国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<総選挙、きょう公示。自民辛勝の展開か

2017/10/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月10日(火曜日)
        通巻第5468号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

総選挙、きょう公示。自民辛勝の展開か
  小池新党への期待が急速に稀薄化
****************************************

 政治評論家の加藤清隆氏の予測。
 「テレビにしょっちゅう出ている『利口な』政治評論家は決して選挙予想などはしません。もし外れた時の打撃が大きいからです。しかし当メルマガにこれだけ投稿して予想しなければ、それこそ「逃げた」と非難されることは必定なので、敢えて『火中の栗』を拾うおうと思います。

 これまで大雑把な見通しは示していますが、今回は知人の高橋洋一氏の予想を参考にさせてもらいます。同氏は一般的には財務省出身の経済評論家として名高いのですが、米国で計量政治学を学ばれた専門家でもあります。

 その高橋氏の予想は5議席ごとの丸い数字で、自民260、公明35、維新25、希望80、共産25、立憲民主党15ーです。私の予想は、自民は最悪の場合30減ですから257。20減程度で済む場合もあると見ていますので、そうなると267。これに対し、希望については、高橋氏の80に対し私は75と見ています。そうすると、自民が20減程度ならば、公明と合わせて300の大台乗せもある、というのが前回の私の見方でした。
 希望については、小池百合子代表が出馬しないことで、同党に対する期待は大きく失速しました。このまま下降を続ければ、場合によっては70を割り込むことも考えられます。その分自民に上乗せされます。

 少なくとも週刊文春の自民214などは、まず「安倍政権退陣ありき」という結論が先にあり、これに合わせ自民党がどれだけ減るかという数字合わせをしているだけですから、とても選挙予想とは言えません」
      □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ロシアの秘密部隊の実像が初めて明らかにされた
  この軽歩兵部隊はいかなるかたちで過去の戦争に加わってきたのか?

  ♪
M・ガリオッティ著、茂木作太郎訳『スペツナズ』(並木書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 スペツナズと言えばロシアの特殊部隊。すでに一部では神話ともなった最強の特殊部隊だが、その秘密を探った珍しい本である。著者は英国の研究者、ロシア軍事情報のプロである。
 ロシア語で「特殊任務」という、このスペツナズ部隊は西側の特殊部隊とは異質で、その選考基準は徴兵から選抜されるが、練度は高く、任務に忠実、規律に厳正な軽歩兵部隊を意味する。この点で、米国のデルタフォースや、英国軍のSAS(特殊空挺部隊)とはことなり、しかし即応能力が高い訓練を積んでいる。
 これはロシア軍の特有な運用形態であり、エリート兵士で構成される西側の特殊部隊と違うことがまず強調される。
 クレムリンが軍事介入するときには『槍の穂先』『尖兵』として1920年代から活躍してきた。淵源をたどると中央アジアの反乱鎮圧に派遣されたボルシェビキ部隊で、スペイン戦争にも極秘に参戦し、1979年にアフガニスタン侵攻では、先頭に立った。
 90年代のチェチェンには歩兵部隊の代わりに投入され、2014年のクリミア併合では半島占領作戦に従事した
 こうみると大規模戦争よりも、局地戦に特殊任務を果たしてきたことが分かる。
 著者はこういう。
 「スペツナズ部隊に託された大きな期待は1999年のチェチェン紛争で、陸軍の一般部隊が実戦に耐えうる態勢になっていなかったという理由から、スペツナズが歩兵部隊の代わりに戦闘に投入されたことからもうかがえる(中略)。スペツナズは本来、戦場での偵察、敵の指揮系統の混乱、補給線の遮断、北大西洋条約機構(NATO)の戦術核兵器の無力化などを主要な任務としてきた。ここから分かるのは、スペツナズは一般の軍偵・諜報部隊と情報・保安機関の隙間を埋める存在だということだ。現在、スペツナズは再びその規模を拡大しており、クレムリンの政治軍事の実行手段として、課せられた任務もまた増大している」
 巻末にはスペツナズが使用している最新鋭の武器も解説されている。
    ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌5466号に出た中村彰彦『保科正之 歴史の裏に真あり(2)』(自由社)の書評を拝見して、大変驚きました。
「正しい日本の歴史が正当な扱いを受けなかった時代が長く続いた」、その保科正之を中村彰彦氏が再発見をし、中公新書で『保科正之』を顕し、本書において、「これらを基礎に分かりやすく、しかも保科正之の行った政治に現代的な解釈を施しての新盤、特に若い人に読んで欲しい本である」
とされておりますが、当方、保科正之にとても魅力を感じており、今年、4回ばかり会津、猪苗代に歴史探訪で巡ってきました。
他の方には、会津の歴史、猪苗代の歴史のことを語る場合には、保科正之のことを知らなければ語ることができないと生意気な言動をはいてきました。
ですから中村彰彦氏が「保科正之」のことを取り上げ照明をあてていただけるのは大変嬉しいことです。
 4回目の8月に、ようやく猪苗代にあり保科正之を祀っている土津神社を訪れることができました。
土津神社の創建当初は、案内によりますと日光東照宮と並び称されるほど豪華なものだったようですが戊辰戦争の際に消失し、今はその面影がありませんが、それでも全体の敷地面積のことを考えると荘厳な建物があったことが想像されます。
 保科正之公の墓所は、神社の鳥居と拝殿を一直線上にした、石畳を上がった裏手奥にあります。
   (鈴木秀寿)


(宮崎正弘のコメント)会津ファンと一口に言ってもバラエティがあり、新撰組の流れから会津へ行く人も多い。小生が中村氏と一緒に会津へ行って、土津神社にも行きましたが、かれこれ33年も前でしょうか。もちろん、当時に中村氏はまだ文春社員で、直木賞受賞はそれから十年後でした。
土津神社は、まるでお城でした。



  ♪
(読者の声2)貴誌前々号にでたカズオ・イシグロに関するエッセイ。それにしても二年も前にノーベル賞を予測されていたのですね。宮崎正弘さんの文藝評論家の顔を思い出しました。
 老生の周囲でも映画の『日の名残り』は見て感動したけれど小説はまだだった、という人が多いです。
   (ハドスン)



  ♪
(読者の声3)ノーベル平和賞にICANなるモノの記事が躍っています。又昨晩のNHK もキャスターがなぜか「勝ち誇ったような表情で」このニュースを報じ、核実験禁止条約に賛成しなかった安倍政権に選挙前の当てつけをしているようでした。
私は最後までこの報道を見ていたけれど、一番知りたかったことは報じてくれませんでした。
それは「これほど国際的に派手に活動しているICAN を財政的に支えているのは誰なのか?」と云う事です。ちょっと歴史を紐解けば、誰もが反対できないことなどを普遍性の装いをして正義を声高に訴える団体などには、必ずそれを支援すると都合の良い「誰か」が後ろにいたと云う歴史でいっぱいです。
ICANの活動にはかなりの資金が必要なはずですし、日本からはICAN運営委員が送り出しているそうですが、その送り出している支援者も誰か知っておくことが必要でしょう。こういう時こそマスコミは「健全な疑い」の精神をもってICANの財政的支援者を明るみに出してほしいものです。
(SSA生)


(宮崎正弘のコメント)「YES,WE CAN」のオバマが核廃絶を訴えたら、平和賞が転がり込んできたように、核廃絶の呪文をとなえるとオスロの左翼偏向選考委員会は権威付けをしたくて仕方がない。しかも、賞金は合法的資金として流用できますから、これは北欧諸国の政治的思惑が背後にあると考えるのが普通でしょう。
 ともかく過去の平和賞をみても、ダライラマ法王、劉暁波らまともな人は少数で、アラファトとかのテロリストやら、金大中やグスマンや、怪しい人々、面妖なる活動家にもあてがっています。



  ♪
(読者の声4)ウーアールカイシ(吾爾開希)が基調講演です。
 追悼 劉暁波氏――彼の遺志を継ぎ中国とアジアの民主化実現を
 アジアの民主化を促進する東京集会も第7回を迎えました。今年民主化運動の指導者であり、ノーベル平和賞受賞者でもある劉暁波氏が、中国の獄中にて亡くなりました。
何の罪もない、平和的な民主化を求めただけの知識人を、満足な治療も受けさせず事実上殺害した中国政府の姿勢は、自由、民主主義、民族自決権の価値を尊重する世界の人々すべてを侮辱し敵対するものです。
 さらに中国は、国内における人権弾圧、民族虐殺政策をさらに強化し、東シナ海・南シナ海における覇権主義を露にし、東南アジア諸国に対しても支配力を強めようとしています。そして事実上中国が支えてきた北朝鮮は、水爆実験やミサイル発射を繰り返しており、アジアの平和は危機にさらされています。
 私たちはアジアの平和確立のためには、何よりも中国をはじめとする独裁体制の民主化、各民族の自決権の確立が必要だという原則を揺るがすことなく、今回のアジアの民主化を促進する東京集会を開催いたします。皆様方のご参加をよろしくお願いします。
      記
日 時 2017年10月14日(土) 午後1時半開場 2時開会
場 所 拓殖大学文京キャンパス301教室(東京都文京区小日向3-4-14)
(プログラム)開会挨拶 加瀬英明名誉会長
第一部 基調講演 ウーアールカイシ(中国民主運動指導者)
第二部 アジア各民族の訴え
    アウン・ミン・ユン(ベトナム革新党)
    イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会)
    オルホノド・ダイチン(南モンゴル・クリルタイ)
参加費 1000円(資料代)
    (アジア自由民主連帯協議会 会長ペマ・ギャルポ)     



  ♪
(読者の声5)10月7日(土曜日)弐 通巻第5467号の「読者の声2」で、加藤清隆氏が「私の原稿に注文がついているようですが、他人の書いたものにもの申す時はなるべく正確にお願いします。」と述べられているのは、10月7日(土曜日)通巻第5466号<前日発行>への小生(CAMこと椿本祐弘)の投稿についてのように見受けられますので、若干の釈明を行わせていただきます。 
 ここで、私が「加藤氏が『希望が予想以上に悪いということだけは間違いないようだ』と述べられているようですが、これは『予期通り』と言うべきでしょうね。」と述べたのは、あくまでも加藤氏の投稿内容に「注文をつけた」のではなくして、加藤氏が提供された「情報」を「素材」にした上で、「予期通りというべきだろう」と、「私が考えている」ということを言ったつもりです。表現に正確性を欠き、誤解が生じたことをお詫びいたします。 
 なお、私は、小池希望の党の敗北を「予期」しているのであって、当初のマスコミ論調がその大躍進を「予想」しているように感じられたので、あえて、期待を込めて「予期」という表現を選んだつもりです。
 また、「小池百合子氏はアナウンサーの仕事を務めた経験はありません。それを言うならキャスターです。どちらもテレビの画面に登場しますが、キャスターとアナウンサーは仕事の内容が明らかに違います。小池氏はキャスターであったことはあっても、アナではなかった。」という御指摘ですが、「日本大百科全書(ニッポニカ)」では、「ニュース・キャスター」(news caster )について「テレビあるいはラジオで、個性を前面に出しながらニュースを読む人。そのなかで若干の意見やコメントをつけるという点が、アナウンサーと大きく異なっている。日本のテレビで初めてニュース・キャスターが登場したのは、1962年(昭和37)10月から開始された「TBSニュースコープ」で、このときのキャスターは田英夫(でんひでお)、戸川猪佐武(いさむ)であった。その後、各局でもキャスターを起用したニュースの時間を設定し、キャスターは一種のタレントのようなイメージをもたれるようになった。しかしニュースすべてがキャスターによって紹介されているのではなくて、夕方とか夜の定時ニュースには、アナウンサーによる「読み」のスタイルのニュースも多い。[田村穣生] 」と説明しています。
  たしかに御指摘のとおり、小池氏は局アナであった経歴はなく、「女性アナ上がりのオバさん」と書いた小生の表現は誤りです。しかしながら、キャスターが、概念的には「個性を前面に出しながらニュースを読む人」と定義づけられるとしても、ゲストの「コメンテーター?」はともかくとして、レギュラーの「女性キャスター」については、例えば、小池氏の何代か後のWBSキャスターである大江麻理子さんの「しゃべり」を聞いていても、相当の事前シナリオに基づいているように見受けられ、「個性を前面に出しながら」とは言いかねるように(私には)思えます。実態的には、アナとキャスターは「仕事の内容が明らかに違います。」(加藤氏)とまでは言えないのではないでしょうか?
「日本大百科全書(ニッポニカ)」でも、「アナウンサー」についての説明では、「放送の歴史のなかでアナウンサーの活動領域はしだいに拡大し、今日ではほとんどあらゆる番組に及び、仕事は多岐にわたっている。しかし、書かれた原稿を読み、インタビューをし、またスポーツなどの状況を実況放送として描写する、という基本は変わらない。また、多様な癖をもった言語表現をする人々が現れる番組のなかで、いわゆる標準語を正確に、聞きやすく話すという放送初期からのアナウンサーの役割も変わっていない。しかし一般的に、自然で構えない親しみのあるアナウンスが視聴者に好まれるようになり、個性を売り物にするタレントや、ニュース番組の司会・進行を務めながらコメントもするニュース・キャスターとアナウンサーの境目は、はっきりしていない。(後藤和彦)」としています。

 さらに、細かいかもしれませんが、Wikiでは、「1988年よりテレビ東京『ワールドビジネスサタライト』初代メインキャスターを務めた。」としながら、注釈では、「この時は、テレビ東京専属の「パーソナリティー」(事実上の局アナ業務担当)」というような説明もされています。

 私が、小池・希望の党の崩壊を(「予想」ではなくして)「予期」していたということを示すために、以下に、いったん発信しながら、自ら没にしていただいた投稿をあらためて挙げさせていただきます。
 「(9月26日 8:52発信)9月26日号(通巻5445号)での「日本の『希望の党』は最初から『絶望の党』だが。。。」というのは、言い得て妙ですね。
 昨日あたりの小池関連報道、その消費税率引き上げ凍結政策を聞いていて、また、ややこしいことになってきたと不愉快です。私自身は、消費税率引き上げには反対です。難しい議論はさておいても、デフレ状況から脱出できていない中での増税はあり得ないと思うからです。増税効果よりも消費冷却という悪影響の方が大きいというのが過去の経験であるはずで、今回もそうなるだろうと予測するからです。
プライマリーバランスがマイナスの中における消費税歳入分の使途変更という安倍首相説明も感心しない。金に色がついているわけではないのだから、実質的には単なる歳出増ということでしかないでしょう。 このような説明はゴマカシという印象を与え、逆効果となることを懸念します。消費税率引き上げ凍結という主張の方が、はるかに単純明快でインパクトを与えるでしょう。小池新党なるものは、消費税増税凍結を掲げるだけでも、一定の票を得るだろうと思うと気分が重くなってきます。
 小池百合子なる女性のレベルは、よくて小泉純一郎クラスでしょう。かつて、斎藤精一郎氏は、小泉にレクチャーした後、「ダメだねぇ」と言って、「これがわかるとか、あれがわからないということじゃなくて、問題が分かっていないんじゃないの?」と断じたといいます。できるできない以前の問題であり、問題そのものがわかっていないんじゃないかというのが斎藤氏の小泉評価だったのです(栗本慎一郎『純個人的小泉純一郎論』2006年9月イプシロン出版企画刊)。これは、週刊現代に発表されたものを単行本化したものですが、ほとんど話題にもならなかったのではないでしょうか?かつて、西尾乾二氏は『「狂気の首相で日本は大丈夫か』という書籍を公刊されましたが(2005年12月PHP刊)、これも、マスコミからはほとんど無視されたのではなかったかと思います。

  福田和也氏は、『総理の値打ち』(2002年4月文藝春秋刊、月刊文藝春秋での発表論文を単行本化したもの)のなかで、初代伊藤博文以来小泉純一郎に至る56名の総理大臣を100点満点で評価し、歴代総理で圧倒的に最悪であるのは近衛文麿(17点)、次いで小泉純一郎(27点)としています。 ちなみに「30点以下」とは「明確に国を誤り、国家社会に、重大な危難をもたらした。もしくは後世に多大な弊害を遺した」というものです。 
 この「もっとも大きく国を誤り、重大な危難をもたらした」指導者であると考えられる近衛文麿についての説明を読んでいると、小泉純一郎との相似性にあらためて驚きます。私は、小池百合子も今後さらに国政に出張ってくるに従い、このような性格を強く顕してくるように予測します。 福田氏の、近衛評価は以下のようなものです。
>世論受けする攻撃的な姿勢を打ち出すことで人気を取るばかりで、事態の収拾には一切責任をもたなかった。
 >首相として、政策についての主体性はほとんどなく、自ら「マネキンガール」「ロボット稼業」と称してはばからなかった。
 >対米交渉をはじめるが、ここでも軍部と世論の動向のみを留意して、何ら実際的な手立てを打てなかった。
>世論におもねることを目的とする政治に興じて、国家、国民に大きな惨禍を与えた。
小池百合子レベルの人間に、また我国がひっかきまわされることになると思うと、まさしく「絶望」感がつのるばかりです。
(9月26日、9:16 発信)9月26日(火曜日)弐、通巻第5446号における「与党が大勝するのではありませんか? 」「しかしブームは下火になりつつあり、いくらメディアが支援しても、国民の大半は北朝鮮の核ミサイルに対応できる政権を望むでしょうから、新党は期待するほどの躍進は考えにくいでしょう」「こんどは『希望の党』が『第二自民党』となるというくらいの変動でしかないと思いますが。。。」という宮崎予測が的中することを祈りたいものですが、我が国民は、今回の北朝鮮問題で少しは「学習」できたのでしょうか???
 貴見が実現する可能性が高いと願望を込めて考えましたので、前信は撤回します。いつもながらの冷静な予測に敬意を表します。
  (「CAM」こと椿本祐弘(フルネームで投稿されている加藤清隆氏へのレスポンスがブログネームでは非礼かと思い、あえて実名を添えさせていただきます)

     ◎◎◎□ ◇□△□ □◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ▲
重版出来!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

      
  ♪
六刷、まもなく出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


  ♪
たちまち増刷!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/

        ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/10

    総選挙、きょう公示。自民辛勝の展開か 小池新党への期待が急速に稀薄化←情報ありがとうございます。小池さんが出馬しないということで、辛勝から大勝にかわりつつあると予想いたします。