国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<コロンボ沖合の埋め立て、60%が完成と中国

2018/01/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月5日(金曜日)弐
        通巻第5568号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 コロンボ沖合の埋め立て、60%が完成と中国
  東京ドーム80個分、最大の人口島に60階高層ビルを三棟
****************************************

 ラジャパクサ前大統領が親中路線を突っ走って決めたことである。
 コロンボ沖に広大な人口島を建設し、そこをシンガポールと並ぶ「国際金融都市」とする。
スリランカの南に位置するハンバントタ港を国際流通ルートのハブとする。

 ちょっと立ち止まって考えればわかることである。他人の領海に人口島をつくって、当該国の経済発展に寄与する? エゴイズム丸出しの国家が何のためにそれほどの犠牲的精神を発揮するのか。
 きっと別の思惑があるに違いないと思いきやハンバントタ港には、はやくも中国の潜水艦が出没し、軍港として活用する中国の本音が露呈した。

 シリセナ新大統領となって、いったんはすべての中国プロジェクトの見直しが発表された。
ところが、契約内容から中国のクレームが続き、もしプロジェクト中断となるとスリランカに膨大な返済義務が生じることが判明した。
 まさに麻生財務相が「AIIBはサラ金」と比喩したように、高金利が追いかけてくる、身ぐるみはがれる仕組みとなっていた。

 不承不承、シリセナ政権は工事の再開を認可し、スリランカ南部に位置するハンバントタ港は熾烈な「反中暴動」が燃え広がったにも関わらず、99年の租借を認可した。同港にはすでに中国海軍潜水艦が寄港しており、近未来にインド洋を扼す地政学的な要衝となるだろう。インドがただならぬ警戒態勢を敷くのも無理はない。

 コロンボ沖合の埋め立て工事は、『ザ・タイムズ・オブ・インディア』(2018年1月4日号)によれば、2018年1月時点で60%が完了し、計画通り、2019年度中には完成するという。

 これは東京ドーム80個分、おおよそ269ヘクタールの人口島を14億ドルかけて造成するプロジェクトで、さら当該島を「シンガポール、香港にならぶ国際的な金融都市にする」。そのために中国は60階建て高層ビルを三棟建設するとした。後者の予算は10億ドル。

 三、四年前に筆者はこの現場で、まだ影も形もない沖合を見た。夕日のきれいな場所で海岸沿いには大統領迎賓館、その裏側が近代的なビルの立ち並ぶ一角であり、海岸線沿いにはシャングリアホテルなどが建設中だった。
 局所的とはいえ、スリランカの発展も迅速である。

 ところで土木工事の常識からみても、海を埋め立てる工事は地盤固めが重要であり、シートパイルの打ち込み、セメントなどの流し込みほかの難題。日本は関空、中部、羽田沖埋め立て工事でおなじみだが、かなりの歳月がかかる。
 中国の工期が早すぎるため将来の人口島の陥没、あるいは沈没が予想されないのか?

 それはともかく海に浮かぶ蜃気楼、例えばドバイは次々と人口の島を作り、モノレールを通してつなぎ、七つ星のホテルも建てて、繁栄の幻に酔ったが、加熱した不動産バブルは一度破産した。
最大の投機集団は中国のユダヤと言われる温州集団だった。
       ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「朝鮮人の日本人成りすましと日本乗っ取りに注意」
 先年、米国で白人の研究者が、日本人は存在しない。古代朝鮮人の末裔であるという発表を行った。驚くべきだが内外で朝鮮民族の「日本人成りすまし」工作が進んでいるから反撃したい。
文化人類学では、民族は「言語と神話」で区別する決まりだ。これを見ると日本人と同じ民族は大陸、半島にいない。
古代の日本語が古代朝鮮語に近いというひともいるが、記録として古代朝鮮語は皆無だから虚偽だ。現代朝鮮語に日本語が残っているのは併合時代の影響である。日本の太陽神を頂く神話は熊を先祖とする朝鮮神話とは明らかに違う。したがって日本人は独自の民族である。
日本民族のルーツについては、日本人は男子Y染色体の同一性から太古の昔沿海州から樺太、北海道、本州、経由で沖縄に到達した民族と考えられる。これは縄文人である。昨年沖縄で東北の旧石器遺物が見つかった。アイヌも沖縄人も同じ縄文人だ。実際毛深くて似ている。
現代の朝鮮民族は古代には半島に住んでいなかったとみられる。
旧石器時代の遺跡がみつからないからだ。古代支那人は、朝鮮の住民は支那人の難民、満洲人、日本人などの雑種であると見ていた。実際見つかる古代の遺物には、日本の九州産の貝製品があり古代日本人が渡海して半島沿岸部に居住していた可能性がある。
 朝鮮人が日本に大挙移住してきたという仮設の根拠は、BC3世紀に稲作をもってきたという論理である。それが弥生人だという。しかし日本にも朝鮮にも何の伝承記録も遺物もない。
 最近では九州の稲作遺跡は紀元前8世紀に遡るものが発見されているから、時代が違っている。
また稲は温暖な南方の植物で寒冷な朝鮮の植物ではない。日本の稲は遺伝子的にも南方系である。また稲作の伝播は牧畜と違い種籾だけだから人間の手を借りる必要は無い。人間の移住など必要ないのだ。従って半島からの移住説は否定される。
 弥生文化というのは土器の模様の変化にすぎない。
また住民が全部入れ替わることなどあり得ない。縄文人が外来民族との大戦争で皆殺しにされたというのだろうか。このため説明に困り大陸から運ばれた伝染病で縄文人が全滅したという珍説まであるが馬鹿げている。

日本人は今も昔も縄文人である。半島から大量の移民など来ていない。常識的にも古代の人々がイカダで対馬海流を乗り切ることなど不可能だ。またそんな生命のリスクをあえて冒す必要は無い。
この分析では長浜浩明氏が「日本人ルーツの謎を解く」を発表しているので参考になる。日本の古代史の学会は衰退し韓国人の意見に負けているという。本当なら新しい日本人の民族学会が必要だ。
 日本人は戦後朝鮮人の被害者偽装の印象宣伝に負け、騙されて贖罪意識を刷り込まれている。
日本の明治の朝鮮併合は李氏朝鮮がロシア帝国の対日侵略の手先になったからであり、対露自衛のためだから正当である。その証拠に李氏朝鮮はロシアと戦っていない。これは大陸勢力が高麗を使って襲来した元寇当時と似ている。
西郷隆盛の征韓論も李氏朝鮮がロシアの対日侵略拠点になることを恐れたからである。日本は幕末にはロシアに対馬を奪われ(英国の干渉で撤退)、直前の明治初年には樺太を奪われていた。西郷の征韓論は領土拡張のためなどではない。
その後の日清戦争もロシアに属国朝鮮を割譲させないためであった。
日本は朝鮮を独立させたが、ロシアの朝鮮支配は続き、日本は遂に満韓交換協定を提案した。ロシアが満洲全土、日本が半島を支配するという勢力圏協定だ。
しかしロシアは拒否して日本侵略の意図を明らかにしたので、日本は日露戦争を戦ったのである。日本の対朝鮮政策は対ロシア自衛政策であった事を知っておきたい。
ちなみに、ロシア高官は戦後日本の提案を呑んでおけば良かったと後悔したという。
   (東海子)
 


  ♪
(読者の声2)この数日でトランプとバノンの関係が悪化しているようですが、その真の原因は何で、どのような影響が今後に出て来ると先生はお考えでしょうか?
  (KY生、大田区)


(宮崎正弘のコメント)もともとはトランプ政権の内幕を描いたノンフィクション本のなかに出てくるバノンのコメントで、「イバンカが次期大統領を狙っている」とか他愛もないゴシップを集めた本です。
 トランプにとっては選挙戦を戦った過程で、最初の選対本部長(「ポーランド系ユダヤ人」)を「統率力なし」として解雇し、つぎに悪名高き大物ロビイストのマルフォートを当て、共和党の正式候補に決まってから、バノンと共和党選対委委員長だったフリーバスを用いました。
 荒っぽい使い捨て人事はトランプの流儀でしょう。
 トランプの家族から見ればバノンは「正式候補に決まってからの新参者」という位置づけ、最初からぎすぎすした関係にあった。
  とりわけクシュナーやジョン・ケリー首席補佐官とバノンは対立し、政権を去った。しかしバノンンはホワイトハウスにその後も出入りしていた。
 こんかい、「正気を失った」とトランプがツィッターで発言したため、誇大に報じられています。小生のしらべた範囲では、この「正気を失った」という訳語は、共同通信の第一報ではないか、と思われます。誤訳に近いのではないでしょうか。
 原文をあたると「LOST HIS MIND」。初歩的英訳では「正気を失った」でしょうが、この場合は「(保守革命を志した)気概を失った」と訳する方が、適切ではないかと思います。
 ただしトランプは、どうやら共和党の真性保守集団から、主流派に乗り換えたようですね。中間選挙を前に、支持基盤を移行させている様相で、クシュナーの助言を一等大事にしていることは確実です。理由はバージニア、アラバマなどの補欠選挙で、バノンが強引に押して共和党主流派が立てた本命を引き釣り降ろしたあげくに共和党が連敗したため、もはやバノンの神通力は消えたと分析したからでしょう。
 トランプが共和党内の真性保守を排除して、主流派とキリスト教原理主義派と組んで、中韓選挙を戦えるのか、どうか。
それが今後の問題になるでしょう。



  ♪
(読者の声3) 元国務省室長が12月に北朝鮮と協議を行っていた事等を根拠にトランプ政権内での圧力派と融和派の軋轢をマスコミが指摘しています。
この動きが今月16日にカナダで開かれる国連軍派遣国閣僚級会合に米国からティラーソン国務長官、マティス国防長官が参加し、日本と韓国を加えて開かれることもこの現れのように報じられています。
私は、この会合の背景にあるのは別の動きがあると推測しています。

それは、国連軍派遣国の中の多くが北朝鮮を指弾する外交的立場は兎も角、国連派遣軍から脱退することを希望している国が多いことであろうということです。では、それらの国が脱退したらどうなるか。
残された国だけで国連軍を構成するか、それとも国連軍を解体して、あらたに有志連合を構成するのではないかとみています。
では新しい枠組みの中にどの国が残るか。さらに米国に加え日本と韓国が入るのか。それ以外のどの国が入るのか。
驚天動地の状況が発現してくるのではと思います。
日本時間の17日に会合の結果全て公開されるとは思いませんが、少しは漏れ聞こえてくることでしょう。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)朝鮮戦争は「国連軍」でしたが、イラク戦争は「有志連合」、アフタニスタンも「多国籍軍」。次の朝鮮戦争が、もし起こるとすれば中露の反対が明らかですから、やはり「有志連合」ということになりかねません。

      ◎◎▽□◎◎◇◎◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘最新作、絶賛発売中!
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    (定価1404円。残部僅少) 
▼スマホをあやつるのは猿か、ゴジラか。AIの近未来は明るいのか、暗いのか?
 ▲AIが人間を超える日はあり得ないのではないか
 ▼サイバー攻撃でSNSが破壊され、ロボット戦争が世界秩序を変える可能性
 ▼文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさに教訓がある
  https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/

   ♪
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198645302/
(256ページ、1080円)
▼トランプ訪中で、習近平をほめあげたが、中国が不誠実であり、北朝鮮の非核化を熱心におこなっていないことを感得、作戦を変えた。トランプは今世紀最大の罠を中国に仕掛けるだろう
 ▼一帯一路とはOBOR(ONE BELT ONE ROAD)だが、事実上のOBORは(One Bribe One Rebate)だ!
https://www.amazon.co.jp/dp/4198645302/
           

     ♪♪
重版出来! (定価1188円) 
宮崎正弘『連鎖地獄 ―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419942/
         ○□○□○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  <宮崎正弘新刊ラインアップ> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は1月7日―10日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。