国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<在韓米国人のエクソダス訓練を開始か

2017/10/14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月14日(土曜日)弐
        通巻第5478号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 在韓米国人のエクソダス訓練を開始か
  すでにマニュアルは配布され、グループ別の集合場所、方法も
****************************************

 在韓米国人は20万人以上と見積もられている。
 有事の際の脱出訓練がちかく開始され、集合場所や方法についてのマニュアルが配布さているようである。

 訓練内容は秘匿されているが、まとまって空軍基地か空港に集まり、分散した飛行機で在日米軍基地へいったん避難する。あるいは陸路、釜山へ南下してチャーターした船舶で、日本の港へ接岸後、米国へ待避する。

 日本人が有事に際していかに脱出するかの訓練はまだ行われた形跡はない。情報筋によれば、アメリカの救援機が頼りだというから、あのイラン・イラク危機の教訓はなにも活かされていないことが分かる。

 イラクで湾岸戦争勃発前夜、取り残された日本人はバグダット空港に集まったが、JALは特別機の派遣を拒否した。台湾のエバー・エアーが「お客様は神様です」と言ってチャーターに応じてくれた。

 その前のイラン・イラク戦争のとき、トルコ航空の有志らがアンカラ政府の許可も得ずに、テヘランは救援に向かい日本人を救った。そのパイロットはエルトールル号で救われたトルコ使節団の末裔だった。
「このとき日本に恩返しをしたいと思った」とトルコ人パイロットがのちに語ったことは映画にもなった。でもJALも、ANAも、何をしていたのか。いやそもそも自衛隊機は何をしていたのか?
   □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1642回】       
――「独逸の活動心憎きまで?溂たるものあるを感じた」――(米内山8)
米内山庸夫『雲南四川踏査記』(改造社 昭和15年)

   △
 中国人が「後から後からと集まつて來る。歸れといつたつて歸りはしない。ありあはせの棍棒を持つて追ひまくると蜘蛛の子を散らすごとく逃げたがすぐまたやつて來た。睨みつけると、また逃げるがすぐまたやつて來る。根氣負けしてこつちが逃げるか黙るつてゐるよりしかたがなかつた」とは、なにやら対外開放以後、海外に「走出去(飛び出)」す中国人の生態を言い現しているようだ。

  生活空間の隙間さえあれば「後から後からと集まつて來」て居座ったうえで、その地域で行われ続けて来た生活文化を全く無視し、超自己チューな振る舞いを押し通すだけではなく、「歸れといつたつて歸りはしない」。
米内山の経験では「ありあはせの棍棒を持つて追ひまくると蜘蛛の子を散らすごとく逃げた」そうだが、昨今の中国人は逃げはしない。ゴミを分別せよ。ゴミ出しの日を守れなどと地域住民としての最低限の約束すら守らないばかりか、ゴミを撒き散らして平気の平左。「根氣負けしてこつちが逃げるか黙るつてゐる」のをいいことに、彼らは仲間を呼び込み増殖に継ぐ増殖、果てしない増殖である。

かくて「根氣負けしてこつちが逃げ」出すしかなくなるや、そのうちに一帯は中国人の街と化し、新たなチャイナタウンとなってしまう。

  なにやら日本各地、いや世界各地で起こっている現象そのものではないか。これが「走出去」の実態だろう。こういった彼らの行動には『論語』もヘチマもあるわけがない。認められるのは生存のための剥き出しの知恵――いや正確には“狡知”というべきだ――でしかない。その意味でいうなら、「即ち支那國は滅びても支那人は滅びぬ」(佐藤善治郎『南清紀行』良明堂書店 明治44年)ということだ。もうそろそろ世界は、気がつくべきだろう。「根氣負けしてこつちが逃げるか黙」ってからでは遅いのである。

  やがて「坂を登り盡すと」、そこは四川省。「來し方を望めば雲南の山々は遠く雲際に連なつてゐた」。昆明からの26日間、「あの雲南の山々を踏破して來たのだ。顧みて無限の感に堪へなかつた」。

  四川省に入ると、沿道の様相は一変する。「山に樹木多く、土地は、平地はいふまでもなく、さらに谷間から山の坡に至るまでよく耕されてゐた。水田もあり畑もあり、稲は十分に實つて穗を垂れてゐた。(中略)田や畑の間には人家多く小供が遊んだり鶏が鳴いたりしてゐた。いかにも雲南の山を出たといふ感じであつた」。

 以後、四川各地を歩くことになるが、「人口約二十萬、四川省屈指の大都會」で塩の産地として知られる自流井で薬屋を営んでいる「長野縣人春日護」に偶然に出会った。「その夜、春日氏に招かれて鋤焼きの御馳走になつた」。
彼は「藥屋を開いてゐるが、この土地は富豪が多く、さうして日本人に非常に好意を持つてゐるので、その人々を對手として何か大きい商賣をしようと考へてゐるとのことであつた」。

じつは「自流井には日本人留學生出身のものが多く現に三十人ばかり知つてゐるとのことであつた。外國人としては福音堂に英國人四名、天主堂に佛蘭西人一名ゐるといつてゐた」。自流井には塩を製造するために地中から塩水を組みだす塩井の外、ガスを掘り出す瓦斯井もあった。自流井が「四川の富の中心」である由縁は、この塩とガスにあったのだ。

 春日の案内で「自流井の富豪の一人である王家を訪問」し、王家経営の学校や塩井などを見学する。
四川屈指の富豪である一族は「頗る日本好きで家族の中東京に留學してゐる者が五六人、その使用人を加へて十數名東京で一家を構えてゐるとのこと」。王家は「初等小學堂から高等學小學堂、さらに女學堂、中學堂」まで経営し、教育機材は日本製で「日本の制度に倣」うだけでなく、「東京朝日新聞が備へつけられてゐた」・・・驚きだ。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴著、渡邊惣樹氏との共著『激動の日本近・現代史 1852−1941』(ビジネス社)を拝読いたしました。
 非常に新鮮な視点で、啓蒙的でした。渡辺惣樹氏の「弱い者には優しくしましょう。しかしずるいから気をつけましょう。そのくらいの教育を日本はしていかないといけない」に強く共感しました。
 また先生が、祖国日本の再建の箇所で述べられた、「REMAKE JAPAN BEAUTIFUL」は素晴らしい言葉です(小池百合子氏の「しがらみ政治からの脱却」などという陳腐なキャッチフレーズでは、政治はリードできません)
   (KI生、尼崎市)



   ♪
(読者の声2)米国についでイスラエルもユネスコから脱退すると宣言したようですが、日本はどうするのか、この問題は尾を引くのではないでしょうか。
 それにしても、トランプ政権のイスラエル傾斜は鮮明すぎるのではと、懸念も残ります。
   (JI生、富山)


(宮崎正弘のコメント)イスラエルは、シリア内戦の先行きが見えたいま、次にレバノンに浸透している武装勢力の動向に目がはなせない。そのうえ、ハマスとファタが、カイロに集まって、再び共闘を宣言し、もっといえばトルコがシリア北部に軍を派遣しました。
 米国はトルコ領内のクルドを支援するかも知れず、米国トルコ関係も冷却化。ほくそ笑んでいるのはロシアでしょう。
 次の中東情勢、動きが急です。



  ♪
(読者の声3) 米国とイスラエルがユネスコ脱退と聞いて中国が事務局長に立候補していたのを取り下げるとして、米国に恩を売ったかたちです。
 中国が重要ポストを取り下げるというのはよほどのこと、何かの前触れですかね。
 それからイスラエルの脱退理由は正確に何でしょう?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)すでに極左で親中派のボゴバ事務局長のあとの選挙は秘密投票で二回行われ、エジプト代表が13票、中国は5票。勝ち目はなかったのです。
中国はこの五票もエジプトに回して恩を売り、同時に米国、イスラエルに同調したかのように振る舞って外交得点を稼ごうという下心が見え透いています。
 必要な票数は30票で、まだ態度を決めかねている国がいくつかあり、土壇場でどうなるかは分かりません。
 さてイスラエルが脱退するのも、米国と同じく二回目です。
ネタニヤフ首相は「米国と併行して2018年12月をもって正式に脱退手続きを終え、以後はオブザーバで残る」と記者会見しております。
初回脱退のときもパレスチナ代表の議席を認めるか、どうかで米国が抗議し、イスラエルも同時に脱退しました。
 理由は反イスラエル・バイアス、つまり南京大虐殺という嘘が世界記憶遺産となるようなもの、もっか二本の反イスラエル決議がユネスコで用意されており、米国のニッキー・ヘイリー大使は「この二件を取り下げない限り、米国はユネスコを脱退する」と以前から警告していたのです。



  ♪
(読者の声4)小池百合子氏は、「希望の党」結党の会見で、「日本をリセットする」と発言したそうです。
 日経新聞9月27日夕刊によると、「『日本をリセットする』。東京都の小池百合子知事は27日午前、自らが率いる国政新党『希望の党』の記者会見に出席し、国政の刷新を訴えた。代表と都知事を両立させると強調。公務を理由に会見を途中退席した。 ・・・・・・ 小池氏は冒頭、約6分間にわたってあいさつ。『日本をリセットするために希望の党を立ち上げる』などと強調した。」ということです。
 Resetとは、「セットし直す、(ダイヤルなどを)ゼロに戻す」というような意味でしょう。私には、このTVキャスター上がりのおばさんが、「日本」を「リセット」するとは、何を思い上がっているだろうか、としか感じられません。そして、その言葉は、「希望の党」の個々の公約、政策の総体と整合、同調したものとは到底思えません。 ムードだけに乗った急造野党のニワカ党首としての発言なら、そのようなカッコウだけのコトバ、口先だけで、一時的には愚かな国民(の一部)を騙せても、一国の総理が務まる器量だとは、私には到底思えない。
  築地市場の移転計画の「(一部)見直し、(部分的)再検討」でさえ、もたもたして貴重な時間を徒過し、大きな機会損失を招き、直接・間接に多額の公費を浪費している実務能力の無い知事が、何をほざいているのか・・・
 小池、小泉、竹中、こうした連中に簡単に欺される「改革」「リセット」好きのB層の皆さんに、私の好きな、Reinhold Niebuhrの次の言葉を呈したいと思います。
O GOD, GIVE US
 SERENITY TO ACCEPT WHAT CANNOT BE CHANGED,
COURAGE TO CHANGE WHAT SHOULD BE CHANGED,
AND WISDOM TO DISTINGUISH THE ONE FROM THE OTHER 

  すなわち、世の中の習慣、制度には、変えてはならない部分と、変えてよい、そして時には勇気を持って変えるべき部分とがあり、この両者を冷静に区別する(できる)能力こそ、叡智、賢明、賢慮というものなのでしょう。
    (CAM)
       
      ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

  ♪
六刷出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/

  ♪
重版出来!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/14

    イラン・イラク戦争のとき、トルコ航空の有志らがアンカラ政府の許可も得ずに、テヘランは救援に向かい日本人を救った。そのパイロットはエルトールル号で救われたトルコ使節団の末裔だった。

    「このとき日本に恩返しをしたいと思った」とトルコ人パイロットがのちに語ったことは映画にもなった。でもJALも、ANAも、何をしていたのか。いやそもそも自衛隊機は何をしていたのか?←宮崎先生のおっしゃるとおりです!

  • きゅうじょうきょう2017/10/14

    だって仮想敵国の接近許さないでしょう?

    在留者・観光旅行者等退避は?自己責任で?

  • 名無しさん2017/10/14

    満州の場合は国策もあったろうし、イランーイラク戦争の場合も原油確保の国策ということで日本の国益のために現地に覚悟の上で残った日本人も多かったかとは思われるし、台湾人、トルコ人パイロットもそうした事情も知っていて命を懸けたということはなかったのか?(例えば、単なる物見遊山の日本人であったらなら命を懸けたのだろうか?)。こうした視点から現在の半島関連を見るならば、半島に関与している日本企業は、この間、日本の大事な技術を流出させ国益を守るどころか、国益を害して来た企業が多いと考えざるをえないのではないのか?国益を考えるのであれば、半島有事の有無以前に、そもそも半島に拘わらない、半島有事で政府に面倒を掛ける前に、今からでも直ぐに撤退した方が国益に適うといった企業が多いのではないのか?ならば、こうした日本の国益を害するために最後までダラダラと半島に残っているような(日本の企業と言えるかどうかも分からない)企業のために、パイロットに命を掛けろとの理屈が存在するのだろうか。

  • 名無しさん2017/10/14

    国歌と国旗と国籍条項

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/09/1944-%e5%9b%bd%e6%ad%8c%e3%81%a8%e5%9b%bd%e6%97%97%e3%81%a8%e5%9b%bd%e7%b1%8d%e6%9d%a1%e9%a0%85/

    希望の党、政見放送で北方領土などがない地図を使用 批判の声

    http://news.livedoor.com/article/detail/13743779/

    「マダム・スシ」小池百合子

    http://kihachin.net/klog/archives/2007/08/sushi.html

    「小池百合子のせいで残業増えた」都庁職員から怨嗟の声

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00010001-flash-peo

    医師 セクハラ

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%80%80%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%A9&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiP2oSN6-7WAhXJJJQKHXHqAJ4Q_AUICygC&biw=1097&bih=531

    小池百合子都知事、投開票時はパリに行くので日本に居ないw 敗軍の将として映りたくないらしいw

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48802958.html

    【衆院選】希望の党に移籍した民進党議員が絶望「党勢が明らかに失速してる…どうしてこうなった」wwwwww

    http://nstimes.com/archives/107589.html

    【拡散】日本に物乞いする韓国人

    http://www.news-us.jp/article/20171014-000011k.html

    .....監査委員に食いつくように丸投げという感じだね。生活保護は知事の権限であるが、実際は区長のレベルで決裁されている。在日については、近々メスが入るだろう。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18678629.html

    奇妙なフルーツは黒人だった

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68667528.html

    ・「嘘」で成り立つ砂上の楼閣はいずれ崩壊する運命

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-d810.html

    韓国の通貨スワップ終了。きこえんなあ。

    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235707

    【緊急通達】自民優勢と報じられているが、楽観を許さない厳しいもの。幹事長より全候補者へ【気を引き締めるためにシェア】

    https://samurai20.jp/2017/10/emergency-notification/

    弁護士会に4万件超の懲戒申し立て 毎日新聞社が報道(無視できなくなったのね)

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53253584.html

    六士先生

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3543.html

    乗換案内 大宮(埼玉県) ⇒ 池袋

    https://www.navitime.co.jp/transfer/searchlist?orvStationName=%E5%A4%A7%E5%AE%AE%EF%BC%88%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C%EF%BC%89&orvStationCode=00005564&dnvStationName=%E6%B1%A0%E8%A2%8B&dnvStationCode=00005947&defaultCondition=0

    チャイナは行くゆくは日本を日本自治区にするつもりです。その手始めに沖縄を獲りに来ています。

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5525.html

    血液の闇 輸血は受けてはいけない 

    http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php

    “怨嗟”のさまざまな読み方と例文

    https://furigana.info/w/%E6%80%A8%E5%97%9F

    旧宮家復籍運動はリトマス試験紙を活用すべし 

    http://oncon.seesaa.net/article/16689197.html

    人間五十年、化天の内を比ぶれば、夢幻のごとくなり。 

    https://plaza.rakuten.co.jp/kenkenppa/diary/201007140000/

    ホームページ「セカンドオピニオン掲示板」をめぐって

    http://www7b.biglobe.ne.jp/~gosinhenokeisyou/tetugaku-sekandoopinion.html

    日本も脱退して構わない。「不条理劇になった。歴史を保護するのではなく、歪曲(わいきょく)している」から。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18677627.html

    朝鮮人問題をみんなで考えよう! 2

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12316896671.html

    仕事の優先順位をすばやく直観的に決定する方法

    http://gigazine.net/news/20070626_how_to_prioritise/

  • えっ?九尾のタヌキって?闇鍋のタヌキ鍋?こんなもん食えるかっ、ふざけんなっ!ジャンジャン。2017/10/14

    ○あぁ、無残。「アベヤメズ選挙」。「驚きの結果」「保守バネが働いた」「野党の準備不足」「タマが悪かった」・・・、投開票日当日、選挙結果(政権党圧勝!)を速報するテレビ画面に毎度の政治評論家や解説員らの論評がかぶる。結局、KK劇場「リセット」の対象は、アプレゲール民主主義、「戦後」そのものであり、野党であり、民主勢力であり、日本国憲法であり9条であり、「あんな人たち」「キ○ガイ」呼ばわりの反アベ日本人(非長州人)ということだったのか?にわかブームの「排除の党」も、野党分断・壊滅、政権与党大勝の政治的触媒としての役割を担っていただけなのだろう。あぁ、とんでもない幻惑術をかます緑のタヌキ一派って?それでも、投票日には必ず投票所へ行き、「主権の一票」を投じたい。

  • 風を見よ、雲に聞け、空気を読め。自分の命は自分で守る、覚悟新にこの一票。2017/10/14

    ○貴メルマガが報じる在韓米国民避難訓練開始。いよいよ、の感がある。北朝鮮に拉致された一人の米国市民のために元大統領までもが動く米国ゆえ、米軍の対北朝鮮総攻撃開始の際の米国民犠牲阻止を徹底的に極めるのだろう。“GOD bless  U.S.A!”米国に神のご加護を、祈らざるを得ない。

     自国民をとことん守り抜く米国に比し、あぁ、愛する我が日本は・・・。あの満州孤児、ドミニカ棄民、テロリスト人質日本人「自己責任」切捨て、アルジェリア邦人人質見殺しの日本政府(外務省)である。311の未曾有の原発事故に際しても、スピード情報を隠蔽、「直ちに影響はない」と住民を欺き、東北の人々を無残にも放射能汚染に晒した。北朝鮮による日本人拉致被害者も一部を除き放置されたままである。筆者ご指摘のように北朝鮮危機に際しても無為無策の日本政府、パンピー(一般人)は見殺しだろう。生き残った日本人は、北朝鮮による人間の盾や人質、奴隷として使役されるだけだろう。結局、日本国民自身が覚醒し、危機と恐怖に自ら考え対峙・対決し、行動せざるを得ない。「ナチスの手口」や「ミイツ詐欺」、「キボー詐欺」に引っかかっているようでは、「オープン・ザ・ドアー」テロリストの要求に素直に応じ扉を開けるようなものである。身体中にワイヤー爆弾を巻かれてから泣いて騒いでももう手遅れだ。仮に対北朝鮮で米軍総攻撃が始まれば、韓国内は大パニックとなり空港や港湾に無事たどり着くことすら困難だろう。韓国政府も日本国民の出国を阻み、対日外交用カード(人質)にしたり、北朝鮮への取引材料、献上品にするかもしれない。米軍の攻撃開始時刻は一般人には分からないゆえ、まだ飛行機や船舶が動き韓国を出国できるときに自主退去すべきだろう。気がついたら韓国から米国民が一人残らず消えており、米軍部隊もデコイを残していなくなる。そんな日がいきなり来るかも。



     いま北朝鮮危機のど真ん中、大義なき解散総選挙突入で政治空白、政治混乱真っ只中の日本。が、報道によれば、政権党の圧勝、国会議席完全制圧の状勢だという。化けの皮が剥がれた緑のタヌキ。もはや神通力はなく有権者からはきついお灸を据えられる。もうブンブク茶釜のタヌキ同様,ほーほーの体で逃げまわるのみだろう。「次の次」「排除」「絶対服従」「カネ持って来い」・・・、俄仕立てのブームも浅はかな言葉であっという間に大失速、胡散霧消する。で、投開票日当時、いきなりの党首辞任、解党宣言をかますかも。タヌキの泥舟に乗った、無節操手のひら返し裏切り者乗客らは、あぁ、無残、身ぐるみはがされ苦界に沈む。求心力を失ったタヌキ自身にも有害物質だらけの豊洲市場移転問題が待っている。もう都政の運営もままならないだろう。で、適当な口実をつくって途中で放り出すのでは?もし、あの時。党首自ら国政選挙に打って出る決断を下していたら・・・。日本政治も別の景色が広がっていたのでは?もう相当の謀略、思惑、権謀術数、痴話喧嘩、カネ、ドロドロ、怒号・・・、渦巻いていたことだろう。選挙は人間ドラマでもある。いずれにせよ、野党自滅、「アベヤメズ解散」という結果で、シン大政翼賛体制が濡れ手に粟、まんま転がり込む。『日本国憲法』葬送、9条抹殺で長州押付憲法制定、超戦前回帰(国家神道にもとずく全体主義的核武装軍事国家、ネオ大日本帝国、ナチス・ジャパン、新・反米ならず者国家、日本丸ごと北朝鮮)、本格的に動き出すだろう。残念な民度の限界である。とにかく投票日には、必ず投票所へ行き「主権の一票」を投じたい。

  • 名無しさん2017/10/14

    記事を読んだ感想などを投稿したいのですが、投稿先のメールアドレスが分かりません。

  • 名無しさん2017/10/14

    >「日本」を「リセット」するとは、何を思い上がっているだろうか、としか感じられません。

    思いあがっているというか、これで保守を標榜出来るのかというような表現、考え方のようにも思われますが。また、リセットとの言葉の気味悪さ。「あなた=日本をリセットします」「小池百合子をリセットします」と他人に言われたとして小池氏はどういう感情を抱くのでしょうか?

  • 名無しさん2017/10/14

    >でもJALも、ANAも、何をしていたのか。いやそもそも自衛隊機は何をしていたのか?

    他方で、日本政府関係者その他で必要、国益のために現地に残っていた人たちはともかく、民間企業、観光その他の目的で不必要、不用意、個人の利益のため、いざとなれば誰かが助けてくれるみたいな心構えで残っていた人たちを救出するためにパイロットに命を掛けろということになるのであれば、何か理不尽さも感じますが。