国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <北朝鮮、ICBMを日本海に飛ばしたが

2017/11/29

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)11月29日(水曜日)弐
         通巻第5528号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 北朝鮮、ICBMを日本海に飛ばしたが
  新型か「火星型」は不明。ロフテッド軌道。4000キロを「遙かに超えた」
****************************************

 2017年11月29日午前3時18分。北はまたまた新型のICBMを打ち上げ、400キロをこえる上空から日本海のEEZ領海に落下した。
 打ち上げから一時間余、小野寺防衛相は5時に防衛庁で記者会見し、六時前に安倍首相が官邸で記者会見している。

 この対応の迅速さをみれば、前夜から打ち上げ予測が確実であったことが分かる。
 前夜、ルクセンブルグ大公との夕食会を終え、首相はそのまま官邸に宿泊していることからも、万全の対応態勢にあった。

 他方、中国は北朝鮮国境を守備する北部戦区で大規模な軍事演習がなされ、零下17度の極寒状況のある内蒙古省でも、冬の軍事作戦を想定した訓練が行われ、また丹東から北朝鮮の新義州にかかる橋梁を「工事」のため一時閉鎖する措置をとるとした。

 日本時間午前六時ごろ、トランプ大統領が記者会見し、「制裁を最大につよめていく方針に変わらない。この状況にわれわれは対応している」と語気強く語った。

 これで日米中の即応体制は観測できるが、対応は記者会見だけであり、日本の防衛態勢の能力向上など、肝腎の話は何も出ていない。これで「万全の態勢ができている」というのは耳の聞き違いかと思った。
       □◇▽み◎□◇◎や△□◇ざ□▽◎き◇□◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1664回】        
――「支那は上海の大なるものとなるべき運命を荷ひつヽ・・・」――(前田2)
  前田利定『支那遊記』(非賣品 大正元年)

         ▽
 上海を代表する庭園で知られる愚園と張園を歩いて、「泉石樹林園中に布置いたされ候も全く一顧の價値無之」。そこで「早々退却致し申候」。最後の加賀藩主の息子で子爵である前田からすれば、愚園だろうが張園だろうが、「一顧の價値無之」だったに違いない。

  次いで「支那の家屋殊に高位豪家」における「盗難火災等に對する防備の周到なる」ことから、「蓋し其防衞を官憲に依頼するも到底頼みにならぬ處より自衞の道を講ずるべく餘儀なくされ」ているからだ。「民人が國家の公力の保護に由らず其身體財産を自家の私力に依りて防衞せねばならぬとは國民にとりては氣の毒」である。その一方で、「四百餘州の山河と四億の民を主宰する國家としては誠に不甲斐なきこと」。「人民が國家に對する感念の薄弱になりゆきて滿朝が滅ぶるも政體が替らうが吾不關焉といふ態度」は、「大いに味ふべきこと」であろう。

  どうやら「支那の良民にして生命財産を保安せんとして上海の地に移り住む者」が多い。それというのも「上海は支那の領土とは申し乍ら外國の威力」によって守られているからだ。「國民にして其國家の權力の及ばざる外國國旗の支配下に立つべく相率ゐて走るに至るとは驚入りたる國民」というべきだが、「斯く人民をして餘儀なくするに至らしめる國家も國家と驚くのみに御座候」である。

  防備のために高い塀を廻らせる「支那の家屋園囿は幽靜を極め陰氣臭」く、「天日爲に昏く憂鬱の氣の漂ふ」ようだ。だが一方で、安全至極であり「無爲に化して居り候には至極恰好」である。こういった住宅事情から、前田は「支那の國民性の防禦に專らにして侵攻に拙」であり、「男性的にあらずして女性的」である背景を想像してみせた。

 次に前田は「理窟めき候へども上海に付き聊か申添度事有之候」と記し、対外関係・通商関係などから上海の地政学上の優位性をしてきしつつ、確かに通商の上で「我國は第二位の優位を占むるとは云へ英國に比すれば其差霄壤も啻ならず」。加えて「新進氣鋭の獨逸の元氣侮るべから」ず。だから「我が同胞の奮勵努力」を大い期待するが、我が国が「中清殊に長江方面に注目着手」したのは最近のこと。「數十年來蟠踞」しているイギリスなどを考えれば「短き歳月の割合より考ふれば目覺ましき發展をなした」と考えられ、今後の一層の努力をきたいする。
だが、「只侮るべからざるは獨米の二國殊に獨逸人の質素勤勉熱心の所謂獨逸魂に御座候」。だから彼らに対するには「緊褌一番すべきことに御座候べく存じ申候」と。ともかくも「質素勤勉熱心の所謂獨逸魂」に気を付けろ、である。

  中国市場を挟んで日本とドイツの関係は、どうやら現在まで続いているということだろう。やはり「質素勤勉熱心の所謂獨逸魂」を侮ってはいけないということだ。

ここで転じて前田は上海の政治的・法的な立場に考えを及ぼす。

  いったい上海は「支那主權の下に在り乍其實恰も外國臣民の自治の地の如く一大共和國の觀」がある。それは「食客が家の持ち主となり巾をきかすが如」きだ。
「支那の國土にあり乍」も「支那官憲の勢力」が及ばないという「奇怪な現象」を呈しているから、「支那の良民は生命財産の保安」のため、「匪徒は捕逃の厄を遁れ」るため、この地に逃げ込む。「上海の國際法上に於ける地位も頗る不明」で、日清戦争の際には「對戦國たる支那に供給する兵器」が製造され、日露戦争においては「我邦に不利?なる事件」が見られたにもかかわらず、我が国は「上海を封鎖砲?すること」ができなかった。

  こうみてくると、どうやら「上海なるものは支那なる邦國」の将来を示しているようだ。言い換えるなら「支那は上海の大なるものとなるべき運命を荷ひつゝ居るものにあらざるなきかと想像する」。この考えを、前田は「萬更一概に捨てられぬ」とする。
《QED》
 
(編集部から) 今夕、このコラム、「知道中国」の著者で愛知大学教授の樋泉克夫先生の講演会が開催されます。武蔵境、武蔵野市、もしくは周辺にお住まいの方、ふるってご参加下さい

とき     11月29日(木曜) 午後四時から六時
ところ    武蔵野市境2−10−1 二階{スタートアップカフェ}
https://www.cwsguide.com/startupcafe/

講師      樋泉克夫(愛知大学教授)
演題      「習近平政権下の華人の人脈」
会費      千円(ワンドリンク付き)
主催      グローバリゼーション研究所
メイル     6438nbcl@jcom.zaq.ne.jp
電話      (090)7270−2066
          ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)11月26日、東響市ヶ谷の会議室にて、アジア自由民主連帯協議会主催第30回講演会、「中国の臓器売買の実態」が、ジャーナリストの野村旗守氏を講師に開催されました。
下記はその報告記事です。
http://freeasia2011.org/japan/archives/5313
    (三浦生)
◎◎◎□▽□▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★12月5日発売の最新刊予告です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘『AIが文明を衰滅させる  =ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――文明の果て、ガラパゴスでは日本人が失った「適者生存」の原則が生きていた
 この古代動物が生き残っている現場で、次のAI文明を考えてみた! 来るべきAI時代の真の姿とは何か?   (定価1404円)
 予約受付を開始しております(12月5日発売)
https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
    ◎◎◎が◎◎◎ら◎◎◎ぱ◎◎◎ご◎◎◎す◎◎◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の最新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『連鎖地獄 ―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419942/
(定価1188円) 在庫僅少!
        

  ♪♪♪
大好評発売中(お待たせしました。再版出来!)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
――「美しい本である」(小川榮太郎氏、『正論』12月号書評より)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
 

    ♪♪♪♪
<宮崎正弘新刊ラインアップ> 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎ ◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。