国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国が北朝鮮を攻撃するのではないか

2017/09/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月29日(金曜日)
        通巻第5452号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「考えられないことを考える」と、中国が北朝鮮を攻撃するのではないか
  米国の介入を事前妨害の動きなく、しかも米朝開戦なら「中立」と放言
***************************************

 嘗てハーマン・カーン博士は「考えられないことを考える」と題して、世界核戦争がおきた場合のシミュレーションをハドソン研究所で真剣に展開した。それは単行本となり邦訳もでたが、日本では評判にもならなかった。

 この手法に従ってみると、これまで「あり得ないシナリオ」とされてきた「中国が北朝鮮を攻撃する」ことも起こりうるのではないか?

国際情勢は刻々と変化し、流転し、朝鮮半島の情勢は安定してはいない。この八月にも人民日報系『環球時報』は「もし米朝開戦があっても、中国は中立を保つべきだ」と驚くべきことを書いた。
中国国内のネット世論には「金三パン」という表現が削除されなかった。金王朝三代目の豚、という意味である。

朝鮮戦争に毛沢東が参戦したことにより、中国と北朝鮮両国が、いかに「血の友誼」でむずばれていても、その友好ムードを覆すような顕著な変化はいくつか起きていた。

あれほど熱心だった六者協議を、北京は絶望的に放擲している。そのうえ中国は韓国と国交を回復し、北朝鮮を激怒させたが、金正恩の狂信的核武装ドグマに静かな怒りを示し、過去四年間に中国共産党幹部の北朝鮮訪問は、李源潮(国家副主席)と劉徳江(常務委員)の二人だけ、2016年に金正恩の特使と異例の会談を習近平は行ったが、それまでの三年間、習は北朝鮮幹部とは誰にも会っていない。いや金正恩が北京に挨拶に行っていないのである。
 ことほど左様に両国は冷却環境にあった。
 
そのうえ、中国は国連の北朝鮮制裁決議に加わり、昨今はレジュームチェンジを示唆している。
中国は北朝鮮の核に反対意見を、国連大使の口を通じて述べている。それは(1)北東アジアに軍拡競争を激化させる。日本の核武装を容認せざるを得なくなる。(2)中国は核不拡散防止条約上、北の核はNPT条約の効果を希釈させる。同時に印度やパキスタンの核を合法としなければならなくなる。(3)核汚染、事故のおそれなどから反対するというのだ。


 ▲アメリカが介入して手柄を取られる前に

こうなると次のことが考えられる。中国が北朝鮮を攻撃するシナリオである。
 第一に中国はその矜持にかけても子分の元に出かけることはない。習は金正恩が大嫌いのようである。
 第二に4月の「一帯一路フォーラム」と九月の「BRICSフォーラム」初日に金正恩はミサイルを飛ばし習近平の顔に泥を塗った。
  第三に9月のミサイル実験は3700キロ。つまりグアムもさることながら、この距離だと、中国全土が射程に入っている。

  したがって米国と同様に小型核の搭載技術を獲得する前に、北朝鮮の核戦力を叩いてしまうことは中国の国益でもある。
習近平は「われわれは朝鮮半島の安定を望んでいるのであり、政権の安定を望んでいるのではない」という発言が暗示するように金正恩の排除を念頭に置いている。

 そのうえ、中国が物理的攻撃に踏み切れば習近平は国際的なヒーローとして遇されることになるかもしれない。
 
 これらの要素に、もう二つ、中国の国内事情が加味される。
 第一は経済が深刻な悪化を示しており、株式市場に続いて不動産市場、為替市場の暴落が予測されるが、経済的苦境の矛盾をすり替える最大の効果とは「戦争」をはじめることである。
 第二に習近平になびかない中国人民解放軍内部の敵対勢力の排除である。「掌握できていない旧瀋陽軍区を北朝鮮攻撃に際して先頭に立たす」とどうなるか。軍権を掌握できるから「一石三鳥」となるかもしれないではないか。
       □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▲アマゾン(中国部門)第1位!  ▲たちまち重版!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/
        □□□□ △△△△ ◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)出張していて1日情報に接しなかったら、民進党が何と分裂・解党まで進んでいて、全く驚かされました。昨日、野党第1党の座を、希望の党が民進党と代わることもなしとはしないと書きましたが、これにより、希望の党の野党第1党が事実上確定しました。
 同党に対する好き嫌いや評価は別として、今後、この党が一体どこまで延びるかです。現状を例えて言えば、難破船から逃げ出した人々が救命ボートに乗り移ろうとしていますが、このボートの定員は一体何人か? 定員オーバーなら乗員もろとも沈むでしょうし、意外にキャパがあれば、多数が乗り込んで生き残ります。
 その分かれ目は恐らく、「第2民進党」との烙印を押されるか否かでしょう。この非難をはねのけるには、救命ボートの船長が他の船と二股をかけているかが、決め手になるのでは?
10月10日の公示ぎりぎりまで、小池百合子都知事の衆院選出馬が取りざたされると思います。
(加藤清隆)


(宮崎正弘のコメント)ということはまた都知事選挙って、ことにもなりますね。都民を莫迦にした話です。



  ♪
(読者の声2)貴書『西郷隆盛 日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社)を拝読中です。おとくいの中国問題など、いまの時局とかけ離れた歴史評論を一方でこなされる、宮崎先生の文章を見ておりますと、綺麗で簡潔な文体で名文家だと確信しました。歴史と現在がうまく絡められています。
(ME子、杉並)
    ◎◎◎□◇□△□◇◇□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。本書では、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。
とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論!
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/

  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
 
  ♪
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
      ◇◇○○□ □▽ ◎◎◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。