国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<あのバノンが、郭文貴と二回、ワシントンとNYで面談していた

2017/10/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月12日(木曜日)弐
        通巻第5472号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 世の中、本当に奇っ怪なことが起きるものである
  あのバノンが、郭文貴と二回、ワシントンとNYで面談していた。
****************************************

 郭文貴は「大富豪」を名乗り、ニューヨークの豪邸に住んで米国に政治亡命を申請している。トランプ政権は、対中関係を重視し、この亡命は承認しない方針と伝わっている。

 郭文貴は中国のインサイダー取引の元締めで、王岐山、習近平一族の汚職、腐敗を次から次へと米国のメディアに登場して暴き続け、習の姉夫婦や実弟の豪邸、王岐山の隠し子を実名と写真入りで暴くなど、中国にとってしゃくに障るどころか、頭に血が上るほど敵対的な人物である。

 郭文貴は10月5日にワシントンのナショナルプレスクラブで記者会見を行い、終了後、ワシントンでスティーブ・バノンと面会した。その後、10月10日にニューヨークの自宅の夕食会に招き、三時間半喋りこんだという(「サウスチャイナ・モーニングポスト」、10月11日)。

 バノンは先月に香港で講演した直後に北京を密かに訪れ、中南海で王岐山と面談した事実を英紙「ファイナンシャル・タイムズ」がすっぱ抜いた。
 ところが、その足でバノンは、UAEに飛んで、アブダビ王家と会談していたことが分かった。

 ここで結節点がでてくる。
 郭文貴は、嘗て英国首相ブレアの紹介でアブダビ王家を訪問し、30億ドルを出資させてファンドを立ち上げた。その出資金が焦げ付いた。郭文貴は自家用飛行機、豪華ヨットを持ち、王家に食い込んでいた。
 このことはたびたび小誌でも記述してきた。

 さてスティーブ・バノンである。
 彼はトランプ選挙の時の重鎮にして、政権発足直後には首席戦略官としてホワイトハウスに部屋を持ち、トランプ大統領に連日、アドバイスを重ねながら、フリン補佐官の首を切り、クシュナー夫妻と対立し、やがてマティス国防長官、ジョン・ケリー首席補佐官、マクマスター安全保障担当補佐官と対立、大統領のもとを去った。

 しかしホワイトハウスへの出入りは自由で、黒幕の立場を失っていない。
そのバノンが、中国で王岐山と会い、米国で郭文貴と二回に亘って密談し、かつアブダビ王家に行っていることは何を意味するのだろう。
 興味津々、まったく世の中には奇怪なことが起きるものである。

       □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)昨日お知らせした自民党極秘調査の結果はなかなか理解し難い内容でしたが、本日お伝えする3人の政治評論家の衆院選予想も私からすれば、なぜと言わざるを得ない内容です。
他人の予想にあれこれけちを付ける気は毛頭ないのですが、それにしてもと思います。
 3人の政治評論家の予想は、S氏が自民235と辛うじて単独過半数を超える一方、希望は93。K1氏は自民223で、希望117。K2氏は自民218、希望91といずれも自民が単独過半数を割っている。つまり衆院選の結果、安倍首相の退陣ないしは来年の自民党総裁3選は不可能ということを予測している数字である。
 この3氏の予想が最新のものかどうか判然としないが、それにしても一般的には希望が失速し、どこまで落ちるかが焦点となりつつある中で、かなり特異な見方と言っていいのではないか?
 このうちある民放ニュース番組のコメンテーターを務めるS氏が11日夕、番組の中でその根拠となるものを説明している場面を偶然観たので紹介したい。この中でS氏は「もし投票率が(民主党との)政権交代があった2009年の衆院選並みの投票率なら1500〜600万票が新たに加わる」という趣旨の説明をしたのだ。
つまり投票率が10%以上アップすれば、その内の多くが希望に投票すると見ている訳だ。
 しかしそもそも今回、最初こそ小池百合子都知事率いる希望の党が一種のブームを呼んだのは事実。しかし、その後、民進からの移籍希望者に対し、「排除」などという厳しい言葉で選別した結果、希望に対する期待が大きく損なわれた。
その反動で、民進に残された人間で立ち上げた立憲民主党が予想以上の支持を得て、今や希望に迫ろうとしていることは昨日報告したばかりだ。
 ならばやはり希望はさほど伸びず、その分自民に獲得議席が戻ると見る方が妥当と私には思える。
 さて朝日、読売、日経3紙が12日付朝刊で衆院選予想を掲載する。3紙を総合すると、(1)自民は単独過半数(233)を大きく上回り、公示前(284)に迫る可能性(2)希望は苦戦し、公示前(57)を超える程度(3)立憲民主は公示前(15)倍増の勢いで、第3党をうかがう(4)公明は公示前(34)確保か(5)共産は公示前(21)程度(6)維新は公示前(14)を維持できるか微妙ーなどとなっている。
 やはり希望が小池百合子代表の地元・東京でも苦戦するなど、かなり伸び悩んでいるようだ。
(加藤清隆)


(宮崎正弘のコメント)産経も自公で300議席超と予測しています。それより本日発売の週刊誌のキャッチがじつに面白いですね。
 「緑のたぬきの化けの皮」(週刊文春)
 「ユリノミクスは『百合子のミス』」(週刊新潮)
      ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
重版出来! (アマゾン、中国部門でずっと一位を続けています)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

      
  ♪
六刷出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


  ♪
二刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/12

    【希望の党内部崩壊疑惑】希望の党代表の小池百合子の第一声は、若狭勝が立候補してる東京10区で行われたが、小池グリーンと言われる緑色の物を持ち寄った聴衆は少なく 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5504.html

    【連載2】国難突破・解散総選挙

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53253519.html

    石橋を叩いて渡らない 

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12318678449.html

    県 学生寮

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%9C%8C+%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%AF%AE&tbm=isch&tbs=rimg:CWrCF-PFE5tKIjiomf6vN_1OloBi2dWQYKCvtCKYXcFntds5QCqoSaeotuYZGhT0Cv30NiqkzO1Z6qzE74JBkxppAmioSCaiZ_1q8386WgEbhaH8mkmW7WKhIJGLZ1ZBgoK-0RiFB1ETrFu8MqEgkIphdwWe12zhEHM7e7Nx-jyioSCVAKqhJp6i25EVeksBebiCQ-KhIJhkaFPQK_1fQ0RMKQrJ6zPJhIqEgmKqTM7VnqrMREcsAMo8cYC2yoSCTvgkGTGmkCaEYYqqQvD0iF7&tbo=u&sa=X&ved=0ahUKEwiklN21-enWAhVFzbwKHVsmCHMQ9C8IHA&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    希望の党に移籍した民進党議員、頭を抱える 「明らかに失速してる…どうしてこうなった…」

    http://gensen2ch.com/archives/72659542.html

    「TVタックル」で『小池知事をヨイショする田嶋陽子』が完全論破された模様。民主党政権の黒歴史を糾弾される

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50504146.html

    いわば朝敵の藩の元祖だから明治新政府からは徹底的に無視された

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-246d.html

    ホワイトハウス・インサイダー:トランプ

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/171010.pdf

    「朝鮮人」としての『空手バカ一代』 

    http://kyokushin-hiho.seesaa.net/article/19333651.html

    【暴落】データ改ざんの神戸製鋼所、株に売り殺到!取り引きストップ状態に!三菱も前日に売り逃げ

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-18573.html

    【日本の反日デモ】在日の子どもがどれほど日本を嫌いか理解できる動画。てか嫌いなら大人になったら出て行け。誰もいてくれなんて言わないから。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5502.html

    ミサイルと在日朝鮮人関係ないし、(←在日が資金と技術を提供中)拉致問題は大きな問題だけど、発生時期はもう大分過去のこと。(←帰って来てないから未解決)…外患誘致罪で死刑以外にない。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18674294.html

    あなたの記憶力を最大まで引き上げる8つの方法

    http://gigazine.net/news/20080722_maximize_your_memory/

    目を覆う略奪、虐殺の歴史/決して報道されない”イスラエル”の真実!!

    http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/059586f4eebc9edaf284d16bd6dc67c9?fm=entry_awc

    ついに国が常用量依存を明確に注意喚起 

    https://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/56280884.html

    韓国の捏造教科書

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

    杉田水脈候補、自民党の衆院比例中国ブロックの17位 前回の衆院選では名簿22位までが当選 小選挙候補者を当選させて下されば杉田水脈候補の17位は十分な当選圏内なのだ。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5500.html

    12歳の少年が書いた量子力学の教科書…普段は中高一貫生

    http://news.livedoor.com/article/detail/13290006/

    消費税10%増税を決めたのは民主党政権なのに、立憲民主党の福山哲郎が「安倍政権が消費税を上げると言っているのはおかしい」と言ってワロタwww 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5482.html

    移民を受け入れた「大泉町」の現状がこれ 外国人への生活保護が財政を圧迫 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5488.html

    2009年、国民はマスコミに騙されて民主党政権を誕生させてしまった。その結果、超円高株安になり企業は次々倒産して、失業者が溢れ「超就職氷河期、大リストラ時代」と言われた。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5481.html

    【素朴な疑問】私のことをヘイトだレイシストだと糾弾する方々は何故、北朝鮮による拉致問題についてはダンマリなのだろう?我が国が抱える最大の人権侵害問題である。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5486.html

    やがて生活保護受給者になる?不法滞在第1位の栄冠は韓国人に!ビザ無し廃止だろう!!

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5459.html

    公職選挙法では、公示前に名前入りタスキを使用することができない。共産党などは普段憲法守れなどと言ってるくせに、法を平然と破っている。 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5461.html

    朝鮮の「返せばいい」モラルが破壊する天皇の教え

    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-415.html

    日本はユートピア!? 

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10415201355.html

    予防接種と自閉症の相関

    http://www.tomorrowkids-service.com/autism/yobouseshu_autism.html

    水五訓

    http://www.nohkai.ne.jp/tyorei/?p=734

  • 名無しさん2017/10/12

    「トランプ米国大統領誕生を事前に予知していた」という



    冠が余程に貴重なものなのか



    その事象にバイアスされて我先へと今回の衆議院選挙に関して事前予測公表の喧しきことイトオカシ



    いみじくも小池氏曰く「嫉妬」っていう字の女偏は本来<男>って当てるのが妥当じゃない?



    「清貧の保守は孤高に死す」



    夜更けにケルト?ジャズ?演歌を聞きながら痛飲していて



    ふと小池氏を偲び落涙する



    おおっと! その勇姿に



    ちなみにそなた達は那辺におわすのかと



    いくら高邁を垂れても世間は微動だにせず



    そんな雑魚どもの戯言には嫌悪を抱く



    まるで負け犬の遠吠え



    味噌もクソも同じ穴のムジナ的な発言



    「強欲」はいかんが「大欲」は大いに善しじゃないか



    ところで貴公らは「公」の為に<行動>したことがあるかい?



    せいぜいお仲間内で糊口を凌いでいる口じゃないかな



    まるで便器へ唾棄するが如き小池評



    その御身の品性が知れます









  • 名無しさん2017/10/12

    ホワイトハウスへの出入りは自由で、黒幕の立場を失っていない。中国で王岐山と会い、米国で郭文貴と二回に亘って密談し、かつアブダビ王家に行っていることは何を意味するのだろう。興味津々、まったく世の中には奇怪なことが起きるものである。←情報ありがとうございます。しかし、バノンは日本にはこないんですね。なぜだろう?

  • お花畑のドングリさん、コイケ(泥沼)はまって、さあタイヘン。ドラゴン出てきてコンニチハって?ひぇーっっ!2017/10/12

    ○貴メルマガが報じるバノン氏の暗躍。あの忍者外交、キッシンジャー氏の後継者のようだ。中国要人やアブダビ王家らとの密談で、いったい何を語り合い、何を決めているのだろう。筆者ご指摘の奇奇怪怪の内容が一般に公開されることはないだろう(皆が分かるのはずっと後、何かの事件、騒動が起きて初めて、ということだろう)。ホルムズ海峡の喉もとUAEと、北朝鮮独裁者の後見人にしてイランとも関係が深い共産中国とを結ぶ「何か」とは?謎は深まる。ここにホワイトハウスが絡み、かつての「イラン・コントラ事件」のような闇の策謀が渦巻いているのではないか?「UAE・中国事件」の真相を暴くのは、ロシアハッカー部隊か、ネオ・スノーデン内部告発か、米国議会特別委員会か、米国ジャーナリズムか?死人が何人も出る騒ぎになるのかも?米国の深慮遠謀、計り知れない。



     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。北朝鮮危機の最中、大義なき自己保身総選挙突入で無責任な政治空白、政治混乱が続く。が、報道によれば政権与党圧勝とのこと。今の段階でこれなら、投票日直前、北朝鮮がかます次の馬鹿(ウクライナ製ICBM発射、第七回核実験、テロその他?)で、いわゆる「保守バネ」作動、あっと驚く野党壊滅、政権与党議会制圧、シン大政翼賛体制完成となるのでは?良くも悪くも、それが主権者たる日本国民の決断、選択なのだろう。旧GHQが残置した「戦前」との心中を選ぶ?その責任はその身にかかることになる。残念な民度だった。それにしても、いわゆる「野党」「民主勢力」のテイタラク、目も当てられない。あの二重国籍疑惑党首トンチンカン辞任からのお遊戯的代表選挙、国難ど真ん中週4お盛んW不倫騒動、いきなりの解党宣言からの緑のタヌキ弟子入り宣言、「排除」喰らって路頭に迷う。馬鹿丸出しである。が、どれもこれも、すべてはこのために(戦後民主主義リセット、日本国憲法葬送・9条抹殺、超戦前回帰を目論んで)仕組まれ用意されていたのかもしれない。週4W不倫にしても、はじめから野党壊滅を目論んで仕組まれたものかも?長州謀略政治、その深慮遠謀、計り知れない。ただ誤算(それとも計画通り?)は、タヌキの尻尾が出ていたことだろう。「次の次」「排除」「カネ持って来い」「服従」・・・、タヌキの覚悟もぶれた、準備不足だった。で、タヌキの化けの皮が、筆者ご指摘のとおり週刊誌ジャーナリズムによって無残にはがされてしまった。あぁ、政党渡り鳥ついに焼き鳥か?KK劇場尻切れトンボ、アマゾネス・ミズ・ヒトラー&ぶっ壊しライオンヘアー・ヒトラー失楽園遁走劇スタートか?大一番の大博打に大負けのKKコンビ。どんな敗戦処理をするのだろう?いずれにせよ、投票日には必ず投票所へ行き、「主権の一票」を投じたい。