国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国、電気自動車の先端レアメタル独占のためコンゴへ巨額を投下

2017/10/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月4日(水曜日)
        通巻第5461号  <前日発行> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

悪夢だった「リビア型プロジェクト全滅」の教訓は何処へ?
 中国、電気自動車の先端レアメタル独占のためコンゴへ巨額を投下
****************************************

あの「リビアの悪夢」を北京の中南海の住人たちは忘れたらしい。
カダフィ独裁体制が崩壊し、内戦が激化、リビアは事実上分裂し、無政府状態にある。元凶は米国が仕掛けた「アラブの春」の影響による。

現在、リビアの石油鉱区はそれぞれのベンガジとトリポリに盤踞して、「政府」を名乗る武装勢力が確保し、イタリアなどが輸入しているが、嘗ての生産量は激減した。

カダフィを支援して百以上の建設プロジェクトをリビア各地に展開してきたのは中国だった。内乱勃発とともにリビア国内にいた中国人およそ36000名が国外へ脱出した。 
西隣のチュニジアや、東隣のエジプトからバスをチャーターし、イタリアやギリシアからフェリーをチャーターし、さらには救援の特別機を飛ばした。
一人の犠牲もださずに見事な撤退作戦だったが、中国の受けた損害はおそらく数百億ドルだろう。

 以後、中国主導のプロジェクトは完全に復活しておらず、債権のゆくえも分からない。つまりこの海外債権は事実上、不良債権化している。リビア政府は形骸として存在しているが、カダフィ時代の債務には無関心である。

 それなのに懲りない中国である。
こんどはアフリカの奥地コンゴへ大々的な進出を決めた。
 コンゴ?
 その昔、ザイールと名乗っていたコンゴは二つの国にわかれ、コンゴ共和国(旧仏蘭西領)とコンゴ民主共和国(旧ベルギー領)だから、ややこしい。

 コンゴ民主共和国は世界11位の面積、首都キンシャサの人口は800万人。若い国ゆえに全体の人口は8000万人の大国である。
ところが熱帯雨林と湿地帯、湖、瀑布、山岳と地理的条件が悪く、交通事情は最悪で運送は河、湖に依拠し、ハイウエィは途中を繋ぐだけ。
それでも輸出の90%がレアメタルである。

 その昔「コンゴ王国」は、ポルトガル(いまのアンゴラ)、フランス(コンゴ共和国)、ベルギー(コンゴ民主共和国)の三つを併せもつほどだった。列強の植民地競争で、ポルトガル、仏蘭西、ベルギーが分け合ったが、19世紀にはベルギー国王の私有地だったのである。


 ▼コバルト産出は世界一のコンゴ民主共和国

このコンゴのなかで、旧ベルギー領の「コンゴ民主共和国」が、現代文明のハイテクに欠かすことができない金・銀、銅、ダイヤモンド、コバルトなどレアメタルの宝庫なのである。その推定埋蔵は26兆ドルに達すると推計される(THE DURAN,2017年6月7日)。

 筆者の少年時代、1960年からの独立戦争を戦ったルムンバ「首相」は武装ゲリラに拘束されて処刑された(61年)。国連のハマーショルド事務総長が搭乗した飛行機は謎の墜落、その後、モブツ大統領という奇妙な独裁者が登場し、鉱山利権を掌握し、国名を「ザイール」と変えた。
無謀で残虐な暴政を敷いて、このレアメタルリッチに君臨した。

 この独裁者=モブツ・セセ・セコはスイスに隠し口座をもち、国民が飢えていても一族は贅沢三昧、大統領特別機を飛ばして欧州を行脚した。大統領補佐官を十名近くも引き連れ、しかも補佐官はすべてが女性だった。ようするにハーレムが移動したようなものだった。

 1996年ザイールは悪政が原因で崩壊し、クーデターで実験を握ったカビルが大統領となった。そのカルビは暗殺され、息子のカビル・ジュニアが大統領を引き継ぎ、二代にわたる長期政権が続いているが、政治的な安定度をかく。米国は政治的大変化が近いと踏んでいる。
 
コンゴの最深奧部に広がるのはカタンガ州で、コバルト鉱山はこの辺疆に位置するのだ。
コバルトの生産でコンゴは世界一である。世界市場の65%を握る。コバルトは「地の妖精」という別名がある白銀色のレアメタルである。
 
カタンガ州は標高1000メートルの山岳地帯にあり、欧米の鉱山企業が経営しているが、武装ゲリラが鉱山を急襲した折は、操業中だった日本鉱業(現在の「JX金属」)の社員等が孤立し、ベルギーとフランスが空挺団を派遣して救出した。

 コバルトは磁気テープ、スピーカ、顔料、高速印刷機(新聞社の輪転機など)の切断(業界ではギロチンという)などに使われ、また自動車エンジンの触媒にも駆使されているため、ハイテク工業界は備蓄を進めてきた。
とくにコバルトが次世代のリチウム電池に使えることが判明し、俄然注目されるようになった。

 しかしお花畑に暮らす日本はこのことに無関心で、当時のコバルト危機で国際世論が沸騰した1978年頃、日本のメディアが騒いでいたのは安西マリアとかの歌うたいの失踪事件だった。そのノー天気は北朝鮮のミサイル危機でも別世界の出来事のように認識しているのだから、お花畑はいまも、昔も替わらない。


 ▼電気自動車のバッテリーはコバルトが必要、だから独占を狙う

 さて、これからは電気自動車のバッテリーでコバルトの大量の需要があるとされる。
 電気自動車のバッテリーと聞いて、きらりと目を光らせたのが中国だった。中国は電気自動車を世界に先駆けて普及させようと懸命である。

西隣のコンゴ共和国(首都プラザビル、人口140万。全体の人口は520万人)やアンゴラに進出している中国企業は、むろん、鉱山事情の照査をしてきた。
キンシャサ、ルカサ、プラザビルなどの拠点を拡げるのは中国鉄路工程総公司や、中国有色鉱業有限公司など、国際的な企業が多く、虎視眈々と有望鉱山を狙い、また鉄道のアクセス建設を中国主導ですすめるためにアンゴラ、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国と協議をつづけてきた。

とくにアンゴラに海底油田の鉱区をもつ中国は、首都のラカサに四万人のチャイナタウンがあり、そのうえアンゴラはコンゴ共和国との間に軍事協定がある。そのコネクションは強く、中国はアンゴラルートを経由してコンゴに近付くのだ。

中国はアフリカ大陸の東西を横切る鉄道建設という途方もない野心を抱いて、これが「アフリカ版シルクロート」の決定版にしようと本気でアフリカ諸国に働きかけを行っている。

習近平のコンゴ訪問は2013年三月で、南アフリカで開催されたBRICS会議へ向かう途中にコンゴ共和国へ立ち寄ってサス・ンゲソ大統領と会談している。その前の2006年にも胡錦涛が訪問している。

東隣のコンゴ民主共和国ではコバルトのほかにウランも産出する。このため、中国はコンゴ民主共和国にはウラン鉱脈の開発も打診しているという。そうだ、このコンゴのウランが廣島の原爆に使われたのだ。
 
カタンガ州最大の鉱山は「テンケ鉱山」で、これを操業するコンソーシアム企業には、米国系のフリーポート・マクマロン社(本社フェニックス、アリゾナ州)が58・8%の株主、第二位がランディ社(本社トロント)で28%。残りを地元企業などが保有する。

 突如、中国の「中国モリブデン公司」は、フリーポート・マクマロン社から26億5000万ドルの大金を支払って株式の譲渡を受けたのだ。 


 ▼米国は今後に深刻なカントリーリスクをみている

 米国はカントリーリスクをコンゴの近未来に見ており、第一にカビル政権の腐敗と圧政が続く限り、クーデター、政変が不可避的であると睨んでいる。それゆえに米国系企業は中国に株を売り抜けようとしているわけである。

 米国は「アラブの春」やチェコから始まった「カラー革命」がいずれアフリカ諸国の民主化運動に発展すると踏んでおり、前カタンガ州知事だったカツンビを保護して、カビラ政権崩壊後に備えている。
カツンビは現在ロンドンで事実上の亡命生活を送っている。
 
あるいはカツンビをしそうして、カタンガ州独立運動を背後で操作するシナリオも検討されているらしく、根底にある米国の戦略は、中国のコバルト独占を許さないという深謀遠慮である。
 法外で破天荒な投資のあげく、政権がひっくり返るというパターンはリビアで目撃した。

 さらに日本関連で連想するのはレアアース事件だった。
中国の内蒙古と江西省などでしか産出されないレアアースは携帯電話、スマホに不可欠の希少金属で、中国は日本への輸出を規制する挙にでた。

悲鳴を挙げた日本企業は、第一に昭和電工などが中国に工場を建設し現地調達に踏み切り、第二に供給先をカザフスタンなどに多角化し、第三に代替材料の研究開発を始め、第四にはレアアースのリサイクル運動を強化した。使い古した携帯電話、スマホの回収は意外に進んでおり、この結果、中国は輸出先が先細りして在庫急増し、昨今はダンピングで日本に買って欲しいと要請している。逆転である。

 さて中国がもし、コバルトを政治的武器に活用するとしても日本の備蓄は意外と多い。国家備蓄は24日分、茨城県高萩の倉庫に備蓄されているほか、大量にコバルト需要のある企業は、自社ストックを弐ヶ月から半年分備蓄している。
 中国のコバルト独占という野望は不可能だろう。
       □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴著『西郷隆盛』に関して、多くの投稿、感想文が寄せられていますが、そのどれもが言及していない、あっと驚きの目から鱗は、宮崎さんが「西南戦争は桐野利秋の主導によるものであり、西郷は従だった」との指摘でした。
 あたかも三島由紀夫事件が、森田必勝の主導であったように、この事実が歴史に埋もれていますね。
   (GH生、茨城)

      ◎◎◎□ ◇□△□ □◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ▲
重版出来!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/
       
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。
とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 五刷出来。斯界注目の国際情勢分析(29日の産経新聞に書評がでております)
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/

  ♪
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
      ◇◇○○□ □▽ ◎◎◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため、小誌は10月8日―9日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ike2017/10/04

    僭越ですが、旧ベルギー領(レオポルドビル)コンゴと、旧フランス領(ブラザビル)コンゴは統一されたことはないので、独立後に分割したこともありません。同一名称の時代には、首都(前記括弧内の名称)を冠して区別していました。

    (レオポルドビルコンゴ)・・コンゴ共和国⇒ザイール⇒コンゴ民主共和国

    (ブラザビルコンゴ)・・・・コンゴ共和国⇒コンゴ人民共和国⇒コンゴ共和国

    と変化しました。カタンガ州分離独立をめぐるコンゴ紛争は「レオポルドビル・コンゴ」の時代でした。

  • 名無しさん2017/10/03

    今回の政変劇を裏で指揮しているのが竹中平蔵です。裏事情に通じているのは、小沢一郎氏、竹中平蔵氏、前原誠司氏、小池百合子氏だと思います。今のところ、全て計画通りに進んでいるように見えます。これらの人物に、全く焦りも動揺も見られないからです。

      大阪の松井知事は、竹中平蔵の指示に従っているのがわかります。竹中平蔵はその経歴から、日本財団会長の笹川陽平氏の元で動いているのでしょう。

      日本の総督は笹川陽平氏かも知れないと想像しています。その笹川氏の名代(代理人)がマイケル・グリーンであり、彼は官邸に指令を出している人物だと思っています。また、ジャパン・ハンドラーでもう1人の重要な人物リチャード・アーミテージは、日米合同委員会に指示を出す人物だと考えています。

      日本はネオコンに従属しており、中国との戦争に向けて、法整備その他の準備をさせられてきました。

      ところが、キッシンジャー博士がプーチン大統領側に寝返ったために、今、ようやく日本にも、政界激変の波が訪れています。中東でのダーイシュ(IS)の壊滅を見てもわかるように、ネオコンは弱体化しており、現在は、ジャパン・ハンドラーのシナリオは、キッシンジャー博士の下で書き換えられています。ジャパン・ハンドラーの中で、アーミテージとマイケル・グリーンは、キッシンジャー博士の指示に忠実に従っているようです。これまで、日本を戦争に巻き込むために働いていた彼らですが、今は世界平和のために動いています。

      あのエルドアン大統領ですら寝返ったのです。そして、レディー・ガガですら改心しています。自分たちの敗北を悟って、何とか権力の座に留まりたいと思う者たちが、プーチン大統領側に寝返るのは、そんなに不自然ではありません。

      ぎりぎりのところで日本は救われたと考えています。

  • 名無しさん2017/10/03

    とてもたのしい!ためになる!

  • なぬ、頓死とな?追い詰められてからの九8角とは?捨てたもんじゃないって?2017/10/03

    ○貴メルマガが伝える、中国によるコンゴ・レアメタル独占の野望。毎度の長征用先行投資で赤色化、中国領土化を目論む。が、筆者ご指摘のとおり停頓、頓挫するだけだろう。アフリカ大陸全体をチベットやウィグルのようにしようとしても無駄である。そして、アフリカの奥地にはレアメタルのみならず、AIDSウィルス原種やエボラ出血熱をはじめ、未知の凶悪なる病原菌、ウィルスが潜んでいる。仮にアフリカ奥地に分け入った中国の長征要員が何らかのウィルスに罹患・保菌し、中国本土で発症した場合。爆発的パンデミックをもたらし、中国一帯一路は屍の山、死のシルクロードとなろう。邪悪な野望がもたらすのは、絶望的な廃墟と夥しい死、破滅である。やはり、中国共産党は即刻解散、完全廃党を。本当に、もう、これ以上、まわりに迷惑をかけないでほしい。小中国、北朝鮮もろとも消滅し、世界平和と人類福祉の増進に少しでも寄与して欲しいものだ。が・・・。



     「太平洋で水爆実験」

     とんでもない大見得を切った元カノ&叔父さん&異母兄&側近連続殺人鬼北朝鮮独裁者。いま、鳴りを潜めているようだ。が、間もなく「何か」(とんでもない馬鹿)を必ずヤルだろう。それがウクライナ製ICBM発射か、第七回核実験か、それとも潜水艦による太平洋水爆実験か?対韓軍事攻撃か、テロか?分からない。仮に北朝鮮海軍の「○△○製潜水艦」が西太平洋まで出て行って、日本列島をまたがない形(SLBM・自爆?)で太平洋(グアム周辺)で水爆実験をかました場合。はたして「世界が見たこともない炎と怒り」による北朝鮮壊滅的「大惨事」をトランプ大統領は決心・下命するだろうか?勿論、実験海域へ向う北朝鮮潜水艦を極秘裏に撃沈するかもしれないが・・・(既に海の藻屑?)。何が起きるか分からない。いずれにせよ、北朝鮮崩壊カウントダウンは止まらない。



     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。緊迫する北朝鮮情勢の只中でかまされた大義義なき自己保身解散(アベヤメロまんま墓穴解散?)で政治空白、政治大混乱状態である。都議選以来のインタビュー封止で密かに練られてきた秘中の秘、「解散に解党」をかましてからの野党(貯金百億円強)丸呑み戦略。が、熱狂が醒めるうちにその恐るべき実態が白日の下に晒される。その踏み絵、政策協定書は、まるでアドルフ・ヒトラーへの全権委任状のようであり、秘密結社やカルト組織への入会誓約書を彷彿させる。報道されているように、これでは「希望」どころではなく「(民主主義)死亡」の党であろう。選挙後、髭なしヒトラーと女ヒトラーの、アシュラ男爵的ヒトラーコンビ登場か?ダブル・ヒトラーで「ナチスの手口」による「ヒトラーの正しい動機」を「こんな人たち」「キ○チガイ」呼ばわりの日本人相手に具現化するのかも?悪夢である。が、東京ジャンヌダルクKK劇場は、一拍開幕をフライングしたのでは?あからさまになったボロが、選挙公示でボロボロ、投票日までにはボロボロボロボロロ・・・、で、壊滅状態になるのでは?そして、とどめに例のスプリング・センテンス砲がとんでもないスクープをかますかも(マル秘K&Kツーショット、破顔一笑ヒトラー・ズ会合写真、一発で政治の裏を暴き出す写真が出てくるかも)。で、なんだかんだといって、排除された民主勢力が大勝利となるのかも。政治家も信念を試され、踏み絵を踏まされるとともに、国民主権ならぬ国民棄権の世間様もその覚悟と本気を試されることになる。はたして『日本国憲法』『9条』の理念、立憲主義と主権、自由と人権、民主主義を守ることができるのか?それとも、政治意思放棄、政治丸投げで「天皇の赤子」に赤ちゃん返り、主権を奪われ再びの「皇民」「臣民」「草民」「領民」「皇軍兵士」へ、臣民道(シントー→臣道・神道)を極めさせられるのか?今回の総選挙の、隠れた争点は、ズバリ天皇制度だろう。天皇の赤子、臣民か?個の確立した人格的市民か?



     いずれにせよ、政治的混乱、民意の離心で日本の国家意思決定が停滞するようなら、北朝鮮危機を触媒とした、新「三矢研究」の発動による軍事クーデターや、日米地位協定・日米安保条約拡大適用による米軍による日本再占領、国連憲章旧敵国条項による新GHQ設置も想定される。日本国家と日本民族の運命を決する総選挙である。来る投票日には必ず投票所へ行き「主権の一票」を投じたい。たとえ死票となっても、後世と世界へのメッセージとなるだろう。未曾有の危機迫る日本。コジキの神話は信じても『聖書』は決して信じようともしない、この残念だけれども、愛すべき日本人に、それでも神(GOD)の憐れみがありますように。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/10/03

    朝鮮 李朝時代の実態・・ 女性が震え上がる当時の刑罰を見た韓国人が恐怖に震える!「統治がなかったら・・もう日本のせいに出来ない!」 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5397.html

    というかMKタクシーが酷く嫌われている。在日は、信用できない。肝心な時に朝鮮人は裏切る。三世四世無関係にただの旅行者にして速やかに祖国に帰ってもらうべきだ。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18662519.html

    安倍総理は偽少女像が撤去されると思ったことはない!? 青山繁晴「虎ノ門ニュース」

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1922.html

    過激な性教育(2) 

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10473056543.html

    自称大韓民国

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

    パヨク

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%83%A8%E3%82%AF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwibjP7j_dPWAhVIGZQKHd9DCJwQ_AUICygC&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    「めんどくさい人」の取り扱い方法

    https://bookmeter.com/books/7837212

    日本のドン・笹川良一・・・

    http://blog.goo.ne.jp/nobuyoshi65/e/422dda03e437c8f603c14eccf648f863

    ペドファイルが逮捕

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170930_2.pdf

    ケムトレイル用のトラックの存在が明らかに。

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52015188.html

    村岡花子は『赤毛のアン』を理解していなかった

    http://tamaty-kingdom.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-5584.html

    立場を利用して患者と性的関係を持つ精神科医 

    https://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/56375855.html

    日本の革新(左翼、リベラル)勢力は、日本の発展を妨害し、国力を削ぐことを目的に活動してきた人たちだった

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-ef1f.html

    ライダイハン問題と国連改革

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3529.html

    「希望の党」に1人目みつけた!「マル青同の女」

    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235704

    書評― 日中戦争はドイツが仕組んだ―上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ 阿羅 健一

    http://drkinokoru.hatenablog.com/entry/2009/12/10/232746

    【転載】余命3年時事日記 1911 2017/9/22アラカルト

    http://blog.goo.ne.jp/beautiful_mountains_11/e/bf5c006e6db9ba58c78dc6ff442543f0?fm=entry_awp

    日本人を苦しめ留学生を優遇する奨学金制度

    http://blog.goo.ne.jp/beautiful_mountains_11/e/254d3c28def7db681d7fbc9cf4226e4e?fm=entry_awp

    【痛快】老夫婦の客を小バカにする寿司屋の大将に対し、若いカップルが耐え切れず言い放った言葉とは・・・??

    http://buzz-media.net/surprise/17700/

    石破氏「移民政策、進めるべきだ」と明言 「日本人と同一労働同一賃金」も求める

    http://www.sankei.com/politics/news/151124/plt1511240035-n1.html

    高知の水道は、麻生太郎がフランスに売り飛ばした!!

    http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/d142b13745618f6ebdda71a3c5d5a5ab

    「女性天皇」と「女系天皇」 ── 国民が理解しておくべき最重要ポイント

    http://teikoku-denmo.jp/history/honbun/yuushikisha_kaigi5.html

    英国のライダイハン像、韓国のお友達全てに飛び火クル━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!! 

    http://www.news-us.jp/article/20170929-000011k.html

    母のおしえが鉄太郎の心魂にしみいる

    https://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/8031/

    自閉症とワクチンの関係を暴露したトランプ大統領

    http://はったつしょうがい.com/autism-vaccine

    韓国のあきれた「裏切り」 北に800万ドル人道支援、核実験直後のタイミングに「間違ったメッセージ」の声 

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170915/soc1709150001-n1.html

    子宮頸がんワクチン問題――積極勧奨の中止から3年、原告少女が必死の訴え

    http://www.jprime.jp/articles/-/7834

    易経

    http://www.aki-ta.com/eki/2.html

    単眼鏡おすすめ18選!押さえておきたい3つの選び方を紹介

    http://camphack.nap-camp.com/1729

    山の手は高級住宅地?

    http://seenfromtokyo.blog94.fc2.com/blog-entry-39.html

    港区六本木三田

    http://www.flickriver.com/photos/tags/024%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E5%85%AD%E6%9C%AC%E6%9C%A8%E4%B8%89%E7%94%B0/interesting/

    60以上の研究で明らかになった「天職」を見つける方法

    http://gigazine.net/news/20160608-dream-job-satisfaction/

    【朗報】慰安婦問題の「裏」に気づき始めた米人記者たち 

    http://hakkou-ichiu.com/post-8848/

    五木の子守唄 (熊本県民謡)

    http://matiere.at.webry.info/200811/article_3.html

    横浜石川町

    http://tokyodeep.info/ishikawacho/

  • 名無しさん2017/10/03

    悪夢だった「リビア型プロジェクト全滅」の教訓は何処へ?

     中国、電気自動車の先端レアメタル独占のためコンゴへ巨額を投下→中国という国は、懲りない国ですな!