国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み < 大連「東北特殊鋼」倒産、後始末が大詰めに

2017/10/16

  ♪♪♪
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月16日(月曜日)
        通巻第5481号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 大連「東北特殊鋼」倒産、後始末が大詰めに
  債権の78%を放棄し、残りは株式をスワップ、操業一部続行
****************************************

 2016年3月24日、大連近郊(北東へ50キロ)にある東北特殊鋼の楊華会長の首つり自殺が報じられた。期限が来た社債の償還(140億円)が出来ず、ほかにも1100億円の社債が発行されていたことが判明した。
 東北特殊鋼は、中国の鉄鋼業界で高品質と評判がよく、それなりの需要があっため、2008年から展開された政府の強い景気刺激策で、設備を無理に拡大してきたことが裏目に出たのだ。

 債権者会議がえんえんと続いたが、債権者1911社に対して、78%をカットし、のこり22%を株式とのスワップということで決着する見通しという(サウスチャイナモーニングポスト、10月14日)。
この処置によって43%の最大株主となるのは江蘇省に拠点を置く江蘇沙鋼集団(英語名SHAGANG)だ。

 天津にある渤海鋼鐵集団も債務は3兆3000億円に上っていた。
すでに三年も前から中国経済の悪化の象徴として、鉄鋼の造りすぎと過剰在庫は極めて深刻な問題となっていた。

2015年末にすでに中国の鉄鋼産業は、生産設備の29%が操業を停止していた。地方政府が銀行に命じて融資を督励してきたが、銀行も経営の深刻さに気付き、次第に貸し渋りを見せ、つぎに地方政府も独自に債権を発行しはじめた。

いま、その地方政府の債務総額だけでも510兆円。これは日本のGDPに匹敵する(数字は『週刊エコノミスト』、2016年4月12日号)。
 2016年末統計で、中国企業の倒産は5665件、前年比54%の急増ぶりを示していた。
 
 これらの経済的難題が明日からの党大会でどこまで議論されるだろうか?

   □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)ヒゲの隊長が語ろう! 平和の護り、自衛官の誇り

日時  11月11日(土)13:30-14:30   開場13:15
会場  藤沢商工会館 ミナパーク 502号室
          藤沢駅北口 徒歩3分(スーパーサミット前)
講師  佐藤正久先生  参議院議員 外務副大臣
演題  平和の護り、自衛官の誇り
参加費 1000円(学生500円、学生証ご持参ください)
要・予約 申込先 工藤
お名前・ご住所・電話番号を添えてお申込ください。
fujisawa.s2.oshabericafe@gmail.com



  ♪
(読者の声2)衆院選は「台風の目」の希望が大きく失速し、どれだけ予想を減らすかが最大の焦点になってきた。「金城湯池」だったはずの東京の小選挙区でゼロの可能性があり、全体でも公示前勢力(57)を超えることは難しいだろう。
同党は選挙後、小池百合子代表が辞任、党も分裂する可能性がある。端的に言って、小池氏の宰相を目指す政治生命はこれで断たれるのではないか。
 これに対し、立憲民主は公示前(15)を大きく上回る40台と躍進の見通し。しかし同党は最高顧問に菅直人元首相、代表が枝野幸男元官房長官、幹事長が福山哲郎元官房副長官とまるっきりかつての菅政権そのもの。政調会長に辻元清美氏もいる。枝野氏が以前、革マルと政策協定を結んだとされるなど極左政党である。その政党がなぜ希望に代わって躍進するのか、理解し難い。
 自民は野党の潰し合いの結果、公示前(284)を超え、どれだけ上乗せするか。経済が堅調で、就職率が良いため、10〜20代の自民支持が高いことも影響している。宮崎さんが予想された「自民大勝」が大当たりではないか。
(加藤清隆)




  ♪
(読者の声3)小池百合子氏の「リセット発言」の無内容さ、希望の党の政策との不整合について述べてきましたが、若い人が小池発言をどのように受けとめているのだろうかと思い、ネットサイトを少し見たところ、相当数の若い世代は、私のような老人以上に的確に、小池発言を看取しているようで、安心しました。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1941290.html
 小池氏のその後の「排除」発言で支持が激減した、などという解説がありますが、上記サイトへの書き込みは9月27日時点のもので、小池発言は「それ以前の問題」でしょう。そもそも希望の党、小池党首については、結党会見時から、その実態、中身の空疎さを相当数の人に見透かされていたのです。
このオバさんというよりオバアさん、カタカナを使って少し洒落た発言をしたつもりかもしれないが、相当数の若い世代にも、その内容の空疎さを軽く見抜かれていたのであり、若者の感受能力を見直した気分です。
  私が、若い世代が「リセット」に魅かれるのではないか、と懸念したのは、日本社会のリセット、特に発生蓋然性(Probability)が高いと思われる財政破綻により起こる「リセット」は、若い世代に有利であり、高齢世代に不利であることが明らかだからです。
 例えば藤巻健史氏は、2013年のサイトにおいて、「日本リセット」という用語を用いて、次のように述べています。
 https://style.nikkei.com/article/DGXNMSFK2500H_V20C13A3000000?channel=DF280120166593&style=1
 日本の若い層にとって(特に経済財政)リセットは福音となるはずです。若者は財産をためていないから失うものがない。年金制度が崩壊してもダメージは受けない。
一時的に仕事を失うことになっても、次に起こるはずの日本経済大回復によって、労働需要は上がり、給料も大幅アップする。若い層にとっての最大のメリットは、莫大な国の財政債務の負担が大きく軽減されることです。その意味で、リセット(ガラガラポン)の機能、効果は、世代間の利益調整だと言えるでしょう。
 しかしながら、小池氏は、そういった思慮までも至らず、ただただ、選挙向けのアピールのつもりだけで発言しているように私には感じられます。
小池氏の政治生命はもう終わったのではないだろうか。希望の党代表も辞任するべきで、選挙が終わり次第、とりあえずは、都知事の職務に全力で取り組むべきでしょう。これは、たとえ、今回の選挙結果が上出来と評価できるものであったとしても、です。
(CAM)


(宮崎正弘のコメント)彼女が近付いた細川、オザワ、小泉と、時の権力者は皆さん仲良く、「過去の人」。
 藤巻健史氏は、経済論壇の異端児でしたが、彼の著作は投資家が対象でしかなく、読んだことがないので、ノーコメントです。



  ♪
(読者の声4)貴誌通巻第5478号(読者の声4)でCAM氏が「改革」「リセット」好きのB層の皆さんに、Reinhold Niebuhrの以下の言葉を提示されました。
O GOD, GIVE US
 SERENITY TO ACCEPT WHAT CANNOT BE CHANGED,
COURAGE TO CHANGE WHAT SHOULD BE CHANGED,
AND WISDOM TO DISTINGUISH THE ONE FROM THE OTHER.

 私は、田中角栄が大蔵大臣になった時、最初の登庁に職員に対して行った以下の短い演説を紹介します。
「私は、尋常高等小学校卒業だ。できることはやる。できないことはやらない。そして、責任は私が全てとる。」
  (ST生、千葉)
      ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論です! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参! 再版出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析 六刷出来! 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/16

    女性の社会進出促して来たが、既に日本社会では、無理が証明されてる、政界では村田蓮舫、小池ゆりこ、がそりーな、ハゲー、不倫騒動の女政治屋、コイツラシナに帰るかブス揃いだが乞食と政治屋は一回演るとやめられないらしい、こう言う制度問題だ、国会議員になりたからば自費でやれ、

  • Apeman生2017/10/16

    【 日本の若い層にとって(特に経済財政)リセットは福音となるはずです。・・・ By CAM氏 】



    CAM氏の論考、興味深く拝読いたしております。 ですが、大いに賛同する内容もありますが、疑問を感じる場合もあります。

    今回の論稿については、正直言ってその真意を理解することは出来ませんでした。 特に、【 ・・・莫大な国の財政債務の負担が・・・】という部分については、全く同意致しかねます。 こうした認識は、財務省官僚からリリースされる見解そのものです。 

    一方、日本の財政状況を「バランスシート」で評価すれば、「純債務:100兆円」ということで、対GDP比でみれば全く「健全」という結論になります。



    更に;日本国債の10年もの利回りを、確認してみてください。 ドイツのものは、1桁上であり、米国ものに至っては2桁上というのが現状です。 世界のマーケットは、冷徹に判断しているのです。