国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み<<米国の有力筋「ウェンディ・デン(マードックの前妻)は中国のスパイだ」

2018/01/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月17日(水曜日)
        通巻第5583号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 現代中国のマタハリ、米国の首都でまたも暗躍
  米国の有力筋「ウェンディ・デン(マードックの前妻)は中国のスパイだ」
****************************************

 ウェンディ・デンは、現代中国の「マタハリ」である。希な成功を収めた女スパイだ。
 彼女は山東省済南の貧困家庭に生まれ、苦学して江蘇省に移住した。努力が認められ、保証人となる外国人老人が現れ、海外留学が適った。

 凄まじいほどの野心家である。
その保護者の老人とできて、夫人を押し出して正妻に収まるや、すぐさま当該国籍を取得した。そのための打算的な結婚だったのであり、国籍を取得するや、さっさと夫を捨て、香港にでた。

 香港のスター・テレビでインターだった彼女は、当時の社長ルパート・マードックに近付いて、夫人の座を射止めた。
まずしき中国人女性が世界のマスコミ王の夫人として、セレブ人生。1999年から2013年まで世界を歩いた。

 マードックは途中でデンの不誠実さに気がついた。
離婚を思い立ったのは、彼女の浮気癖というより、ウェンディ・デンは紛れもなく中国のスパイだということだった。デンは英国のブレア首相と浮き名を流し(これは英紙テレグラフがすっぱ抜いた)、マードックと離婚後は、次にロシアのプーチン大統領に近付いて、意図的なゴシップ作りにも精を出した。しかしKGB出身のプーチンが女性に甘いとは考えられないが。。。。

 米国のメディアが一斉にウェンディ・デンなる女史のスパイ説を流し始める。ウォールストリートジャーナルなどの一流紙である。
 
これらの情報を整理すると、ウェンディはトランプ大統領の女婿ジャレット・クシュナーに巧妙に近づき、ロビィ活動を展開。ワシントンの連邦議会のすぐ側に「「中国庭園」をつくるという未曾有のプロジェクトを推進した。
 
ところが同敷地内に総工費1億ドル、高さ21メートルのタワーを建設することが判明し、ウォールストリートジャーナルは「中国のスパイ基地だ」と疑念を呈した。

この報道をうけて米国連邦議会は、「これは中国の偵察基地に転用される」と反対を唱える。中国は「トンデモナイ誤解だ。両国の友好のシンボルである」と強弁を繰り返す。
 たった一人の中国人女性スパイが米国政治をがたがたに揺らしている。

      ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1689回】          
――「全く支那人程油斷のならぬ者はない」――(中野9)
  中野孤山『支那大陸横斷遊蜀雜俎』(松村文海堂 大正二年)

   ▽
 部屋に残された前夜の客の糞尿の片づけを命ずると、ボーイなんぞが「爐邊から一掬の灰を持つて來て、之を覆せて行く」。だが、これでは何もしてないと同じ。「まるで地雷火を布設した樣だ、却つて危險だ」。たしかに間違って踏んだら、ヌルヌルとブツが絞り出されるだけではなく、まるでバナナの皮を踏んだように滑って転んでしまう。
そこで中野は「早く地雷火を取除けよ」と命ずるが、彼らは「竹箒を持つて來て、パラパラを拂ひ散らす」のみ。だから「時ならぬに庭中?金の花となつて、香氣はプンプン」である。それでなくても乾燥しているから鼻が敏感になっていて、「香氣」は強烈。「ハンカチーフを以て鼻孔を覆ふ」ことになるのだが、それでも「香氣はプンプン」。

  「室内は大概土間」という悲惨さ。「客室の周圍の角々には大概小便が霜を置いたやうに顯はれてゐる。柱と壁は鼻汁の餘剩で光澤を放つて居て、容易に近寄ることはならず、天井は竹のアジロ、多くは破れ半ば客室の中央に斜めに垂れ其には煤が堆たかく、宛然箕に煤を盛りて、斜めにした樣だ。
お負に蜘蛛の網は縱?に小蜘蛛大蜘蛛得意に遊んで居る、蜘蛛の養育所の樣な觀がある」。かくて中野は、蜘蛛の巣の張る室内を「蜘蛛類研究には大いに價値がある」と泣き笑うしかなかった。

  次は「臭蟲(南京蟲)の?窟となつてゐる」という寝台となる。
 「先づ巾三尺長さ五尺七八寸、高さ一尺五寸位が通常で、中に?木三本若くは五本、其上に割竹を竪に列べ、其所へ藁が薄く敷きてある、それも何時敷いたものだかわからない」。どこの旅館であろうが寝台は例外なく「古びてゐる」。かくて「此所は臭蟲(南京蟲)の?窟となつてゐる」

 そこで泊まり先では、先ず「臭蟲(南京蟲)」への備えだ。「必ず此寝臺を覆ふに、大なる油布を以てし、其上に藺蓆を敷き、更にふとんを敷き、毛布を被りて寝たのであるが、それでも南京蟲は何所からドウして侵入するが、侵撃を受けて、眞夜中南京蟲と對戰したことは屢々だ」
 かくて中野は「早く免疫となつて、彼れの襲擊を意としなかつた」となる。

 それにしても臭く辛い旅だが、まだまだ序の口といっておこう。

  料理番だが、「衣袴は垢膩み、面は煤脂に染み、指爪は甚だ長く、禮讓謙遜の美少なく、不潔無作法茶碗を拭ふに衣袴を以てする、鼻は手ばなに極つて居るが、手につくときは衣袴になする、(中略)やがてそれで飯椀もふく、尤も布巾もあるけれども雜巾を兼ねて居るのだから同じことだ。鼻をさすつた寝臺も柱も卓も靴臺も茶碗も箸も飯盤も拭ふのだ。之を麻布と言うて居る。(中略)此の麻布を洗ひ出す桶が矢張同一だ、我國の樣に布巾と雜巾の區別はないのである」。

客室だが土間ではなく、稀には床板式のものに出くわす。そこで「日本式と喜んだのは、豈計らんや、床下でやがて異樣な聞きなれぬ聲がする」。「四方を閉鎖し寝床に入れば、四方は寂として靜である、月光は皎々として破窓の罅隙より入つて、燈火と光を爭」うのだが、床下の異音はいよいよ高くなってくる。
「やがて臭氣は室内に滿ちて鼻を突き、旅疲れの體を起こし、床板の隙間より燭をとつて見るに、數多の子豚親豚の?窟である」。「コレハたまらん」のである。
 防臭対策応急措置を採ろうにも対応不可。「終夜臭氣の刺激で、安眠の出來ぬ」。加えて旅館では「大抵客室の隣に、豚や牛が養はれてあ」り、「矢張り臭氣は進入して來る」。便所では「豚と相對して用をたすかさもなくば尻を豚に向けるか」。
そこで「君子危きに近よらずといふ孔子の言に背かず、廣濶の庭或は安全の室の角に放置するのだ」。嗚呼、目に沁みるアンモニア臭・・・それでも「東洋啓發を以て天職とする」のでしょうか。
          ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)講演会のお知らせです。新著『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)をめぐって、宮崎正弘さんの独演会があります。
▼スマホをあやつるのは猿か、ゴジラか。AIの近未来は明るいのか、暗いのか?
 ▲AIが人間を超える日はあり得ないのではないか
 ▼サイバー攻撃でSNSが破壊され、ロボット戦争が世界秩序を変える可能性
 ▼文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさに教訓がある
  https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
       **
この『AIが文明を衰滅される』をめぐって宮崎正弘先生の独演会があります。どなたでも予約なしで御参加いただけます

とき     来月です。2月17日(土曜) 1830(開場1815)
ところ    文京シビックセンター26階『スカイホール』
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
講師     宮崎正弘
演題     「AIが日本文明を滅ぼす?」
参加費    おひとり 1000円(学生無料)
       □▽○□▽◇○○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

  ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。