国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <中央銀行総裁の周小川も賞味期限切れ、15年間君臨したが

2017/10/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月13日(金曜日)
        通巻第5473号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国共産党、もう一つの大物人事は誰に?
  中央銀行総裁の周小川も賞味期限切れ、15年間君臨したが
****************************************

 周小川(中国人民銀行総裁)はリーマン・ショックをヘリコプター・ベン(ベン・バーナンキ前FRB議長は資金供給を増発して危機を乗り切った)の方式で乗り切り、上海株暴落では人為的な取引停止、空売りの事実上の禁止などの荒療治を用いた。
そのうえ、狐が木の葉を札びらと化かすかのように人民元をIMFのSDR通貨に仲間入りさせ、くわえて外貨流出を資本規制という禁じ手で防衛した。だから周小川は「中国のグリーンスパン」と評された。

 周小川は朱容基・元首相の弟子。朱はWTOに加盟し、国有企業改革に大なたを振るい、4000万人を解雇し、民営化、市場化に乗り出して西側が瞠目した。
通貨改革も、朱首相が主導した。その後の温家宝も、いまの李克強も国務院総理という経済政策の要に位置しながらも、朱容基が実践したような大胆な経済政策に舵取りは出来なかった。

 周小川は過去十五年の長きにわたって中国の金融財政政策の中枢にあり、ようやく賞味期限切れ。第十九回党大会前後には退任が予定されている。王岐山の留任があれば、周小川の定年も延長され、留任がないわけでもないが、となれば中央銀行総裁ポストに二十年ということにある。引き時は今、というのが彼の偽らざる心境だろう。

 後継人事、はやくも三人の有力者が経済界の下馬評に挙がっている。
 蒋超良(湖北省書記。元吉林省書記)は、エコノミストではないが、政治畑の辣腕で習近平が注目している。
 郭樹清は現在、中国銀行監督監査委員会のトップ。順当ならエコノミストとして世界に知られるエリートゆえに、適切な人事だろう。
 もう一人が易剛(中央銀行副総裁)も著名なエコのミストだ。
 易は、周小川の直接の部下でもあり、関係から言えば一番深い。だが、日米欧と異なって、中国では中央銀行総裁人事も政治的コネクションの強さできまるので、誰が最右翼で誰がダークホースかというくらいの予測しか出来ないのである。

       □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 チベットにおける幼少の即位時代から、文革時代の悲惨な迫害を経て
  覚悟の米国亡命にいたった半生を淡々と、しかし篤実な宗教家らしく語った

  ♪
アジャ・ロサントゥプテン著、三浦順子監訳、馬場裕之訳
『アジャ・リンポチェ回想録』(集広舎)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 チベットに関心のある人なら必読の書である。
 中国共産党公認の宗教指導者が、党の監視の裏をかいて自由世界に亡命した。ダライ・ラマ、カルマパに続き三人目である。(カルマパ十七世は、インド亡命後、2017年に僧衣を捨て結婚した)
 青海省の西寧は大都会で、人口も二百万人はいるだろうと思われる。この西寧を起点にチベットのラサまで「青蔵鉄道」が繋がっている。
 十数年前、評者(宮崎)も西寧に行ったことがある。夜遅く飛行機で西寧に着いたためホテル入りはさらに遅くなり、フロントで翌日の青海湖一周ツアーに申し込むと、夜の十時過ぎというのに、係員が飛んできた。「外国人の参加は難しい」とでも言われるかと思ったら、「いま、カネを支払え」だった。
 青海湖一周はマイクロバスに二十人のぎゅうぎゅう詰め、評者いがいは全員が中国人だった。
丸一日がかりで休憩も昼食も取りながら、夜の九時にはホテルに帰った。メンバーに一人だけ英語が話せる人がいて、当時の小泉政権の話題となった。ともかく強行軍、青海湖は琵琶湖の四倍ある。
翌日、「塔爾寺」へ行くというと、ガイドが忽ちセールスをはじめ、ガイド、運転手付きで50元(ほかに同乗した三名の中国人も参加したので)という商談が成立した。

 さて、その塔爾寺である。
 本書の舞台は、このお寺である。
ダライ・ラマもパンチェン・ラマもこの寺で学び、教え、修行したというゆかりの聖域だ。ラサにあるチベット仏教の聖域=ポタラ宮殿ほどの高層ではないが、宏大な敷地で、学校もあり、常駐する僧が300名はいるという(文革前は3600名の修行僧がいた)。
境内を歩いているときも、読経を練習する音響が響いた。チベット仏教の聖域のひとつである。
売店で売っていた書籍の全てを買い求め(と言っても全部で四点ほどしかなかったが)、帰国後、ペマ・ギャルポ氏に渡すと、後日「大変、参考になりました」とコメントがあった。  
この塔爾寺がチベット語で「クンブム寺」ということを、当時ガイドから説明されていたが、忘れていた。本書で思い出したのだ。

前置きが長くなった。
著者のアジャ・ロサントゥプテンは、アジャ・リンポチェの本名である。同一人物なのだ。本書の序文をダライ・ラマ十四世が寄せているように、アジャ・リンポチェ八世の人生回想録の初めての日本語訳である。
 そう、この物語は、西寧郊外にある、クンブム寺を主舞台とする波瀾万丈の物語であり、ダライ・ラマ、パンチェン・ラマに次ぐ高位の僧侶が代々、寺持をつとめる。
 中国共産党がいかに残酷に宗教を弾圧したか、その実態が日記風に語られるゆえに、貴重な歴史的証言にもなる。中国共産党は「宗教はアヘンだ」といって徹底的に迫害し、寺々を破壊した。大切な経典、曼荼羅、タンカなどが燃やされ、あるいは持ち出され骨董市に売られた。
 アジャ・リンポチェは中国共産党が認めた「公認」の宗教指導者で、全人代副委員長クラスであり、且つ中国宗教界の団体の会長に祭り上げられようとしていた。
 活仏の生まれ変わりと認定される経緯を物語るあたりから本書は始まるが、その記憶力の良さが抜群なうえ、感受性の豊かさには瞠目する。難解な、しかも長文の経典を暗記しているわけだから、非凡な才能、生来の天分であろう。
 紅衛兵がやってきて、クンブム寺の破壊を始め、仏典を焼却し、最後には完全な破壊の一歩手前までいったのである。悲劇である。
 1999年、アジャ・リンポチェは中国共産党に別れを告げる決意をし、周囲にもその決意を告げず、関係者に迷惑のかからないように配慮しながら、休暇を装い、空港がごった返したタイミングを選んでまずはオランダへ、そしてグアテマラへ。悲嘆と絶望のなか、半年の寂しい隠遁生活のあと、ダライ・ラムの知るところとなって、ニューヨークの集会に招待され、そこでアメリカ人たちの篤い保護と支援を得て、カリフォルニアへ移り住み、米国への亡命が認められた。
この過程の記述は手に汗を握るサスペンスに富んでいる。
 アメリカが自由民主の宗教指導者の亡命を認めるのに、これほどの時間がかかったのである。
 その間の本人や付き人たちの動揺、心理状態、周りの人々の周章狼狽ぶり、取り残されて慌てる共産党は、米国へ拉致目的のスタッフも送り込んだ。手に汗握る活劇だが、それを淡々と振りかえる。
 小誌でも書評した大島信三氏の著作(『ダライ・ラマとチベット』、芙蓉書房出版)でチベットへ修行に行った三人の日本人が出てくるが、そのうちのひとり寺本椀雅は、クンブム寺で修行した。
評者はこう書いている(小誌、9月25日号)。
 「冒険をする必須の条件は体力と語学力である。日本の明治期に盛り上がった「チベット熱」。リードしたのは東と西の本願寺だった。東本願寺の期待を担った寺本婉雅と能海寛。そして無名だった成田安輝がいた。成田は情報部員だった。かれには桁はずれの軍資金があたえられた。清朝の皇族をサポートした寺本婉雅」云々。。。
 東日本大震災直後に祈祷のために訪日した氏は、その寺本の子孫を探し出して、訪ねたことが涙を誘う逸話として本書で紹介されている。

       ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌で最初から予測されていたように、総選挙は自民党の大勝におわるのではないでしょうか。
まさにご指摘のように「希望の党」は「失望」から「絶望」へ。
   (HI生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)自民楽勝ムードは、左翼メディアの与党を油断させる策略かもしれず、手抜きは許されないでしょう。



   ♪
(読者の声2)<万教共生の集い>のご案内です。
 
 神道、仏教、キリスト教、イスラム教をはじめとする全ての宗教の共生を訴えます。全ての宗教が共に生きることは、全ての国家が共に栄えることにもなります。万教共生は万邦共栄に通じる理想です。万教共生・万邦共栄を実現させる言霊こそ「天皇陛下万歳」であると確信いたします。日本は「大日本」ではなく「聖日本」であるべきです。
 「天皇陛下万歳」を掲げ、理想を訴える民族派有志による超党派の運動を開催いたします。頭山満先生、内田良平先生、大川周明先生の後進として、復興亜細亜・維新日本の実現を志し、万教共生・万邦共栄の理想を訴えます。戦う敵は、左右の唯物思想という双頭の悪魔です。
 宗教は現実逃避のためではなく、戦う勇気を得るためにあるはずです。宗教から学び得るのは、愛と正義、そして勇気だと信じます。双頭の悪魔と戦う勇気を固め、「万教共生の集い」を下記の通り開催いたします。
  記
【日時】 10月21日(土) 午後4時30分〜集合・国民儀礼・挨拶・説明など開始
午後5時〜行進出発
【場所】  水谷橋公園(東京都中央区銀座1ー12ー6)
【順路】  調整中
【注意事項】総選挙期間中のデモですから、選挙公約に関わる政治主張を唱えることには制限があります。プラカードなどは主催者で用意いたします。拡声器の持ち込みは歓迎いたしますが、発言にはご注意ください。車輌での参加はご遠慮ください。
【主催】  万教共生を考える会
【事務局】 三澤浩一(09026224242)



   ♪
(読者の声3)書店でははやくも西郷隆盛コナーが出来ているところもあり、随分と西郷本が並び始めています。それにしても、宮崎正弘先生の西郷本は、類書のなかでも一際、ユニークで、西郷と三島由紀夫の比較精神論、文化論として読みました。
ほかに保守思想体系の見地から書いた澤村修治氏の「西郷」(幻冬舎新書)も、なかなか読み応えがありました。
  (TA生、廣島)
      ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
重版出来! (アマゾン、中国部門でずっと一位を続けています)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

      
  ♪
六刷出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


  ♪
二刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/12

    >自民楽勝ムードは、左翼メディアの与党を油断させる策略かもしれず、手抜きは許されないでしょう。

    投票日数日前に、自民に巻き返しの時間的猶予がないままに、自民候補者の失言、スキャンダル「露見」、それを囃し立てるマスコミ、週刊誌も心配されますね

  • 名無しさん2017/10/12

    中国共産党、もう一つの大物人事は誰に?

      中央銀行総裁の周小川も賞味期限切れ、15年間君臨したが←情報ありがとうございます。