国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <仮想通貨はろくな終わり方はしない」とウォーレン・バフェットが予言

2018/01/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月12日(金曜日)
        通巻第5576号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「仮想通貨はろくな終わり方はしない」とウォーレン・バフェットが予言
  中国と韓国、ビットコイン取引所ばかりか、取引そのものを禁止へ
****************************************

 突如、市場が円高傾向に傾いたのは一つの噂からだった(1月11日)。
 中国が保有する米国債を市場で売却するという風聞が、ドルを弱め、円を強め、そして米国と日本の株式を下げた。中国政府はただちに、これはフェイクニュースと否定したが、円高傾向は揺るぎがなかった。

 同日、米国の「バークシャー・ハザウェイ」(全米最大の投資会社)のCEOウォーレン・バフェット氏は同社年次総会で新しい役員を発表したが、NBCテレビのインタビューに応じ、「ビットコインなど架空通貨はろくな終わり方をしないだろう」と述べた。

 中国はビットコインの取引所を閉鎖したが、ネット上での取引は行われており、中国の取引減少が、日本で売買が激増するという結果をもたらした。
 中国はビットコインそのものの取引も禁止する姿勢を示しており、また韓国でも仮想通貨取引所閉鎖をまもなく実行しそうだ。

 さて中国はなぜビットコイン取引所を閉鎖したのか?
 アメリカの著名な経済学者も、モルガンスタンレーも「ビットコインは詐欺」と認定した。この仮想通貨、コンピュータの中から産まれ、金鉱を掘り当てるかのような数学ゲーム感覚で世界に拡散した。実際にビットコインのスキームは「ネズミ講」である。英語でいう「ポンジ・スキーム」だ。

 発足から僅か三年で価値は125万倍に膨らみ昨秋9月15日時点での時価総額は5兆6000億円。このうち90%を中国人が買った。

同年9月8日、中国は三つの仮想通貨の取引所を突然閉鎖した。正確に言うとICO(イニシャル・コイン・オフェリング)を禁止したのである。

 ICOとは企業や団体が仮想通貨を発行して資金を集めることだが、これで当局が把握できない資金調達が可能である。独裁体制下では金融政策も通貨供給量も中国共産党がコントロールしているためビットコインが「第二の通貨」となると中央銀行は不要になる怖れありと懸念したのだ。

 IT先進国のエストニアはスマホで選挙を行う。これをロシアはハッカー攻撃をかけて妨害した。テロリストは仮想通貨を駆使して資金洗浄の手口を覚えた。北朝鮮はハッカー攻撃した被害者から身代金を「ビットコイン」で要求した。
つまり詐欺の横行を含め犯罪の温床に化ける懼れも高い。

 それでも先進国は仮想通貨決済がますます伸びてゆくとし前向きである。
 その認識は「仮想通貨」というより「デジタル通貨」と呼称し、たとえば英国中央銀行は金融政策の効力を堅持しながらも市場への導入にいかに取り組むか、積極的な検討にはいった。
 
ロシアは「イーサリアム」の技術を駆使した新しいシステムを構築し、プーチン政権は「デジタル通貨」発行に前向きだ。

 スエーデンは「eクローナ」の発行を18年に国民投票で決める。
エストニアは「エストコイン」の発行計画がある。しかし仮想通貨は国籍がなく、したがってリスクがあまりにも大きい。それでも利便性を活用するデジタル通貨を各国の中央銀行が前向きに検討し始めたわけで、中国とは真逆の方向にある。
     ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1687回】           
 ――「全く支那人程油斷のならぬ者はない」――(中野7)
  中野孤山『支那大陸横斷遊蜀雜俎』(松村文海堂 大正二年)

  ▽
 再び中野に。「街道は、汚水が溢れてゐるも顧みず、糞尿流るゝも、塵埃散亂するも構はず、蒼蠅食物に集るも、拂去らんともせず、飲料水は如何に溷濁するも、更に氣にせず、清潔とか、衛生とかいふことは考えて居らぬ樣だ。我國の樣に大掃除だの、小掃除だのといふ風から、評點を下さうとしたら、勿論コンマ以下の四位五位と行くだらう」。

  だが「彼れには其特徴がある」。たとえば水は「グラグラと充分沸騰させ含有物が?釜の縁につくか、或は釜底に沈殿する樣になるまで煮」てから使う。「魚肉等も生物は食べない」。なんであれ口から入れるものは「必ず火を透さねば喰はぬということだ」。

  「沿道家屋構造が、一つ風の變つて居るのは、街を狹んで左右兩側の家は連續してゐる」。だから壁と壁の間に屋根付きの空間となり、雨宿りや日よけの役を果たす。「苦力等の無頼の無宿ものは、多くは此の樣な所で、夜を明すのである」。こういった場所が多かったことに中野は驚くが、ある街で目にした光景を記している。

  時は冬支度が当たり前の11月のことである。「三人の若者が、素裸で藁をからだにばらばらに列べ、其上を又藁にて結び、宛然「ツトツコ」が歩いてゐる樣であつた、足の方はまるで顯はれて居る。身體も矢張りまばらだから、筋肉は殆んどまるで見える、其の上部は首の所で束ねたから、餘程異樣である、藁も澤山ならば別段なれど、僅かに一本づゝ列べてあつて、そしてぶるぶる震へながら、路傍の飯屋で朝飯を請求して居た」。この姿を目にして中野は「實に憐然なものであつた」と記す。

 「實に憐然なものであ」る男の乞食に較べ、「婦人の無宿ものは更に見受けない、無宿の婦人は皆無のやうだ」。加えて「妙齡の婦女子は居るや居らぬや、一回も眼眸に映つたことはない」。そこで中野は「思へば支那程婦女子を愛する國民は少なからう」とした。

  街を出歩く「妙齡の婦女子」や女乞食を見かけないからといって、それが即「支那程婦女子を愛する國民は少なからう」とはならないと思うが、たしかに中国の「婦女子」は強い。近くは彭麗媛(習近平)。時代を少し遡ると鄧頴超(周恩来)、王光美(劉少奇)、葉群(林彪)、江青(毛沢東)、宋美齢(?介石)など。やはり暁を告げる牝鶏には事欠かない。

  ところで中野が「憐然なもの」と同情した3人の乞食だが、これまで読んだ日中双方の中国の乞食に関する何冊かの本から得た僅かながらの知識を基に類推してみると、おそらく3人のうちの1人は藁の所有者で、他の2人に商売道具である藁を貸すことで使用料を得ている。つまり乞食の上前を撥ねて商売している乞食、あるいは乞食の元締めと見た。では、なぜ3人が行動を共にしているのかといえば、貸し出した藁を身に纏ったままトンズラされるのを防ぐため、ということになる。

 この類推だが、おそらくは当たらずとも遠からじ・・・であればこそ3人を見て「憐然なもの」などと記すようでは、中野はまだまだ甘い、といわざるをえないだろう。

 「支那程旅行に油斷のならぬ國はあるまい」と説く。それというのも「旅館に着いても少しでも注意を缺くと、旅用道具を持ち去られて仕舞ふ」。「我國では館主に頼めば、紛失することなどないが、彼地では旅館の番頭が油斷出來ない、それは何れの旅館でも同じことだ」。

 内陸部は治安が悪い。そこで外国人旅行者には地方政府が「必ず護衛兵を出す」。だが、これがナマクラな超弱兵。「我が軍人の剛毅凛然威風堂々たる練膽養氣の功を積み、泰山前に崩れんとしても、神色自若たるには比すべきものでない、法被を着ければ練勇なるも、之を脱せば柔弱無氣力の町民」。
そう、法被(軍服)を脱げばフヌケのボンクラなのだ。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号の[米国と台湾の政府高官相互訪問解禁の「台湾旅行法」を米連邦議会下院が可決]
 これは大ニュースです。日本にとって台湾は朝鮮以上にはるかに重要な地政学的戦略地点です。
台湾がシナの傘下に入れば、日本の生命線は断たれたのも同然です。かねがねシナの南シナ海・太平洋進出を阻止するには台湾を国家として承認し、軍事協力を行うしかないと考えていましたが、ようやくその第一歩が踏み出された感じです。
 この法案は今後シナに対して強烈なボディーブローとして働き、習近平政権の面目は丸つぶれでしょう。オバマで窒息しかけていた西太平洋政策がトランプのおかげで息を吹き返した形です。日本の政界ではおそらく安倍首相とその周辺以外はこのことを予想だにしていなかったでしょう。
これで日本は韓国を心置きなく捨てることができます。今年は戌年に相応しい(?)激動の年になりそうです。
 (boychan 東京都)



  ♪
(読者の声2) 貴誌5575号「EJ氏」が(読者の声1)でご指摘されているように宮崎さんは他民族を含めて現在の中国領で活躍した英雄を中国政府は「中華民族」としているとご指摘されています。
それなら石原莞爾も中華民族の英雄となります。中国の現政権がそれを忘れているのなら、こちらから指摘して、中国に顕彰碑を建てるように日本政府が助言したらよいと思います。もし日本政府がしないのなら、民間でやりましょう。ただし石原莞爾氏の御霊がそれを喜ばれるかは分かりませんが。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)年頭のブラックジョークですかね。でも石原莞爾将軍は喜ばないでしょう。



  ♪
(読者の声3)以下の企画に未だ少しの残席が御座います。多くの方々の参加申込を待ち申し上げております。
 前著『日本はテロを阻止できるか?』発表から約1年半。2020年東京オリンピック・パラリンピックの警備担当者に半年以上に亘って行脚し、その成果をまとめた著者が、2020年東京オリンピック・パラリンピックのテロ対策が、どれくらい進んでいるか?
そして、それがテロ対策に関しては米国等に関して後発国の日本に対して、どれくらいレガシーになるのか?
精密な取材に基づき報告し提言させて頂きます。今回の講演では著作の中で触れられなかった諸問題に関しても言及する予定です。多くの方々の御参加を待ち申し上げております。
             記
とき    1月25日(木)午後6時〜8時 (受付5時30分)
ところ   憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面向側)
講師    吉川圭一 [略歴]筑波大学大学院卒(経済学修士)。参議院議員公設秘書、著名国際問題評論家事務所特別秘書等を経て、2002年独立。Global Issues Institute代表取締役。2009年よりワシントンDC事務所開設。2011年4月から2016年末まで一般社団法人日本安全保障・危機管理学会ワシントンDC事務所長を兼務。著書、講演歴多数。
 共催    一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
 協力    株式会社 近代消防社
参加費   2000円
 要予約   以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。
http://www.ozakiyukio.jp/lectures/2017.html?showpc=1



  ♪
(読者の声4) 日経新聞によると、小泉氏は、「安倍政権では原発ゼロを進めるのは難しい。しかし近い将来、必ず原発ゼロは国民多数の賛同を得て実現する」と力説、「どの政党でも原発ゼロ、自然エネルギー推進に全力で取り組むのであれば、協力していきたい」と訴えた、ということで、立憲民主党とも連携するようです。
 小生も、原発ゼロ運動については、頭から反対するわけではない。しかし、小泉氏は、長期的にはともかく、少なくとも今後相当の期間における、代替案、対策案を十分に考慮して行動しているのであろうか。
 「小泉純一郎という政治家が、そして小泉政権というものが、戦後日本社会のなけなしの良い部分をつぶすというまったく犯罪的なものであった」こと(栗本慎一郎『純個人的小泉純一論』2006年9月、イプシロン出版企画;9)、
斎藤精一郎氏が、個人的にレクチャーした結果、「これがわかるとか、あれがわからないということじゃなくて、問題が分かっていないんじゃないの?」と評価したということ(同書;41)。
「小泉に確固とした政策やあるべき未来の国家論があるわけではない」(同書;83)こと等からして、その人物が相変わらず、十分な思慮もなくオッチョコチョイな言動を行っていることに、私は暗然とした気持ちになります。
 以上のような評価を述べる栗本氏が、かつての大学同級生で、議員としても友達であり、小泉純一郎の知性、能力は、よくわかっている人物だけに(同書;123)、小泉氏についての評価はかなり信頼できるものだと私は思っています。
    (CAM)


(宮崎正弘のコメント)西尾幹二氏は小泉を「狂人宰相」と名付けましたね。ジュニアは父親ほどエキセントリックでも莫迦でもないようですが、もっとちゃんとして政治家はいないんでしょうか。 



   ♪
(読者の声5)発売中の『Newsweek』(日本後場)に掲載された楊海英教授の報告です。中国が国連宣言や自国の国内法を完全に無視して、少数民族への文化的ジェノサイド(絶滅)政策を強化しています。
 昨年からウイグルやモンゴル語の教育を全面的に禁止したのです。他にもウイグル人やモンゴル人の葬式では、参列者を15名以下に制限し、イスラム教を信仰するウイグル人やカザフ人の携帯電話にコーランのアプリがあるだけで即時逮捕です。
こんな独裁で凶暴な国が、なにゆえか国連常任理事国であり、虎視眈々と世界の覇権国を目指しているのです。
中国が世界の覇権を握ったら世界は地獄です。
   (OG生)



  ♪
(読者の声6)「国防を語らずして、日本を語るなかれ!」 第39回 軍事評論家・佐藤守の国防講座
 軍事評論家としてブログなどで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの第三十九回目です。
今回の国防講座は、年の初めにあたり、風雲急を告げる東アジア情勢をはじめ、南シナ海問題、中東・欧州など2018年における世界の“軍事運勢”を占います。当たるも八卦当たらぬも八卦、抱腹絶倒、脱線転覆を交え、大人気の佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。
          記
日 時:  1月20日(土)13:00開演(15:30終了予定)
場 所:  靖国会館 2階 偕行の間
講 師:  佐藤 守(軍事評論家、日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)
演 題:  2018年の軍事情勢を占う
参加費: 1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL  info@heiho-ken.sakura.ne.jp
FAX 03-3389-6278(件名「国防講座」にてご連絡ください。
なお事前申込みがなくても当日受付けます。
(日本兵法研究会事務局)
◎▽ □◎◎ ◇◎◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘最新作、絶賛発売中! (定価1404円。残部僅少)  
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

▼スマホをあやつるのは猿か、ゴジラか。AIの近未来は明るいのか、暗いのか?
 ▲AIが人間を超える日はあり得ないのではないか
 ▼サイバー攻撃でSNSが破壊され、ロボット戦争が世界秩序を変える可能性
 ▼文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさに教訓がある
  https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
       **
この『AIが文明を衰滅される』をめぐって宮崎正弘先生の独演会があります。どなたでも予約なしで御参加いただけます

とき     2月17日(土曜) 1830(開場1815)
ところ    文京シビックセンター26階『スカイホール』
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

講師     宮崎正弘
演題     「AIが日本文明を滅ぼす」
参加費    おひとり 1000円(学生無料)
           ○□○□○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宮崎正弘新刊ラインアップ>   <宮崎正弘新刊ラインアップ> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

  ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。