国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み トランプ大統領はアジア歴訪に旅立ち、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問する予定だが、韓国では38度線の非武装地帯を視察する

2017/10/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月11日(水曜日)弐
        通巻第5470号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カーター訪朝にトランプは「賛成しない」
 またまたワシントンでうごめくリベラル派が策動
****************************************

 ジミー・カーター元大統領は93歳。
 まだ国際政治に影響力を行使出来ると夢想しているらしい。94年の米朝危機に際して、ときのクリントン政権はカーターの仲介に託し、特使として平壌入りし、妥協につぐ妥協を重ねて戦争を回避した。ペンタゴンは当時、戦争になればソウルは火の海となり60万の死者が出る。だから開戦には反対と主張した。

 その後、オルブライト国務長官も平壌入りし、軽水炉建設で妥協して、米国が資金を提供し、日本も理不尽なカネをむしられ、つづいての六者協議では、時間だけが無意味にすぎて、結局、何一つ成果無く、米国代表として交渉に臨んだヒルは、「キムジョンヒル」と渾名された。

 カーターは、当時、北朝鮮の代理人だったエージョントを通して、北と接触し、平壌を訪問した。そのときの約束事は全て北朝鮮が破った。トランプはしたがって「歴代政権は北朝鮮に騙され、カネも与え、そして結果は?」と端から懐疑的である。

 同じ北朝鮮の代理人はカーター事務所と接触し、再度、この元大統領を「平和の使者」に祭り上げようと策謀をめぐらした。しかしカーター自身の訪朝意思に拘わらず、トランプは「昔の人は黙っていろ」とはじめから無視している。

 そればかりか、11月3日からトランプ大統領はアジア歴訪に旅立ち、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問する予定だが、韓国では38度線の非武装地帯を視察する予定が組み込まれているという(ロイター、10月11日)。
         □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)選挙公示日にノーベル経済学賞で行動経済学者が受賞と報道されました。行動経済学とは、人間がいつも合理的な判断をするという前提に立つ従来の経済学と異なり、行動経済学は経済学に人間の心理的な影響を反映させようとする学問だそうです。
私が今読んでいる本(「かくて行動経済学は生まれり―マイケル・ルイス」文芸春秋)の中に「あと知恵バイアス」という内容が選挙についても書かれています。偶然ですがタイミングが良すぎるくらいです。
その一部を少しだけ抜粋しますと

  「たいていの場合、何が起こるか予測できないと、わたしたちは思う。しかし何かが起こったあとには、わたしたちは自信を持ってそのことについて解説する。予測できなかったことを、たとえ補足的な情報がなくても、説明できてしまうというこの”能力”には、人の論理的思考における、重要だがわかりにくい欠陥がよく表われている。・・・」

  行動経済学がどうやら経済学分野で存在感を増してきたようですし、多くの専門家が今度の選挙結果を予想しておられますので、その「あと知恵バイアス」の実例を学問的にも楽しみたいと思っています。
(SSA生)



   ♪
(読者の声2) 知り合いの評論家のところに希望の党から出馬した候補から「どう戦っていいのか分からない」「希望から出なければ良かった」などの電話が次々とかかってくるそうです。
 これを裏付けるように、NHKの最新世論調査では、政党支持率が自民31・2%に対し、希望はわずか4・8%しかなく、しかも立憲民主に0・4ポイント差まで迫られていることが分かった。
全般的には「希望」の党が「失望」さらには「絶望」へと変化している。 
 その一方で、それと全く相反する情報が飛び込んできた。自民党が先週末実施した極秘調査によると、希望の獲得予想が100議席の大台に乗り、立憲民主も30。これに対し、自民は過半数(233)ぎりぎりだったという。
この数字はにわかには信じがたい。ひょっとしたら自民党が自陣を引き締めるため、わざと自党に不利な数字を外に漏らした可能性もある。そのような数字を皆さんにお知らせするかどうか迷ったが、選挙戦は神経戦・心理戦でもあるので、そのまま公表することにした。
いずれにせよ、今回の衆院選はこれまでとは全く異なるパターンで動いていることは間違いない。
(加藤清隆)



  ♪
(読者の声3) 関西方面の皆さんへ。鉄道は人類に膨大な便宜をもたらした発明の利器と捉えられます。そして大量に長距離輸送をすることができるので19世紀以来各国の権益追及に一役買ってきました。
近年その機能は可成りの所まで自動車と飛行機にとって替わられたがここに来て高速鉄道として復活しインフラ輸出の旗頭になっています。今回の講演は元JR西日本 仲津英治氏です。
事前にお申し込み下さい。 当日参加もOKです。
           記
日時: 10月14日(土) 14:00―17:00
場所: たかつガーデン(大阪府教育会館)3F 「ローズ」会議室 
     TEL:06(6768)3911   〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番1号 
     (地下鉄千日前線(又は谷町線)谷 町9丁目下車(北東へ)5分
内容: 1400 講演 :元JR西日本 仲津 英治氏
         「海外高速鉄道プロジェクトと日本の協力  台湾、トルコ&インドなど」
    1530 質疑応答
会費:  4,500円程度(懇親会費を含む。講演のみは1,500 円。学生は無料)
主催:  弘志会 幹事 福井成範  fukuima@tree.odn.ne.jp
       TEL090-3090-5452
以上
       ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
重版出来! (アマゾン、中国部門でずっと一位を続けています)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

      
  ♪
六刷出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


  ♪
二刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/11

    北朝鮮の代理人はカーター事務所と接触し、再度、この元大統領を「平和の使者」に祭り上げようと策謀をめぐらした。しかしカーター自身の訪朝意思に拘わらず、トランプは「昔の人は黙っていろ」とはじめから無視している。←トランプ大統領GJです。しかし、どこにも、老害(日本なら、村山、野中、古賀とかww)はいるもんなんですね( ;´Д`)

  • 名無しさん2017/10/11

    >その一方で、それと全く相反する情報が飛び込んできた。自民党が先週末実施した極秘調査によると、希望の獲得予想が100議席の大台に乗り、立憲民主も30。これに対し、自民は過半数(233)ぎりぎりだったという。

    今朝のラジオ番組で政治記者の鈴木哲夫氏も同様な話をしていましたね。13:30頃から https://www.youtube.com/watch?v=7kWsQQHtJTM

  • えっ、平和の使者?地獄のドアマン?米国のステーツマン、その意志、行動、感服至極。で、ニッポンは?はぁああっ・・・。2017/10/11

    ○貴メルマガが報じる、トランプ大統領38度線率先訪問。さすが米軍最高司令官、北朝鮮の脅迫に怯むことなく、正々堂々最前線に立つ。で、対する元カノ&叔父さん&異母兄&側近&○○殺しの引きこもり連続殺人鬼北朝鮮独裁者が採る手とは・・・?

    ・同じく38度線に立ち、向かい側のトランプ大統領にもう聞くに堪えない悪口、罵詈雑言を思いっきりいう。人民を動員し、みんなで悪口をワーワー喚く。

    ・トランプ大統領にマスゲーム人文字で作った落顔をこれみよがしに見せびらかす。

    ・秘密トンネルを使った何らかのテロをかます。

    ・38度線で核実験する。

    ・韓国内のなりすまし北朝鮮工作員ズを総動員し、反米・反トランプデモを誘導、散々の嫌がらせをし、あわよくば騒乱状態からのハプニング的テロを仕掛ける。

    ・靴を隠す、ハナクソ飛ばす。

    ・地下宮殿でふて寝する。

    ・とりあえず逃げる。

    ・もうムシャクシャして気に入らぬ側近を機関砲でズタズタ、犬に食わせ憂さ晴らしする。

     何をしでかすか分からない。あるいは極度の緊張と栄養不足の脳で精神に異常を来たした現地部隊の一部が、功を狙ってとんでもない馬鹿をしでかすかも?あるいは、無能な独裁者に不満を抱く憂国(?)青年将校らが対トランプ大統領テロをかまし対北朝鮮米軍報復総攻撃を誘発することで北朝鮮独裁体制転覆を狙ってくるかも?何が起きるか分からない。日本は同盟国米国との絆を強く深め、朝鮮半島危機に対峙、対決するとともに、日本国内の北朝鮮工作機関(なりすまし、日本人協力者を含む)の破壊殺傷工作活動を完全防圧、粉砕すべきである。日本国民の主権も大切であるのと同様、その基盤である日本国の国家主権も極めて重要である。北朝鮮独裁者の野望を打ち砕くことで、東アジアに真の平和を。祈るほかない。



     それにしても、朝鮮半島問題のキーマン、米国元大統領ジミー・カーター氏。在イラン米国大使館人質事件では救出作戦に失敗、失意の中でロナルド・レーガン氏に大統領の座を譲り渡した悲劇の人物。が、現在収監中、あの韓国バックレ元大統領のお父さん(?)、朴大統領(高木さん)暗殺は、カーター訪韓直後だった。1994年の朝鮮半島危機に際し、カーター氏と会談した金日製はそのあとすぐに死んでいる。で、もし、いまカーター氏が北朝鮮連続殺人鬼独裁者に会ったとしたら、ロケット小僧の命脈はどれくらい後に断たれるのだろうか?分からない。いずれにせよ北朝鮮崩壊カウントダウンは止まらない。

     とにかく、選挙である。投票日には必ず投票所へ行き、「日本の主権、国民の主権、意地の一票」を投じたい。