国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<党大会直前に孫政才(前重慶市党委書記)の党籍を剥奪

2017/10/01

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月1日(日曜日)
        通巻第5455号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 党大会直前に孫政才(前重慶市党委書記)の党籍を剥奪
  ほかに市幹部十数名を近く逮捕。共青団コネクションが崩壊
***************************************

 具体的な罪状はなにひとつ明らかにされていない。
 7月14日に孫政才が拘束され、重慶市党委書記から引きずりおろされた。理由は単に「重大な規律違反」とされ、交代に貴州省書記の陳敏爾がやってきた。陳は習近平のお気に入りの子分だ。

 9月29日に孫政才は現職の中央委員としては30年ぶりに「党籍はく奪」処分となった。ほかに十数名の党委幹部、重慶市幹部が拘束され、「汚職」容疑で取り調べを受けていると発表された。
 そのうえ、党大会出席資格のある重慶市代表43名のうち、14名がリストから外された。党大会に三分の一の重慶市代表が出席できないという異常な事態である。

 発表されている罪状は「なまけ、さぼり」。具体的に何が犯罪行為なのか、これではさっぱりわからない。

 消息筋は「習近平が党大会で『習思想』を綱領に掲げ、党の『主席』という毛沢東以来のポストを狙っている。この動きに反対する共青団人脈を黙らせるには、共青団のスター的存在である孫政才が生贄にされた」と分析している。

        □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)『正論』今月号、貴論文を拝読しました。なるほど中国の一帯一路は、みごとなる失敗、あちこちで挫折、もしくは頓挫しているのですね。
 日本のメディアはちっとも、こういう暗黒サイドの情報を伝えてくれないので、初耳のことが多く、もの凄く勉強になりました。
  (HG生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)正論11月号の拙論は「習近平がひた隠し! 中国『一帯一路』の大失敗」です。
用意した50枚ほどの拙論を18枚に凝縮したもので、いずれ、単行本収録に際しては60枚ほどになってワンチャプターとし、もっと具体例を羅列できると思います。
 言ってみれば、そのエッセンスです。



  ♪
(読者の声2)宮崎先生が出演されたユニークなテレビ討論番組「中国の行方、党大会前に」(45分)の映像がユーチューブにあがっております。宮崎先生のユニークな視点が特徴的に、じつに面白い番組となっています。
リンクは下の通りです。
https://www.youtube.com/watch?v=drdoU7c97Tk
       (新唐人テレビ) 



  ♪
(読者の声3)11月11日の緊急集会のお知らせです。
緊急集会「尖閣・沖縄そして台湾」
<中国の侵略・覇権を断乎阻止しよう>
2016年7月、ハーグ仲裁裁判所は、フィリピン政府が訴えた南シナ海問題に関し、中国が主張してきた内容を全面的に否定 し、居座っています。このまま座視していてよいのでしょうか。
            記
 とき   11月11日(土曜日) 午後二時
 ところ.  文京区民センター 午後2時開会
 プログラム(演題はいずれも仮題です)
 基調講演 宮崎正弘   「尖閣,沖縄、そして台湾の安全」
 弁士   我那覇真子  「沖縄の立場から
      藤井厳喜   「日本の立場から」
      飯柴智亮   「米国の考え方はこうだ」
      李 明俊   「台湾の安全保障は」
 資料代  1000円
http://minamishina.sakura.ne.jp/
           (南シナ海問題を考える会) - 



  ♪
(読者の声4)貴新刊の『西郷隆盛 日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社)、たいへんな労作と存じました。
印象的でしたのは第一章の始まりに添えられたヘミングウェイの言葉。「キリマンジャロの頂きに豹の屍がある。その豹はいったい何を求めて、その高みにまでやってきたのか」と西郷隆盛の生涯を求道者として追求しながら、章末にもリフレイン。
 また手法として三島由紀夫から西郷をのぞき見、その西郷のなかに日本人をみるというスタイルは成功していると思います。
 文中、西郷が廃仏毀釈に抗議して坊主頭にしたというくだり、小生の水戸に近い故郷の村にもお寺がありませんでした。
宮崎さんは文献取材にだけ頼らず、現場を踏査して、そこから得られた実感、霊感を大切にされる。これが思想の血行を深くします。
感銘深く拝読しました。
  (TS生、千葉)



  ♪
(読者の声5)ご高著『西郷隆盛』を読み始めておりますが、切腹した西郷と三島の二人に通底する日本人の魂を見事に掘り下げたご労作と拝察します。
こういう切り口の西郷論は小生にとっても初めてであり、読書人からも大いに注目されてしかるべきかと存じました。
(YK生、世田谷)



  ♪
(読者の声6)ご指摘の通り、政治評論家は誰1人として今回の事態を想定できませんでした。もちろん現役の記者諸君もです。
それくらい現在起きていることは全く想定外のことであり、今後のことについても確かなことは正直見通せません。
 ただ問題なのはそこではなく、安倍総理がいみじくも「国難突破解散・総選挙」と命名したように、現在は日本と至近距離にある朝鮮半島で戦争がいつ起こってもおかしくない状況にあり、しかも日本も巻き込まれる可能性が非常に高い。
 そういう非常時に、自分のステップアップ(出世)しか考えない人間が、仮にも日本の最高責任者を目指そうとしている。果たしてそれが容認できるのか、ということだ。
 解党になったはずの民進党では、前原代表に対する恨み節はごく一部に限られ、満場一致で解党を決めた。本来なら安倍総理よりも右という説もある小池百合子都知事については、とにかく安倍政権を倒すためなら手段を選ばないというのか、マスコミはこぞって小池支持。私が現在、出演している大阪・読売テレビの「そこまで言って委員会」はどちらかと言えば保守の番組として名高いが、それでも2009年の政権交代時には、あの三宅久之氏をはじめとした保守論客全員が民主党政権の誕生を支持したという。
 しかしその結果、一体何が起こったか?
細かいことは省くが、あの東日本大震災発生翌日、当時の菅直人首相が無理やり、東電福島第1原発を視察に行った結果、空気弁を開く作業が遅れ、原子炉が次々と水素爆発を起こし、未曾有の大災害となったのではなかったか?
 朝鮮半島有事という、間違いなく戦後最大の国難を目前に控え、権力者を渡り歩いてきた1人の目端の効く女性政治家を今、あろうことか総理大臣に祭り上げるのか?
都知事の仕事が行き詰まり、何の実績も残せない人間に本当に国政の最高責任者を任せて大丈夫なのか?
 ただの観客としてなら、現在の状況はひょっとしたら面白いかも知れない。
権力者がその座から滑り落ちることほど滑稽なことはないからだ。しかし、識見もなく、能力的にも全く不適当な国家指導者を選んだ結果、その災厄を受けるのはわれわれ自身である。
その時われわれは一体誰を恨めばいいのか?
(加藤清隆)



   ♪
(読者の声7)貴誌前号コメントにあった「小池政権」というシミュレーションですが、いやはや彼女が我が国の顔として、トランプと会見するなんて場面を想像しただけでもゾッとしませんか?
 高見順風に言えば、イヤな感じです。
   (GT生、練馬区)

    ◎◎◎□ ◇□△□ □◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ▲
アマゾン(中国部門) 第1位! 発売即重版!
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/
       
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。
 西郷は「求道者」であり「首丘の人」であり、思想家だった。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
本書は、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。西郷の意外な側面が照射される。
とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論! 各氏絶賛! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 五刷出来。斯界注目の国際情勢分析(29日の産経新聞に書評がでております)
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/

  ♪
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
リヴィジョナリストからみた近現代史のダークサイドへ知的冒険。増刷出来!
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
      ◇◇○○□ □▽ ◎◎◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。