国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<共和党を支えるグループの内部対立が先鋭化してきた

2017/10/17

   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/
           ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月17日(火曜日)
        通巻第5483号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ジョン・ケリー首席補佐官「当面は空席の政権幹部を決めることだ」
  共和党を支えるグループの内部対立が先鋭化してきた
****************************************

 フリーバスの更迭によって国土安全局長(閣僚)からホワイトハウスの中枢に座ったジョン・ケリー首席補佐官は、山積みの仕事の中でも、「当面は空席の政権幹部を決めることだ」と表明した。

 なにしろ閣僚人事だけが決まって政権はスタートしたが、副長官、次官、次官補が広範に不在である。在韓大使も決まらない。外交を担当する部署に東アジア担当が決まらない。年内を目標に空席を埋め、政権を磐石なものとしなければならないだろう。

 そのうえトランプ大統領の気まぐれが昂じ、ときに誰も知らないうちに幹部を更迭したりする。
 ティラーソン国務長官の更迭説が根強いが、ポリティコインサイダー誌(10月16日)に拠れば、CIA長官を更迭し、すでにトランプ大統領には意中の人がいると報道している。
 
 ところが、与党・共和党を支えるグループの内部対立が先鋭化してきた 
 もとよりワシントンのアウトサイダーだったトランプゆえに議会のベテランとは最初からそりが合わず、共和党内のハト派、グローバリストとはしょっちゅう喧嘩をしてきた。とくにオバマケアの撤廃をめぐっては、党内がまったくまとまらない。

 トランプを支える保守陣営と一口にいっても、宗教右派から茶会、防衛タカ派、反移民強硬派が呉越同舟しており、ブッシュ親子、アーミテージら知日派は、トランプ政権に非協力的であり、そのうえネオコンはトランプを批判している。

 宗教右派、とりわけエバンジュリカルと称せられる人々は中絶に反対し、同性愛結婚に反対している。防衛タカ派はNATO防衛、北朝鮮の核、イラン核合意見直しでトランプを評価し、反移民強硬派はメキシコの壁をつくることに満空の賛意。失業と貧困からの克服が第一義である。

 パリ協定離脱、NAFTA見直し、TPP脱退などは、各派が基本的に賛成だが、グローバリスムを尊重する保守穏健派(つまりブッシュ親子路線、ウォール街派)は、沈黙している。

  □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴著新刊『西?隆盛』、嘗て老生が赴任した場所が舞台の大半を占めていたこともあり、実に面白く、一気に読了しました。いま胸中を一陣の強風が吹きすぎたかのような感動を反芻しております。
 鹿児島赴任中は照國神社も、城山も極めて身近な存在、天文館付近はよく飲み歩いたものでした。桐野利秋の開墾していた吉野台地へ行こうとして道に迷ったり。
 大学在学中の親友の一人は、ご先祖が田原坂で戦死しており、同級生も又若くしてなくなっています。
 ですから老生の脳裏には常に田原坂一帯の、いまは実に平和な風景が浮かび上がり、同時に「左手に血刀、右手の手綱」の若き薩摩隼人の姿も浮かぶのです。 
 ご労作『西?隆盛』の感想でした。
   (KI生、目黒)


(宮崎正弘のコメント)ことしの「憂国忌」のシンポジウムのテーマは「西?隆盛と三島由紀夫」です。その前に勝海舟作誌の薩摩琵琶「城山」が加治木島津家第十三代当主の島津義秀先生によって奉納演奏されます。
 是非、ご参加下さい。11月25日土曜日、午後二時から。千代田区永田町の「星陵会館」です。



  ♪
(読者の声2)貴誌の迅速、頻繁な発信、それにもかかわらず、内容の質が維持されていることに敬意を表します。 
ところで5482号における、ASEAN,カンボジアレポート、拝読いたしました。独立のライターとして、幅広く、調査されていることにも、かさねて敬意を表します。
 実は、私は何回か転職をいたしましたが、晩年の数年間、国際協力コンサルタントを務めました。その際に従事したプロジェクトの中で、最も印象深いものが、東欧移行経済国、アジア諸国の経済法制度の整備状況を調査するものでした(JICAからの受託)。アジアについては、各国1週間ずつ、ブルネイ、シンガポール、ミャンマーを除くASEAN 7か国を7週間にわたり調査するという貴重な体験を得ました。
 当時は、世紀末の頃で、ロシアからタイに及んだ経済、通貨危機が東南アジア諸国に大きな悪影響を及ぼしていた時期でした。
当時はまだ、海外でインターネットを駆使したり、携帯を使うというような状況ではなかったため、現地で適時、迅速な情報を得ることはかなわなかったのですが、その前に訪れたロシアでは、訪問時に公定歩合が100%を超えたと聞いて、驚いたものです。
当時は、ソ連崩壊後10年にも満たず、まさに「リセット中」だったわけです。その時訪れたノボシビルスク駅頭(西シベリア)の寒々しい光景は忘れられません。国家破産の実例として、ロシアのような大国におけるものは、貴重なものだと思うのですが、我が国ではあまり調査、研究されていないように思われるのは遺憾です。
写真を撮っておけば、と悔やまれるのですが、当時はデジカメの性能が未だ十分でなく、また、私は、旧東欧国で、地下鉄駅の写真を撮っていて、警備官に連行された経験が数回あります。
 ところで、ASEAN 7か国についてですが、当時は、まだ中国の経済力等のプレゼンスが現在ほど巨大化しておらず、タイ通貨危機直後ということから、ASEAN諸国はIMF従って米国の強い指導、影響下にありました。
しかしながら、既にラオスやカンボディアのような旧社会主義国では、道路整備等に中国の援助が見られました。
 カンボディアについて、当時の政府諸機関を訪れて感じたのは、映画Killing Field に描かれていたインテリ層抹殺による、知識、文化の断絶です。
会話をしていて、この小国はこれから自立、自律していけるのだろうかと、深く案じられたのですが、通巻第5482号における、「このままいけばフンセン独裁体制が強化され、ますます自由と人権は圧迫され、中国の影響力はいや増すだろう」「カンボジアは中国のアセアン切り崩しの先兵となってしまった」という貴レポートを読み、あらためて暗たんたる気持ちになりました。
   (CAM)



  ♪
(読者の声3)貴誌5479号の(宮崎正弘のコメント)に「イスラエルは、シリア内戦の先行きが見えたいま、次にレバノンに浸透している武装勢力の動向に目がはなせない。そのうえ、ハマスとファタが、カイロに集まって、再び共闘を宣言し、もっといえばトルコがシリア北部に軍を派遣しました。米国はトルコ領内のクルドを支援するかも知れず、米国トルコ関係も冷却化。ほくそ笑んでいるのはロシアでしょう。次の中東情勢、動きが急です」
とあります。
米軍は複数地域同時戦闘は不可能と言われています。仮に、年末年始以降、米軍が北鮮にプレエンプティブアタック(予防先制攻撃)をした場合、数時間で終了すれば良いですが、長引くケースも考えられます。その場合、中東情勢や北海のロシア軍情勢に大きく影響するのでは?
ロシアや中東での事態が起こらない内に短期間で終結させ、韓国なんかより台湾とその近海(南シナ海、東シナ海)への米軍強化をしてほしいですが、朝鮮半島の核をどうするかで揉めるんでしょう。トランプ大統領は11月に日韓支比越各国を訪問しますが、北鮮の背後のプーチンとの対話は戦後になるのでしょうか。

もう一つの危険。「(バブル全盛期に)ともかく日本経済は鼻息荒く、アメリカの不動産も片っ端から買収し、ついにハリウッド映画を買収したあたりから、米国の反撃を迎え、日本経済はぺしゃんこにされます」
とあります。
現在、アメリカ企業の時価総額が世界市場で占める割合は50%を超えています。現在、シナ企業の割合は9%程度。つまり個別銘柄の時価総額大ベスト50企業のほとんどはアメリカ企業です。
シナは8社、スイスが3社、日本、韓国、英国、台湾が1社づつ。素晴らしい不均衡(imbalance)が生じています。
一方、1989年に日本企業が世界市場で占めた割合は50%を超えていました。世界時価総額上位はNTTや都銀など日本企業多数。東京の地価でアメリカ全土が買えるとメディアは帳簿上の数字を持ち出して報道されていました。
10年後の世界株式の時価総額がどうなっているか?
大変興味深いところです。もっとも、アメリカのトップの連中は税率ゼロだそうですが、無国籍企業は果たしてアメリカ企業と言えるのか・
10年後は国籍分けが無意味になるのかもしれません。
それにしても、日本は株価が暴落中の財務省通達による総量規制、金利を引き下げるべきタイミングでの日銀の公定歩合引き上げで日本は終わりました。
対して、アメリカはバブル崩壊にQEで対応し成功、シナは2015年に株価統制を強めて30%安で止まっています。
日本の日銀総裁はシナ人民銀行総裁よりよほど無能なのに、「平成の鬼平」とメディアに持ち上げられる。日本政府は日本人の幸福のために働いているのか、アメリカ人の幸せのためなのか?
どうも戦後傀儡政府、特に官僚は信用できません。皆さんが信じても私は決して全面的には信用しないという意味です。
  (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)日本経済の方向を誤断し、誤方向の導いた日銀、財務省への批判は巷と保守系の経済論壇には渦巻いていますが、かれらが責任を取ったという話は聞いたことがありませんね。



   ♪
(読者の声4) 貴誌前々号でしたか、CAMさんが、財政に関して藤巻健史氏の説を引用されていましたが、私には、下記の説明の方がよく理解できました。
【青木泰樹】国債発行は将来世代の負担ではない
https://38news.jp/economy/11184
  (TA生、川崎市)



  ♪
(読者の声5)「ラジオ日本」(1442Mhz)から宮崎正弘先生の生出演番組のお知らせです。
 きたる20日(金曜日)、「マット安川のずばり勝負」に宮崎さんが生出演です。番組は1230から1500ですが宮崎さんの出番は1253頃から1357までです。
 ご期待下さい。



  ♪
(読者の声6)貴誌通巻第5482号でカンボジアでのフンセン独裁体制の強化に言及されましたが、数年前カンボジアを訪問したとき首都プノンペンの一等地に宮殿に巨大で高く頑丈そうな塀に囲まれたフンセン氏の私邸を見てびっくりしました。
 政務のためのスペースを含む公邸が大きく豪勢でも仕方ありませんが、これが世界最貧国の一つであるカンボジアの社会主義者政治家の私邸がこれかとあきれてしまいました。
歴代の日本共産党党首やスターリン等の左翼政治家に富豪が多いことと平仄が合っているのでしょう。
 もっとびっくりしたことは、一般市民にこのことに対する反発がほとんど見られないことです。カンボジアには武力革命は兎も角、国民の意識革命が必要ではないのでしょうか。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)しかも、その公邸は中国が建てて差し上げたという噂があります。独裁者って、どの国でも同じ愚行をくりかえすものらしい。



  ♪
(読者の声7)10月22日投票の衆議院総選挙は自公優勢、希望は壊滅、立憲民主がどこまで伸ばせるかが焦点のようです。予想通りとはいえ、緑の小池タヌキの迷走ぶりはひどかった。
都民にも見限られ開票日には外国へ逃亡する惨めさ。
 憲法改正を目指す安倍総理、自衛隊を憲法9条に明記するという案は、あくまで世論の動向を見極めるためのものでしょう。公明党が主張する加憲とのからみもあります。ネットを見ているとネット民のレベルは新聞・テレビをはるかに上回っている。
 日米同盟でアメリカの戦争に巻き込まれるという主張に対して、ケント・ギルバートさんは逆にアメリカでは日本の戦争に巻き込まれる心配をしているという。
尖閣のような無人島をめぐる争いにアメリカ人が血を流すなど、自衛隊がよほどしっかり対処しない限りありえません。
 ネットの意見で、日米同盟の最大の目的は「アメリカに殴られないこと」というのがありましたが事実でしょう。
日英同盟を破棄してからの日本はしだいに孤立化し、五大国として浮かれて英米の確執に付け入るような外交はできず、最後はアメリカに潰されました。
 1980年代の日米関係を見るとベトナム戦争の後遺症で低迷するアメリカに対し、ライジングサンの日本はアメリカの企業やビルを買い占め日米関係は険悪化。外務次官から駐米大使を歴任した村田良平氏などアメリカが戦争を仕掛けてくるかもしれないと心配するほどでした。
実際、1980年代以降の経済戦争で自動車は対米進出を余儀なくされ、半導体は韓国・台湾に技術流出、銀行はバブル崩壊で総崩れになり13もあった都市銀行は3大メガバンクに集約されました。
 前回の戦争では主敵として中国・英国・米国という二正面作戦どころか三方面での戦いでした。
戦争では二正面作戦は避けるのが鉄則。今の日本としてはなんとしても米中蜜月での日本挟み撃ちだけは避けなくてはいけない。日清戦争後の三国干渉には臥薪嘗胆、雪辱を誓ったのに、日支事変の南京攻略戦では講和すら結べず泥沼へ。小室直樹氏によると南京陥落時点で講和していれば中国戦線での無駄な出費がなくなり海軍力を強化でき、対米戦争にも勝てたはずという。
 愛国保守勢力には歯がゆいかもしれませんが、アメリカの属国といわれようがポチ保守と罵られようが日本を守ることが大事。昔の歌に「三歩進んで二歩下がる」という歌詞がありました。
安倍総理が憲法改正を可能とする「憲法改正国民投票法」の施行にこぎつけたのは「三歩進む」であり、自衛隊を憲法9条に明記するというのは「二歩下がる」の状態なのだろうと思われます。
国民の意識を覚醒させるためにも遠回りのようですが一歩一歩が大事だと思われます。 
   (PB生、千葉)

      ◎◎ ◎□ □△ □◎ □◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ▲
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参! 再版出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/ 


  ♪♪♪
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/

       
  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析 六刷出来! 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/17

    衆院選関連3

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/15/1957-%e8%a1%86%e9%99%a2%e9%81%b8%e9%96%a2%e9%80%a3%e2%91%a2/

    希望の党が失速…小池百合子代表のお膝元の東京で全滅か 立憲と無所属は躍進 民進出身者の選択で明暗

    http://www.sankei.com/politics/news/171017/plt1710170003-n1.html

    #希望の党は絶望の党 

    https://twitter.com/hashtag/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%85%9A%E3%81%AF%E7%B5%B6%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%85%9A

    小池百合子、内容スカスカの選挙演説に聴衆から「信用できない」「きれいごと」と酷評

    http://biz-journal.jp/2017/10/post_20926.html

    合唱 金賞

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%90%88%E5%94%B1+%E9%87%91%E8%B3%9E&tbm=isch&tbs=rimg:CdhGRwoqgv7-IjjMLT97rPk68speATrHL5LeWFHfQ5pr2HD9cZuFYNIYPmumxuojjGkKShXh1PPsGcozhkaMxto3KioSCcwtP3us-TryEVaHYVw7XTiJKhIJyl4BOscvkt4Ra_1yAkaKvpC8qEglYUd9DmmvYcBEhS_1IXX0a90CoSCf1xm4Vg0hg-EZ6uz3kamqObKhIJa6bG6iOMaQoRXQcJRblS_1SAqEglKFeHU8-wZyhFN7dIKVD_1QryoSCTOGRozG2jcqESA_1Ktv71B3k&tbo=u&sa=X&ved=0ahUKEwiq_ZbHu_bWAhVCoZQKHVfyDCcQ9C8IHA&biw=1097&bih=531&dpr=1.75 

    党首討論:希望の小池党首、安倍首相により低スペックぶりが晒されてしまうwwwwwwwwwwww

    http://www.moeruasia.net/archives/49587596.html

    南鮮人の3人に1人が潜伏結核に感染しているそうです。潜伏結核感染者のうち5?10%は将来結核を発症するそうです。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5562.html

    【検証】ガチでおいしいビールはどれ? 銘柄名を隠して徹底飲み比べ!

    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1435566203753.html

    仕事上かなりの文字数を書くのですがボールペンのインクがすぐに切れて困っています。インクが長持ちするボールペンを教えてください! 

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11171224061

    小池都知事の支持率66%→39%

    http://military38.com/archives/50924405.html

    海外「その発想はなかった!」 国際機関が伝える日本人独自の概念に外国人が感銘

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2475.html

    【拡散】元民主党が他党を乗っ取る手口が 悪 質 す ぎ る !!! 背乗り党の真っ黒なやり方を全国民に広めよう!!!

    http://www.news-us.jp/article/20171017-000011z.html

    <在日犯罪>朝日新聞はマスコミではない。さらに言えば、朝日は「在日犯罪の隠蔽組織」だ。朝日はなぜ在日犯罪を日本人になすりつけるのか? 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5567.html

    韓国が米国&日本を裏切り5万人の中国人スパイを送り込み世界的大問題に!最高軍事機密を盗んだ韓国 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5569.html

    集団的な選挙演説妨害は公選法230条で検挙!

    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235708

    諸悪の根源 朝鮮

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

    北朝鮮の元工作員が明かす対象国への潜入法 選ばれるのは「新月の夜」

    http://news.livedoor.com/article/detail/13749842/

    南京大虐殺に続き、慰安婦問題まで登録されるようならば、日本も「ユネスコ脱退」という選択肢について検討すべきでは?アメリカに習って。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5550.html

    【衆院選】「今回は大量の難民、覚悟しなきゃ」麻生副総理 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5547.html

    日本では「反日、抗日、極左、支那脳、朝鮮脳、過激派、支那工作員、朝鮮工作員」をリベラルと呼んでいます。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5542.html

    韓国オリンピック委員会がまた日本を消す! これは9月27日のニュースの再掲ではありません。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5543.html

    「人道」と言う名の下に日本国民を見殺しにし日本国民でもない朝鮮人を擁護 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5540.html

    戦前、朝日新聞は、戦争を煽って国民を洗脳し、軍部を増長させて日本を戦争に向かわせた。結果的にルーズベルトの工作員となった。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5539.html

    毎日新聞の記者が「いま、社内は安倍を叩くためなら、どんなことでもするという空気になっている」朝日新聞の記者にも同様のことを言われましたよ。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5537.html

    現在の日経平均株価 Currency in JPY 21,155.18円 +200.46 (+0.96%) 民進党では有り得ない株価 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5536.html

    だまされるな!インフルエンザワクチン

    http://www.tomorrowkids-service.com/autism/influenza_vaccine.html

    勝谷誠彦氏ら 「灘高校1979年卒」の神童たちの現在

    http://news.livedoor.com/article/detail/13604574/

    504の職業から適職を探すことができる「キャリアマトリックス」

    http://gigazine.net/news/20060916_cmx/

  • なぬっ?9八角、2二銀って?ひゃー、詰んでますよ、これ。史上まれに観る大逆転、こんなことがあるんですねって?はぁあああっ。2017/10/17

    ○貴メルマガが報じる米国トランプ政権と議会の対立。が、有事の米国は一致団結、鉄の結束を誇る。北朝鮮危機のデッドラインが近づく中、来月訪日されるトランプ大統領は、北朝鮮による日本人拉致被害者と会い、その苦しい心情を共有してくださるとのことである。本来ならば自国民の保護救出の責務を負うはずの日本政府が長年放置してきたこの惨状を、米国大統領自らが斟酌しその解決に尽力してくださる。さすが自由と人権の旗手、友愛の盟主、米国である。“GOD bless America!”米国に神のご加護を。祈らざるを得ない。



     そして、あぁ、愛するわが日本は・・・。北朝鮮危機のど真ん中で、相も変わらぬお遊戯的政治が続く。報道によれば、政権与党300議席超、与党圧勝とのこと。筆者お見込みのとおりの結果になりそうである。これは政権与党が勝利したというよりも、野党の自滅によるものである。特に解散に解党をぶつける荒業を仕掛け、抜く手も見せずの「KK新党立ち上げ」の猫騙しを食らわせたグループは、目も当てられぬほどの失速、大惨敗である。まるであのイソップ物語の橋の上の犬ならぬ橋の上のタヌキのようだ。「(自由)死亡の党」「排除の党」「150億ダッシュ党」「オカル党」「自作自滅党」「自分で自分をリセッ党」「ユリ女王様絶対服従カネ持って来い奴隷契約党」「選挙後与党合流憲法抹殺共犯党」「出オチ党」「夢オチ党」「一発ギャグ党」「国家社会主義ヤーパン労働者党(ナチス党in Japan)」「緑のタヌキ泥舟党」「ディープ・ストール党」「気がついたら自分が排除党」「KK劇場大コケ党」・・・、投開票日当日、いきなりの解党宣言、党首辞任をかますのでは?残念な民度だった。いずれにせよ、投票日には必ず投票所へ行き「主権の一票」を投じたい。

  • 名無しさん2017/10/17

    歴代の日本共産党党首やスターリン等の左翼政治家に富豪が多いことと平仄が合っているのでしょう。

     もっとびっくりしたことは、一般市民にこのことに対する反発がほとんど見られないことです。カンボジアには武力革命は兎も角、国民の意識革命が必要ではないのでしょうか。

      (ST生、千葉)





    (宮崎正弘のコメント)しかも、その公邸は中国が建てて差し上げたという噂があります。独裁者って、どの国でも同じ愚行をくりかえすものらしい。←きょうは、ここに刮目いたしました。

  • 名無しさん2017/10/17

    自衛隊が違憲とされている理由は、自衛隊の「実力」が9条2項の戦力に該当するということであるので、第9条に「加憲」することで、自衛隊の違憲性を取り除き、かつ、交戦権、集団的自衛権も明確に認められるようにするには、例えば、以下の通りに「加憲」することで十分可能なのでは?



    第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

    3 第1項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

    4 第2項の規定は、自衛権に係る陸海空軍その他の戦力の保持、および、国の交戦権の発動を妨げるものではない。



    ちなみに、自民の憲法改正草案(平成24年)では、以下のような改正案であり、上記例示の案と本質的に変わるところはないように思われるのですが。



    第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。



  • Apeman生2017/10/17

    【 (読者の声4)?By (TA生、川崎市)氏 】



    (TA生、川崎市)さん、ご意見の投稿、ありがとうございます。

    引用されたのは、青木教授( Channel桜の経済番組に登場される積極財政策出動派、財政再建派にあらず)の論文ですね。 財務官僚のレクチャーに洗脳されている政治家・ジャーナリストが多いのが残念です。

    でも、市井には(TA生、川崎市)さんの様な方もおられて、心強いです。