国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<独裁37年のムガベ、子飼いの軍人が裏切り、ついに倒れる

2017/11/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)11月17日(金曜日)
          通巻第5506号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 独裁37年のムガベ、子飼いの軍人が裏切り、ついに倒れる
  中国の保護領だったジンバブエの独裁が終わるのに中国は驚いていない?
****************************************

 ジンバブエの首都ハラレで軍事クーデタが成功した模様である。
 37年もの長きにわたってジンバブエを支配してきたムガベ大統領とその一族は、中国の支援で延命できた。
通貨の大暴落によるハイパーインフレに悩み、物価は2、000、000倍。国民の不満は爆発して、前回の選挙でムガベは事実上敗北していたが、誤魔化しと不正投票で「勝利」と宣伝した。

その選挙カー、揃いのTシャツからチラシの印刷まで、中国が丸抱えだった。
しかしジンバブエ通貨は市場では通用せず、なんと法定通貨は中国の人民元。そして町では米ドルとユーロ、一部は南ア通貨のランドの取引となった。

93歳のムガベは老衰が激しく、昔の演説を何回も繰り返したりして、周辺の呆れがちだったが、後妻のグレースが、大統領夫人の座を笠にして浪費を重ね、国内ばかりかボツアナやナミビアなどに豪邸を建て、国民や野党から「グッチ・グレース」と罵られてきた。周辺では次期後継が、この悪名高き後妻となると、ジンバブエの政治腐敗はさらに進行すると懸念の声があがっていた。

15日早朝に軍隊が出動し、ムガベ大統領を自宅に軟禁し、何台かの戦車とともに、政府機関、国会、放送局などの拠点を軍事制圧した。
ムガベと並ぶ独裁女、グレース夫人は所在不明。そして16日、南アに亡命していたエマーソン・マナンガグワが急遽、ハラレへ帰国した。マナンガグワはムガベ独裁の右腕だったが、ふたりは仲違いし、南アにさっと身を隠していた。国外から軍と連絡を取り合っていた。

11月16日になると、町には銃声が聞こえず、国民はこの静かなるクーデタを「歓迎している雰囲気」と英紙『ガーディアン』が伝えた。野党からも非難声明はなく、次期選挙が公平に行われる旨の声明が出された。
ジンバブエ軍は「政権移行チームが発足し、五年以内に民政移管の選挙が行われるだろう」と声明を発表した。

新しい事実が分かった。
このクーデタの数日前に、マナンガグワはひそかに北京にいた。
しかもジンバブエ軍のグベヤ・チウェンガ国防大臣が前後して北京を訪問し、中国中央軍事委員会の大幹部ふたりと面談していたことが判明した。

つまり、このクーデタ劇は、ムガベ側近と軍が事前に共謀し、北京の承認を得てから決行した政変劇だった。ゴルバチョフ夫妻を監禁した政治劇とプロセスは似ているが、旧ソ連最後の軍事クーデタは未遂だった。

      □◇▽み◎□◇◎や△□◇ざ□▽◎き◇□◎          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翔んでる発想を華々しく列挙、嬉しくなるような変化球
 こういう地平から物事を愉快に考える人がいるんだ

  ♪
和田秀樹『私の保守宣言』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@

 読後感は愉快千万、なるほどこういう柔軟な発想をする学者がいるのか、という意外な側面を知ったことだった。
日本の核武装も、じつは簡単で原発がとまってしまってプルトニウムはたくさん残っているからNPT条約を脱退すれば、すぐにも出来ると、和田先生は核武装論者だ。
年功序列、終身雇用もたいへん良い制度であり、これが日本的経営の精髄で世界に競争力を保てると言われ、ノーベル賞の中村某は世界標準でいうと「売国奴」だと、批判の刃も鮮烈である。なぜなら日本の企業で開発した成果をアメリカに持って行ったわけで、これはアメリカの判例で言うと産業スパイである。
とくに評者(宮崎)が新鮮と思ったのは超円高に賛成、一ドル=30円が理想であるというくだりだった。
評者は政治経済評論をしているので、こういう実現不可能な話をすることはないが、一ドル=70円でも日本経済は耐えた。円安にぶれると株がぽんと上がり、日本の景気は良くなった。再びの円高はそれを逆転させる。
しかし和田氏の発想は同じ次元からではなく、「一ドルが360円から80円になるまでに24年しかかかっていません。その95年から順調に成長していたら、今頃、80円から四分の一の20円になる流れだった(そうであれば、日本のGDPは世界一です)のに、いまは120円まで下った」(中略)「一ドルが30円になったら日本の富は四倍に増え、アメリカとGDPでは並びます。」(183p)
 ということは中国のGDPは日本の半分になり、昔の状態に戻るだろう。じつは、中国の経済実力はそれくらいしかないのだ。つまり為替のマジックが日本の経済力を過小評価させ、中国のそれを過大評価させていることになる。
もっとも一ドル=100円を超える円高状態になると、年間2500万人の外国人観光客は一斉に停まるし、日本の賃金が高まると、アジア諸国からどっと出稼ぎが押し寄せるデメリットがある。
したがって氏の円高歓迎論は、現実離れしている。けれども、その柔軟な発想の根底にある豊饒な想像力の愉快さには乾杯したくなったのである。
       ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1657回】               
――「即ち支那國は滅びても支那人は滅びぬ」――(佐藤4)
  佐藤善治郎『南清紀行』(良明堂書店 明治44年)

   ▽
乞食が額を石に打ち付ける音は、「一町位聞え、泣く聲は三四町きこえる」。「通常人があの眞似を半時間もやれば死んで仕舞ふであらう」。だが死ぬことはない。なにかカラクリがあるはずだ。「そつと後に廻つて見れば、?布で鉢巻をして居つた。晝間見れば牛肉の血など塗つてやつて居るさうである」。ということは、「?布で鉢巻」や「牛肉の血」は乞食商売にとっての小道具と考えて間違いないだろう。それにしてもバカバカしい限りだが、「支那人の如き利己的冷淡なる人民の間に於て乞食をするは寔に骨の折れた事である」ことだけは確かだ。

 「支那人は飲食の慾にきたない事」を見て取った佐藤は、「支那人に三大慾がある」と口を極める。「三大慾」とは「色慾と飲食慾と金錢慾」である。「彼等には美を愛するといふ思想も極めて幼稚劣等で」、「眞理を愛するといふ思想も薄く」、「善を愛するといふ事も通常以上ではない」。そこで「人は食ふために生まれて來たと觀念して居るらしい」と考えた。

  汽車での旅行中に「二三の支那新聞を買つて見」て、日本で洪水が発生したことを知る。
そこで佐藤は「東洋の大洪水」と題された記事に興味を持った。「本年はハレー彗星が出たから、世界何れの國か其禍に罹るに相違ないと思つて居つた處が、日本が其禍を受けた」と書き出され、日本各地の被害状況を詳細に報じた後、「世界國多し。而して日本獨り災害を受けしは何故ぞや。蓋し日本は奸邪の國である。嚮には日俄協約を以て滿洲の利權を収め、今又韓國が合併すとの風説がある。天の日本に災する亦宜ならずや」と結ばれていた。かくて「清國人には左樣に感ぜらるゝかと考えた」のであった。

  この記事によれば、日本が洪水に襲われた原因は「滿洲の利權を収め」、日韓併合を強行するような「奸邪の國である」からであり、「天の日本に災」するのは当然。つまり洪水は天罰であり自業自得ということになるらしい。また日韓併合に関し、「韓國はもと支那の屬報たりと説き起して悲憤慷慨の筆を振つて居」た記事も目にしている。

 以上は、日韓併合が正式に実施された明治43年(1910)8月29日より10日ほど前のことである。それにしても佐藤が示す「二三の支那新聞」の記事から判断する限り、本来は清国に属する満州や韓国を日本が収めたことに、彼は余ほど我慢がならなかったということだろう。

 因みに佐藤が「二三の支那新聞を買つて見」てから1年と1ヶ月ほどが過ぎた1911年10月10日、辛亥革命の砲声が鳴り響き清国は崩壊している。

 佐藤の南清の旅は、長江中流の漢口、漢陽、武昌で折り返し上海に戻った後、蘇州、杭州など江南の景勝地に転じて終わった。

  景勝地に関する故事来歴は詳細に綴られているが、旅行ガイド・ブックの域を超えるものでもない。敢えて紹介するまでもないだろうから割愛して、巻末に置かれた「第十七章 南清漫遊の感想」に進むことにする。それというのも、ここで佐藤は旅行を総括しているからだ。

  先ず地勢について説き起こし、「支那と日本との地勢を比ぶれば、學校の講堂と、數奇を凝らしたる住家の樣である」としたうえで、「支那は統一的の地勢である。數國は併立せぬ。(中略)若し列強の分割となつても、地勢があまりにも統一的であるから、問題は頻繁に起こることであらう」と、地勢のうえからも分割統治は成り立たちそうにないとする。

 黄河と長江に挟まれた大陸の中心部には「著しき山脈はない」。「地勢の平坦と、大河の通ずる事よりして、勢力の分立の出來ぬ事」は歴史的にみても明らか。一時的には様々な勢力が「分立」することもあったが、やはり「忽ち統一することになる」と説く。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)中国の科学技術開発予算ですが、やはり日本の遅れが大変気になります。軍事予算は日本を遥かに上回っております。専門家は日本の三倍と推計しています。
それなのに日本は中国にODAとして6兆円も過去に援助してきました。日本はまるで自ら望んで「振り込め詐欺」にひっかかったようなものです。
それと抵抗勢力はすかさず殲滅する、という一党独裁の国は 一つの議案を決めるのに何年もかかる民主主義の国とは判断・決断のスピードが全く異なります。
 日本の若者の奮起に期待するよりありません。
     (AO生、伊豆)



   ♪
(読者の声2) 「親日国パラオを知ろう」講演会のご案内
 南洋の島国パラオは、世界で最も親日的な、日本にとって大変大切な国です。しかしながら、このパラオにも某国の魔手が伸びているという現状にも我々は注意を払わなければなりません。パラオを知り、パラオとの友好を深めるための講演会を下記の通り開催しますので、是非皆様のご参加を願いする次第です。
     記
とき  11月24日(金)18時30分〜20時30分
会場  文京シビックセンター 26階 スカイホール
会費  1000円
<プログラム>
会長挨拶 日本とパラオの友好 田下昌明:日本会議北海道本部理事長
基調講演 パラオの歴史と現状 茂木弘道:史実を世界に発信する会会長代行 
報告1 壮絶なるペリリューの戦い 口石修:日本近代史検証会会員
報告2 慰霊の旅について    奥本康大:「空の神兵」顕彰会会長 
パラオ共和国駐日特命全権大使ご挨拶 フランシス・マリウル・マツタロウ
主催 :日本パラオ友好の会
共催 :史実を世界に発信する会、一般社団法人新しい歴教科書をつくる会
 日本会議北海道本部、日本の明日を考える市民塾、「空の神兵」顕彰会 
こちらもご覧ください!
http://www.sdh-fact.com/CL/Palau.pdf
(「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)

 

  ♪
(読者の声3) 第7回 アジアの民主化を促進する東京集会報告です。ウアルカイシ氏の記念講演要旨など、興味を持ってくだされば拡散ください。
http://freeasia2011.org/japan/archives/5298
   (三浦生)
       □◇□△□◇□▽◎□◇□◎□◇     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 軍事評論家・鍛冶俊樹の軍事ジャーナル (11月16日)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
在韓米軍撤退のシナリオ
@@@@@@@@@@@

 言うまでもなく、現在米国でトランプ政権を揺るがしているロシアンゲート事件とは、1970年代のウォータゲート事件に因んだ命名だが、米国内外の政治状況も当時に酷似するのには驚く他はない。
 1960年代、米国の民主党ジョンソン政権は南ベトナムを北ベトナム共産主義政権の脅威から守るため、50万人もの米兵を南ベトナムに駐留させ、侵入してくる北ベトナム軍と戦闘させていた。
 いわゆるベトナム戦争であるが、米兵の戦死者は5万人を数え米国内では反戦運動が渦巻いた。1968年、ベトナム戦争の終結を公約に大統領に選出された共和党のニクソンは、北ベトナムを支援する中国と交渉した。
 更に北ベトナムから「南ベトナムを侵略しない」との確約を取り付けて、米軍を南ベトナムから全面撤退させた。もし北ベトナムが侵略を再開すれば「米軍は南ベトナムに再び派遣される」という約束で南ベトナムも納得したのである。
 だが、そのニクソンはウォータゲート事件という国内政治スキャンダルで辞任に追い込まれ、その政治的混乱を狙ったかのように北ベトナム軍は南ベトナムに侵攻した。中国は北ベトナムを支援し一方、米国は大統領交代の政治的空白で米軍を派遣できなかった。
 かくして南ベトナムは北ベトナムに武力併合された訳だが、南ベトナムから脱出した難民は90万人に及び東南アジアは大混乱に陥った。

 さて賢明なる読者は、当時と今の米国内外の政治状況が酷似している事にお気付きだろう。朝鮮半島はかつてのベトナムと同様に南北に分断され、南を米国が北を中国が支援している。米国は中国と交渉して北朝鮮の核開発を停止させようとしている。
 先月末、訪韓したマチス米国防長官に韓国の宋国防相は米韓両軍の戦時作戦統制権の韓国への移管を申し入れた。米軍が他国の作戦指揮下に入る事は考えられないから、これは事実上、米軍の韓国からの撤退を意味する。両国は来年、この事項を検討する事で合意した。
 要するに来年以降、在韓米軍は撤退する公算が高いのである。同時に来年の米国の中間選挙で共和党が敗北すれば、米議会でトランプ大統領が弾劾される事は確実である。
 つまりベトナム戦争の時と同様に、米軍が撤退し大統領が辞任に追い込まれ、米国に政治的空白が生じたときに中国の支援を受けた北朝鮮が何をするかは、火を見るよりも明らかであろう。
       ◇◇○ ○▽▽ □□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 宮崎正弘 今月の論文 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(1)「世界は今、南アフリカ」(『エルネオス』12月号、月末発行)
(2)「中国が北を先制攻撃する日」(『月刊日本』、12月号。23日発売) 
(3)「書評 富岡幸一郎『虚妄の戦後』」(『正論』1月号。12月1日発売)
(4)「習近平独裁は空の城」(『北国新聞』コラム、11月14日)
(5)「明治維新の本質とは何か」(『伝統と革新』、11月下旬発売)
       ◇◇○ □□▽ ▽◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼憂国忌(第四十七回三島由紀夫氏追悼会)のご案内▼
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    憂国忌はどなたでも予約なくご参加いただけます!
    (11月19日の産経広告(社会面)をご参照ください)
           記
とき  平成29年11月25日(土曜) 午後二時
ところ 星陵会館大ホール(千代田区永田町)
http://www.seiryokai.org/kaikan/map.html

<プログラム>   総合司会  佐波優子
1400 開会の辞 富岡幸一郎(鎌倉文学館長)
1405 奉納演奏 薩摩琵琶「城山」(島津義秀=加治木島津家13代当主)
1430 シンポジウム「西郷隆盛と三島由紀夫」
     (パネラー。五十音順、敬称略)
     桶谷秀昭(文藝評論家)
     新保祐司(文藝評論家、都留文科大学教授)
     松本 徹(文藝評論家、三島文学館前館長)
     渡邊利夫(拓殖大学前総長、学事顧問)
     水島総(司会兼 日本文化チャンネル桜代表)

1615 追悼挨拶 女優 村松英子「酸模とサロン劇場」
     閉会の辞 玉川博己 事務局からお知らせ
     「海ゆかば」合唱

     なお当日は島津義秀氏『示現流』CD「城山」、宮崎正弘氏『西?隆盛』、渡邊利夫『士魂 福沢諭吉の真実』などが特別価格で頒布されます。
       ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ♪
<宮崎正弘新刊ラインアップ>
♪♪♪
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

      ♪
<宮崎正弘の鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/11/17

    独裁37年のムガベ、子飼いの軍人が裏切り、ついに倒れる 中国の保護領だったジンバブエの独裁が終わるのに中国は驚いていない?←とにかく、中国という国と関わるのはごめんこうむりたいということだけはよくわかりました。