国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ムガベ独裁は去ったが、新指導者は中国で訓練を受けた革命家

2017/11/23

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)11月23日(木曜日)弐
        通巻第5519号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ムガベ独裁は去ったが、新指導者は中国で訓練を受けた革命家
  思わずホンネ。「ジンバブエと中国関係は以前より良くなるだろう」
****************************************

 37年にわたってジンバブエ(旧南ローデシア)を支配したムガベ大統領は93歳。その老衰ぶりは激しく、ようやく辞任を表明した。
軍事クーデターもどきで自宅にムガベを監禁したムナンガグワ(前第一副大統領)らは穏健に辞任を迫り、ようやくムガベが承諾するや、ハラレ市民はどっと街に飛び出し、興奮して踊り出した。
いかにムガベが嫌われていたか、在ジンバブエの中国人も喜んだというのである。ちなみにジンバブエに駐在する中国人はおよそ一万人(日本人は75名)。

 かねてから小誌が指摘したように、クーデターの直前にムナンガグワは密かに訪中し、中国軍事委員会幹部の常万全・国防部長らの「内諾」を得たことが分かっている。最大の援助国である中国に最初に打診してからの行動だったのである。

 中国がジンバブエに食い込んでいることは膨大な経済支援が物語っている。
まずジンバブエ国防大学は中国が支援して創設され、幹部教育には中国から人民解放軍の教師らが派遣された。
 火力発電の増設に中国は12億ドルを低利で融資した。650名の国会議事堂の新設も、中国が1億4000万ドルを投じた。

 ジンバブエ大学には500万ドルを無利子で貸し付け、スーパーコンピュータの学生を育成し、ハラレ近郊の病院建設にも1億ドルを低利融資。まさに大盤振る舞い、それもこれも中国が狙うのはダイヤモンド、プラチナ、金、クローム鉱山である。
 これらは西側企業が運営してきたが、ムガベが国有化を宣言し、西側企業を追い出して空白となっていた。

 また農園をもつ白人を追い出したため、南ローデシア時代は「穀物の宝庫」をいわれた農業がノウハウを失い、農作物輸出どころではなくなって経済は悪化した。

 ムガベと独立戦争を戦った同士がムナンガグワであり、かれが突如解任された裏には「グッチ・グレース」というムガベの後妻(40歳以上年が離れている)がいる。
 グレース夫人は国民が飢えているのに贅沢三昧。しかも次期大統領をねらっていたため、ムガベに忠誠を誓った軍もさすがに離れた。


 ▼独裁男が去っても、ジンバブエで自由選挙は行われるのだろうか?

 さてムナンガグワである。暫定政権をひきいることになるこの男は、中国で軍事訓練を受けた。独立後もたびたび中国訪問をしており、人民解放軍幹部と強い絆がある。そのためムガベ辞任を受けた中国は、「ジンバブエと中国関係は以前より良くなるだろう」と思わずホンネを漏らすのである。

 ジンバブエが「希望の国」から「絶望の国」に陥没したのはムガベの圧政と徒らな鉱山国有化だった。

英国植民地だったジンバブエの鉱山は白人が経営していた。オックスフォド大学で学んだムガベは流暢な英語を操り、近代政治がわかる政治家と西側は最初、誤解した。
そのうえ、ムガベは自尊心がつよく、南アのマンデラがノーベル賞を貰ったのに、なぜ自分には貰えないかと不満で、マンデラの会見ではいつもそっぽを向いていた。狭量な精神が、かれの政治手腕を歪ませた。

少数民族の弾圧、とくに1983年から85年にかけて、一万から二万名の少数民族を虐殺したことでジンバブエは西側の制裁を受けた。
安保理事会においての国連決議に西側は全員が賛成したが、中国とロシアは反対にまわり、ジンバブエ制裁は国連決議としては通らなかった。

 IMFは融資を断り、経済政策の失敗はジンバブエ通貨を史上かつてない地獄の暴落へと陥落させ、100兆ジンバブエ・ドルでもパン一つしか買えないという猛烈インフレを招来させてしまった。ちなみにジンバブエは1000兆ジンバブエ・ドルという新札を発行したこともあるが、誰も相手にせず、国民はドル、南ア・ランド、ユーロそして、中国人民元やインド・ルピーを好んだ。
 
世界ひろしと雖も、人民元を正式な法定通貨にくわえている国はジンバブエだけだろう。
 国民のブーイングはスパイ機関を駆使して弾圧し、大統領選挙は不正投票。その背後にあってジンバブエの進出を決めた中国が、この独裁男を支援してきたのだ。
      □◇▽み◎□◇◎や△□◇ざ□▽◎き◇□◎    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1661回】          
――「即ち支那國は滅びても支那人は滅びぬ」――(佐藤8)
  佐藤善治郎『南清紀行』(良明堂書店 明治44年)

   ▽
 佐藤は国家と人民の関係につて筆を進める。
 たしかに「支那は君主專制の國」ではあるが、だからといって「官吏は?制で人民は屈從の有樣かというに決して然らず」。それというのも「支那には元來階級はな」く、「誰でも天子になる事が出來る」からだ。加えて「人民は極めて干渉嫌ひの自由の民」であり、「國民性が不精であるから、規律は大に厭ふ」のである。かくて「上に政策あれば、下に対策あり」で形容される権力の干渉を躱す生き方を選ぶ。
つまり鼓腹撃壌式の生活が「支那人の理想」であり、「人民は他に類例なき自由(放任)を有し、政府は人民に干渉することが甚稀」ということになる。

  じつは「支那人は個人上よりは、簡易生活をなして不羈獨立の氣象強く、概して勤勞なるなどは賞讃すべき點ではあるが、國家上よりは甚感心しない」。それというのも連続する易姓革命が「道?の根柢を屢破壞する」からだ。そこで「忠臣は恐らく氣の毒なる愚直者と考へらるであらう」し、「實に國家心の弱く、政府の事は人民には無關係の事と思つて居る」のである。

  列強によって国土を蹂躙され「四境を剥ぎ取られて、滑稽的なる自負自尊心も稍醒めた様子で」あるにもかかわらず、「上下一致して國歩艱難の際を切り抜けやうとはせぬ」。そればかりか「却つて利權回収熱など生じて、妄りに列強の感情を害し、事情を紛糾せしむるばかりである」。どだい国庫に資金がないから、新たな国家的事業を起こそうとしたら、勢い「諸外國から借金するばかり」である。
 国家社会の指導者たるべき人物であっても自分の利害打算によって動き、「毅然國家を負ふて立つ者は少ない」ばかり。そこで「屢書生論に動かさる」ことになる。つまり空理空論を重ねがちであるから、議論を重ねるほどに議論は精緻になるものの、如何せん実体が伴わないし、往々にして物事が前に進まない。とにもかくにも自己の利害打算のためには「憚ることのない國民である」。

 いよいよ『南清紀行』も最終章となり、佐藤は「日本人の勢力」を論じている。
 「支那に於ける列強の勢力を見んに」、北方は「露國の勢力が瀰漫している」。「南滿洲は日本の」、「山東省附近は獨逸の」、「長江は英國の」、「安南に近き廣東廣西地方は佛國の」、それぞれの「勢力地である」。

 「本邦の成功せる居留地は、上海、天津、漢口」の3都市であり、このうちの2つは「支那の寶庫たる揚子江の谷」に位置する。じつは揚子江一帯は「英國の勢力地ではあるが、近頃は獨逸が能く住民の嗜好を研究して物産を賣り込んで居る」し、「その力は侮ることは出來ぬ」。やはり日本にとってドイツは要注意・・・これまでも、そしてこれからも。

  上海には17カ国が領事館を置いて「商業を競爭して居る有樣であるから」、やはり「後進者たる日本は、運命を開くには大に覺悟せねばならぬ」。距離的にも近い我が国からは、日清日露戦争を経て「國家の發展するに連れて續々と支那に入り込む」ことから長江沿岸においては「日本居留民は歐米諸國の居留民の總數と相頡頏して居」て、たとえば上海の我が居留民の数は日清戦争終了時の1895年には250人であったのが、日露戦争が終わった1904年には2100人と10年で9倍ほど。それが佐藤が旅行した明治43(1910年)には8000人に急増している。これに対し数では劣るものの、「歐米人の經營は六七十年來の經營である」。

 数で圧倒するが、「日本は大いに優勢なるかといふに、惜しいかなしか言ふことは出來ぬ」。
「決して人種が劣等であるのではない。財力と計畫との基礎が乏しいからである」。
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本ウイグル協会学習会のお知らせ
 この11月、世界ウイグル会議がドイツで開催されました。その報告、および、現在のウイグル情勢並びに今後の運動の在り方について学習会を開催します。
講師は、当会会長で、世界ウイグル会議のアジア・太平洋全権代表に就任したイリハム・マハムティです。皆様方のご参加をよろしくお願いします。
       記
日時 12月4日(月)午後6時開場 6時半開会
場所 ウイグルレストラン レイハン
http://reyhan.co.jp/restaurant/
東京都豊島区駒込4−2−33(地図google)
講師 イリハム・マハムティ(アジア・太平洋全権代表)
演題 世界ウイグル会議報告、並びに今後のウイグル運動について
参加費 1000円
連絡先 イリハム・マハムティ 080−3248−3463
http://uyghur-j.org/japan/2017/11/20171204_jua/
   (三浦小太郎)
       ▽□▽□◎□▽◎◇◎□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 憂国忌(第四十七回三島由紀夫氏追悼会)のご案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
とき  平成29年11月25日(土曜) 午後二時
ところ 星陵会館大ホール(千代田区永田町)
http://www.seiryokai.org/kaikan/map.html
資料代 2000円(学生千円)
どなたでも予約なしで御参加いただけます。
<プログラム>   総合司会  佐波優子
1400 開会の辞 富岡幸一郎(鎌倉文学館長)
1405 奉納演奏 薩摩琵琶「城山」(島津義秀=加治木島津家13代当主)

1430 シンポジウム「西郷隆盛と三島由紀夫」
     (パネラー。五十音順、敬称略)
     桶谷秀昭(文藝評論家)
     新保祐司(文藝評論家、都留文科大学教授)
     松本 徹(文藝評論家、三島文学館前館長)
     渡邊利夫(拓殖大学前総長、学事顧問)
     水島 総(司会兼 日本文化チャンネル桜代表)
1615 追悼挨拶 女優 村松英子
1625 閉会の辞 玉川博己 事務局からお知らせ
1630「海ゆかば」全員で合唱
         ◎◎◎□▽◎□▽◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の最新刊 『連鎖地獄』 ★宮崎正弘の最新刊 『連鎖地獄』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『連鎖地獄 ―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――習近平が「独裁権力を確保した」なんて、殆ど冗談に近い。習近平は信長のように「高転びに転ぶ」。
――習近平独裁体制の実態は「空の城」だ!
――中国繁栄の裏側に拡がる暗澹たる闇を照射し、そのリアルな実態を報告する。中国が公表したGDP世界第二位は嘘、外貨準備高世界一はフェイク統計であり、海外へ逃げた外貨は4兆ドル。すぐ目の前にきている「不動産バブル崩壊」。上海株式が持ち直しているかに見えるのは習近平が命令した、中国政府が株を買っているからだ!
――「中国経済の瓦解」はリーマンショックの十倍規模になる!

<目次>
プロローグ――世界「連鎖地獄」の危機
第一章 中国のGDPはゼロ成長、外貨準備はスッカラカン
第一節 粉飾の「バベルの塔経済」が崩壊する
第二節 経済改革失敗で北朝鮮と戦争をする
第二章 習近平がひた隠す「一帯一路」、じつは大失敗
第三章 国内開発プロジェクトも支離滅裂
第四章 権力闘争とは利権争奪戦でもある
第五章 中東、中南米、アフリカでも「反中国感情」が荒れ始めている
第一節 中国を凌駕する魑魅魍魎の中東情勢
第二節 中南米、アフリカをめぐる暗闘
エピローグ――日本を間接侵略せよ
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419942/
(定価1188円) 在庫僅少!
           ◎◎◎◎◎□▽◇◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 近刊予告  12月5日発売の最新刊予告です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘『AIが文明を衰滅させる  =ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――文明の果て、ガラパゴスでは日本人が失った「適者生存」の原則が生きていた
 この古代動物が生き残っている現場で、次のAI文明を考えてみた! 来るべきAI時代の真の姿とは何か?   (定価1404円)
 予約受付を開始しております(12月5日発売)
https://www.amazon.co.jp/dp/4286193462/
    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎    ◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊のご案内  宮崎正弘の新刊のご案内  宮崎正弘の新刊のご案内 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
大好評発売中(再版出来!)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
――類書のなかで、唯一、西?隆盛と三島由紀夫の憂国の行動と思想を比較した本
「美しい本である」(小川榮太?氏、『正論』12月号書評より)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
 
    ♪♪♪♪
<宮崎正弘新刊ラインアップ> 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
      ♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • はたしてナチス賞賛、ヒトラー賛美の日本への米国の防衛意志はどの程度あるのだろう?「リメンバートーキョー」で対北朝鮮核攻撃大義名分化か?米国の深慮遠謀計り知れず。ナチの亡霊に殺される日本って?自業自得って?はぁ。2017/11/23

    ○貴メルマガご指摘のジンバブエ政変劇。はじめからしまいまで、全部中国共産党のシナリオどおり、描いたとおりの絵のようだ。クーデター前に中国を訪問していたという新独裁者ムナンガグワなる人物。なんと中国人民解呆軍で軍事訓練、軍事教育を受けてきたという。もしかすると訪中時になりすまし中国人(仮名:「無南我」)にすりかえられているかも。いずれにせよ、これからジンバブエ政権はアフリカ大陸のポルポトと化し、大量虐殺に手を染めるかもしれない。共産中国と軍事同盟条約締結、ジンバブエに中国人民解呆軍軍事顧問団が駐留するのでは。ハートランド・アフリカ回廊を共産中国の赤い廊下とし、ジンバブエ人民解呆軍が南下し南アフリカ・喜望峰を、北上しケニア、ソマリア、サウジ、イラン、ロシアへとその邪悪な野望を浸透拡散させて行くのではないか。最終的にはアフリカ大陸を中共の長征用赤い道具と化し、NATOや米国にまるごとぶつけるつもりでは?悪夢である。が、世界に広げる中共の赤い魔手は、そっくりそのまま中国本土に混乱と戦乱を呼び込む死のロートと化し、あらゆる矛盾と対立が中国本土で大爆発する導火線となろう。やはり中号共産党は即刻解散、完全廃党し、本当に、もう、これ以上、まわりに迷惑をかけないでほしい。

     

     「太平洋で水爆実験」「日本木っ端微塵」 大口叩き、ハッタリかます北朝鮮連続殺人鬼独裁者。「テロ支援国家再指定」でますます窮地に追い込まれる。が、できることはといえば毎度のルーチンワーク、第七回核実験かウクライナ製ICBM発射しかないだろう。今は思い通りにならぬフラストレーション、ムシャクシャする憂さを毎度の側近の処刑で晴らしているようである。北朝鮮の野良犬どもはもう満腹状態、ゲップしつつ腹を上に寝ているのでは?それにしても、元カノ&異母兄&叔父さん&側近&○○殺しの北朝鮮サイコパス殺人鬼独裁者の側近の座は、まさに死の椅子である。米軍の圧倒的軍事圧力、独裁者の疑心暗鬼、処刑され犬の餌(糞)になる恐怖、寄生虫しかいないペコペコのすきっ腹、万年栄養失調状態、寒い寒い冬・・・。果たしていつまで堪えうるのだろう?もはや人間の理性や良心、判断能力は完全に吹っ飛び喪失、野獣化し、ただただ核兵器開発に疾走・突進するのみの北朝鮮。が、高度な軍事技術を支える汎用技術なき核兵器・弾道ミサイル開発は、必ずほころびが出、とんでもない欠陥やヒューマンエラーを招来する事だろう。プルトニウムやウランが漏れ出したり、弾道ミサイルの配線配管がギロチン破断で大爆発を起こしたり、生物兵器用ペスト菌をまぶしたノミやネズミが保管庫から大脱走したり、サリンやVXガスを充填したボンベが錆で腐食し穴が開き漏れ出したり、弾道ミサイルの目標座標を39・125と入力してみたり、・・・。何が起きるか分からない。



     次の馬鹿(第七回核実験、東京上空通過ウクライナ製ICBM発射、38度線突破南侵、ソウル火の海・・・)がかまされるとき。果たして米軍は動くのか?自衛隊は弾道ミサイルを叩き落すのか?韓国軍シン・シルミド部隊は特攻作戦を断行するのか?予断を許さない。ただ本当に北朝鮮が核兵器等大量破壊兵器をイランやテロリストらに譲渡しようとしたり、対日対韓核攻撃をしようとしたり、太平洋水爆実験による巨大地震・巨大津波で米国西海岸に壊滅的大打撃をもたらそうとすれば、世界最大最強の軍事諜報超大国米国は躊躇なく核兵器の先制使用をするだろう。最新鋭バンカーバスターの弾頭には戦術核兵器や中性子爆弾が装着されるのでは?あるいは未知のウルトラ・ミラクル・ウェポン炸裂か?いずれにせよ、誰も見たことがない「怒りと炎」で北朝鮮は壊滅する。北朝鮮、カウントダウン、止まらない。日本に神(GOD)のご加護と憐れみを。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/11/23

    ムガベ独裁は去ったが、新指導者は中国で訓練を受けた革命家 思わずホンネ。「ジンバブエと中国関係は以前より良くなるだろう」←情報ありがとうございます。ジンバブエ、、、日本は無視でいいですよね。