国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国吉林省の『吉林日報』、住民に「核戦争に如何に備えるか」の特集号

2017/12/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)12月7日(木曜日)弐
        通巻第5537号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国吉林省の『吉林日報』、住民に「核戦争に如何に備えるか」の特集号
  やっぱり、金正恩の核ミサイルは中国にも照準
***************************************

 12月6日付けの『吉林日報』に全面特集記事がでた。吉林省と言えば、朝鮮族が二百万人ほど居住し、北朝鮮との行き来がもっとも多い。
 米軍のB1B長距離爆撃機が飛来し、平壌は『アメリカをコテンパンにのしてやる』などと豪語しているが、これらの動きから戦争の危機が迫っていると認識している。

 中国の公式見解では北朝鮮が核ミサイルを保有しているのは日本とアメリカ向けであり、よもや中国に照準を合わせていると書いているメディアはない。
 吉林日報も、記事には一行も「北朝鮮」への言及はなく、核爆弾を搭載した米軍機が飛来していることを強引に結びつけて、廣島、長崎を連想させる記事となっている。

 北朝鮮に核爆弾被害がおよんだとき、吉林省にも放射能が及ぶため、「窓を閉め、身体を洗い、歯を磨き、放射能から身を守れ」とイスラスト入りで、防御策を示した。

 爆発する光りを見てはいけない。外にいた場合はすぐに地面に伏せよ。家の中にいたら、テーブルの下などに潜り、窓の側からはなれ、また崩れやすい箪笥などからも距離をおけ。爆発後に放射能を清めるための措置をとり、シャワーがあれば身体を洗うのが良いが、それが不可能なら、タオルを濡らし、身体を拭くなどの処置を取れ、などと初歩的なガイダンスに終始している。
 
 表向き、北朝鮮の暴発をシナリオに含んでの報道ではないが、深層心理として、北朝鮮が核ミサイルを中国へ向けるシナリオが、その中には含まれるのだろう。あるいは核兵器の事故を想定していることが推定できる。
事態はまたまた深刻となった。
      □◇▽み◎□◇◎や△□◇ざ□▽◎き◇□◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1668回】              
――「支那は上海の大なるものとなるべき運命を荷ひつヽ・・・」――(前田6)
  前田利定『支那遊記』(非賣品 大正元年)

    ▽
 つまり日本人の前田にしてみれば清朝が崩壊し中華民国が誕生したわけだから、全土が排満思想で沸き返っているはずと思っていたわけだが、どうやら肩透かし。そこで、次のように考えた。

  共和思想は南部の限られた「士人」が何らかの意図に従って「唱道」しただけ。彼ら以外は「當時盲目的に烟に捲かれ雷同附和して?から出た誠とはなりし位のもの」でしかなく、「堅固なる政治上の信念により排滿思想の天下に充實して民論遂に革命となりしものとは受とれ申さゞる樣」である。

  「『ハイカラ』の共和政治」を掲げる中華民国中央政府所在地の北京からほど遠からぬ信陽で前田が眼にした光景は、まさに清朝治下のそれであった。かくて「共和政府の威嚴の徹底せざるものあるに至りては共和政も隨分薄ぺらのものなることと相知り可申存候」と結論づけた。

  どうやら前田は北京の「中央政府を去る左迄遠からざる併かも鐵道沿線上」の信陽の街で、じつは日本人自らの物差しが単なる思い込みに過ぎたかったことを気づかされたということだろう。

これを一気に天安門事件に敷衍してみると、日本では中国全土が民主化の要求に溢れていたと思い込みながら事態の推移を注視していた。だが「ハイカラ」な民主化思想は一部の「士人の爲す所ある爲に唱道せしを他は當時盲目的に烟に捲かれ雷同附和し」たに過ぎなかった。であればこそ、「堅固なる政治上の信念」による民主化思想が当時の中国の「天下に充實して」いるはずもなかったということではなかったか。

 鄧小平の改革・開放政策にしてから、「ハイカラ」な経済改革による政治改革・開放社会実現は一部の「士人の爲す所ある爲に唱道せしを他は當時盲目的に烟に捲かれ雷同附和し」ただけであり、結果として生まれたのは欲望剥き出しの超野蛮弱肉強食市場経済だった。経済が発展し、社会が豊になれば民主化するというアメリカ式希望的観測は、こと中国においては全く成り立たなかったわけだ。

  それにしても中華民国建国以後の混乱を考える時、辛亥革命を「當時盲目的に烟に捲かれ雷同附和して?から出た誠」だと捉える前田の視点に注目しておきたい。

  北京では「租界地に入り申候英國、?國、(獨逸)荷蘭、(和蘭)美國(米國)俄國、(露國)法國、(佛國)奥國、(澳國)伊國、及日本、の各使署(公使館)が搆を接し居り候」。ここには各国が駐屯軍を置き「嚴然として武威を振ひ居り候」。各国兵が共に巨体を煌びやかな軍服に包み「萬國軍隊の繪巻物くりひろげたるが如く」にあるが、我が守備兵は小柄な体に地味なカーキ色の軍服だ。「短小なれ服装こそ質素なれ勇氣凛々として輕快なる精氣眉宇に溢れ居る我日本兵が巨身長軀の大陸兵の間に伍して毫末も遜色なく押しも押されぬ樣見ては肩身廣き心地いたされ申候」。

  なぜ各国軍隊が北京中心部の一角に駐留しているのか。
 じつは1900年の義和団事件に際し、「外人を排斥追害なさんとする無道人に朝廷ともあらうものが加擔」した結果、「各國の軍隊を首都に駐屯せしむる權利を與へ」てしまったからだ。かくて清国は「居留外人の生命財産を保護すべき力量と誠意なきとさげすまれ外國軍隊の銃劍の光を都府門内に閃かされ」、「屈辱を忍ばねばならぬ」ことになった。

「他國人の吾々さへ口惜しきことに思」うことを、「支那の國民は何と思ふやらん」。とはいえ「此等が覺醒の端緒となり候ようなれば禍却つて幸福と申すもの」であろうが、「斯る屈辱を屈辱として心外に思ふや如何」。「此點が先づ以て疑問に御座候」となる。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) このところ北朝鮮の木造小型漁船の日本海沿岸への漂着が相次いで、その分析に「読者の声」欄でも論議活発ですが、どなたも、「北朝鮮の日本海側の領海及び排他水域での漁業権を中国に譲渡(売渡し)している」事実に触れられておられません。
 本来の自分たち(北朝鮮漁民)の漁場を中国に売渡しておいて、前年以上の漁獲を挙げろ、漁場は戦場だ! という強制出漁。漁民は老朽木造船で数百キロ離れた日本の排他水域まで出漁せざるを得ず、限られた燃料で貧弱な漁具で、ノルマの漁獲を挙げるまで帰港できないというのが実態ではないでしょうか? 
漂着船には死体が確認されています。
命からがら日本沿岸に漂着して、(本心は日本に亡命したいが、あとの家族のことを考えると言い出せない)というのが、漂着漁民の実情ではないでしょうか?
北朝鮮=金正恩政権の「自国民虐待」に憤りを覚えるものです。
(磯野和彦)


(宮崎正弘のコメント)先日の番組では、小生、ご指摘のことに触れて、さらに北がなぜ自分のEEZからはみ出したか。じつは北朝鮮は、自らのEEZでの漁業権を中国に売っているからです、とも申し添えました。
 悲惨な状況をかえりみず、金正恩はロケットマンらしく、ロケット実験にのみ、関心があるようです。



   ♪
(読者の声2)先週の貴誌に中国人民解放軍の張陽の自殺に関して疑問符をつけておられました。
福島香織さんとのテレビ番組「フロントジャパン」のトークでも、「殺された可能性が消えない」と仰言ってましたが、その背景、理由は何故でしょうか?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)張陽将軍は、中央軍事委員会では政治工作を担当する重大な責務を担っていた軍人です。
日本のメディアは「江沢民派だったから習近平に疎まれて取り調べを受けていた」とする分析が多いのですが、まるで逆さまです。
張陽は、清廉な軍人であり、江沢民のすすめた軍のアルバイトや汚職の黙認を許さず、多くの論文のなかでも綱紀粛正を呼びかけている将軍です。つまり団派に近いのです。
つまり賄賂が好きな軍部高官からは、鬱陶しく疎まれていたわけで、汚職にどっぷり浸かった軍人にとっては邪魔な存在だった。
自殺理由はなにもなく、正義の軍人に讒言をもって貶める卑劣な党官僚への抗議、だから、もし自殺であれば諌死に近く、他殺であれば口封じだったと考えられます。



   ♪
(読者の声3) SF作家の豊田有恒氏の著書「韓国は、いつから卑しい国になったのか(祥伝社新書)」が面白い。
 1938年(昭和13年)うまれの著者は産経の黒田勝弘記者より三年ほど年長です。1970年代に古代史の作品を書いたのがきっかけで半島との関わりを調べるうち韓国語を学び、いつしか家族で韓国に海水浴に行くなど「韓国病」にはまり毎年キムチを漬けるまでに。日本の新聞では朴正煕の独裁政治批判一色だった当時、1978年に韓国の躍進を予測した「韓国の挑戦」出版。
翌1979年に朴正煕大統領は暗殺されますが朴大統領の路線を継いだ軍事政権下で韓国は順調に経済発展をとげました。
 
そんな韓国のまだ「まともだった時代」を振り返りながら、日本語世代の退場とともに先祖返りした韓国人の性格分析から韓国との付き合い方の提言、いまの韓国がどれほど危険な存在なのかでしめくくります。
 親韓派とみられていた著者が「いい加減にしろ韓国―日本を嫉妬し、蔑む真の理由 (祥伝社ノン・ブック) 」を書いたのが1994年。1988年のソウル・オリンピックは全斗煥・盧泰愚の軍人大統領時代、北朝鮮によるテロが頻発しました。
1993年、民主化により金泳三が大統領就任。「歴史の立て直し」を標榜し朝鮮総督府を解体、最後は1997年のIMF危機で惨めな退場。その後は金大中・盧武鉉の左翼政権で親北が定着した時代。

韓国人との付き合い方について、福島原発事故による放射能汚染問題を例にしています。ソウルで行われる予定だった「東北復興イベント」が中止に追い込まれたことで日本側は穏便な対応で済ませた。
『こういうケースでは、もし立場が逆なら韓国人は激怒する。日本人も、ありもしない放射能被害を捏造し、対日憎悪を煽りたて、未曾有の大災害から立ち直ろうとしているわが国の東北地方の人々を侮辱したとして、強硬に韓国への抗議の声を挙げなければならない。しかも、そのことを放射線量の測定値まで示して、いかに韓国が日本に対して不当極まりないことをしているか、海外に発信すべきである。とげとげしいようだが、韓国人は自分の理屈しかない民族だから、こっちが声高に言い立てないかぎり、絶対に理解してくれない。(中略)日本人は事を荒立てるのを嫌うが、韓国ではいったん事を荒立てないと解決しないのである。日本人は、事を荒立てると、しこりが残ると考えがちだが、韓国ではむしろ、事を荒立てないと、しこりが残るのである。日本人も、強硬に自己の正当性を主張する発信力を磨かないと、韓国の対日非難、捏造には勝てない』

試験秀才の外務官僚など昔で言う「お公家さん」なのでしょう。韓国みたいなヤクザ国家と付き合うには本物のヤクザか闇金の取り立て人でも雇ったほうがいいのかもしれません。
 最後に、韓国では日本との戦争を望む勢力がいると指摘。韓国軍のF−15、F−16戦闘機や戦車の120ミリ砲は対北には過剰装備で、明らかに日本との戦争を見越してのもの。北と組んで、あるいは単独でも日本侵攻を企んでいるのは李承晩から李明博まで明らか。「余命ブログ」にも韓国の対馬侵攻作戦がでていました。
 結びは韓国への決別の言葉。
『われわれ日本人も、悲しいことだが、親北派の左翼政権が誕生して対日憎悪を煽り、軍部が呼応するという事態を、ひとまず想定しておくべきだろう。さもないと、北朝鮮や中国に気を取られている隙に、友好国と信じた韓国の手で亡国の悲運を迎えることになりかねない。』 
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声4)  日本国史学会では、今週末12月9日(土)には西新宿の麗澤大学東京研究センターにて日本国憲法施行70年シンポジウムがあります。
比較憲法学の第一人者である西修先生と、集団的自衛権/平和安全法制問題の最前線で論陣を張ってきた百地章先生のお話を一度に聞ける、めったにない機会です。当会は研究者以外も大歓迎です、ぜひ懇親会まで気軽にお越し下さい。

 日本国史学会は、戦後の歴史観に惑わされることなく我が国古来の文化・伝統に根差した歴史研究を行うべく5年前に発足致しまして、発起人は田中英道東北大学名誉教授(代表理事)・小堀桂一郎東京大学名誉教授・中西輝政京都大学名誉教授・竹田恒泰皇学館大学講師です。
         記
日本国史学会 日本国憲法施行70年シンポジウム 
https://www.facebook.com/events/1550717015011716/
【日時】 平成29年12月9日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)
【基調講演】 西 修(駒沢大学名誉教授)「日本国憲法の成立過程」
       百地 章(国士舘大学大学院客員教授)「憲政史から見た日本国憲法の問題点」
        基調講演後、質疑応答を含めたパネルディスカッション
【会場】 麗澤大学東京研究センター(新宿アイランドタワー4階奥の4104号室、東京メトロ「西新宿」駅直通)
【資料代】学会員2,000円 / 非学会員3,000円(大学生・大学院生は一律500 円、当日入会可能)
【主催】日本国史学会(代表理事:田中英道東北大学名誉教授)
  ※ 本年度の東京での連続講演会およびシンポジウムの日程は、1/13・2/10・3/10となります。
《お問合せ》 03−6709−8872 / 
kunojun@amethyst.broba.cc
(事務局長 久野)



  ♪
(読者の声5)平成の大演説会です。平成の大演説会Vol.24 「左翼に勝つために」。
 左翼の美辞麗句に惑わされる国民に正しい知識を提供するため、まずは我々保守陣営がしっかりとした理論武装をしよう!
        記
【とき】 12月11日(月)午後6時45分開会(開場6時30分)
【場所】 文京シビックセンター・小ホール(丸の内線・南北線「後楽園」駅徒歩1分。           大江戸線・三田線「春日」駅より徒歩1分) 
【講演者】大野敏明氏(産経新聞元編集長)「不都合な日本語」
           倉山満氏(憲政史家)「左翼に本気で勝つ」
【ゲスト】千葉麗子氏
【協力費】2000円
【主 催】展転社(千代田区神田神保町2-46-402)
      TEL03-5314-9470 FAX03-5314-9480
   ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ▼スマホをあやつるのは猿か、ゴジラか
 ▲AIが人間を超える日はあり得ないのか
 ▼サイバー攻撃でSNSが破壊され、ロボット戦争が世界秩序を変える
 ▼文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさに教訓がある
 ▲ダーウィン「適者生存」を見直すと文明の行き先が見えてくる
  「そうだ、ガラパゴスへ行ってみよう」と思い立つと、忽ち課題が浮かんだ。
 一、AI(人工知能)が人間を超える日は本当に来るのか
 二、ドローンがすでに実用化されているが、兵士も機械化され、つぎにロボット戦争が地球を変えるのか
 三、文明の進化に背を向けたガラパゴスの古代生物のたくましさ、ふてぶてしさは逆説なのか
 四、人間の文明は何処へ向かい何を目指すのか?
 五、大量の失業者を適切に産業の配置換え、再編に適応させることが可能なのか?

 マイクロソフトのCEOサティア・ナデアラ(ビルゲーツの後継、インド系アメリカ人)は、AI開発は人間が中心となると発言している。マイクロソフトのAI開発の基本原則は「人間の置きかえ」ではなく、「人間の能力の拡張」にあり、この基本原則は北斗七星のごとく不動である、とした。 
――しかしAIの近未来は明るいのか、暗いのか?
  (定価1404円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
    (品切れ、二三日で入荷します)

  ♪♪
宮崎正弘『連鎖地獄 ―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419942/
(定価1188円) 在庫僅少!
        
  ♪♪♪
大好評発売中(再版出来!)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
――「美しい本である」(小川榮太郎氏、『正論』12月号書評より)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
 
   ♪♪♪♪
<宮崎正弘新刊ラインアップ> 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◇◎◎ ◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。