国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「トランプ大統領は第三次世界大戦の引き金を引こうとしている」

2017/10/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月11日(水曜日)
        通巻第5469号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「トランプ大統領は第三次世界大戦の引き金を引こうとしている」
   上院外交委員長のボブ・クーカー「ホワイトハウス側近は彼を封じ込めよ」
****************************************

 10月9日、米陸軍協会の年次大会でマティス長官は講演に立ち、北朝鮮に外交や経済圧力による解決に失敗した場合、「トランプ大統領が軍事的選択肢をなした場合には、確実に実行できるよう準備を整えておかなくてはならない」と述べた。

 マティスは「米陸軍として出来ることをやろう」と語り、有事に備えるべきであるとしつつ、「国連安全保障理事会が2回も全会一致で北朝鮮への制裁決議を採択したことが過去にあったか。国際社会は声をあげている」とした。

 ところが、「米国の未来を大きく傷つけようとしている」とボブ・クーカー上院議員(テネシー州選出、共和党)はニューヨークタイムズのインタビューに答えた。
「トランプは第三次世界大戦を引き起こしかねない」。クーカーは続けてこう言った。「ホワイトハウスの側近等は、大統領を封じ込めろ」。

 与党共和党の重鎮の発言だけに、トランプは怯むかに見えたが、「クーカーは再選を諦めたのか」とトランプはやり返した。そんなこと言っていると再選の芽は無いぞ、という警告である。

 ともかくトランプは繰り返し「米国歴代大統領は過去四半世紀にわたって北朝鮮と交渉し、数十億ドルもの援助までしたが、結局、騙された。もう話し合いなぞは無駄である」と発言し、「残された道を一つしかない」。すなわち戦争で決着をつけよう、と示唆してきた。
 空母は現在、日本海へむけて航行中と言われ、長距離爆撃機もグアムで、いつでも発信できるように待機中である。

 この緊張感が増幅される状況を横目に、日本はモリカケ問題を蒸し返しての総選挙というわけで、依然としてお花畑の議論が蒸し返されている。

      □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1640回】        
――「独逸の活動心憎きまで溌溂たるものあるを感じた」――(米内山6)
  米内山庸夫『雲南四川踏査記』(改造社 昭和15年)

   ▽
 おそらく若き日の板垣は、雲南省政府高官の邸内には桜が植えられた桜を愛で、日本から持ち込まれたモーター・ボート遊びに打ち興じたことだろう。

 さて、昆明のその後だが、支那事変から日中全面戦争へと戦線が拡大するに従って「かつての親日都市昆明」は「抗日拠点」へと性格と役割を大変身させた。連合軍による援蒋ルートの拠点となり、1949年の共産党政権成立を機に毛沢東が対外閉鎖に踏み切るや、昆明は中国西南辺境――広大なゾミアの中に消えてしまい、加藤も山縣も忘れ去られ、日本も昆明に対する関心を払うことはなかった。

  だが1970年代末に鄧小平が毛沢東政治の大転換を図り、改革・開放の大号令を発し、90年代初頭に李鵬首相(当時)が「西南各省は南に連なる東南アジアに向かって大胆に進め。自らの智慧と力で貧困を打ち破るべし」と号令を掛けて以降、四川、貴州、広西などの西南各省を軸に東南アジアとの接点を求めて動き出した。以来30年ほどの間、漢族の“熱帯への進軍”は滔々と途切れることなく続き、いまやゾミアは中国一色。

  そこで考える。帝国陸軍が「支那通」として育て上げたはずの板垣は、昆明のみならず雲南、さらには雲南を中心とする中国西南を地政学的にどのように捉え、戦略的価値をどの辺りに置いていたのか。詮無いこととはいえ、彼らに教えを乞いたかったものだ。それを解明することで、おそらく「支那通」の限界が浮かび上がってくるだろう。それはまた往時の、帝国陸軍を中心にした我が国の大陸政策の限界を知ることに?がるはずだ。

  米内山に戻るが、彼が昆明で訪ねた在留邦人は、四川省成都で陸軍製革廠技師を経て「雲南に招聘せられ、雲南陸軍製革廠を創設した」だけでなく「雲南省政府顧問というような」立場に在る石塚氏、その下で働く4人の邦人職員、農業学堂で働く「邦人?習諸氏」だった。
招かれて見学した講武堂の運動会は「全く日本式に装飾せられてゐ」て、「運動の種類進行順序などは全く日本でやる通りあつた。(中略)假装行列の中に日本の書生ゴロがゐた。神田あたりで見る書生ゴロそつくりであつた」。

  講武堂は昨年(明治32=1999年)で、?官二十餘名すべて日本の陸軍士官學校出出身の青年士官だといつてゐあ。私共を大いに歡迎し、運動會閉會後、一行を晩餐に招待した。日本式の軍服を着た青年士官と日本語で話してゐると、遠い雲南へ來ているやうな氣持がしなかった」というから、やはり「雲南の日本色」は大いに濃かったということだろう。

  いよいよ昆明出発である。「山やた山の雲南」であり、昆明からは「何處へ行くにも山を越えなければならない」。「しかも並大抵の山ではなく海抜一萬尺の山々だ。ほんたうに千山萬嶽の路だ」。昆明からほぼ真っすぐ北上する「所謂雲南四川大路は、一萬尺の山々を越えるもので、車は勿論、ところに依つては馬も通ぜず、文字通り山嶽を登攀して行く路だ」。

 出発の朝、安田商店では「一路平安を祈つて赤飯を祝つてくれた」。遠く郊外まで送ってくれた在留邦人に向って「日の丸の旗を振りながら互いに影の見えなくなるまで名殘りを惜しんだ」のである。

やがて「こゝに至つて平道全く盡きていよいよ山路に入る。一歩は一歩より高く、行手を見ると路は次第に高く遥かに雲に入つてゐた。下は柳樹河の溪谷深く、その岩を踏み崖を攀ぢて行く。路端に芙蓉の花が咲いてゐた」。時に「朝霧を分けつゝ高原の路を行く」。

  ある集落で「村の名前を聞かうと思つて、その中の一番大きい家に入つて行」くと、誰もが逃げる。なかの老婆が「命は助けて呉れといはぬばかり」に「震へながら村の名を答へた」。
そこで米内山は「私が恐ろしいといふよりも、始終さういう恐ろしい眼にあつてゐるからであらう」と考えた。「恐ろしい眼」とは匪賊の襲来か、役人の苛斂誅求か。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)李登輝元総統が「蔡焜燦さんを偲ぶ会」に弔詞を寄せられました。下記に掲げます。
 「追悼の辞 本日(10月8日)、東京で蔡焜燦先生を慕う皆さんが集まり、偲ぶ会が行われるにあたり、追悼の言葉を述べたいと思います。
 昭和2年生まれの蔡焜燦先生は、大正12年生まれの私とは4つ違い。同じく日本時代に生まれ、日本の教育を受けて育ったいわゆる「日本語族」です。
 戦後、台湾と日本は別個の国となり、その関係も大きく変わりました。日本の皆さんを前にしてこうしたことを言うのは憚られますが、台湾が日本のことを想い続けているのに対し、日本はあたかも台湾の存在を忘れ去ってしまったかのような時代が長く続いたのです。こうした台湾の「片思い」ばかりが続く日台関係に風穴を開ける、大きな功績を残された方のひとりが蔡焜燦先生でした。
 特に、国民作家でもあった司馬遼太郎先生が台湾を訪れ『街道をゆく 台湾紀行』の取材をされるにあたり、蔡先生は「老台北」として水先案内人としてだけではなく、台湾の文化から風土、宗教、台湾人の気質にいたるまで、台湾に関するありとあらゆる知識を司馬先生に授けました。
 一冊の本を書くにあたって万巻の書を読むと言われた司馬先生さえも舌を巻くほどの博覧強記ぶりを見せたと聞いております。蔡焜燦先生がお膳立てをしたといっても過言ではない『台湾紀行』は歴史的、文明史的視点で台湾をくまなく巡り、場所や人々の行いを綴ったものでした。
 そしてこの本は、台湾が日本の統治から離れて半世紀以来、台湾のことを知らない日本人、最良の隣人である台湾に関心を持たないたくさんの日本人に、直接大きな啓蒙作用をもたらしたのです。さらに半世紀前に台湾より引き揚げ、台湾を自分のふるさとと想い、台湾を愛している日本の人々に絶大な感動を与えました。そして、40数年来、強権政府のもとで育てられた台湾の子供たちに、自分の国台湾とは何か、ということを教えてくれたのです。
 1990年代前半という、台湾の民主化が胎動を終え、まさに一歩ずつ歩み始めたこの時期に著された『台湾紀行』は歴史的文書に位置づけられるべきものだと評価しており、それに大きな貢献をされたのが蔡焜燦先生だと私は信じています。
 実際、蔡焜燦先生の記憶力は常人離れしており、ある宴会の席で、昭和20年に私が基隆から日本内地へ船で向かった話をしていたら、突然蔡先生から「総統閣下!その船はもしかして『吉備津丸』ではありませんか。私もその船に乗船して内地へ行ったのです」と話され、大変驚いていたことを覚えております。
 これほどまでに共通点の多い蔡焜燦先生と私ですが、その底流にあるのは、純粋な日本教育を20歳前後まで受けて育った元日本人ともいうべき精神世界を有していること、そして日本の精神や文化を評価するとともに、日本のことがどうしようもなく気懸かりで、どうか日本人にもっと自信を持ってほしいと心から願っていることに他なりません。
 蔡焜燦先生が日本の皆さんへ必ずといっていいほど呼びかけたのが「日本人よ、胸をはりなさい」でした。日本が自信を持ち、台湾とともにアジアを引っ張っていくことを強く望まれた蔡焜燦先生の心の叫びともいえるでしょう。
 幸いにして、日本人の皆さんはここへ来て少しずつ自信を取り戻して来ているかのように見えます。これはまさに日本人に自信を取り戻させることに晩年を捧げた、民間外交官ともいえる蔡焜燦先生の功績でしょう。
 どうか日本の皆さんにはぜひとも蔡焜燦先生の思いを継いで、日本と台湾のために心を寄せ続けてくださることを願っております。
 最後になりますが、蔡焜燦先生の数々のご功績に対し、心から尊敬と感謝を捧げ、謹んで御冥福をお祈り申し上げます。
  2017年10月8日           台湾元総統 李 登輝」
-   (台湾の声編集部)




(読者の声3) 明日11日から八中全会が北京で開催されます。党大会の一週間前の重大会議ゆえに、ここで最終的な人事がきまるのではありませんか?  
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)華字紙の情報を総合しますと、やはり王岐山の去就が焦点ですね。居残るか、退任するか。多維新聞網などは王が基調報告に準ずる演説を行いそうだと予測しています。
       ◎◎◎□□△□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
重版出来!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

      
  ♪
六刷、まもなく出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


  ♪
たちまち増刷!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/

        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<休刊予告> 小誌、海外取材旅行のため10月23日から30日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/11

    小池百合子「希望の党代表だけど、衆議院選挙には出ません」→国民「国政は冷やかしか」 

  • むちゃしやがって。あぁ、密命潜水艦浮上せず?ステルス魚雷の餌食か?エンジンにEMP照射か?米軍恐るべきって?2017/10/10

    ○貴メルマガが報じる米軍の対北朝鮮攻撃準備完了。トランプ大統領発「ハローハロー?エニバディー ヒァ?グッバイ、ロケットボーイ!底抜け、独裁者もラクじゃない、黒電話は故障中大作戦(対北朝鮮総攻撃開始命令)」を待つ米軍大部隊(米空軍、米海軍、米陸軍、米海兵隊、米沿岸警備隊、米核攻撃部隊、米宇宙軍、米ドローン無人機部隊、米スーパーウェポン部隊、米超能力者部隊、チームアメリカ・ワールドポリス部隊、米特殊部隊群、米特殊戦専門部隊、米心理戦部隊・・・)。圧倒的火力飽和集中同時攻撃で北朝鮮を瞬殺(灰燼)する。もしかすると北朝鮮の対米攻撃用ICBMや中距離弾道ミサイル、核兵器はじめ化学・生物兵器等大量破壊兵器群を完全無害化した後は、適当な「爆弾加減」で武器弾薬の在庫一掃セールをかまし、北朝鮮をして新型兵器・ミラクルウェポンの実験場とするのかもしれない。「同盟国日本」の自衛隊戦闘部隊の活躍の舞台も適当にアレンジし用意するかも。米国の深慮遠謀計り知れず。



     「太平洋で水爆実験」叩いた大口も所詮ウソ。で、もう切るカードない。結局、毎度のルーチンワーク、ウクライナ製ICBMを飛ばしてみたり、第七回核実験をしてみたりするしか能がないだろう。核爆発による白頭山大噴火で、噴石と放射能、火山灰と炎の中、灼熱のマグマの中に溶け行く元カノ&叔父さん&異母兄&側近&○○殺し連続殺人鬼独裁者の絵か?トランプ大統領も今年のクリスマス休暇前には、この憎むべき傲慢で無能、無慈悲なロケット小僧を始末するつもりでは?で、問題は難民対策である。米軍総攻撃開始の際、仮に北朝鮮からの難民が発生した場合(逃げれる人間がまだいた場合)、麻生副総理が懸念する「武装難民」への対処が日本の喫緊の課題となる。仮に原発銀座に爆薬満載の「難民船」で自爆突撃をかまそうとしたら・・・。麻生副総理が示唆するように「射殺」できるのかどうか。「武装」難民か、「ただの」難民か?武器弾薬があるのか、ないのか?撃つのか、撃たぬのか?もはや遅疑逡巡、議論の猶予はない。待ったなしの対応が求められる。現場に判断丸投げか?また、在日北朝鮮工作機関(なりすまし、日本人協力者を含む)の一斉武装蜂起に、射撃命令を下せるのか?果たして選挙後の政権はその覚悟があるのだろうか?これからやってくる正真正銘の国難。日本に神の憐れみを。もう祈るほかない。いずれにせよ、投票日には間違いなく投票所へ行き、「主権の一票」を投じたい。

  • 名無しさん2017/10/10

    トランプは怯むかに見えたが、「クーカーは再選を諦めたのか」とトランプはやり返した。そんなこと言っていると再選の芽は無いぞ、という警告である。←トランプ大統領、さすがです!そして、李登輝元総統の「蔡焜燦さんを偲ぶ会」への弔詞を掲載していただき、ありがとうございます。素晴らしかったです。東京オリンピックでは、チャイニーズ台北ではなく、台湾!での参加を日本国民のほうから声をあげなくてはいけないとおもいます。

  • 名無しさん2017/10/10

    >この緊張感が増幅される状況を横目に、日本はモリカケ問題を蒸し返しての総選挙というわけで、依然としてお花畑の議論が蒸し返されている。

    北朝鮮問題については、党首討論を聞いた限りでは、立憲民主党すら基本的に安倍政権の方針に賛成、共産党も対話重視を強調するも深くは突っ込まずとの印象ですね。安倍政権の方針に真っ向から反対するような主張をしていると、選挙期間中に北朝鮮がICBMを打った場合に票を一気に失うことを恐れてのことか?

  • で、次のスプリング・センテンス砲のターゲットとは?もーこの際、みんな揃って「カオス党」って?はぁあ?2017/10/10

    ○貴メルマガが報じる米軍対北朝鮮戦争準備完了。あとはトランプ大統領の“GO”サインだけだろう。世界の誰も見たこともない「炎と怒り」の「大惨害」が北朝鮮にもたらされる。ヴァージョンアップされた21世紀版「カーチス・ルメイ最新戦法」による、ホンモノの無慈悲な飽和集中大規模同時攻撃がかまされ、開戦即終戦の「瞬殺戦」になるのでは?はたして元カノ&叔父さん&異母兄&側近殺しの連続殺人鬼北朝鮮独裁者は、どーするのか?自国内での核爆発とウクライナ製ICBM発射、テロをするしか能のないロケット小僧の火遊びとは?次の核実験は、太平洋ではなく平壌地下宮殿でやってほしい。100メガトン級のホンモノの水爆を炸裂させ、朝鮮半島丸ごと吹っ飛ばせば、世間様の大向こうも唸るのでは?あるいは、小型化した核兵器とやらを中途半端に残した頭髪の上にちょこんと載せ、まんま「核弾頭」で平壌発北京行特別超特急(仮称:カリアゲ1号)の運転席に陣取り、元カノ&叔父さん&側近を粉々にした地対空機関砲をぶっ放しながら北京に突入、アクションスターのように電車から転がり落ち、あの映画『八つ墓村』に出てきた殺人鬼のような出で立ちで異母兄殺しのVXやサリン等をブンまきながら中南海に乱入、居並ぶ中国共産党幹部連中に核弾頭チョーパンを食らわせつつ、そのまま核起爆ボタン、スイッチ・オン。何もかも終わりにするか?これまで散々北朝鮮を利用し、コケにしてきた中国共産党幹部連中にひとあわ吹かせてやるのだ。あるいは、もうあきらめ丸ボーズ(ゴリンあたま)で国連総会で全世界に土下座して謝っちゃうか?ロシアのプーチン大統領に頭を下げ亡命先のお世話をしてもらうか?夜中にこっそり英国大使館を訪れジェームズボンドに相談に乗ってもらうか?「誰か」に全責任を丸投げして、聖断(?)からの「象徴」化で自己保身を謀るか?何をしでかすか分からない。いずれにせよ、独裁者の末路は悲惨である(即席人民裁判で銃殺刑、広場で逆さ吊り、愛人と無理心中、A級戦犯デス・バイ・ハンギング、逃亡途中殴り殺し・・・)。



     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。解散に解党をぶつけ、KKシン党で世間様を欺くも「次の次」「排除」で馬脚露に大失速。筆者ご指摘のとおり、北朝鮮危機目前の中でのお花畑状態である。「ヒトラーの正しい動機」「キチ○ガイ」「ナチスの手口」「ハ○ッ」「子ども生んだらオンナじゃねー」「がん患者、働くなっ」「東北で、よかった」「あんな人たち」数々の暴言・ゲス的暴挙で都市部一人区は全滅だとしても、野党なるものの戦う前から敗残兵状態、自滅で筆者お見込みのとおり与党辛勝ではないか?過半数割れでもKKシン党等隠れ与党との政策(改憲)合意で政権維持だろう。これが民度の限界である。



     それにしてもKK劇場、竜頭蛇尾のお粗末、極まりない。国民を舐めすぎた。自らが主張する情報公開で、その本質(国家社会主義ヤーパン労働者党(ナチス党in Japan)、「ユリ女王様絶対服従金もってこい奴隷契約党」「ゴラァ、カンバン貸したるけんのぉ、レンガ7個耳そろえて持ってこんかい党」「政界舎弟党」「オカル党」「一発ギャグ党」「出オチ党」「瞬間消滅党」「お騒がせ党」「150億ダッシュ党」「カイカクカイカク6K詐欺党」「アマゾネス・ミズ・ヒトラー党」・・・?)があからさまとなり、国民主権ならぬ国民棄権の世間様も流石にひきまくってしまった。もームリだろう。選挙後は、センパン三世髭なしヒトラー&ミドリのおばさんミズ・ヒトラー&裏切りの柳腰ユダ・ヒトラーらが、お手手つないで「9条抹殺」「長州押付憲法」に着手だろう。残念な民度だった。いずれにせよ、投票日には必ず投票所へ行き、「主権の一票」を投じたい。が・・・。