国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<破産へむかってまっしぐらの猛スピード、中国新幹線

2018/01/04

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月4日(木曜日)
        通巻第5565号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 破産へむかってまっしぐらの猛スピード、中国新幹線
  ことしも3000キロ伸ばし、12兆7000億円を投資します
****************************************

 中国新幹線、もう息切れし、疲れ果ててやめたのかと思いきや、逆である。中国の新幹線工事、ことしも営業キロを3000キロ伸ばし、投下する資金は12兆7000億円。2025年には全長35000キロ(日本の新幹線総営業距離の11倍!)。

 2017年にも11兆円強を投資し、成都から西安など辺境にまで新幹線の営業を伸ばした。
さて過去の借入金トータルは81兆6000億円にも及び、これは中国鉄道企業の総資産の64・8%を占める(ちなみに日本の国鉄が清算したおりの累積赤字は24兆円だった)。

 収入を度外視しているから、作れば作るほどに赤字は累積されてゆくが、だれも気にしている様子がない。
 鉄鋼と同じで、余剰生産体制、余剰ストック、潜在失業者と赤字体質をみれば、中国の鉄鋼業界はゾンビ、したがって世界中にダンピング輸出し、米国からは400%を超える制裁関税をかけられても平気な顔で、新興諸国にどんどん売り込みに出る。

 何回か小紙でも繰り返したように、余剰新幹線建設能力が、世界中に新幹線プロジェクトを輸出することになったものの、メキシコは白紙撤回、米国は拒否、ベネズエラとパキスタンで工事中断、インドネシアでやり直し、それでも懲りずにタイの新幹線売り込みを強引にまとめた。
 ところが、タイは悪名高いことがある。
 タイは道路工事でも10分の1進んだところで、工事は中断する国として知られる。なぜなら途中で、みなが汚職に精を出すからである。
 パキスタンに570億ドルを投じているCPEC(中国・パキスタン経済界楼)も、鉄道現場の三ケ所で工事は中断している。

 トランプ政権はパキスタンへの支援金2億2500万ドルを凍結する措置をとっている。理由は「過去15年、米国はパキスタンに330億ドルを投じた。そして成果は何もなかった」。

 中国は米国の援助がペンディングになったことに便乗し、王毅外相は北京にパキスタンとアフガニスタン外相をよびつけ、CPECにアフガニスタンを加えるとした。つまり米国が援助を減らす分、パキスタンにのめりこむ。
 最後はどうなるんだろうなぁ。

      ◎▽□み◇◎◎や◎▽◇ざ◎□◇き□◇◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 たしかに現代日本は価値紊乱、絶望へ向かって暴走している
  希望がない日本にスマホというバカ製造機がはびこっている

  ♪
西部遭『保守の真髄  ――老酔狂で語る文明の紊乱』(講談社現代新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 この本の帯に「大思想家ニシベ、最期の書」とあるのは意味深長にして、文明を揶揄しつつ自己をオブラートに包みこんで語る、自伝風の遺書なのか、これはうっかり書評しかねると思ったのは師走のことだった。
初読だけで、軽率に本書を論ずるには、おろそかにできない風刺が、あるいは隠れた警句があまりにも多すぎる上に、現代日本への絶望が随所に、その行間からもあふれ出している。西部氏がいつも常用するオルテガは一ケ所だけで、今度はシュペングラーやニーチェの登場箇所が多い。
やはり、うっかり書評をできないと二度思った。
 そこで時間をおいて読み返して、あらためて書評に挑んだが、何かためらいがあるのだ。これは遺書にするつもりなのか、それとも西部氏のことだから、別の企てを描いて遺書に仮託した文明批評なのか、躊躇がつづくばかりなのである。
 かくして評者(宮崎)、この書全体に流れる、氏のただならぬ絶望感を論ずる試みをやめた。
それは読者各自の判断にお任せした方がよいだろう。

 そこで、いくつかの箴言的表現を、これもまた氏の遺書的警告の一部分でしかないのだが、本書の肯綮とみて差し支えない部分を下記に列挙して、評に代えることにする次第である。
 西部氏曰く。
 「テクノロジーという一方向にのみ特化していくのは文明の病理以外の何ものでもない。かつてシュペングラーは、文明の秋期から冬期にかけて、『新興宗教への異様な関心と新技術への異常な興味が高まる』と指摘した。今、世界のとくに先進各国にみられるのは、新技術が新宗教となって人々の精神世界を占拠しているという状態ではないのか。(中略)『文化の乏しい文明』への自己懐疑を持たぬばかりか自己満悦に浸っているという点で最も目立っているのは、我が日本列島である」(20p)
 敗戦ショックから太平洋戦争史観にどっぷり汚染された日本人がおびただしく出たが、この知的貧困に関しても、西部氏いわく。
「国家としての自立自尊をみずから投げ捨てたのである。まさしくアンダードッグ(負け犬根性)にふさわしく『安全と生存』が戦後日本人の生き方になってしまったのだ。まさに戦後にあって、日本文化の歴史を(和辻哲郎がかつてやったように)『風土論』によって説明したり(梅棹忠夫が強調したように)『動植物の生態史観』になぞらえて解釈するのは、大いにわかいやすいとはいえ、日本人の精神の在り方に突き刺さってくるところが少なすぎる」(74p)

 「文明を進歩させたとして賛美されてきたアメリカの独立革命、フランス革命、明治維新、辛亥革命、ロシア革命などのすべてが、そのときの法秩序からみると、『不法の暴力』を伴ったという意味でテロルだったのである。それらの革命にいささかの疑義も呈してこなかったくせに、それどころかそれらの『革命』とやらを文明進歩の印と見立ててきたというのに、テロル一般を悪と断じるのは明らかに二枚舌だ」(212p)

 いやはや引用したい個所はまだまだ山とあるが、こういう絶望を西部氏は遺書に仮託して絶筆を宣言されている。

◇◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1683回】           
――「全く支那人程油斷のならぬ者はない」――(中野3)
  中野孤山『支那大陸横斷遊蜀雜俎』(松村文海堂 大正二年)

          ▽
 中野が利用した船の船長はフランス人で、「他は悉く支那人」だった。そこで「支那人のいかにも油斷のならぬと云ふことを、實驗した」。いざ乗船してみると、「出帆間際になると、(料金は当初契約の)五割方も増加した」。だが「最早荷物は積込み、出帆時刻は迫つて來る」。通訳を介しても「我が意が先方に通じない」。そこで致し方がなく「言ふがまゝに從は」ざるを得なかった。

  かくて「その遣口の狡猾なるいかにも惡むべしだ」となる。誤解か、はた正解か。かくて、すったもんだの挙句に上海を出港し、船は長江を遡る。

  「實に大河である、眼界茫々、水波淼々、宛然大海の樣で、天を浸してゐる」。早朝に「起き出でて、甲板を闊歩しつゝ、左手を望めば、遥かに堂塔、殿閣、層樓が、暁霧の間から隱見斷續してゐる、段々近づいて見ると、之れなんと史上其名を没せぬ南京城であらう、明朝の面影が巖然を遺つて居る。實に其の雄大なこと、城壁は蜿蜒として、數十里に渡つてる。其の當時の旺盛を追想される」と、なんとも“大時代風”の表現がステキだ。

  さて、中野の乗った船も一休み。朝食も済んだので「支那人の室を一寸のぞいて見た」。すると、「一絃琴を彈じて歌ふてゐるものもあれば、惰眠を貪つてゐるものもある、半風子の退治に餘念なきものもある、彼所に集ひ。此所に群つて、一心不亂に賭博に狂してゐるやからは、殆んど九分通りであらう」。かくて、「實に支那人程かけごとを好むものはない、よく朝から晩までやつてゐる。若し厘毫の間違ひでもあると、大聲を放つて爭うてゐる」。
 
 加えて「紅茶を急須に入れ、開水(湯)を注ぎ、口呑みしつゝ出入りしてゐるものもある、點心(菓子)立食位は何でもない。碗を擁して、飯の歩み食ひすらする」。であればこそ、

「其の人情の浮薄驚いたものだ」となっても当り前だろう。

 「眼界茫々、水波淼々、宛然大海の樣で、天を浸してゐる」大河の岸に厳然として残る「史上其名を没せぬ南京城」。その「城壁は蜿蜒として、數十里に渡つてる」。往時の栄華に対するに、「殆んど九分通り」の人々は「一心不亂に賭博に狂してゐる」。さらには「飯の歩み食ひすらする」のである。「中央支那の事情を知るは、現時の急務」とやって来た中野は、この現実――過去の栄華に対するに眼前で繰り広げられる「人情の浮薄」という落差――を、どう受け止めようとしたのか。

歴史の彼方に消え去った栄華(有体にいえば、それを書き記した書物)を重んじ、現に生きる無告の民(有象無象の大衆)を侮蔑・軽視し、あるいは無視するのか。それとは反対に後者こそが現実だと捉え、彼らへの対応に力を注ぐのか。やや大袈裟に表現するなら、ここが「東洋啓發を以て天職とする我が日本」にとっての分岐点ではなかったか。

昭和20年8月15日まで続くその後の歴史を振り返ったとき、東京(政府、あるいは参謀本部)と出先機関(大使・公使・領事館、あるいは現地部隊)の間のチグハグな対応は、中国の過去と現実に対する認識のズレ、あるいは無告の民への向き合い方の違いに起因していたのだ。この違いを「支那にゃ四億の民が待つ」という当時の“慣用句”を使って戯画化して表現するなら、「東洋啓發を以て天職とする我が日本」を待っていたのは「支那」だったのか、それとも「四億の民」だったのか。我われは、この命題を真正面から見据え決着をつけることなく、ついズルズルと現在に立ち至っているように思えてならない。

さて中野の旅に戻る。
あれほどまでに感激していた長江だが、「江上の景色と來ては、佳は佳なれど、來る日も來る日も殆んど、同一で、洋々の濁流と、廣芒の江面」と一向に変化ない景色に飽き飽きの風情。加えるに変化のない食事である。
やはり「飯も汁も香物も」口に合わない。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)正月休みに宮崎さんの新作『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)を読みました。
 そして真剣に考えたのです。日本の将来は暗い、と。スマホで学識を得ようとしたり、データベースを使うのもいいでしょう。便利ですから。でも大学生のレポート提出にウィキペディアのコピペが多用され、しかもウィキペディアの大方は既に左翼がのっとって情報操作しています。中国でもスマホ族を「低頭族」というそうですが、「低能族」にもなりかねません。
 まさに最初につけられようとした題名の通り『スマホをあやつるゴジラ』とされたほうが、より注目を集めたのではないでしょうか?
   (HJ生、横浜)



  ♪
(読者の声2)貴書最新作の『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)を拝読しました。
現時点でもAIのすべての問題点を俎上に載せて、包丁さばきも鮮やかに、いま私たちが知りたいことの概要がわかり、たいへん参考になりました。
とくに目からうろこだったのは、ロボットがやがて軍事ロボットとして戦争に投入される。産業ロボット世界一の日本が、この方面には関心が薄いこと。すでに中国、イスラエルが軍事ロボットの研究開発に余念がないことなど、しらない世界のことでした。
  (HU生、渋谷)



  ♪
(読者の声3)貴書『AIが文明を衰滅させる』を拝読いたしました。私もガラパゴスに行ったのですが、これは単に観光目的でしたので、当時はクルーズ船があって10日間で島を巡りながら泳いだり。環境保護のためクルーズ船はなくなったようです。
 ともかくその頃は、AI機器のことなど頭に回りませんでした。AI機器、ロボットetcについて、私はむしろ期待しているのですが、私の周囲は嫌いな人間が多いようです。この将来の結末を見るには私の寿命が持ちません。
 今後も宮崎先生のブログでいろいろ教えて頂きたいと思います。
    (AO生、伊豆)



  ♪
(読者の声4)ほとんどの人は全く気がついていないと思われますが、年末(2017/12/27) の 日本経済新聞地方経済面 埼玉版(何故か、東京版では報道されていない)に、「下水道施設の運営権、東京都、売却を検討。」という見出しの下に、「東京都は下水道施設の運営権の民間事業者への売却(コンセッション)を検討する。・・・・小池知事は都内でも予想される人口減に言及して『コンセッショを真剣に考えてほしい』と話した。」という報道がなされています。
 詳しい論拠については、ここでは省略せざるを得ませんが、上下水道事業(特に下水道事業)に運営権売却方式が適合するとは考えられません。
 また、海外の経済成熟国大都市で、上下水道事業にコンセッション方式を導入して成功した例は皆無です。
20世紀末から新世紀初めにかけて、当時、新自由主義が殷賑を極めた時期でしたが、パリ(仏)、アトランタ(米国)、ベルリン(独)など、主要国の大都市で、水道事業における民営化は全て失敗に終わり、その失敗による再公営化にともなう損失は莫大な額に達しています(特にベルリン)。

ただし、上に挙げた3例はそれぞれ契約形態が異なります。詳しい内容については、ここでは省略せざるを得ませんが、ベルリン市は部分民営化、アトランタ市はリース契約に近く、何れもコンセッション方式によったものではありません。今回の東京都案はパリ市が上水道事業について採った形態に近いものではないかと推測しますが、このパリ市の契約形態は多くの問題点が顕在化して廃止されました。
 2014年5月の経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議で、竹中平蔵氏などにより、上下水道事業への運営権売却制度導入が提唱されましたが、その後に発表されている、上水道についての大阪市、奈良市の案は極めて問題が多い内容で(パリ市のケースより劣悪な内容だと考えています)、幸い今のところは議会で否決されているものの、下水道についての浜松市案(これも問題点が多い)は実行に移されようとしています。

  小池知事に行政能力が欠如していることは、中央市場移転問題や、最近の「希望の党」ケースで明らかです。橋下元市長による大阪都構想(当初のものではなく、堺市等が離脱した後の実質的には大阪市分割案)もまったく合理性を持たない奇矯な構想でした。
 小泉、橋下、さらには小池というような、知能程度が疑われるようなレベルの衆愚政治家によって繰り出される、“改革”とは目くらましで、実質的には経済劣化政策と言わざるを得ないような案、それに簡単に騙される一般市民、国民の民度には絶望感を感じます。
 こうした経済劣化政策の裏には必ず顔を出してくる竹中平蔵氏については、佐々木実著『市場と権力』(講談社、2013年4月刊)が「新潮ドキュメント賞」を受賞した際の、藤原正彦氏による選評に共感するところが多かったので、以下に再掲しておきます。

「受賞作『市場と権力』は、竹中平蔵氏を、経済学者(?)、政治家、実業人、人間の各側面から調べ上げたものである。本書を読むと、アメリカの属国でしか生れない人物であり、学界と政界を遊泳した『一代の詐欺師』との感を深くする。この人物の巧みな弁論術にここ十数年、政治家、マスコミ、そして国民が欺されてきた。彼は今も安倍政権に食い入っている。何故にかくも多くの人々が、かくも長期間、かくも簡単に欺されてきたのか。真贋を見抜く力を失った国民、これは民主主義の根幹に関わる問題だが、これについての考察があればより完全なものになったであろう。」

 なお、竹中氏がお好きな米国の大都市で、上下水道事業にコンセッション形態以上の民間参画を実行している実例は皆無です。
 我が国の愚論を読んでいると、完全に20年は議論が遅れており、欧米が失敗した事例を周回遅れで導入しようとする姿勢には、疑問というより情けなさを感じます。
     (CAM)
        ◎◎▽□◎◎◎◎▽□◎◎□◇◇◎◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘最新作、絶賛発売中!
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    (定価1404円。残部僅少) 

AI時代だからこそ、逆転の発想をしてみた。「そうだ、ガラパゴスへ行ってみよう」と思い立つと、忽ち下記のような課題が浮かんだ。
▼スマホをあやつるのは猿か、ゴジラか
▼AIの近未来は明るいのか、暗いのか?
 ▲AIが人間を超える日はあり得ないのではないか
 ▼サイバー攻撃でSNSが破壊され、ロボット戦争が世界秩序を変える可能性
 ▼文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさに教訓がある
 ▲ダーウィン「適者生存」を見直すと文明の行き先が見えてくる
  https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/

   ♪
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198645302/
(256ページ、1080円)
▼トランプ訪中で、習近平をほめあげたが、中国が不誠実であり、北朝鮮の非核化を熱心におこなっていないことを感得、作戦を変えた。トランプは今世紀最大の罠を中国に仕掛けるだろう
 ▼一帯一路とはOBOR(ONE BELT ONE ROAD)だが、事実上のOBORは(One Bribe One Rebate)だ!
https://www.amazon.co.jp/dp/4198645302/
           

     ♪♪
重版出来! (定価1188円) 
宮崎正弘『連鎖地獄 ―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419942/
         ○□○□○□◇□ ▽○□◇□▽○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  <宮崎正弘新刊ラインアップ> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は1月7日―10日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/01/09

    大変良い

  • 名無しさん2018/01/04

    破産へむかってまっしぐらの猛スピード、中国新幹線  ことしも3000キロ伸ばし、12兆7000億円を投資します←中国は、もう正気を失した痴呆老人のようです!やがて、死をむかえることになるでしょう。んで、タイもパキスタンも信用できない国だってことがよくわかりました。そして、西部先生の新刊の分析、さすが、宮崎先生です!

  • 名無しさん2018/01/04

    >現代日本への絶望が随所に、その行間からもあふれ出している。

    「絶望は愚か者の結論なり」との警句をふと思い出しましたが、結局は、失礼ながら、著者の分析力あるいは創造力の欠如との問題はないのでしょうか?精緻な現状分析を踏まえた、なるほどと思われる対策、解決が示されたうえで、それを実行することは100%不可能との論理的な結論で「絶望」しているのであればまだしも、そうした対策すらまもとも示されることもなく「絶望」しているのであれば、著者の真意はともかくとして、結果として、これまた、敵=中国韓国を利する、「愚か者」の戯言と言わざるを得ないようにも

  • 名無しさん2018/01/04

    >希望がない日本にスマホというバカ製造機がはびこっている

    言霊との言葉のある日本において、安易に「希望がない」とかの言葉を使うことはいかがなものなのかと。あるいは、なんらかの意図を持ってのことなのでしょうか(ショック療法を期待してのこととか)

  • 名無しさん2018/01/04

    >「文明を進歩させたとして賛美されてきたアメリカの独立革命、フランス革命、明治維新、辛亥革命、ロシア革命などのすべてが、そのときの法秩序からみると、『不法の暴力』を伴ったという意味でテロルだったのである。(中略)テロル一般を悪と断じるのは明らかに二枚舌だ」

    アメリカ独立戦争その他の時代には、政治活動の自由が許さていた訳でもなく、民主的な選挙、政権移行のシステムがあった訳でもなく、それを現代と区別もせずに「テロル」を一般として評価するのはいかがなものかと。こうした論法は、引いては、無法国家中国を利することに繋がる懸念も生じる。