国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<イスラエル、ゴラン高原から40キロ以内のイラン軍事施設は空爆する用意

2017/11/27

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)11月28日(火曜日)
        通巻第5525号    <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 アサド体制が生き延びたのは、途中からロシアが加勢したからだ
  イスラエル、ゴラン高原から40キロ以内のイラン軍事施設は空爆する用意
****************************************

 『エルサレムポスト』が報じた(11月26日)。ネタニヤフ首相は、シリア内戦が終盤になって、ゴラン高原の40キロ以内にあるイランの軍事施設と思われる箇所を空爆する用意があるという。

 イスラエルが安全保障上、シリア内戦のあと憂慮することは、イランの影響力拡大であり、アサド体制のようなイランべったり政権より、イランからすこしは距離をおく指導者の登場をまつ。先週、アサドは戦後処理をどうするかの協議でモスクワを訪問しており、プーチンと話しこんだ。それもこれも彼が延命出来ているのは、途中からロシアが参戦し、ISを人質もろとも、容赦なく空爆したからである。

 アサド体制は、シリア国内で少数派のアラウィー派を中枢としており、バシル・アサド大統領夫人はスンニ派、ともに英国留学中に恋仲となった。スンニ派への影響力をつよめるため宣伝を担うのが夫人である。
アサド自身はもともと医者志望であり、政治に殆ど興味を示したことはなかった。
兄が大統領をつぐ予定だったが、交通事故死したため、急遽、留学先の英国から帰国し、後継者となった。社会主義バース党党首を兼ねるのも、政治実態はサダム・フセイン時代のイラクと同様にバース党が政治主体である。

 ロシアがアサド大統領にテコ入れしているのは、地中海の軍事拠点の確保であって地政学上の理由しかなく、とくにアサド大統領に固執しているわけではない。この点で、まっしぐらにアサド体制の持続を狙っているイランとは見解を異にするし、またアサド体制打倒を企図するトルコとは完全に異なる。

 この中東の新しいパワーゲームに中国が参入してきそうな気配があり、周辺国ばかりか、サウジアラビアなど湾岸諸国も動きを警戒している。

      □◇▽み◎□◇◎や△□◇ざ□▽◎き◇□◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1663回】       
――「支那は上海の大なるものとなるべき運命を荷ひつヽ・・・」――(前田1)
   前田利定『支那遊記』(非賣品 大正元年)

    ▽
 前田利定(明治7=1874年〜昭和19=1944年)。子爵。父親は最後の加賀藩主である前田利昭。歩兵中尉として日清戦争に従軍後、東京帝大法科大学を卒業。1904年には30歳で貴族院子爵議員に選出されている。逓信大臣(1922年。加藤友三郎内閣)、農商務大臣(1924年。清浦内閣)などを歴任。歌人としては佐佐木信綱に師事。

 前田の旅は明治45(1912)年5月末の神戸に始まり、上海、蘇州、南京、漢口、北京、天津、営口、大連、旅順、長春、哈爾濱、奉天を経て安東より朝鮮半島に入り、7月初頭の京城で終わっている。この間、40日ほどで、これだけの場所を移動するのだから相当な急ぎ旅だろう。

  ここで明治45年の主な出来事を挙げておくと、前年10月10日の武装蜂起を起点とする辛亥革命によって清朝はその命脈を絶つこととなる。この年1月1日、革命派の領袖である孫文を臨時大総統とする中華民国が建国した。
2月12日には清朝最後の皇帝である宣統帝が退位し、ここに清朝は崩壊する。その翌日、孫文は臨時大総統を辞任し、これを承けて15日には袁世凱が第2代臨時大総統に就任し首都を南京に定めことが定まるものの、依然として権力基盤を北京に置いていた。

  以後、北京を足場に優位に立つ袁世凱と南京に拠った孫文ら革命派が対立することとなるが、優勢な軍事力を誇るだけに袁世凱の優位は揺るがず、3月10日には袁世凱が2代目の臨時大総統に就任する。以後、袁世凱は自らを皇帝にすべく画策する。

 一方の日本では、前田の帰国直後の7月20日には宮内省が明治天皇御不例を発表し、10日後の7月30日には明治天皇が崩御し、明治から大正へと改元された。

 
 巻頭の「自序」には、「支那の近状を説述せん爲」ではなく、旅の日々の「出來事や頭腦に印象したる事共を只書きつらね」た。
旅の徒然に「知人朋友吾家なんどへ隨記隨送したる葉書便を骨子となした」とある。いわば旅先での率直な印象を綴ったということだろが、それに貴族院子爵議員という当時の特権階級に属する人物が激変する中国社会をどのように捉えていたのかを知ることができそうだ。

  先ずは上海の「華街の夜」。そこは「情海の巷酒如泉肉如林鬢影衣香茶烟酒霧何處の國もかはらぬは色街の浮き立てるさまにて候」。やはり「支那の國思ふ事多き此頃を知るや知らずや國民の遊び興ずるさまを見ては只淺ましう思ひ申候」と。

清朝という封建王朝が崩壊したら突如として中華民国などと名づけられた立憲共和制の“最新国家”に衣替えしてしまう――まさに激変する社会の真っただ中にあるにもかかわらず「浮き立てる」「情海の巷」に「遊び興ずる」人々の姿を目にして、「只淺ましう思」う。
たしかに前田の眼には「只淺まし」いと映っただろうが、それがまた「支那の國」の?偽りのない現実であるということに気付くべきだろう。
「只淺まし」のではない。それもまた彼らの「掛け値なしの日常」ということだろう。

 次いで「居留民立の小學校を參觀」する。「生徒の數は四百許幼稚園には三十人許収容」されている。やはり教育環境の劣る「在外居留地とか殖民地とか申す處の兒童?育に付きては」、「只在外邦人の手のみに一任し其の財嚢のみに依頼」するのではなく、「施政者は大いに考慮する必要」があるだろうと記している。

  前田の時代から1世紀ほどが過ぎた現在、海外で働く日本人の数は多い。彼ら悩みの1つは子女教育だろう。
であればこそ「施政者は大いに考慮する必要」と説く前田の考えは現在にも通じると思う。ということは100年以上が経っても、こと国外在住者の子女教育について我が国の「施政者は大いに考慮する必要」を認めないということか。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎正弘先生のご新刊『連鎖地獄』(ビジネス社)を拝読し、自分のツイーターで下記のようなコメントを書きました。
「週末の読書で、宮崎正弘氏の新著(『連鎖地獄』、ビジネス社)を読んだ。中国の政治・経済・外交全般に深く斬り込むという宮崎氏のいつもの力作だが、特に習近平の「一帯一路」に関して豊富な資料と綿密な分析を駆使してその深い闇と、杜撰なる実態を暴いた。本当に勉強になる一冊であった」
  (石平)



   ♪
(読者の声2)中国浙江省寧波の大爆発、画像ではシリアの空爆かと思うほどの瓦礫の山。AFP/共同では死者二名となっていますがネットで紹介されていた動画を見る限り犠牲者は数百人以上ではないでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=bMyFajM_y7I
 ネットのコメントでは焼けた跡もなく黒焦げもないことからガス爆発ではないかという説が多数。今回の事件も天津の大爆発同様うやむやになりそうです。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)天津大爆発と同様に報道禁止措置をだしていますね。こういう事故はなかったことにするのが「報道しない自由」がある中国ならではのことですが。



  ♪
(読者の声3)貴誌昨日付けの報告で、ことしの三島由紀夫追悼会が盛会に終わったことを知り安堵しました。三島さんの行動に対して、国民の間に静かな理解が進んでいることを知り、心強く思いました。
   (SK生、茨城)



  ♪
(読者の声4)貴著『西?隆盛  日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社)が、再版となった由で、欣快です。書店へ行くと、来年の大河ドラマにあわせて類書もでてきますが、貴著はその中でも白眉、そして「西?伝説の章」で、西?菊次郎の台湾における行動の軌跡も紹介されていて、精読しました。
 ところで、「日台共栄マガジン」(11月27日)に、下記のような菊次郎に関しても文章が紹介されており、いくばくかのご参考にと以下に引用します。

 (引用開始)
 「宜蘭を救った西郷隆盛の長男・西郷菊次郎  古川 勝三(台湾研究家)
  おそらく西郷菊次郎(さいごう・きくじろう)を日本で最初に紹介した一般書は、今から20年ほど前に出された『台湾と日本・交流秘話』(展転社、1996年)だと思われる。それまで西郷菊次郎の名前はほとんど知られていなかった。西郷隆盛と愛加那の息子として、また京都市長として名前を知られていた程度で、台湾との関係で語られることはなかったと言ってよい。
 『台湾と日本・交流秘話』が出版される少し前に、台北帝大農業土木科出身で、当時、東京農業大学農学部教授だった高須俊行(たかす・としゆき)氏から版元の展転社(てんでんしゃ)に「宜蘭河に『西郷堤防』と呼ばれている堤防があり、そこに西郷菊次郎という方の石碑が建っている」という情報が写真とともに送られてきた。それが、この本に西郷菊次郎の事績が紹介されたきっかけだった。
 本書のグラビアには、高須氏とともに背丈の倍はあろうかと思われる「西郷庁憲徳政碑」と刻んだ石碑の写真が掲載され、本文は「西郷隆盛の子・菊次郎の郡主徳政碑」と題して事績を詳しく紹介し3ページを費やしている。
 本書の出版まで、1994年に旧制台北一中出身の本田布治雄氏が『西郷菊次郎事迹』を私家版で出版していて、『台湾と日本・交流秘話』は参考資料として挙げているが、西郷菊次郎と台湾を結び付けた書籍はそれまでなかったようだ。
 本書出版後、拓殖大学常務理事だった佐野幸夫氏が『西郷菊次郎と台湾』(南日本新聞開発センター、2002年)を出版しているが、いまだに西郷菊次郎の名前も事跡もほとんど知られていないと言っていいのではないだろうか。
 そこに風穴を開けるように、このほど『台湾を愛した日本人─八田與一の生涯』の著者の古川勝三(ふるかわ・かつみ)氏が「宜蘭を救った西郷隆盛の長男・西郷菊次郎」をnippon.comコラム「台湾を変えた日本人シリーズ」で発表された。下記に全文をご紹介したい。なお、「西郷庁憲徳政碑」が発見された経緯は、明石元二郎総督のお墓が発見された経緯とよく似ている。
 古川氏は「戦後の混乱によって顕彰碑の存在が分からなくなっていたが、1990年に発見され宜蘭県文化局により中山橋横の堤防上に移築」とのみ簡単に述べているが、『台湾と日本・交流秘話』では、蒋介石軍とともに台湾に逃げて来た軍人家族によって占拠され、石垣の一部として埋もれてしまったために存在が分からなくなり、水利局が宜蘭河整備のために不法家屋を一掃したところ「西郷庁憲徳政碑」が顕れたと詳しく記している。
 ちなみに、西郷菊次郎3男の隆秀氏は1955年から9年間、拓殖大学の理事長をつとめ、孫(4男隆泰氏の長男)にあたる隆文氏は鹿児島県陶業協同組合初代理事長もつとめた、鹿児島在住の著名な陶芸家だ。
 また、宜蘭では西郷菊次郎の名はつとに有名で、宜蘭出身で、高雄市長をつとめている陳菊氏の菊という名前は西郷菊次郎に由来すると漏れ聞く。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
----------------------------------------------------------------------------------------
古川 勝三 宜蘭を救った西郷隆盛の長男・西郷菊次郎
【nippon.comコラム「台湾を変えた日本人シリーズ」:2017年11月26日】
http://www.nippon.com/ja/column/g00462/
 台湾は日本と同じ環太平洋火山帯の上に浮かぶ島国である。したがって、地震もあれば火山も温泉もある。台湾の温泉文化は日本統治時代に日本人が根付かせた文化である。その温泉地として今、台湾人に人気を誇っている宜蘭の町の発展に大きく貢献した日本人がいた。
 明治維新の英雄、西郷隆盛の息子、西郷菊次郎である。
 台湾では、北投、陽明山、関子嶺、四重渓が四大温泉地と言われ、戦前、特に台北からも近い北投は人気があった。温泉文化は戦後に失われた時期があったが、現在は再び温泉ブームが起こり、西海岸に集中していた温泉場が東海岸にも広がりを見せてきた。その中でも特に宜蘭は人気が高い。2006年6月に12.9キロメートルの雪山トンネルが開通したことにより、台北から高速道路で30分で行けるようになった。このため宜蘭の温泉地は東京から90キロメートルあまりの箱根温泉と、台北から60キロメートルあまりの宜蘭温泉と似たようになり、最近はにぎわいを見せ始めている。
 宜蘭(現在の蘭陽)平野の中心に位置する宜蘭市は、東は太平洋に面し、西側郊外には美しい田園風景が広がる。その中央を宜蘭川(現在の宜蘭河)と呼ばれる台湾山脈に源を発する川がゆっくり東へ流れていく。宜蘭川が台湾山脈から運んでくる肥沃(ひよく)な土の堆積によって作られた宜蘭平野からは豊かな農作物が採れ、「竹風蘭雨」という言葉があるように水豊かにして昔からユートピアと呼ばれていた。
 しかし、風光明媚(めいび)なその景色も、夏、台風の直撃によって大暴風雨となると一変する。宜蘭川の濁流は堤を乗り越え、あるいは堤を寸断して田畑や家を押し流し、伝染病がまん延し住民は連年洪水に苦しめられていた。この宜蘭川の氾濫から街を守ることが住民の長年の悲願であった。この悲願を解決したのが、西郷菊次郎だった。

◆米国留学から台湾へ

 菊次郎は、西郷隆盛の長男として奄美大島で生まれた。隆盛が奄美大島に潜居した折、愛加那との間にもうけた子供である。1869年8歳のときに西郷本家に引き取られ、12歳の時、2年6か月の米国留学を果たして74年7月に帰国した。17歳のとき西南戦争が勃発し、薩軍の一員として参戦するが、高瀬(熊本県玉名市)の戦いで一生義足を装着することになる銃創を右足に受け、膝下を切断した。田原坂が政府軍の手に落ちると、以後、菊次郎は隆盛の老僕であった永田熊吉に背負われて、人吉そして宮崎へ困難な山岳地帯の敗走行を重ねる。和田越(宮崎県延岡市)の戦闘で多数の死傷者を出した薩軍は俵野に陣を移し、今後の動向について軍議を重ねた結果、可愛嶽を越えて三田井に抜けることを決意。戦闘で重傷を負っていた菊次郎は、桐野利秋の計らいで他の負傷兵や熊吉と共に俵野に残された。熊吉は負傷した菊次郎を背負い、隆盛の弟である西郷従道の下へ投降した。西郷従道はおいの投降を喜び、熊吉に礼を言ったという。以後、菊次郎は西郷従道の支援を得ながら留学経験を生かす場として外務省に入り、米国公使館や本省で勤務していた。
 1895年4月に台湾が下関条約によって日本に割譲されると、菊次郎は台湾総督府参事官心得を命じられ台湾に赴任する。この時奄美大島に寄り母に再会するが、これが母と会う最後となる。菊次郎34歳のときである。その翌年には台北県支庁長に任じられ、さらにその1年後、1897年台湾の北東部の現在の県知事に相当する宜蘭の初代庁長を拝命する。菊次郎は妻子と共に宜蘭の庁長官舎に引っ越す。当時の庁長官舎は800坪(2640平方メートル)の敷地に74坪(244平方メートル)の平屋建てで幹部職員や校長の住宅と共に残っており、修復されて内部を見学することができる。
 菊次郎が渡台した頃の台湾は、風土病、アヘン吸引、原住民族、土匪(どひ)の襲撃という四重苦と戦っており、初代樺山資紀台湾総督以来、2年9か月の間に、2代桂太郎、3代乃木希典と3人が交代し、その間の台湾に対する軍人による統治政策は、治安行政の域を出ず、いたずらに莫大(ばくだい)な国費を消耗するのみで、完全に行き詰まっていた。台湾統治の問題は世論の非難攻撃の的となり、台湾を1億円でフランスに売却せよという議論まで起こるありさまであった。

◆常に持ち続けた父・西郷隆盛の教え

 菊次郎が宜蘭庁長に就任して9か月後、1898年第4代総督に児玉源太郎が就任し、後藤新平を民政長官に抜てきして共に台湾にやって来た。児玉総督は後藤に絶大なる信頼を寄せ、後藤もその信頼に応えるべく、台湾近代化の青写真を作り実行に移す。ドイツで医学を学んだ後藤は、日本国内の法制をそのまま文化・風俗・慣習の異なる台湾に持ち込むことは、生物学の観点から困難であると考え、台湾の社会風俗などの調査を行った上で政策を立案し、漸次同化の方法を模索するという統治方針を採用した。
 以前から、どうしたら固い島民感情を融和させることができるか昼夜悩んでいた菊次郎は、後藤新平の統治方針を理解し受け入れた。さらに父隆盛がよく口にしていた「天を敬い、人を愛する」という仁愛の無私無欲こそが難局を解決できる道だとも考えていた。原住民や台湾人に対する差別意識を持つ日本人が多い中で、菊次郎は違った。幼少期に苦労して育ち、西南の役で多くの優秀な若者の死を目の当たりにし自らも障害者になった菊次郎は、弱い者に対する優しさと誠実な心を自然と身につけていた。時間をかけて島民の心の中に、こちらの誠実な思いを溶け込ませる努力以外に方法がないという結論に達し、民衆のためになる治政こそが住民の心を開かせ、協力を引き出すことができると考え実行に移した。
 そのため宜蘭の住民の社会基盤整備に力を注いだ。河川工事、農地の拡大、道路の整備、樟脳(しょうのう)産業の発展、農産物の増収政策を実施すると共に教育の普及にも力を入れたため、治安が良くなり住民の生活を安定させることに成功した。
 その中で一番力を入れたのが、宜蘭の住民の悲願である宜蘭川の氾濫をなくすことである。台湾総督府と粘り強い交渉の末、巨額の補助金を引き出すことに成功し、第1期工事が1900年4月に着工された。1年5か月の歳月と巨費をかけた13.7キロメートルの宜蘭川堤防は01年9月に完成した。この工事を見守っていた宜蘭の住民は堤防の威力に半信半疑だったが、この時以降、宜蘭川の洪水は二度と起きなくなり、暴れ川の汚名を返上した。堤防の威力を体感した住民は歓喜し、菊次郎に対する称賛の声があふれた。住民のための善政を行った菊次郎は、宜蘭川一期工事の完成を見届け二期工事の完成に確信を持つと、依願退職して5年半に及ぶ宜蘭庁長の生活に終止符を打ち、02年台湾を後にした。

◆戦後も地元住民に愛されている

 完成した堤防によって、その恩恵の大きさに感激した宜蘭の住民有志は、1905年に『西郷庁憲徳政碑』と刻んだ石碑を堤防の近くの民家の庭に設置して菊次郎を顕彰した。1923年に、菊次郎の名前を取って「西郷堤防」と命名されると、宜蘭の人士により巨大な石碑が造られ、この上に原碑を載せて中山橋の西側に設置をした。3年後には第2期工事が完成し、宜蘭の街は強固な堤防に守られ、安心して生活できる環境が整った。

 しかし1945年日本の敗戦によって日本人はことごとく台湾から去り、その後に国共内乱で敗れた国民党軍とその家族200万人が台湾にやって来た。この戦後の混乱によって顕彰碑の存在が分からなくなっていたが、1990年に発見され宜蘭県文化局により中山橋横の堤防上に移築され、現在も菊次郎の徳政を後世に伝え続けている。
 長い碑文の最後には「西郷公をしのぶに糸を買って像を刺しゅうする事なかれ、家々に線香を立て供える事もしてはいけない。最もふさわしい事は晋人が羊祐を記念して彫った『落涙碑』のようにすることである。西郷公の栄光を永々に伝えるべく、ここに碑を建立し、公の徳をたたえるものである」と記し、「宜蘭廳全各界士人健立」と彫り込んでいる。今日、多くの日本人が台湾を訪れるが、このことを知る日本人は少ない。恩ある人を決して忘れてはいけないという宜蘭人の誠意には頭が下がる。

 帰国して2年後の1904年10月12日、第2代京都市長に就任し7年余りを勤めたが、その間にも宜蘭と同じくインフラ整備に力を注いだ。第二琵琶湖疎水掘削工事、上水道工事、道路拡張工事の「京都三大事業」を提案し、実施して京都都市整備の推進に大きな足跡を残した。菊次郎は宜蘭でも京都でも常にそこに住む民衆のために活動した政治家であったと言っても過言ではない。
その後、鹿児島に帰り、永野金山(山ヶ野金山)の島津家鉱山館長を命じられ、8年余り在任した。就任すると菊次郎は、鉱業所で働く多くの炭鉱作業員の子供の健全な心身を養う場として、自費で武道館の建設や夜学校の開設、テニスコートを作って、山の中の住民にテニスを広めたり、アメリカ社会から学んだ発想で職員クラブを作ったりした。
 菊次郎は1928年、鹿児島市の自宅において急死した。享年68、心臓まひだった。
さつま町では、文武両道の人材育成に当たった氏の功績をたたえ、現在でも毎年11月、『西郷菊次郎顕彰剣道大会』が開催されている。
              ◇     ◇     ◇
古川 勝三 FURUKAWA Katsumi 1944年、愛媛県宇和島市生まれ。中学校教諭として教職の道をあゆみ、1980年、文部省海外派遣教師として、台湾高雄日本人学校で3年間勤務。『台湾の歩んだ道─歴史と原住民族』『台湾を愛した日本人─八田與一の生涯』『日本人に知ってほしい「台湾の歴史」』『台湾を愛した日本人2─KANO野球部名監督近藤兵太郎の生涯』などの著書がある。
現在、日台友好のために全国で講演活動をするかたわら『台湾を愛した日本人3』で磯永吉について執筆している。
       ▽□▽□◎□▽◎◇◎□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「憂国忌」墓前報告祭のおしらせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「憂国忌」墓前報告祭のおしらせ
@@@@@@@@@@@@@@@ 

 三島由紀夫先生の墓前で、憂国忌の報告を神道形式で行います。
ひとりひとりが献花します。儀式は30分ほどでおわりますが、そのあと直会が行われます。 以下の要領で、どなたでも予約なしで御参加いただけます。

とき   12月3日(日曜日)1330
ところ  多磨霊園 正門玄関前「よしの家」に集合
https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92183-0004+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%B8%AD%E5%B8%82%E7%B4%85%E8%91%89%E4%B8%98%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%97+%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%AE%E5%AE%B6%E7%9F%B3%E6%9D%90%E9%83%A8/@35.677256,139.512496,16z/data=!4m5!3m4!1s0x6018e56a263e6d93:0x84593bc498f13d17!8m2!3d35.6772641!4d139.5125099?hl=ja-JP

費用 式典は無料。懇親会はおひとり千円か、二千円ていど。
アクセス  西武多摩川線「多摩」下車(ちなみに「多摩」駅は「多磨霊園」駅とは異なります。西武多摩川線は「武蔵境」駅で乗り換えが便利です)。
連絡先 090−1611−9839(玉川)
当日は「よしの家」の前でスタッフが憂国忌の冊子をもってお待ちしております。墓前までは徒歩12分ほどです。
◎◎◎□▽◎□▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊 『連鎖地獄』 ★宮崎正弘の最新刊 『連鎖地獄』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『連鎖地獄 ―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419942/
(定価1188円) 在庫僅少!

 ――習近平が「独裁権力を確保した」なんて、殆ど冗談に近い。習近平は信長のように「高転びに転ぶ」。
――習近平独裁体制の実態は「空の城」だ!

――中国繁栄の裏側に拡がる暗澹たる闇を照射し、そのリアルな実態を報告する。中国が公表したGDP世界第二位は嘘、外貨準備高世界一はフェイク統計であり、海外へ逃げた外貨は4兆ドル。すぐ目の前にきている「不動産バブル崩壊」。上海株式が持ち直しているかに見えるのは習近平が命令した、中国政府が株を買っているからだ!
――「中国経済の瓦解」はリーマンショックの十倍規模になる!
          ◎◎◎◎◎□▽◇◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★12月5日発売の最新刊予告です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘『AIが文明を衰滅させる  =ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――文明の果て、ガラパゴスでは日本人が失った「適者生存」の原則が生きていた
 この古代動物が生き残っている現場で、次のAI文明を考えてみた! 来るべきAI時代の真の姿とは何か?   (定価1404円)
 予約受付を開始しております(12月5日発売)
https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊のご案内  宮崎正弘の新刊のご案内  宮崎正弘の新刊のご案内 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
大好評発売中(再版出来!)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
――類書のなかで、唯一、西?隆盛と三島由紀夫の憂国の行動と思想を比較した本。
――「美しい本である」(小川榮太郎氏、『正論』12月号書評より)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
 
    ♪♪♪♪
<宮崎正弘新刊ラインアップ> 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

      ♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/11/28

    西郷菊次郎3男の隆秀氏は1955年から9年間、拓殖大学の理事長をつとめ、孫(4男隆泰氏の長男)にあたる隆文氏は鹿児島県陶業協同組合初代理事長もつとめた、鹿児島在住の著名な陶芸家だ。

     また、宜蘭では西郷菊次郎の名はつとに有名で、宜蘭出身で、高雄市長をつとめている陳菊氏の菊という名前は西郷菊次郎に由来すると漏れ聞く。←西郷隆盛の長男:西郷菊次郎の情報、および、その子供、孫の情報ありがとうございます。鹿児島にいまでも、西郷隆盛の子孫がおられることをはじめてしりました。

  • あぁ、ダマスコは荒塚となり、ゴグの顎には鉤が引っ掛けられ・・・って。聖書預言どおりの世界情勢へ。イスラエルが希望です!2017/11/27

    ○貴メルマガが伝える、イスラエルによるゴラン高原イラン軍事施設空爆の可能性。以前ガリラヤ湖畔の街ティベリアの丘から見た対岸、戦略上の要衝ゴラン高原。イスラエルの水源ガリラヤ湖を囲む屏風の様に聳え立っていた。仮にヒズボラやイラン革命防衛隊が長距離砲やミサイルをゴラン高原に配備した場合。イスラエル各都市、中枢部は反イスラエル勢力から直接攻撃の危機に晒されることになる。このイスラエル国家存亡の危機をあのネタニヤフ首相が看過するわけもなく、それら軍事施設がたとえイランのものだろうとシリアやロシアのものだろうと、どこのものであろうとも速やかに徹底空爆攻撃を加え、イスラエルの危機を除去、無害化することだろう。以前、あるTV番組で見たイスラエル要人のインタビュー場面。その背後にはあのアウシュビッツ絶滅収容所の「死の門」の写真が掲げられていた。遅疑逡巡は死に直結する。600万ユダヤ人の犠牲の果ての重い教訓である。あのホロコーストの惨害をその身に刻まれたユダヤ人にとって、機先を制する攻撃は最大の防御であり、何人たりともこのイスラエルの権利を妨害することはできないのだ。

     

     かつてユダヤ人ホロコーストを犯したナチス・ドイツと軍事同盟を結び、敗戦後はロッド空港でユダヤ人無差別大量殺害事件を犯した日本赤軍を生み、いまもナチスと変わらぬユダヤ陰謀説を吹聴喧伝する反ユダヤ・プロパガンディストが何らの規制を受けることもなく跳梁跋扈する日本。「ナチスの手口を学ぶ」「ヒトラーの正しい動機」「ヒトラーの経済政策は正しかった」「ユダヤの陰謀」「ホロコーストはなかった」「素晴らしいナチス」・・・、ヒトラー礼賛、ナチス賞賛の発言はとどまることはない。ユダヤ人ホロコーストの実相実態があからさまになっている現代でさえも、ナチスへの親和性、シンパシーを示し、なんとあの『わが闘争』を学校教育教材に指定するほどアドルフ・ヒトラーに心酔・帰依するばかりの残念な日本指導層である。自国民(日本国民)に対してさえも「あんな人たち」「キ○ガイ」呼ばわりする政治が、報道によれば今度はアフリカの人々に対して人種主義的差別発言を浴びせているという。結局、ナチス・ジャパンの根源にあるのは、ナチスと変わらぬ「選民思想」「世界征服思想」だろう。ナチスの「北欧神話・アーリア人種世界征服種族」に対し日本の「高天原神話・天孫降臨大和民族」、ナチスの「世界四分割・世界征服」に対し日本の「大東亜共栄圏・八紘一宇」。同じような妄念・妄想で傲岸不遜に他民族他人種を差別、蔑み見下す姿を見る。「ユダヤ人」を有害民族として規定、徹底差別、迫害し、ついに大量虐殺(ホロコースト)を犯したナチス・ドイツ。中国人や朝鮮人、同じアジア人を蔑み馬鹿にし、731部隊の生体人体実験の道具としたり、大虐殺を繰り返していた日本。ナチス・ドイツも大日本帝国もともに滅亡したとはいえ、戦後ドイツは自らの手でナチス戦犯を裁き、ナチスを否定し、ナチスの犯罪を認罪、謝罪し、賠償し続けている。が、ナチスと同盟していた日本は、旧GHQを懐柔・篭絡し「戦前」を残置、戦争犯罪も「なかったこと」にし、戦争無反省で再びナチスと同盟していた頃の政体・国体(皇国史観に基づく全体主義的軍事国家)への回帰を野望している。残念な民度の限界であり、アプレゲール民主主義の哀しい末路であった。記憶の民ユダヤ人、苦悩する民ドイツ人。それに対して忘却の民・狡猾な民、日本人。が、過去を認めないものは過去に復讐される。やがて忘却せんとした過去が、日本そのものを忘却の彼方に追放する危機が迫るだろう。悪夢である。われら日本も、いい加減にナチス賞賛、ヒトラー礼賛の態度を悔い改め、歴史と正対し、むしろナチスを徹底批判、否定し、ナチスとの同盟責任(ヒトラー政権を外交的軍事的に鼓舞、協力した責任)とナチスによるユダヤ人ホロコーストへの間接責任(ユダヤ人差別迫害虐殺をナチスの同盟国として止めさせることなく傍観していた責任)を認め、イスラエル(ユダヤ人)と世界に謝罪すべきである。その上で、いまも不条理な殺意、邪悪なテロと勇敢に戦い続けるイスラエルとの間で先に発表した「日本とイスラエル間の新しい包括的パートナーシップの構築に関する共同声明」を迅速かつ強固に実現すべきである。北朝鮮と協力し核・ミサイル開発を進めるイランと対峙・対決するイスラエルと、日本の過去の遺物(大日本帝国の残置諜者国家・皇軍ラストバタリオン国家)北朝鮮からの軍事的脅威に晒される日本。ともに協力し合い運命共同体の契り(日本イスラエル総合的同盟条約)を交わすべきである。イスラエル(ユダヤ人)は日本(日本人)にとっても希望(ハティクバ)である。日本とイスラエルに神(GOD)のご加護と憐れみとがありますように。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/11/27

    第30回地方自治研究全国集会

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/11/26/2051-%e7%ac%ac30%e5%9b%9e%e5%9c%b0%e6%96%b9%e8%87%aa%e6%b2%bb%e7%a0%94%e7%a9%b6%e5%85%a8%e5%9b%bd%e9%9b%86%e4%bc%9a/

    在日韓国系信用組合に60億円  東京商銀→あすか信用、名前変えても信用出来ない。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53259086.html

    日本に来たばかりの大勢の中国人に生活保護を与える地方自治体

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52018131.html

    【悲報】国保料の負担上限を4万円上げ!現行の73万円から77万円に!医療費増税

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-19048.html

    甲賀坂

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%94%B2%E8%B3%80%E5%9D%82&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiQlZuJnt7XAhUIj5QKHdpgACkQ_AUIDCgD&biw=1097&bih=531

    アイシンシュタインよりIQ高い「自閉症」の天才少年、“母の決断”で突然能力が開花!ノーベル賞ホープとなるまで

    http://tocana.jp/2017/11/post_15137_entry.html

    中国工作員とズブズブ!!!!!

    http://blog.goo.ne.jp/trb1123/e/c5d22de69c699cd6376423e1dac41493?fm=entry_awp_sleep

    成功者のマインドとは?

    http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/sikouhou/2_1.html

    洪作少年と歩く『しろばんば』『夏草冬濤』の舞台 黒瀬橋と狩野川

    https://blogs.yahoo.co.jp/wildbirdschase/30504351.html

    朝鮮人の先祖は山葡萄原人とエベンキ人 2

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12329137815.html

    子どもたちの未来。メンタル治療とリタリンやコンサータ。そして、私がかつて見たリタリン常用者たち 

    https://indeep.jp/children-ritalin-concerta-right-wrong/

    3人の娘全員が子宮頸癌ワクチンの被害者

    http://kenkoubyouki.com/?p=2391

    「子供が産まれなくなる日」?世界の不妊ワクチンキャンペーン

    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2626.html

    神田駿河台・神田明神方面地図 

    http://www.tokyosaka.sakura.ne.jp/map1/map-chiyoda-kandasurugadai.htm

    【韓国発狂】世界中でライダイハンの真実が報道され欧米人が激怒www 「なぜ韓国政府は事実を認めないの?」 疑問の声噴出キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

    http://www.news-us.jp/article/20171125-000002k.html

    ピエロ

    https://www.uta-net.com/movie/77528/

    単綴語

    https://books.google.co.jp/books?id=gOoGBAAAQBAJ&pg=PT63&lpg=PT63&dq=%E5%8D%98%E7%B6%B4%E8%AA%9E&source=bl&ots=9q764GEQJW&sig=RBPY95aww2oAFN6OhRXjbuToZqM&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwis7oDf9tPXAhVLnZQKHfU7CZ8Q6AEILjAB#v=onepage&q=%E5%8D%98%E7%B6%B4%E8%AA%9E&f=false

    ナムカブアンの下がるフットワークを学べ

    https://ameblo.jp/miraidoor8/theme-10064897629.html

    中国の国防動員法ってご存知ですか? 

    http://hosyusokuhou.jp/archives/37155268.html

    右ハンドルと左ハンドルの意外な歴史

    http://dealer-blog.bmw.ne.jp/sun-motoren/2014/07/rhd-lhd/

    大東亜戦争の総括「近衛文麿の戦争責任」

    https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/63557936.html

    レコード大賞の前最高責任者が“芸能界のドン”周防郁雄氏を実名告発 

    http://blogos.com/article/260455/

    田中卓氏を批判せざるを得なかった理由 

    http://nittablog.exblog.jp/15057202/

    ポルボロン

    http://www.luckyfrog.com/blog-kako/000080.html

    日本初!体育館を庁舎に再利用 富山県氷見市 

    https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201404240175/

    林泉寺

    http://syukubo.com/spot/03kanto/tokyo005.html

    小川榮太郎氏がFacebookで森友学園問題疑惑について見解。

    http://blog.goo.ne.jp/ta6323blue/e/619013adf6b42ea43fda3bd8423a38f0

  • 名無しさん2017/11/27

    異常な数の極秘起訴や11月17日のワデスドンマナーのヘリ墜落。ヘリは離陸わずか15分後に小型飛行機と衝突して、ロスチャイルドの敷地内に落ちたのですが、ジョーダン・セイザー氏の動画によると19日にはウィキペディア上でジェイコブ・ロスチャイルドが「17日に死亡」と15分間だけ掲載されていたとか。

      世界中の途上国でワクチン打ちまくっては人口削減計画にいそしんでいるビル・ゲイツまで軽井沢に登場する。

      早く全てが表に出ないかな、と願う反面、ハザールへの反動なのか、アメリカのオルタナ系のメディアの多くが(アレックス・ジョーンズ氏のインフォーウォーズ局の面子も含めて)“聖なる”バイブルではどうの、イエス“様”がどうの、とキリスト教にどんどん拠り所を求めている気がするので、こりゃやばいなーとも感じています。どう収集つけるんだろ……。