国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 欧州ジャーナリズムは習近平を称賛したが? <<歴史家のニアル・ファーガソンが明確に反論

2017/10/31

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月31日(火曜日)
        通巻第5496号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欧州ジャーナリズムは習近平を称賛したが?
  歴史家のニアル・ファーガソンが明確に反論
***************************************

 ハーバード大学教授、歴史家として世界的に著名なニアル・ファーガソンが『サウスチャイナ・モーニングポスト』(10月30日)に寄稿して、欧州メディアの習近平礼賛に疑問を呈した。

 英『エコノミスト』誌は書いた。
 「習近平は世界一のパワーを手にした。世界の覇権を達成する長期的戦略を掲げ、鉄の拳でそれをなそうとしている。ダボス会議では、あたかも自由貿易の旗手の如く振る舞った」
 英紙ファイナンシャルタイムズも吠えた。
 「習近平は類いまれな政治家の才能を発揮して、彼の路線は中国共産党を席巻した」

 18世紀から19世紀にかけて西側の中国認識は「不潔、アヘン、腐敗、文化後退」だった。その認識を中国人がいまの米国に対して抱くようになった」と書き出したのがニアル・ファーガソンである。

 「西側メディアは三つのことを見落としている。第一に『習近平思想』というが、それを煎じ詰めると中華民族の復興、偉大なる発展ということでしかない。
第二に権力基盤を固めた等とする分析があるが、最高意思決定機関のメンバーは胡錦涛派がふたり、江沢民派が一人、無派閥が一人という構成ではないか。派閥均衡人事は権力基盤を固めていない。
 第三に経済政策は殆ど明示されておらず、あるいは習が目的としていることは『毛沢東2・0』ではないのか?」
 ニアル・ファーガソンはどちらかと言えばリベラル派だが、冷静である。
         □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 韓国人に日本侮蔑をやめて国際的常識に還れと説くのは
  アーミッシュやオーソドックス・ジューに生き方を変えろと説得するようなもの

  ♪
加瀬英明『小池百合子氏は流行神だったのか』(勉誠出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 実に痛快な評論集である。
 加瀬英明氏のエッセイはいつも楽しい。深刻な問題をさらりとユーモアを交えて、楽天的な解決策を提示する。憂鬱な議論が嘘のように、濃霧がさっと晴れるような気分を味わえる稀有の文章家である。
 本書のタイトルは小池劇場だが、表面的な現象に触れているのは三ページ程度で、もっと深く、その背景にある日本人の宗教心、歴史観に言及してゆく手法が鮮やかである。
 そもそも日本は北朝鮮の核ミサイルの脅威を目の前にして、「もりかけ問答」に明け暮れるという体たらくは、何が原因なのだろうか?
 加瀬英明氏はこう言われる。
 「護憲派が信仰する平和主義は、精神が何よりも尊いとする精神主義であって、精神が日本の平和を護ってくれるというものだ。北朝鮮も、中国も、この崇高な精神を理解してくれるはずだから、日本を害することがないと、確信しているのだろう」
 一時的狂信と言うべきかも知れないが、やはり「伊勢詣で」や「いいじゃないか運動」のように、一過性の流行現象であり、60年安保も流行神だったのだ。
 「国会を取りまいていた、時には十万人をこえたデモ隊は、改定された日米安保条約が発効すると、潮が引いたように姿を消した。まるで、嘘のようだった」。
そこで当時、加瀬氏は『文藝春秋』に寄稿して次のように書いた。
 「『悪霊どもはその人から出て、豚に入った。豚の群れはいきなり崖を駈け下って、湖に入り溺れ死んだ』という『新約聖書』の一節を引用した。私は60年安保の体験から、日本における左翼運動は風俗にしか過ぎないと、確信するようになった。お祭りのような一過性のデモは、日本の国民性に適っているが、思想がイデオロギーとして根付くことがない」。
 案の定、小池劇場は流行神のように終息した。

 また韓国の病的な、出鱈目な歴史観に関しても次のように言われる。
 韓国の日本侮辱、滅茶苦茶な日本非難の合唱も、腹が立って仕方がないという誇り高き日本人が多いが、あれは韓国人の歴史的な宿痾、長きにわたるDNAであり、哀れとおもって接したほうが良いというのが加瀬氏の持論である。
「アメリカにキリスト教の一派のアーミッシュの共同体があるが、電気も電話も自動車も、いっさいの機械の使用だけでなく、聖書以外の読書、賛美歌以外の音楽を禁じている。(中略)アーミッシュや、オーソドックス・ジューに、生き方を変えるように求めるものだろうか? 韓国人もそうだと、思うほかはない」(77p)
 圧迫された感じのあるもやもやした靄が去った。
         ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 税金で養ってもらっている筈の地方公務員が国家に反逆し、自治体を破壊する
  なぜ公務員がこうも優遇されるのかは「自治労」という伏魔殿の存在だ

  ♪
森口朗『自治労の正体』(扶桑社新書)
@@@@@@@@@@@@@@

 自治労という伏魔殿がある。革マル派や中核派が拠点にするとも言われ、首長を巻き込んで自治体を支配している。闇政治の黒幕である。なんと、80万人の地方公務員が、この自治労に加盟している。
 本書は誰も書かなかった巨大な組織の実態、その暗黒の闇に迫る。
 「保守政党であるはずの自民党も、彼ら左翼が跋扈する状態を野放しにしています。日本は共産党が国会の議席を有する、先進国としては珍しい国です。また、2017年10月の総選挙まで野党第1党であった民進党には、共産党よりも暴力的な新左翼と呼ばれた人たちの末裔もいます。(中略)共産主義国家・中国では政府がチベット人やウィグル人を弾圧し、北朝鮮では金正恩政権が核とミサイルを開発し世界を恫喝しているのに、なぜ日本の国会議員はこれらの国に堂々とモノを言えないのでしょう。そこにも自治労は大きく関与しています」。
 まさにその通りで、ミサイルの脅威より、「もりかけ問題」を捏造して安倍政権つぶしに狂奔していた朝日新聞と同様に自治労は悪質である。
 著者はこうも言う。
 「日本は平和な国だと言う人がいますが、我が国は韓国に竹島を奪われ、中国の警察権力である海警の船舶は尖閣諸島付近に侵入し、北朝鮮に拉致された同胞は帰ってきません。これらは全て、日本国に対する主権侵害です」。
 つまり自治労に巣くう暴力革命を志向する活動家らの状態を放置すれば、いずれ日本にも全体主義の独裁政治に転落すると警告を発している。

 独裁の狂気は毛沢東とスターリン、その毛沢東を狙うのが習近平。スターリンにいまもあこがれているのが自治労の活動家の中核組織である。
 スターリンの独裁を思い出す、として著者は次の点をあげる。
 「個人崇拝はマルクス、レーニンによって戒められていたにもかかわらず、レーニンの死後、党と国家の指導者となったスターリンは、自らを対象とした個人崇拝を許すどころか奨励し、党生活や社会主義建設に重大な障害をもたらした」(61p)。
 習近平も「個人崇拝」を奨励し、党規約などに「習近平思想」を書き込ませた。スターリンと行動パターンが酷似する。
 そしてスターリンは第十七回党大会(1934)で選出された「中央委員、同候補139名のうち、70%にあたる98名が処刑された。(中略)代議員全体を見ても、1966名のうち1108名が同様の運命をたどった」
 習近平が粛清した公務員、党員は10万を超えるが、さすがにスターリン時代とは異なり、処刑には到っていないが、刑務所内での突然死は続発している。
 その後、中ソは決裂し、対立するが、この間隙を衝いてスターリンの個人崇拝に似たことをやってのけたのが北朝鮮だった。
 その全体主義の走狗となって日本で暴れまくる極左の中核に自治労の活動家が多く紛れ込んでいるという実態が、本書を通じて浮かび上がる。

      ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「赤尾由美さんを励ます会」の御案内です。
 先の衆議院選挙では東京都比例区で「日本のこころ」から出馬されて、大健闘された赤尾由美さんを励ます会が下記の通り行われますのでご案内します。

日時: 11月7日(火)18時半開演
場所: 文京シビックセンター26階スカイホール
    丸の内線・南北線「後楽園」下車1分。三田線・大江戸線「春日」下車1分
    JR「水道橋」下車9分
    下記地図を参照
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
参加費 1千円(事前申込みは不要)
主催  赤尾由美さんを応援する会
連絡先 佐藤和夫 TEL 090-6709-9380
Eメール kazuetu@sd.dcns.ne.jp



  ♪
(読者の声2)日本文化チャンネル桜からお知らせです。
番組「闘論!倒論!討論!2017 日本よ、今...」 
テーマ:「中国共産党大会終了!緊迫する東アジアと世界」(仮)
放送予定:11月4日(土)20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!528チャンネル)
「YouTube」「ニコニコチャンネル」「Fresh!」オフィシャルサイト
インターネット放送So-TV
      記
<パネリスト:50音順敬称略>
河添恵子(ノンフィクション作家)
田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)
野口裕之(産経新聞政治部専門委員)
坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授・チベット文化研究所名誉所長)
宮崎正弘(作家・評論家)
用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将) 
水島 総(司会兼。日本文化チャンネル桜 代表)



  ♪
(読者の声3) 911テロ事件発生時には駐米大使として日米の協力を推進し、その後は国際海洋法裁判所判事として様々な海洋紛争―例えば南シナ海に関するフィリピンと中国の間の紛争について仲裁裁判所の構成に関与する等の形で尽力し、また海賊や海上テロの問題にも造詣の深い日本を代表する外交官が、その経験に基づき「対テロ戦争の時代」に関して語ってくださいます。
また今回は特に日本人の関心の深い北朝鮮の核兵器とミサイル開発が重大な脅威になっている問題に関しましても、国際政治の現場で活躍されて来た見地から解説して頂けると思います。
多くの方々の御参加を待ち申し上げております。

日時     11月29日(水)午後6時〜8時 (受付5時30分)
会場     憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面向側)
講師     柳井俊二(国際海洋法裁判所判事、元駐米大使)
略歴:1937年東京生れ。1961年東大法学部卒、外務省入省。外務事務次官、駐米大使を経て中央大学法学部教授、早稲田大学特命教授。2005年より現在、国際海洋法裁判所判事。2011年から2014年まで、同裁判所長。
共催     一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
協賛     一般社団法人)日本安全保障・危機管理学会  防災・テロ対策研究会
参加費    2000円
        要予約。以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。
http://www.ozakiyukio.jp/lectures/2017.html#1025



  ♪
(読者の声4)【呼びかけ】全国高校野球百周年記念大会へ台湾代表の参加を実現しよう
2018年8月、全国高校野球は百周年の記念大会を迎える。
全国高校野球連盟(高野連)の関係者によれば、この記念大会は過去百年間に出場したすべての学校関係者に祝福されて成功させねばならないと希望しているそうである。ここに言うすべての出場校には戦前の台湾をはじめ満州、朝鮮からの代表校も含まれる。その中でも台湾代表が活躍した華々しいページはいまも我々の記憶に新しく、数年前に制作され上映された映画「KANO」の衝撃もあって、甲子園の歴史を語るとき台湾代表の部分を避けて通ることは不可能である。その責任ある高野連は、来る百年記念大会に台湾代表の招致を決して忘れてはならないのである。もし台湾代表の参加が実現しない場合、光輝ある甲子園大会の歴史に大きな欠陥と汚点を残す結果を招くからである。
 上記の理由にてわれわれ有志は、昨年来高野連をはじめ戦前台湾代表と強いきずなを築いてきた松山商業、中京商業、札幌商業など名門校に対して台湾代表の参加を実現すべく尽力されるよう呼びかけを続けてきた。その結果、本日まで台湾と交流の深いいくつかの地方自治体や在日台湾人、台湾野球関係者から力強いご支持を賜っている。
ただ、責任ある高野連は台湾代表招請を未だ実感として把握していない。台湾と日本の試合をあくまで国際試合と心得ているからであろうか。満州は滅び、朝鮮半島は混乱が絶えない中、台湾こそは戦前から培った日本の野球精神と技術の向上に励み、日本のいかなる高校と比較しても遜色なく、甲子園出場に十分すぎる条件を整えている。
 台湾と日本は自由と民主主義を共有する極東の要に位置し、戦後一貫して政治、経済、文化を共有する立場に変わりなかった。これらの親密な関係が将来長きにわたって維持向上されるには、旧世代が苦心して育てた絆の上に両国の青少年が確固たる友情と信頼関係を築いてゆけるような環境を整えることが重要である。それこそまさにスポーツ・文化の交流を促進することに外ならない。
 台湾の高校代表が甲子園百年記念大会に日本国内からの各代表と同じ条件で分け隔てなく参加することは、単なる野球ゲームを超えて両国が共同体を築く上できわめて意義あることと考えねばならない。
 ここに両国の野球関係者をはじめ台湾各地との姉妹都市関係者、心ある有志が一体となって明年に迫った記念大会にはぜひ台湾代表の参加が実現するよう高野連に働きかけようではないか。                  
 (「甲子園百周年大会に台湾代表参加を実現する会」 札幌市 海原創)



  ♪
(読者の声5)貴誌巻第5495号でMN生氏が(読者の声1)で、「外交で中国に対抗できるのは関西と北九州出身者だから、外交官試験合格者の多くは関西・北九州から採」れとは卓見ですね。
同氏は、「名古屋は入りませんか?」と書かれましたが、それは無理だと思います。名古屋出身者は馬鹿正直すぎます。
私は高校生の頃「厚黒学」を読みましたが、馬鹿正直さが抜けず、世渡りはさっぱりです。それでよいと思っています。
  (ST生、千葉)



  ♪
(読者の声6)先般、外務省は杉原エセ美談をユネスコに記憶遺産に申請した。しかしこの話は、ロシアの反日本軍宣伝工作の可能性がある。
そこで内閣府に精査を要請した。
 1.杉原エセ美談の問題は毒饅頭であることだ。杉原を賞賛すると自動的に戦前の日本と日本軍を非難する仕組みになっている。
 2.杉原美談は真偽が入り交じっていることと史実の隠蔽があるのでわかりにくい。
1)日本政府による杉原迫害説は虚偽である。彼は戦前叙勲しており、戦後の退職もGHQの外務省減員命令だ。大体GHQがユダヤ人救出を理由に退職させることなどあり得ない。
 2)実際にユダヤ人救出のために働いた日本軍関係者(樋口少将ら)が隠蔽されている
 3)杉原はソ連と異常に深い関係があった。抑留から異例の短期間で帰国し外務省退職後はモスクワで長期間勤務している。
 3.イスラエルの対応
産経紙によるとイスラエルは近く、樋口少将らのユダヤ人救出の事績が杉原単独救出説で隠蔽されているので史実を広報するために映画を作るようだ。
国際ユダヤ人協会は戦前1941.3に既に樋口少将、安江大佐を恩人名鑑(ゴールデンブック)に記名し、上海でユダヤ人を保護した犬塚大佐には感謝のシガレットケースを贈呈している。
 4.ロシアの対応
ロシアは杉原単独救出説を主張している。シベリヤ鉄道の満洲国境にあるオトポル駅は、1938.3の樋口少将らのユダヤ人満州通過許可事件の舞台となったところだが、最近駅名を変える動きがあると言う。歴史の消滅工作ではないか。
また袴田茂樹教授によると現地の博物館では杉原の単独救出説だけを広報し、樋口少将らの事績は隠されているという。
 5.日本
日本では杉原単独救出が圧倒的に主流で日本軍のユダヤ人救出は隠されている。
評論家の大高未貴氏は、本件の講演を頼まれたとき、講演者側から樋口少将らに言及しないように注意され、不審に思ったという。岐阜県や早稲田大学が杉原単独救出説に騙されているのは残念だ。
なお、本件では親ロシア派の鈴木宗男議員(当時)が小泉内閣当時、外務省に杉原迫害説を確認させようとしたが外務省は事実ではないと回答している。これは杉原美談工作にロシアが関与していることを感じさせる。
 6.問題は何故、今この工作が動き出したのか、だ。
 1)それはイスラエルが史実を明らかにし、隠された日本軍の恩人の顕彰に乗り出したからではないか。
 2)また日本人の間にユネスコから脱退する動きがあるので、引き留めようと毒饅頭を食わせるということではないか。日本政府はこの手の込んだ謀略工作に騙されないように事件を精査しなければならない。
登録されると世界の笑いものになる。
 私の調査結果はアマゾン電子本に「杉原美談の偽史と日本のユダヤ人救出」と題して掲示してあるので、御参考まで。
  (東海子)


(宮崎正弘のコメント)リトアニアの古都、カウナスに杉原記念館があり、日本人観光客がかなり訪れるので、「杉原チョコレート」を売り出したら、土産に多くの日本人が買っていく由です。という小生も五個ばかり買いましたが(笑い)。
 杉原は戦後の行動が実に怪しいですね。ソ連のスパイ説が消えないのはその所為でしょう。もっとも、杉原はカウナス赴任の前、ハルビンで特殊工作にあたっており、ロシア人女性と結婚していた時期があります。
 ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/
          
  ♪♪
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参! 再版出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/ 
       ◇◇□□○○△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (休刊のお知らせ)11月2日からの連休中、小誌は休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。