国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<トランプ政権の高官人事、発足からそろそろ一年になるのに北朝鮮担当の次官補、次官補代理がまだ決まらない

2017/10/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月6日(金曜日)
        通巻第5464号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権の高官人事、発足からそろそろ一年になるのに
  たとえば何故、北朝鮮担当の次官補、次官補代理がまだ決まらないのか?
****************************************

 韓国大使をトランプ大統領はまだ決めていない。
 まっさきにニッキー・ヘイリーを国連大使に任命し、つづいて中国、露西亜、日本の大使を早々と決めた。
ロシア大使はハーツマン。タカ派である。かれは直前までの中国大使だった。トランプが指名した新中国大使はテリー・ブランスタッド(アイオア州知事)。かれは親中派である。 
そして日本大使のハガティは通商交渉で対日タカ派だった。

 ところが朝鮮半島の未曾有の危機を前にして駐韓大使がまだなら、国務省と国防相で実際に担当する次官補、次官補代理も決まらない。というのも副長官、次官、副次官にまだまだ空席があるため、その下のポストは、その後になる。のんびりしているのではなく、これはトランプの思惑が潜んでいるのではないか。

 つまり早く決めろという合唱が起きるのをまって、意中の人間をすんなりとポストへ滑り込ませるのだ。たとえば政権発足直後には絶対に反対されたであろうジョン・ボルトンが、いま国務副長官に任命されても、議会公聴会は物静かに、さっと承認してしまいそう。それほど北朝鮮情勢が緊迫している。

 とはいえ、じつは中枢の人事ははっきりと固まっているのである。軍人がトランプ政権の脳幹を占めている。シンキ内務長官は特殊作戦部隊出身。海軍中佐。ポンペオCIA長官は陸軍士官学校卒業で陸軍大尉だった。ポッテンガー特別代表も海兵隊出身だ。
 日本のメディアは伝えないが安全保障会議で、マクマスターの補佐役にはディナー・パウエルが就任している。パウエルはブッシュ政権で大統領補佐官、国務次官補を経験している。
 
 国家安全保障担当大統領副補佐官(つまりマクマスターの右腕)にはリッキー・ワデル(陸軍少将)次席補佐官と並んで、ナディア・シャロード博士。おそらく彼が安全保障政策のペーパーを起草することになるだろう。
 また国家安全保障会議の首席補佐官はキース・ケロッグ(陸軍中将)である。

 軍人のなかでもエリートは何回かの試験を乗り越え、実地訓練を経験し、難解なテストを経て昇進してきたのであり、現在のアメリカで最も信頼に足るうえ、知的である。戦争にはきわめて慎重だからトランプ大統領を深く牽制するのも、じつは軍人出身の、これらの補佐官達なのである。

 机上の空論、象牙の塔での綺麗事を言っていた学者を重宝したこれまでの政権とは、この点でトランプはまったく違う人事もおこなったし、これからのこの傾向は続くだろう。 

       □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 GHQのポチに成り下がった日本学術会議
  明日の技術の発展は経済発展の基礎。それが嬉しくない左翼のたまり場

  ♪
ケント・ギルバート『平和の夢に支配された日本人の悲劇』(自由社ブックレット)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 このところ、ケントさんの活躍がめざましい。お笑い番組のタレントから突然変異的に変身して日本の左翼をけちょんけちょんとぶった切っている。
氏の議論は、もちろん保守知識人の間では常識的であり、とくに詳細を論じる必要はないが、ケント氏が主唱する中で、独自なポイントがいくつかある。
 第一は沖縄の危機、本土の日本人が抱いている危機は隔靴掻痒、げんじつにアメリカ人であるケントさんは、切迫した問題としてアメリカ軍基地の問題があることに警鐘とならしている。
 第二に憲法や平和論で左翼を非難する論法に、従来の保守の主張との乖離は見られないが、こういうロジックに立つアメリカ人がたくさん出てきたという現象を、その傾向が昨今の『ケント現象』が証明していることになる。
つまりアメリカの知識人の間に急速に拡がる日本核武装容認論だ。
 第三に、もっともケントさんらしいポイントが、じつは軍事技術に関する、アメリカ人的な考え方に裏打ちされた見解である。
 本書の第九章は「技術立国、日本を守れ」である。
とくに日本学術会議なる、おかしな学者の集まりが、軍事的な研究を行わないと声明を出したが、この背景をケントさんがうんと力点を入れて、掘り下げる。
 そもそも「軍需産業は、国の技術と経済をめざましく発展させます。これは経済の常識です。マスコミや左翼政党、文化人が、こんな基礎知識を知らないわけがありません。つまり彼らの正体は、日本経済を発展させたくない人々です。(中略)零戦(零式艦上戦闘機)の高度な技術に散々痛い目にあったアメリカは、戦後、日本の飛行機製造を禁止しました。19952(昭和27年)年にサンフランシスコ講和条約で日本が再独立すると、民間企業による飛行機の運航や製造の禁止は解除されました」
 しかし航空機産業は米国の監視下におかれ、独自な技術的発展には足かせが嵌められている。
 歳月が流れ、日本は自動車産業からカーナビを産んだ。
アメリカの専門家が「これは、もう、アメリカの軍事用GPSと同じじゃないかって、びっくりしていました。日本の方が発達していた」。
電子レンジ子も、パソコンも、ネットも軍事技術から発展した民生の成果であり、この「軍事的研究を(日本学術会議が)頭ごなしに否定することは、すなわち世界の技術から取り残され、日本が技術的後進国に陥没する」と警告を強くしている。

     ◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「希望の党」独自候補の面々を見ると、落選を繰り返し手あかのついた元職や無名の地方議員などガラクタの寄せ集め、予期通りではありますが、「絶望の党」であることが露呈されてきましたね。
 そもそも、小池百合子クラスの程度の人物にこの国をかきまわされることは許せない思いです。
 期待と願望を込めてですが、自民党が安定多数を確保することを祈りたいと思います。
   (CAM)



(宮崎正弘のコメント)「希望」の「野望」は「失望」から「絶望」へ。

     ◎◎◎□ ◇□△□ □◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/


   ▲
重版出来!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/

      
  ♪
六刷、まもなく出来!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 斯界注目のユニークで、しかし予想が的中する国際情勢分析
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


  ♪
たちまち増刷!
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/

         ◎◎◎◎◇◇○○□◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため、小誌は10月8日―9日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • あーあー、バレバレの大根芝居、あくびが出る。おいっ、カネ返せって?キボーもチボーもなんもない、あーつまんねー、じゃんじゃん。2017/10/06

    ○貴メルマガが報じる米国トランプ政権人事模様。が、トップダウンの意思決定・実行の中枢がぶれることはない。軍事諜報超大国米国の基盤は揺るがない。“GOD bless America!”米国に神のご加護を。祈るほかない。



     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。未曾有の異様異常な「超法規」「憲法無視」の大義なき自己保身解散(ウソ泣き赤鬼大どんでん返し破顔一笑大爆笑作戦・出戻り青鬼入閣密約鬼が島大宴会騙し討ち解散)で、政治空白・政治大混乱の最中にある。解散に解党をぶつける大技で急ごしらえの「柳の下のドジョウ再び・KK新党」立ち上げ。が、次から次へとあからさまになるボロボロ、インチキ、拙速、準備不足、ガラクタ、吹き溜まり、「次の次」「TV出るな」「絶対服従金持って来い宣誓誓約書(ユリ女王様絶対服従奴隷契約書)」「自民連立合流改憲予定」等陸続、もう収拾がつかない。筆者ご指摘のとおり「失望」から「絶望へ」、急失速。で、鳴り物入りの「竜頭蛇尾党」「瞬間消滅党」「ディープ・ストール党」「(自由)死亡の党」「排除の党」「国家社会主義ヤーパン労働者党(ナチス党in Japan)は、空中分解からの墜落、壊滅、カウントダウン真っ最中である。やはり詰めが甘すぎたのでは?顔がない、目玉がない(それとも、これから後出しジャンケン的サプライズか?)。やがて有毒化学物質まみれの豊洲市場問題ものっぴきならなくなり、政権奪取憲法破棄野望絶望の東京ジャンヌダルクも、ヤケノヤンパチ、もう都政もへったくれもなにもかもホッポリ出すのでは?が、あの都政をメチャクチャにした老元知事同様、巨額訴訟の被告人席は免れないだろうに。もう穏やかな老後は無理だろう。



     それでも「ナチスの手口」「ミイツ詐欺」「政治的冒険」「KK劇場」等で、国民主権ならぬ国民棄権の世間様が大量投票、議席多数を与えれば、究極の靖国ナチス土台人内閣ができるのでは?センパン三世髭なしヒトラー&アマゾネス・ミズ・ヒトラー&ぶっ壊す・ライオンヘアー・ヒトラー&裏切りの柳腰・ユダ・ヒトラー&「ナチスの手口」「ヒトラーの正しい動機」「射殺する」暴言ヒトラー&金目・生保・日本版T4作戦推奨ヒトラー&「ハ○ッ」「がん患者働くな」「子ども生んだらオンナじゃねー」「東北で、よかった」「ゲス」有象無象暴言暴挙ヒトラー・・・。



     はたして、国民主権ならぬ国民棄権の世間様の政治決断とは?あと十日くらいで日本の運命が決まる。とにかく投票日には必ず投票所へ行き、「主権の一票」を投じたい。未曾有の危機迫る日本に、それでも神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/10/06

    クルド人の独立問題

    ・国民投票はイスラエルの工作と見られているので、トルコ、イランは支持していない。

    ・クルドの独立はよいが、今回はイスラエルの石油泥棒だから支持されない。

    ・サウジアラビアは女性運転免許が許可され、サウジアラビアも変わった。

    ・メルケルは総選挙結果は戦後最悪(支持率大幅低下、右翼の台頭)

    ・英メイ首相は長続きしない。(今でも過半数なし)

    ・野党ジェレミー・コービンが首相になる。

     英国も本当のことを言う政権が誕生しそう。

    ・スペインのカタロニア国民投票問題は大きくなっている。スペインと弾圧と世界世論。(要注意問題)

    ・英国は資本主義の行き過ぎで、国が経済にも関わらないとという反省で、次の首相はジェレミーコーミンの声が高い。



  • 2017/10/05

    「希望」の首班指名

    中山恭子さんですね。

    ただし、独自の改憲案はとりあえず仕舞って九十六条を・・・!

  • 2017/10/05

    日本国憲法九十六条

    小池さんがキャスティングボートを握って九十六条改憲を唱えたら、安倍さんは拒否できないでしょう。九十六条改憲こそが、憲法を国民の手に取り戻す!

    様々な改憲案が出ている。しかし、言っちゃ悪いけど、自民党案を含めて、国民は理解しようとはしないし、そもそもじっくり読んで検討することすらしないだろうね。

    絞り込んだ少数のテーマについて、総選挙毎に国民投票を実施し、長い時間をかけてゆっくりと国民の憲法を形作っていく。逐次改憲こそが本来の保守のあり方だ。国の形をつくるには時間がかかるんです。これは発議3分の2では不可能。

    一部の権力者が、国民の意識の彼方で一括改憲する。誰も読まない。そして実態を知らぬまま神棚に祀られて「触るな!」。

    茶道・華道・柔道・剣道・・・と来て「護憲道」というものさえ出来上がる。「マルクス経済道」とか「反日道」とか。みんな日本の伝統たる家元制度になってしまうのだな。

    ようするに、「反日道」すら日本の伝統に則ったありかたであって、家元から弟子へ連綿と受け継がれる。「道」なのだからみんな真剣です。

    「反日道」すら日本の伝統である・・・という、これまた歴史の皮肉です。

    ここは小池女将の破壊的エネルギーで、この悪しき伝統を打破してもらいたい・・・と切に期待するものであります。

  • 2017/10/05

    自公と維新と希望が改憲。共産と社民と立憲民主が護憲。

    これって物凄い勢力図です。まあ、自民は希望に議席を食われるので相当に苛立っているわけだが、しかしよ?くアタマを冷やして考えれば、選挙結果がどうなろうと、発議3分の2がさらに数を増すのです。

    小池の女将が旧民進護憲派を「強制改宗」させるから。かの小沢一郎もビックリの豪腕です。

    議席欲しさに右往左往する姿はミットモナイけれど、それが改憲の1票にメタモルフォーゼする。1票なってしまえばきれいも汚いもありません。それが日本を変えるんです。これは戦後日本の革命ですよ。

    ふだん改憲を唱えながら、この改憲勢力としての「希望」を肯定しない人がいるのはなぜなんだろうと不思議に思ってしまいます。

    強制的に改憲派に改宗させられた元護憲派が、戦後初めての改憲の決定打になるとすれば、これは物凄い歴史の皮肉だね。いわゆるカイケン派の多くは、実はナンチャッテだったのかも知れない。

  • 名無しさん2017/10/05

    >軍人のなかでもエリートは何回かの試験を乗り越え、実地訓練を経験し、難解なテストを経て昇進してきたのであり、現在のアメリカで最も信頼に足るうえ、知的である

    アフガン、イラクその他の実戦で実力が試されているのも大きいのではないでしょうか。自衛隊の日報問題については、稲田大臣の問題もあったかもしれませんが、自衛隊幹部の対応の仕方にも「信頼」「知的」との面で大きな問題があったのでは

  • 名無しさん2017/10/05

    今回も,喜かったです

  • 名無しさん2017/10/05

    トランプ政権の高官人事、発足からそろそろ一年になるのに たとえば何故、北朝鮮担当の次官補、次官補代理がまだ決まらないのか?←情報ありがとうございます。