国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<海航集団、香港の一等地をヘンダーソンランドに売却

2018/02/14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)2月15日(木曜日)
         通巻第5615号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 これはどう客観的にみても、断末魔ではないのか?
  海航集団、香港の一等地をヘンダーソンランドに売却
****************************************

 最新の中国国家統計局公表の数字に拠れば、中国の「ジニ係数」は0・467である。
 つまり中国の富の半分近くが僅か1%の特権階級によって独占されている衝撃的データであり、中国政府がおおやけにこれを認めたということである。
ついでながら、この数字は控えめなもので、本当は0・6という統計が複数の大学シンクタンクから提出されている。

 一般概論として、ジニ係数が0・4を超えると、内乱か反政府活動が本格化すると言われる。
中国の治安対策費は国防費よりも多額であり、そのうえ防犯カメラを全土津々浦々に設置し、あげくにはビッグデータで国民ひとりひとりを監視しているため、反政府活動はしづらい。けれども国民の憤怒が爆発し、ローンウルフ型テロ行為が頻発している。
 習近平独裁体制は、「デジタル・レーニン主義」という譬喩が世界の常識化している。

 さて、中国のトップ企業が軒並み資金難に陥没し、保有資産の売却によって当座の運転資金を調達しているという現実がある。

 トップの万達集団(王健林CEO)は世界的有名人だが、保有してきた自慢のホテルチェーン、映画館チェーン、テーマパークの大半を売却した。それでも有利子負債は14兆円、本格的償還はこれから始まる。

万達集団の窮状をみかねたのか、これぞチャンスと便乗したのか、テンセント、融創集団、蘇寧雲商集団など四社が合計5800億円の出資に応じた。これで有利子負債を軽減し、不動産部門の子会社の上海株式以上への再上場を狙うという。

 王岐山との深い関係が取りざたされた「海航集団」も、海外企業の買収案件はほとんどが頓挫した。いや、そればかりか、借入金の償還を間近にひかえて資産売却を加速化させている。
 
海航集団は昨年購入したばかりの香港の一等地を、香港デベロッパー第二位のヘンダーソンランドに売却する。
これは旧啓徳空港跡の宏大な土地を五区画にわけて、マンション群を建てるという香港の都市計画。海航集団は、このうちの四区画を購入していた。
こんかい背に腹は代えられないとばかりに貴重な二区画を売却する。購入時の価格は143億香港ドル。売却は160億香港ドル。売却益がでるが、この間の利息支払いと差益への課税が控えている。

絶好調と言われ、日本のシャープを買収し、ついでにCEOの郭台銘が訪米してトランプ大統領とも約束した鴻海工業とて、米国への大工場建設が法螺話におわる可能性なきにしも非ず。
 というのも鴻海の株安が止まらず年初来20%の値崩れを起こしている。

 ネット動画配信の大手「樂視」の株安も止まらず、上場時の株価の三分の一に陥没、米国のEV工場建設という強気の投資が裏目にでたといわれ、主力部門の売却に迫られている。
 ほかにも事例を挙げれば再現がないが、ことほど左様に中国の多くの新興成金たちの壮大な夢も邯鄲の夢となりつつある。 
      ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎さんと西部さんとの対談『日米安保50年』(海竜社)ですが、八年前の出版で、その後、絶版となっており、古本ルートでしか入手出来ない由です。そこでアマゾンで検索したら、なんと当該書籍10500円ですよ!
 これは一日も早く復刻されるか、文庫版になさるべきと思います。
   (CB生、浜松市)



  ♪
(読者の声2)貴誌前々号で先生と西部先生との対談共著のなかで、西部氏が自己規定をされて、「アクティブ・ニヒリスト」と言われたそうです。その場合の、ニヒリズムというのは、いったいどういう種類のニヒリズムなのでしょうか?
   (HG生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)現在、欧州取材旅行準備のため、このような重要な質問にお答えする物理的時間がありません。
 いずれ何かの機会に、この「アクティブ・ニヒリズム」に関して著述したいとは考えております。



  ♪
(読者の声3)貴誌で紹介された阿羅健一氏の『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)」ですが、市民虐殺事件がなかったことは、物的証拠が収容所から伝票一枚ないことから明らかです。
特に私が感銘を受けたのは、阿羅氏が述べた「日本人なら日本人の云うことを信じよう」です。 我々は戦後のNHKの「真相はかうだ」に騙されてきたのではないでしょうか。日本人はもっと自信を持ってよいのです。ついでですが、NHKは占領時代の反日報道の罪を償っているのでしょうか
  (東海子)



  ♪
(読者の声4)バチカンの動きがヘンですね。どうやら中国に本格進出するため台湾との関係を断絶する方向にあるとの観測があがっています。
 (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)先週のニューヨークタイムズを滞在先のマニラで読んだのですが、カソリック信徒は中国で800万から1200万人。対してプロテスタント系が、その五倍の信者と見られ、マーケット的に判断すれば、人口比が巨大な中国のほうがバチカンにとっては魅力ということでしょう。
 中国が勝手に任命してきた地区の司祭を、従来バチカンは認めなかったのですが、最近、中国に任命権を譲渡するなど、中国共産党へ急接近していることは事実です。
          □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊予告   宮崎正弘の新刊予告  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 書き下ろし! 2月26日発売決定 (268ページ)
 ―――日本は世界史のプレイヤーとしての位置を復活させるのか? それとも半恒久的に米国の附録なのか?
(定価1296円。予約受付中↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315888/
          □▽□▽ ◇□▽○ ○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
絶賛発売中!
 宮崎正弘 vs 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  ―チャイナウォチャーのなかで、もっとも注目を集める福島女史との対談第二弾! 
多くの本や情報がでているにもかかわらず世界は中国を知らない。世界の企業は14億の市場を当てにして中国に進出しているが、実質は「2億の市場」にすぎず、絶対に増えることはないことを知っているだろうか。
  ―欧米は中国が豊かになれば民主化すると幻想をいだいていたが、中国の国家体制は強奪型の「共産党資本主義」であるため民主化は不可能。
「中国化」。激動の世界情勢が動き出す、2018年を読み解く最新刊!
(1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
  ♪♪
アマゾンに下記の詳細なレビューがでています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420096/
(↑ このページを開き、レビユーをクリック)
    

  ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++

『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 西部遭『日米安保五十年』(海竜社。絶版) 

  ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
++++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため2月18日〜26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。