国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み << 「中国とロシアを抜きにして北朝鮮をどうするか協議」とカナダと米国が呼びかけ

2018/01/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月16日(火曜日)
        通巻第5582号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「中国とロシアを抜きにして北朝鮮をどうするか協議」とカナダと米国が呼びかけ
  バンクーバーに朝鮮戦争を戦った20ケ国の外相が緊急に集合
****************************************

 中国が猛烈に抗議しているという。「中国を抜きにして北朝鮮問題をどうするか話し合うって?」。

 1月16日にカナダのバンクーバーにおける「20ケ国外相会議」の出席メンバーは米英加豪にスエーデンやコロンビアなどで朝鮮戦争を戦った20ケ国に外相が緊急に集合し、「北朝鮮をどう扱うかを協議する」。カナダと米国が呼びかけた。

 朝鮮戦争(1950−53)は「国連軍」の名のもとに米英のほか豪など合計20ケ国が参戦し、当時、北朝鮮の背後にはソ連と中国がいたことは誰でも知っている。

 時代がかわって、ロシアと中国を交えて、国連を舞台の北朝鮮問題協議では、つねに棄権や反対票があり、緊急な事態に対応できないため、前からロシアと中国を抜かしての協議が望まれてはいた。

 モスクワを訪問中のボリス・ジョンソン外相は14日に記者会見し「北朝鮮の核武装について国際社会は一致協力して対応しなければならない」と発言しているが、カナダの会議には一言も触れていない。

 さて朝鮮戦争で日本は軍隊を保有しておらず、警察予備隊、保安隊などと呼称された自衛隊の前身は後方支援、兵たんの補給に回った。しかしバンクーバーの外相会議には河野外相が出席することが決定しており、アラブ訪問先からカナダへ向かう。

      ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌1月11日の「台湾旅行関係法」について、その後、何処がフォロウするかとみていますが、日本の報道機関は報道管制を引いたかのように沈黙を守っているようです。
 12日にネット検索したところではヤフーが台湾の記事を転載しているだけでしたし、今日(15日)、最初のページしか検索しておりませんが、台湾と中国環球時報しか出てきません。後者は「米中断交」とまで書いています。
 何かその後をご存知でしたらご教示ください。
(杉並の純一郎)


(宮崎正弘のコメント)法案は上下両院で可決成立しましたが、大統領の署名がまだです。トランプは、これを中国とのディールに使うかもしれないので、台湾政界が半信半疑なのではないか、と思われます。
 台湾のメディアは「アフリカ54ケ国がトランプの失言(「あそこは肥溜め」)に抗議したこと、ワシントンDCの「トランプインタナショナルホテル」の正門に幻灯機が、光と投射し、「SHIT HOLE」(トランプホテルこそ肥溜めだ)としたことなどを写真入りで大書して報じていますが、法案に関してのその後の動きは紙面では見られません。
       □▽○□▽◇○○○○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

  ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/01/16

    石油ドル体制の米国政府はまだ手当てがついていない1月31日の支払期限が迫っている一方で、1月18日の金担保の元建て石油取引に直面しているので、世界的緊張は目に見えるように増加している。









    徒党の潜水艦はハワイ攻撃を止められ、潜水艦は沈められた先週、この極度の緊張の一つの兆候が、やってきた。世界中のメディアは、ハワイの住民は携帯電話に次のような警告を受け取ったと、報道している。「ハワイを目がける弾道ミサイルの危険がある。直ちにシェルターを見つけよ、これは訓練ではない」しかし、これはのちに誤警報であったと報道された。それは違う?それは北朝鮮の所為にする徒党による企みであった。そして彼らが長く待ち望んだ第三次世界大戦のきっかけであった。









    その攻撃に地震と火山活動の増加が続き、それはチリ、ペルー、パプア・ニューギニアあるいは水中の潜水艦基地の攻撃になり得る可能性がある。米国防情報局のポール・レインは以前多くの水中基地が存在すると言っていた。これらの基地は全面攻撃を受けているようである。









    いずれにしても、銀河系と水中基地は別として、目に見えて、ここそして今の地政学的領域に多くのことが起こっている。先週、これは特にドナルド・トランプを代表とする米軍事政権と世界の多くの国との間の緊張の中で明らかになった。









    徒党の兵士MS?13(サルバドール・ギャング)に対する戦争は、トランプが米国の北東部でMS?13のリーダーを逮捕し、20万人のサルバドール人の一時保護を中止し、6万人のホンジュラスにも同じことをする可能性があるので、激化している。









    トランプは司法省が全てのオバマ政権関係者を逮捕するための支援として、オバマ大統領図書館からすべての機密犯罪文書を押収した。









    サウジアラビアと米国の掃討の後、欧州の掃討がグローバリスト(元EU委員長、ゴールドマンサックスのピーター・サザーランド会長)から始まる。









    トランプはダボスに勝利するためにロンドンを狙っている。



    しかし、その勝利も時期尚早であることは明らかである。





    偉大な金融緩和の始まりです。









    ダウ・ジョーンズ社は3月中旬までに3万人に達する。これは国民の液状化した資産を全て排水するのに必要な数です。事件が起こり、栓が抜かれ、そして崩壊が始まる。これは世界的な津波に繋がる波紋になるだろう。これが彼らの現在の計画である。3月のどこかで栓が抜かれたときにやってくることは、ロシア、中国、インドとインドネシアが関与する金担保通貨が一緒になって稼働する。









    トランプ政権のクリントン財団の調査は、非常に多くの政府がそこへ寄付をしているので、世界的に非常に厄介な問題となるだろう。









    https://sputniknews.com/analysis/201801111060682477-clinton-foundation-foreign-governments/







    ハイチの地震と津波の時に、クリントン財団が特にハイチに関して大量の横領の罪を犯していることは間違いがない。徒党の潜水艦によって海底に埋められた核兵器によって引き起こされた。財団に関するFBIの目下の調査は究極的にはこの事実に至り、そしてそこから2011年3月11日の福島の同様な攻撃に繋がって行く。









    しかし、これらすべてがいかに複雑であるかを示すために、徹底的な文書証拠は、福島からの軌跡はP2フリーメーソンロッジとトランプのビクトリーランをとることになるダボスのその人たちに繋がって行く。









    ニューヨーク、ロスアンジェルス、サンフランシスコ、シカゴと英国、フランス、ドイツ、スェーデンと黒人とイスラム人によって劣悪化され、犯罪とテロの為にイスラエルに引き渡された白人国のような聖域都市に対して、「劣悪な場所」という言葉が使われるであろう。









    さらに、トランプは、私生児のハリーと半黒人のメガン・マークルの結婚式で白人種を大量虐殺するために黒人と白人を混合しようと助長したかどで、女王と根性の腐った王族を非難するかもしれない、そして一方でジェフ・エプスタインとロリッタ島へ行っていたアンドリューはEU小児性愛者リストのトップになるかもしれない。









    この声明は多くの欧州人と欧州系アメリカ人の間で、広まった見解であることは疑いの余地がない。人種、民族性、犯罪、社会的成果などの結びつきについての真の議論を妨げてきた過度の政治的正義の結果、このような見方は背景にうごめいている。例えば、アフリカ系アメリカ人が占める特定の地域では、ヨーロッパ系アメリカ人が住んでいる地域よりも犯罪率がはるかに高いという事実です。これが真実ではないふりをしたり、あるいは歴史的な不公平にそれを責めることは、問題を解決するつもりがないと言うことである。









    同時に、トランプをアフリカの「劣悪国」に言及するための人種差別主義者であると盲目的に(一部によれば)攻撃することは、アフリカ諸国が他の世界に比べ圧倒的に貧しく、発展していないという事実を無視している。









    https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_African_countries_by_GDP_(PPP)_per_capita









    ヨーロッパ諸国でこれまで経験してきたように、アジアにはそれほど多くの人種差別主義があると報告しているので、この問題を「白人優位主義」と呼ぶのは過度に単純化しすぎである。









    アジアと西洋諸国がより包括的な世界を交渉するにつれて、アフリカの問題は正直に調べる必要があります。おそらく、アフリカ人が資源の適正価格を支払われれば、サウジアラビア人のように非常に急速な開発と近代化を経験するだろう。









    いずれにしても、この議論をより建設的に再開するために、トマトの例を使用したいと思います。ミニトマトと巨大なトマトとオレンジ色のトマトがありますので、明らかに遺伝的な違いがあります。同時に、遺伝的に同一の2つのトマトをとり、日光、肥料などの理想的な条件で作物を作った場合、数百のトマトが生った巨大な植物が得られます。同じ種をとり、それを非常に貧しい状態に置くと、たった一つしか生らない発育を阻害された植物が得られます。だから私の見解では、人々が遺伝子や人種差別について議論する前に、地球上の各人間が可能な限り最大限に繁栄できる環境があることを確認する必要があります。









    過去の英国では、様々な父親から多くの子供を産んだ売春婦がいました。これらの「私生児」は貧しい状況で成長し、犯罪者や娼婦の自己永続的な基盤の一部となる。英国では、この最下層階級は、例えば教護院、売春などの禁止等の多くの処置によって廃止されました。おそらく、ドナルド・トランプは人種差別の告訴を避けるために、勤勉な中流階級のアフリカ系アメリカ人に、同様の方法で、現在米国で不相応な量の犯罪の原因となる類似したスラム街最下層階級(祖先で遺伝的に70%以上ヨーロッパ人である多く)に対処するよう、頼むことができました。









    事前のたわごとで、厄介な問題の蓋を開けたと認識しているが、時には議論の余地のあるものに蓋をしても解決には至らず、この種の議論はあまりにも長く抑制されてきた。









    いずれにせよ、地政学的状況に戻って、米軍事政権が英国、フランス、ドイツ、スウェーデンを敵と呼んでいることがわかります。それは、彼らがまだ持っている友人のことを疑わせることになる。









    答えは、米国の最も近い友人であり隣人のカナダによって提供されるかもしれません。カナダ政府は今週、バンクーバーの20カ国以上の国々との会議を「北朝鮮を議論する」と呼びかけた。これには、英国、米国、フランス、ドイツ、インド、タイ、韓国、日本など北朝鮮と戦った国々韓国、中国、ロシアが含まれる。北朝鮮はただの表の話だ。集まっている国々は、実際には中国と、彼らの差し迫った計画である、米ドル、ユーロ、日本円の代わりに金に裏打ちされた通貨について話している。









    カナダは、米国とは異なり、世界各地の人々、あらゆる種類の民族的、文化的、人種的背景をうまく生き生きと調和させて成功しています。今週のバンクーバーでの実際の議論は、破産しそうな企業の米国政府を誰がどのように代理するのか、そして中国とその同盟国との交渉スタンスがどうなるのだろうかとなるであろう。

  • 名無しさん2018/01/16

    以前からペトロダラーの終焉を明言していましたが、中国が米国債の購入を縮小もしくは停止するというニュースが駆け巡り、それが「18日開始予定」との情報でした。これまでの支配体制を崩壊させるこの変革の意味について、櫻井ジャーナルさんが的を射た解説をされています。

      アメリカがこれまで、ずっと戦争を続けてこれた理由がまさに、この「石油本位制ドル」ペトロダラーでした。アメリカ支配層は、金(ゴールド)と切り離されたドルを好きなだけ発行することで巨額の軍事支出が可能です。その時ハイパーインフレを防ぎ、ドルの価値を維持する仕組みとしてペトロダラーが機能しました。アメリカが産油国に対し石油取引にドル決済を求めることで、産油国には巨額のドルが流れ込みます。産油国は、この集まったドルを、米国債の購入などを通じて米経済に還流させます。ドルは投機市場を介して巨大資本や富裕層の資産を飛躍的に増大させ、ひいては支配力を強化します。そしてアメリカは、石油を必要とする新興国に対し、IMFなどを通じて資金(ドル)援助を行い、原油購入代金とさせます。そうしてドルは、再び産油国へと流れ込みます。

      さらに日本でも同様の仕組みを使って、企業の得たドルではなく庶民の資金で米国債を購入し、アメリカにドルを還流させてきました。もしも日本国民のために米国債の売却など試みようものなら「処分」されるとありますが、事実そうした政治家を見てきました。

    アメリカの傀儡である黒田日銀総裁の量的・質的金融緩和策は、よもや日本経済回復のためなどではなく「アメリカの支配システムを支えようとしている」だけであると指摘しています。

      ドルが世界の基軸通貨であることが大前提の、こうした仕組みが、世界最大の経済規模を確立した中国の「人民元建て石油先物取引」によって、とどめを刺されることになります。

      日本のための舵取りをする政治家であれば、取るべき道は決まっていると思うのだけど。 

    https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801130000/

  • 名無しさん2018/01/16

    「ハザールマフィア」、一般ユダヤ人と区別するため「サバタイ派」「サバタイ・マフィア」と呼称していました。



      「サバタイ(シャブタイ)派」とは「サバタイ・フランキスト」の意味です。サバタイとフランクの名が冠されているのです。日本ではほとんど知られていないこのサバタイとフランクとは?



      ユダヤ問題の本質は「成りすまし」にあります。ユダヤ民族の歴史自体が「成りすまし」から始まっているからです。そして近・現代における「成りすまし」そして内部からの「乗っ取り」の本家といえるのがサバタイ・ツヴィとヤコブ・フランクです。



     ロスチャイルド家初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとサタニック・メシアのヤコブ・フランクは親交があり、両者はある組織設立に共同出資したとの話もあります。この組織とは1776年アダム・ヴァイスハウプトが結成したバーバリアンイルミナティ(イルミナティと表示)です。



      ヤコブ・フランクがイルミナティ設立に出資したかは判然としませんが、深く関わっているのは間違いなく、そしてアムシェル・ロスチャイルドが財政援助したというかアダム・ヴァイスハウプトを雇い入れたのは、様々な資料やその後の出来事を総合判断すれば確実です。

      アムシェル・ロスチャイルドは息子たちに「自分たちの計画の実行には必ず代理人を立てるように」と遺訓しているよう、自らの計画の実行代理人としてヴァイスハウプトにイルミナティを設立させているのです。その際その組織の綱領は指示していたでしょう。



      さて、こうやって結成されたイルミナティは、後にある出来事でバイエルン政府に実態を知られます。そこで姿を隠すためフリーメイソンの中に潜り込みます。そしてフリーメイソンと一緒になって「フランス革命」を引き起こし、その後の世界史を変えていきます。

  • 名無しさん2018/01/16

    ?気がつけば、日本という国土の中で日本人が少数派【討論】いい加減にしろ!隠れ移民政策

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/2228c53c91d6d939ff0fc1b6afa2d52f

    慰安婦で謝罪要求は日本への侮辱だ 北朝鮮に取り込まれる異常な文在寅政権

    http://www.sankei.com/world/news/180113/wor1801130013-n1.html

    トランプのクリントン財団調査がエリートを暴き出 す?

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180113.pdf

    トランプの正直さは“美徳”にならず / 一般白人の本音を代弁した大統領

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68695551.html

    具体的な、日韓断交のフロー【納得したらシェア】

    https://samurai20.jp/2018/01/kolie-49/

    連帯暴力労組映像が驚異的数字を更新中

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53265883.html

    静岡県弁護士会

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/14/2277-%e9%9d%99%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e4%bc%9a/

    水道水民営化の先駆け?水道料金の明細にフランスの委託会社、日本の会社を外資が購入!

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16684.html

    恩を仇で返す

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%81%A9%E3%82%92%E4%BB%87%E3%81%A7%E8%BF%94%E3%81%99&tbm=isch&tbs=rimg:CVbAZhQ2OqH2IjgvmdYALAPBapytaDa_1rkv8RVT23tCQWercfl_1vZ7svP_1MXEyjDV77rzdFUADWzju_1rOvh5m2IZ-ioSCS-Z1gAsA8FqEVEtR7gD9VtlKhIJnK1oNr-uS_1wR1GymFrkF5aMqEglFVPbe0JBZ6hEKel1j0Pf3qCoSCdx-X-9nuy8_1EbMYS_17JEueoKhIJ8xcTKMNXvusRsj1ugK1AbzkqEgnN0VQANbOO7xF_18tAz5AHQFioSCes6-HmbYhn6EZv9bDwG0OlZ&tbo=u&sa=X&ved=2ahUKEwiY_Lq87djYAhXBTLwKHfLFB1UQ9C96BAgAEBs&biw=1097&bih=518&dpr=1.75

    お能と面のお話

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3636.html

    表に出ない真実。知るか知らないかはあなた次第。

    http://laurentiangoldfields.com/archives/345

    「新報道2001」で『在日教授が周囲から袋叩きにされる』喜劇が発生。無茶苦茶な理屈で合意違反を擁護

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50507185.html

    西郷隆盛を育てた薩摩藩藩主・島津斉彬に学ぶ人財育成術「優秀な人財はこうして育成せよ!」 

    http://www.tenpo.biz/tentsu/entry/2016/03/30/150000

    ロシアのエカチェリーナ?世はハザール系‘ユダヤ人’? 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72226226.html

    大杉勝男(東映→日拓→ヤクルト)

    https://ameblo.jp/stjerneskud/entry-12107046037.html

    天皇のもと、神々とご祖先と、今生きている先輩たち、自分たち、後輩たちみんなが、ひとつになって、より良い未来を築こうとしてきた

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-246d-3.html

    可笑しいケド笑えない話!

    http://22448866.seesaa.net/article/382419824.html?seesaa_related=category

    地獄の李氏朝鮮

    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-914.html

    「結婚できない女」その理由はたったの3つ!大量調査の結果発表

    https://kekkon.biz/cannot-be-married/

    ワクチン強制反対デモ、全国に広がる(イタリア)

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1818

    消毒はするな!内海聡と真弓定夫「薬はいらない」その理由とは?うがい・タミフル・マスクも要らない

    http://true-health2.com/archives/195

    小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(49) 

    http://nittablog.exblog.jp/13563414/

    スロベニア、クロアチアの旅

    http://zion1.matrix.jp/croatia/croatia1.html

    「何気に・・・韓国!(ごり押し)」が未だ蔓延する日本

    http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-728.html

    「夫婦別姓って何?」 反対派のための反論ネタ(34)

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10484747947.html

    女優の確執

    http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/5b42cacb15c4f7966203977c16cb08a2

    ・自分の考えを改めると幸せになる

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-faed.html

    海外「韓国にはうんざりだ!」 またも日本に謝罪要求をした韓国に呆れの声が殺到

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2568.html

    日本の水道をすべて多国籍企業に売り渡す自民党

    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2044.html

    「気になる嫁さん」最終回と伊東水明荘について

    http://loveantlers.blog31.fc2.com/?m&no=1094

    日本人名で反日を煽る在日朝鮮人

    http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/fdf0655c76691382dd50ececc8d6bcf9

    反日野党の闇を糾弾せよ!足立康史議員の枝野、革マル癒着追求予告に思うこと。

    http://www.yamatogocoro.com/article/456168846.html

    京大医に巨額裏金 抗がん剤エビデンス捏造疑惑の一方、代替医療叩きで患者の屍累々 

    https://ameblo.jp/socbhe2/entry-12308201025.html

  • 名無しさん2018/01/15

    ジンバブエドル品は詐欺です。スイスと英国同様インド、ロシア、中国、インドネシアは少なくとも新しい金塊担保新通貨を支持している。何兆ドルもの金が魔術のように紙の中から出てくることはない。

    北朝鮮がハワイを攻撃したように見せる止められたイスラエルの企みは意味をなす。



    ジンバブエ・ドル、そして他の通貨とペッチリ債で始まる準備ができている。

    徒党は昨日ハワイを核攻撃しようと企みましたか?

    政府のミサイル警告は本当であった。

    ハワイ中の人々は飛来する差し迫ったミサイル攻撃に対する政府の警報を受け取った。



    1月13日、徒党はハワイ諸島を攻撃して、それを北朝鮮の所為にしようとした。

    ハワイの警報は隠蔽の話であったことを確認している。攻撃は真実であった。メディアは「北朝鮮がハワイを攻撃した」物語を事前に準備していた。攻撃が失敗したとき、徒党はパニックになった。隠蔽の話は直ちに作られ、攻撃は誤警報として処理された。緊急放送システムは嘘をつかない。間違ってボタンを押すことはあり得ない。これは、戦争を作ることによって移行プロセスを狂わせるもう一つの秘密グループ試みでした。



    ミサイル発射はハワイ沖の太平洋で検知された。

    1月12日に検知されたと同じ異常地点からの発射。

    ミサイルは直ちに傍受され、破壊された。

    異常点は核ステルス潜水艦であることが判明した。

    核ステルス潜水艦は、攻撃の企みの直後に特定され、破壊された。

    惑星探査では2日前の11日には検出できていない。

    太平洋のどこかに位置する深い地下軍事基地の一つから来た潜水艦である。

    今、いわゆる深い地下軍事基地を積極的に探している。

    the RV/GCR/GESARAに関するすべての法的文書は署名され封印されている。

    中国の長老たちは、状況が解決するまでRVの許可を保留している。

    状況は数日以内の解決されるものと思っている。

    一方、共和国は米国における繁栄基金の派分配の準備を進めている。



    徒党がハワイを攻撃しようとしてミサイルを発射したが、撃ち落された。ハワイの警報は誤情報ではなく、本当であった。

  • 名無しさん2018/01/15

    1月18日に開始される予定の「人民元建て石油先物取引」は、 「石油本位制ドル」に強烈な打撃を与えます。中国は、“米国債の購入を控えるか、購入自体を停止する”と発表しました。現在の焦点は、「ドル覇権」を維持したい欧米勢側と「金本位制の国際決済システム」の構築を目指してきたアジア勢との戦いのようで、今月6日に起こったイランのタンカー爆発炎上事件は、この戦いの余波です。

      近く、CIAによる偽旗のテロ事件が中国国内で起きるとのことです。“アルバニア、ブルガリア、ボスニア、ラトビアの作戦部隊”が、 CIAの命令で、“ウイグル族の仕業にしながら、破壊行為やテロ攻撃を行う”とのこと。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kosugetsutomu/20180109-00080211/

      

  • 名無しさん2018/01/15

    「中国とロシアを抜きにして北朝鮮をどうするか協議」とカナダと米国が呼びかけ

      バンクーバーに朝鮮戦争を戦った20ケ国の外相が緊急に集合←河野太郎外務大臣が出席するんですね、情報ありがとうございます。発言が楽しみです。

  • 名無しさん2018/01/15

     「隠岐」という言葉を誰が名づけたのか? 

    「古事記」「日本書紀」の「一書(あるふみ)に曰く」ということで私たちには古伝が伝わっていて、天照大神が名づけたと聞いている。天照大神は天上の高天原の高いところから地上を見下ろす神で、なかなか地上に降りてきたことはない。3回ほど降りてきて、その1回は隠岐に降り立った。どこかと言うと、西ノ島の三度(みたべ)の山です。その時、天にそびえるような見事な木を見つけた。「何と立派な木だろう。ここを御木(おき)と名付けよう」。これが始まりです。



     「古事記」を読むと、淡路、四国、隠岐と生まれてくるが、その後に名前が付いている。淡路島は「淡路穂狭別島(あわじのほのさわけのしま)と出ている。四国は「伊予之二名島(いよのふたなのしま)。3番目の隠岐は「隠岐之三子島(おきのみつごのしま)と出ている。島前(どうぜん)に焼火山(たくひさん)という火山があって、これを取り囲む外輪山、これが3つの島(中ノ島、西ノ島、知夫里島)に分かれている。これが隠岐の3つ子の島(=島前)です。しかし、「古事記」には鳥後(どうご)の事は何も書かれていない。不思議だ。



     もともと島後は4つの町村に分かれていた。これを1つにまとめて新しい町にしようというのが、平成の大合併の時にありました。その時に隠岐の島町と名付けました。そしたら、島前の3つの島が怒って「隠岐の島と言う島は無いぞ」という話になったわけです。では、これは何と言う島かと言うと、名前が無い。ただ、今の隠岐の島町だけが、昔から名前が無くて、島後(どうご)と呼んでいる。それが不思議なことです。



     この秘密はアイヌが持っていた。アイヌの長老の山本多助さんが隠岐にやって来て、アイヌではここをオノコロ島と呼んでいると教えてくれた。オノコロ島とはイザナギ、イザナミの国生みの大もとになった島です。アイヌは、隠岐の島後を古代からオノコロ島と呼んでいた。



     丹後半島に丹後一宮、元伊勢の籠神社がある。籠神社をお参りした時、籠神社の神職の方が「隠岐の国からですか。ここの神様は隠岐の国とお伊勢さんを行ったり来たりしていますよ」と言う。とりあえず、隠していきなさいよと言う神様のおぼしめしで、今日に至っている場所ではないか。



     この島で一番格式の高い神社はローソク島、ローソク岩で有名な久見(くみ)と言うところです。久見にある神社の名は伊勢命(いせみこと)神社です。お伊勢さん、籠神社、そして伊勢命神社と北西に繋がっていく日本列島のルートが見えてくる。



     伊勢命神社の事を地元では内宮と言っている。そして、隠岐一宮の事を外宮と呼ぶ。内宮、外宮は伊勢神宮の雛型です。既に隠岐にはある。



     隠岐には古い木が沢山あって、そこに荒神様が祀られている。地域を守る神様として、その集落の大きな木、古い木には神様が宿る、ごく自然に尊いものだという印象を持っているので、そういうところに藁で大きな蛇を編んで、それをなぜか7回り半、木に回してかける。首が枝から下がってくる。これは何を表しているのか? 

    私はエデンの園の古い木の年老いた蛇の逸話を思い出さずにはいられない。



     もう1つ、布施では山祭をやっている。大山神社があって、布施の山祭です。実は、文科省が日本最古の山祭と認定している。榊の大木を根っこから掘って、集落中を引きずり回して神社に上げて、祭事を行う。秘密はこの榊です。根っこごとの榊です。これは天照大神の天の岩戸隠れを象徴しているのだろう。



     隠岐の相撲は非常に古く、日本相撲協会が「隠岐が発祥かもしれない」と言う。能見宿祢の出雲あるいは大和、このあたりが日本の相撲の発祥地と言われている。出雲より古いと言われているのが隠岐です。



     隠岐古典相撲は、屋根つきの土俵をこしらえ、土俵の土台となる土を盛った四隅に柱を立てる。諏訪大社の四隅の柱を想像させる。柱そのものが神さまであり、柱が何本も立つわけです。四隅に1本,2本、3本、4本と立つ。それが出場の力士の賞品として持ち帰る。



     常に神様を意識した奉納です。役力士、三役と言って、神様の数字の3が出てきます。最高位は大関です。横綱はいません。大関、関脇、小結と言うのが役力士の三役です。隠岐徹夜相撲と言われるように、昔は2日間だったそうですが、今は1日(24時間)で終わります。その相撲を題材とした「渾身」という映画が、2013年にロードショーにかかった。その古典相撲のロケをして映画化した時、東京からの友人から相次いで電話があり「現代の日本でこんな伝統文化がまだ伝えられていることが信じられない」と言っていた。