相)。亡命先の英国から秘かに訪日していた

2018/02/15

★小誌愛読者25200名、「メルマガ・オブ・ザ・イヤー」を四回連続受賞
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)2月15日(木曜日)弐
         通巻第5616号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 インラック(タイ前首相)。亡命先の英国から秘かに訪日していた
   タクシン元首相とともに香港に到着、次は中国へ亡命か?
****************************************

 2017年八月、タイ最高裁はインラック前首相に五年の禁固刑を申し渡したが、その時すでに彼女は英国に逃亡していた。ロンドンで、インラック前首相は政治亡命を申請していたが、その後の消息は聞かれなかった。

 インラックは2006年に辞任に追い込まれた実兄のタクシンのあとを継いで2011年から14年まで政権を担った。
ところが軍事クーデターがおきて、軟禁状態となり、2017年に不思議なルートで国外脱出、ロンドンに滞在していた。

 「2018年2月11日、インラック前首相は秘かに日本にはいり、日本人政治家や実業界の要人と秘密会合を重ねた。兄のタクシン元首相と行動をともにした」(サウスチャイナモーニングポスト、2月15日)。

 2月14日はバレンタインディ。日本での滞在を終えて、タクシン、インラック兄妹は香港に降り立った。警察の特別保護を要請せず、空港での記者団の問いかけにも答えず、そのまま香港市内に消えた。
 じつはタイと香港は「犯罪者引き渡し条約」の批准をしていない。国際法の盲点である。

 いずれにせよ、タイの重要人物を香港がいつまでも容認することはなく、彼らの本当の目的地は北京だ見られており、香港滞在は、その足がかりに過ぎないだろう、と多くの情報筋は見ている。
     ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)先日(2月7日)の桜チャンネルで宮崎正弘さんと精神科医の銀谷翠先生の番組を拝見しました。
https://www.youtube.com/watch?v=MR9-tCYF5TY
 中国の軍事戦略を語った宮崎さんも、お相手が精神科医となると、いったい会話が成立するのだろうかと興味津々だったのですが、中国の精神病院の実態を銀谷さんが説明するや、中国から亡命した精神科医へのインタビューをされた宮崎さんが、すかさず矢継ぎ早の質問、しかも精神を病む状況から、話は自殺論のデュルケム、ニヒリズムのショーペンハウアーに及び、充実した内容の番組と感心しました。
 この種の話題に同チャンネルが行くことは珍しいですから有益でした。番組で紹介されていた御新刊『世界の中国化を止めよ』を早速購入し、今半分ほど読みました。
    (JI生、横浜)



   ♪
(読者の声2)米国の韓国切り捨てを象徴するニュース。『稼働率20%未満の韓国GM群山工場、5月に閉鎖』
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/14/2018021401024.html
 韓国GMは2000年に経営破綻したデウ(大宇)自動車が元でGMの低価格車を主に生産するものの、工場稼働率20%未満では親会社のGMとしても切り捨てるしかありません。
GMはタイでも乗用車生産から撤退していますが、小型車では日本車に太刀打ちできないのでしょう。中国市場ではVWについで2位につけ年間400万台近い売上ですから大型車が売れる中国市場に注力といったところでしょうか。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声3)世界ウイグル会議総裁、ドルクン・エイサ来日講演会のお知らせです。
http://uyghur-j.org/japan/2018/02/wuc_20180401/
  (三浦生)



  ♪
(読者の声4)第37回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』
 日本最古の史書とされる『古事記』『日本書紀』には、遠い昔から今に伝わる日本人の戦争観や武力行使のあり方、優れた戦略・戦術や軍隊の指揮・統率など、現代社会においても十分に役立つ最高の兵法書としての教えが数多あります。
今回の兵法講座では、『古事記』『日本書紀』の中でも謎の多い第22代 清寧天皇、第23代 顕宗天皇、第24代 仁賢天皇、第25代 武烈天皇の四代にわたる御代についてです。
とくに『日本書紀』で唯一、極悪非道の暴帝として描かれている武烈天皇の実像や、反逆や陰謀が渦巻き、国體(こくたい)が危機的状況にあったことなどについて、アッと驚く、目からウロコの「真実」を明らかにしながらビジュアルに、分かりやすく解説いたします。
     記
日 時: 2月24日(土)13:00開場、13:30開演(16:00終了予定)
場 所: 文京シビックセンター5階 会議室A
講 師: 家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
演 題: 第10話 清寧天皇から武烈天皇まで
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください。
       (日本兵法研究会 会長 家村和幸)
          □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊予告   宮崎正弘の新刊予告  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 書き下ろし! 2月26日発売(268ページ)
 ―――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活させるのか? それとも半恒久的に米国の附録なのか?  (定価1296円。予約受付中↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/
          □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
絶賛発売中!
 宮崎正弘 vs 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ―チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはないことを知っているだろうか。
  ―欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいていたが、中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能。
「中国化」。激動の世界情勢が動き出した2018年を読み解く! (1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
 

  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 

  ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
++++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため2月18日〜26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/02/15

    世界権力構造の変化が日に日に加速している。五輪史上初となる南北朝鮮の合同チーム結成、株の大暴落、アメリカ政府の財政難…等々は、まさにその表れといえるだろう。しかし最近の出来事の中で、最も世界権力構造の歴史的変化を表しているのは1951年に断交したバチカンと中国の関係改善に向けた動きである。





     【 バチカンと中国 】



     今月2日、「バチカンが中国政府公認の司教を認定する」とのニュースが報じられた。バチカンとの国交が断絶した後、中国政府は政府公認のカトリック教会(中国天主教愛国会)を設立。以来、バチカンからの独立を掲げて「ローマ法王の任命権は認めない」という頑なな姿勢を見せてきた。それに対してバチカンも「中国当局による司教の任命は違法である」として中国政府公認の司教を認めてこなかった。それが今回、バチカンと中国共産党が司教の任命を巡って事実上の合意に達し、今後は双方が共同で司教の選任を行うことになった。



  • 名無しさん2018/02/15

    地球同盟は、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(200人委員会)と軍産複合体のナチ派との間で合意を結び、現在では未来の地球の繁栄に対して協調関係にあるのではないかと思いました。

      表のイルミナティを除いた3つの組織が合意に至ったらしい。その表のイルミナティの中核組織であるバチカン(イエズス会)が、地球同盟と合意に至ったのではないかと思われる様子が伺えます。具体的には、“バチカンと中国の関係改善に向けた動き”です。

      もし、これが本当なら、これまで何度も第三次大戦を引き起こそうとしたこの連中が、それを諦めたということになります。おそらく、先の3つのグループの合意を見て、大勢が決したことを悟ったのかも知れません。

      キッシンジャーが提議した他の問題は中東であり、ハザール寡頭勢力の運命であった…「徒党は…完全なパニック状態に入っている」”。

      焦点は中東であり、イスラエルです。ここで言われている徒党とは、裏のイルミナティの頂点にあったイルミナティ13家と、表のイルミナティを支配していたゾロアスターの13家、そしてシオニストたちです。ただ、ゾロアスターの13家の中のある家系のみは、救済されると思っています。

      彼らが生き延びるためには、その延命手段として世界的な大混乱が必要ですが、第三次世界大戦は起きそうにありません。なので、連中は“株式バブルの崩壊”を仕掛けてくる可能性が極めて高いのです。連中を追い詰めているトランプ政権が大量逮捕を継続し、軍事法廷で悪人を裁くためには、この経済戦争をうまく切り抜ける必要があります。

      問題は、新金融システムの裏付けとなるゴールドの所有権が誰にあるのかということだと思います。

      おそらく、ドラゴン・ファミリーが51%、残り49%を残りの国が分け合う形になるのではないかと予想しています。日本の取り分はいくらになるのかは、まだ決まっていないかも知れません。ここが決着しないと、争いはなくなりません。

  • 名無しさん2018/02/15

    2月14日はバレンタインディ。日本での滞在を終えて、タクシン、インラック兄妹は香港に降り立った。警察の特別保護を要請せず、空港での記者団の問いかけにも答えず、そのまま香港市内に消えた。

     じつはタイと香港は「犯罪者引き渡し条約」の批准をしていない。国際法の盲点である。←情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/02/15

    韓国、中国の一番憎らしいものは皇室です。彼らにはありません。一旦壊してしまったら、もうできません。新しく、金正恩が天皇になろうとしていますが、そんなものは続きません。五代も続きません。



     我が国の天皇は2800年も続いているのです。だから、朝鮮人やシナ人はうらやましくて仕方ない。天皇は歴史の中心です。日本は歴史がある国です。歴史とは何かというと、天皇の歴史です。



     朝鮮人は奴隷の歴史、シナ人は人食いの歴史です。彼らは尊い家柄もなければ、山葡萄原人と、人食い土人です。尊いものは、何もない。



     2800年の歴史あるこの尊い日本という国を、日本人は大事にしていかなければいけません。日本は天皇の歴史ですが、世界は戦争の歴史です。戦争とは相手を殺して物を奪うことをいいます。これが戦争の本質です。様々な理由で戦争になったというのはウソです。相手を殺して、相手の財産を全て奪うのが戦争です。



     ローマ時代、ギリシャ時代を見てみれば全てそうです。豊かに繁栄している国があるとその国を襲い、皆殺しにして、そこにある宝物を全て奪っていくのです。人を殺して財産を奪うということが、戦争の本質です。



     それを考えても、日本が軍隊を持たない独立などあり得ません。戦争の本質がそうなのです。人の財産が欲しいのです。そのような理屈で考えてみると、勝てるものならば北朝鮮はアメリカに勝ちたいのです。「脅かして財産を全て盗りたい」という気持ちがあります。しかし、アメリカが大国なので、それはできません。



     アメリカは、「北朝鮮を滅茶苦茶にして、北朝鮮を自分のものにしてしまおう」と思っています。そのために戦争をやるのです。戦争は相手の物を全て奪うのです。北朝鮮には希少鉱物がたっぷりあります。それを「みんな盗ってしまおう」と思った側が戦争を起こすのです。