国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国共産党最高幹部らの核シェルター。秘密の一端が判明

2018/01/08

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月8日(月曜日)
        通巻第5572号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国共産党最高幹部らの核シェルター。秘密の一端が判明
  中南海から20キロ西北の森林公園の地中深く2キロの大規模設備
****************************************

 習近平ら中国共産党幹部の住む中南海から西北へ二十キロ。森林公園となっている木々の茂みを利用し、隠れるようにトンネルが掘られた。
 地質的には洞窟も多く岩盤が折り重なっており、避難場所として適切との判断があった。とりわけ岩盤の主成分がグラナイトで1000メートル級の岩々が、天然の作用で出来上がっていた。

この頑丈な地質と地形を活用してトンネルを掘り核シェルターとなす。核汚染を防ぎ、外部との接触を遮断し、核戦争を生き延びるために、すでに毛沢東時代から工事は進められていたが、全容の解明どころか、その存在さえ機密とされてきた。

 深さ二千メートルの核シェルターにはコンピュータの指令室、移動用車両を載せるレールが敷かれ、エレベーターもある。地下水が潤沢で100万人が生活できるともいうが、空気汚染より、水質汚染は長引くために浄化設備が必要であろう。
 こうした弱点を補う改良につぐ改良工事が数十年にわたって重ねられ、最近も設備の更新がなされた(サウスチャイナモーニングポスト、1月7日)。 

 深さが2197メートルもあるグルジアの「クルベラ洞窟」は世界的に有名だが、これは自然に作られた洞窟である。スペインの探検隊が底まで達するのに27日間かかった。
 https://retrip.jp/articles/1942/

中国版核シェルターの存在は想定されていたが、正確な場所が知れたのは2016年に習近平が軍服を着て視察に同施設を訪問したことが写真とともに公開されたからで、深さが二千メールの核シェルターは、世界一である。

 このシェルターは中央軍事委員会の管理下にあって五大戦区への指揮命令系統の維持、コミュニケーション・ラインの複数確保、軍人幹部ならびに命令を決定する共産党幹部らが一堂に集合できる施設と通信システムであり、その規模はまるで小都市に匹敵するほどの機能を備えているそうな。

 ちなみに北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は冷戦時代にソ連の核ミサイルの発射を探知し、反撃破壊する司令部として知られ、ロッキー山脈のシェイエネ山に掘られた地下の要塞として知られた。
 冷戦後、ソ連の核ミサイルを脅威視しなくなって同基地は閉鎖されたが、次の電磁パルス戦に備えて改装、改修されている。

     ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、明日(1月9日)は休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1685回】            
――「全く支那人程油斷のならぬ者はない」――(中野5)
 中野孤山『支那大陸横斷遊蜀雜俎』(松村文海堂 大正二年)

    ▽
 南京蟲の襲撃に悩まされ熟睡できず朦朧としたまま朝食となる。
「朝飯は粥飯でそれに一ッの香の物があるのみだ、實に簡單である器皿は粗末で、不潔である、おまけに布巾と雜布は兼用である、眼を閉ぢて口を開くの覺悟がなければならぬ」とは、「東洋啓發を以て天職とする我日本」の男児としては、些か情けないかぎり。必要なのは「眼を閉ぢて口を開くの覺悟」なんぞではなく、じつは食事と排泄を「土人」と共にする覚悟といえる。この2つが共にできれば、あとは怖いものなし。

  中野は「おまけに布巾と雜布は兼用である」と驚くが、半世紀ほどの昔の台湾の高雄で小洒落たレストランに入った折のこと。注文を取りに来たオヤジが手にしていた布巾の色も形も奇妙だ。そこで布巾をひったくり広げて見ると、じつはオヤジの穿き古したパンツだった。つまり高雄のレストランでは穿き古しのパンツが布巾に化け、さらに「布巾と雜布は兼用」だったというわけだ。中野孤山センセイ、まだまだ修行が足りませんゾ!

  その旅館の「應接室と云ふべき廣間の中央に高卓を据ゑ其四周を圍みて終夜賭博をやつてゐる、相手は旅客である、旅客も館主も唯一の遊戯の如く」に打ち興じている。おそらくバクチの胴元は旅館の主だろう。加えて「旅館には賣春婦が巡廻的稼ぎに宿り込む、そして旅客に春を迎へしむのである、此れは隨分盛なるが如く」であった。「賭」と「嫖」とくれば、「大烟」がないわけがない。キッとある。中野は気づかなかったのかも知れないが、旅館にはアヘン吸引設備が併設されていたに違いない。中野の泊まった宜昌第一の格式と規模で知られた旅館にして、このように「亂脈殺風景」なのだから、他は推して知るべし。

 宜昌の市街を歩く。「市街の特徴として不潔は言語の盡す所でない、街道には行倒れもあれば、犬の死骸もある、糞尿は市上に押流されて嗅氣は滿々として蒸散してゐる、蒼蠅虻蚋は賣店の飲食物に群り集ふ、市民は之を怪まず、癖僻の我等之を見て嘔吐を催すに至る」。だが「彼の國人は之を平氣に見做なす」というのだから、じつにタマッタものではない。

  だが、この程度でしかめっ面をしていたら、「東洋啓發を以て天職とする」ことなど夢のまた夢。中野孤山センセイ、我慢ガマンである。

  市街の不潔さに驚き街を囲む城壁に登れば、「壁上には一個の死骸?はり蒼蠅之に集へるに逢ふ、鼻を被ふて」猛スピードで旅館に戻る。しつこいようだが、糞尿だらけに驚き、死骸にたじろいているようでは、「東洋啓發を以て天職とする」ことは所詮はムリです。

  さて水。「他に飲料水を得る道はない」ゆえに、「沿岸の民は皆江水を唯一の飲料とする」。カルチャーショックというべきか。文化摩擦というべきか。また、ひと悶着である。

 長江の流れの「溷濁の甚だしき、殊に岸近き所糞尿常に押入り、汚水流入する所を氣にもせず汲み取るのである」。長江を行き来する大小船舶の船員や苦力は勿論のこと、「往来の人々皆所きらはず放尿勝手脱糞故障なし」。それというのも「誰が定めた規則か知らぬが、自由勝手の主義」だからだ。そう、彼らは「自由勝手の主義」に生きる人々である。

 そこで中野孤山センセイは漢口や上海の公園を思い出す。
「漢口の沿岸リボン公園には足踏みが出來ず、上海の公園に『華人不可入』の制札がとれない」。それというのも、「自由勝手の主義」に生きる人々が「所きらはず放尿勝手脱糞故障なし」だからである。漢口であれ上海であれ、公園は糞尿に満ちていたはず。やはり「足踏みが出來」そうになかっただろう。「『華人不可入』の制札がとれない」のも当たり前といえば当たり前の話だ。これはもう人種差別やら中国人侮蔑といった人権レベルの問題ではなく、美観であり公衆衛生であり公徳心の問題ということになる。
 
こういった人々を相手に「東洋啓發を以て天職」など、やはり骨折り損の・・・。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌1月6日付け(5569号)に投稿のあった(TA生、川崎)氏の文章のなかで「蒙古斑」に関しても誤認があります。
(1).蒙古斑は別に蒙古とは関係ありません。中国人にもフィリピン人にも多く出てきます。 
(2)スペイン語でmongolismoと言う病気はダウン症のことです。スペイン語でmongolicoと言えば、残念ながら、蒙古人の意味もありますが、バカという意味があります。
これは歴史の接点の問題です。蒙古斑も同じで、別に西欧の連中が総てを検査してから付けた名ではなく、数少ない蒙古人を見て付けた名前と言うだけで全く根拠はありません。欧米とアジアの交流の古い歴史でたまたまそう、呼ばれて、そうなっただけです。
 これを深く探れば面白いことが言えます。
例えば、アジアと接した最初のヨーロッパ人はマルコポーロとか、ポルトガル人とかスペイン人等のラテン人です。その連中は日本を呼ぶときに、定冠詞を付けていました。スペイン語でel  Japonです。 
China,Coreaは一度も定冠詞が付いたことはありません。定冠詞が付くのは、英語で言えば、例えば、オランダ:The 低地国、とかThe フィリップ王の国(フィリピン)になります。
沢山有る中の、その、xxという意味です。日本という漢字を見て分かるとおり、これは東の意味です。中世にラテン人に接した中国人が明らかに、日本のことを「あの東の国、The East Nation」と説明した証拠がこの冠 詞です。
つまり、日本という国の名は、中国や朝鮮の人たちから見て東の国、The 東の国、と言う意味があったはずです。つまり、朝鮮人が日本と行ったときにそれは東という意味があり、The 東国が日本だったわけで、日本 海と名付けたのは、中国や朝鮮の人たちであって、日本人ではなかったはずです。従って、日本海を東海と呼ぶのはばかげた間違いです。
(足利少将)



  ♪
(読者の声2) 南北朝鮮の対話がちかく行われ、平昌五輪に北の参加が見込まれます。米国はこれに歓迎風で、「私が強硬な姿勢を示したからロケットマンは対話に応じてきたのだ」と牽強付会の発言ですが、はたして、この南北対話。狙いはナンでしょう?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)トランプ大統領の発言はまさしく正論ですが、それを言ってゃぁおしまいよ、ってことで手の内を明かしてしまったことになり、やはり言葉の戦争、チキンレース、米国はミサイル攻撃をしないな、と読んだことでしょう。
 親北路線の文在寅大統領の晴れ舞台となるか、泥を塗られるか、注視すべきですが、あの寒い辺鄙なところに日本からの応援団が大挙行くようですね。さすがノー天気ニッポン、国家安全保障より、スポーツ祭典のことに関心が深いとは!

      ◎◎▽ □◎◎ ◇◎◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘最新作、絶賛発売中! (定価1404円。残部僅少)  
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
▼スマホをあやつるのは猿か、ゴジラか。AIの近未来は明るいのか、暗いのか?
 ▲AIが人間を超える日はあり得ないのではないか
 ▼サイバー攻撃でSNSが破壊され、ロボット戦争が世界秩序を変える可能性
 ▼文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさに教訓がある
  https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
               ○□○□○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  <宮崎正弘新刊ラインアップ> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

  ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。