国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ティラーソン国務長官が北京入り。ロス商務長官も

2017/09/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017) 9月28日(木曜日)弐
        通巻第5451号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ティラーソン国務長官が北京入り。ロス商務長官も
  かたやイヴァンカ・ブランドへの輸出補助金が問題に
**************************************

 11月のトランプ訪中を前に、米中の動きがあわただしくなった。
 九月に訪中を予定していたクシュナー・イヴァンカ夫婦は、突如北京入りをキャンセルした。夫君には妹のマンション販売が中国富裕層向けであり、米国の滞在ビザに便宜を図った疑惑があり、またイヴァンカには新しい問題が浮上したからだった。

 イヴァンカ・ブランドのハンドバック、靴、衣服などは大量に中国でつくられているが、製造元が不明で、およそ90%が中国の誰がつくっているか不明とされたうえ、一部判明した製造者は中国共産党の国有企業だった。
 これらは大量に米国へ輸出されたが、同時に中国政府の輸出補助金を交付される。
米国から見ればフェアな貿易とは言えず、ダンピング、不正輸出の疑惑となり、政治問題化する怖れがあった。

北朝鮮問題が沸騰する中、ティラーソン国務長官は木曜から土曜日にかけて北京を訪問する。ロス商務長官も同時に北京入りすることが発表された。
ティラーソンは、ニッキ・ーペーリー国連大使と交替という噂もあるが、トランプの11月訪中を前にしての討議内容の詰めが主目的とされる。
            □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1634回】       
 ――「濫りに東方策士を以て自任す。此徒の心事最爲可憫」(阿川8)
   阿川太良『支那實見録』(明治43年)

    △
 明治26(1893)年に上海に渡り、翌年には香港経由でシャム(タイ)に転じた阿川は、明治33(1900)年にシンガポールで客死するまでは専らタイ関連で動いていた。ということは阿川が3つに分類した「近來支那に來るの人」とは、明治20年代半ばまでの訪問者と考えて間違いないだろう。

 「支那に來るの人」を見るに、最初に乗り込んで行った「忠誠憂國倜儻卓識の士」は既に遠く時代の彼方に去り、「東方策士を以て自任す」る“マユツバもの”を経て「蕃籬之鷦鷦」や「溝澮之蝘蜒」、つまりは一知半解の“半端人足”の類が主流になっていった。明治半ばでこれなら、以後は推して知る可し、ということになろうか。だが、これは飽くまでも阿川の基準に立っての話であること弁えておいて欲しい。

  ここで阿川が注目したのが、荒尾精(安政6=1859年〜明治29=1896年)によって「貿易富国」と「協同防禦」を掲げて明治23(1890)年に上海に設立された日清貿易研究所である。経済を軸に両国が連携し共に富強を果たし、西欧諸国に由る東亜侵略を防ぐための人材養成を目指そうとしたわけだ。荒尾は日本全国を遊説して回り資金集めに奔走したものの、思わしい成果は得られない。かくて発足当初から経営は困難を極め、そのしわ寄せは学生に及ぶ。

 そこで阿川は創立理念についてはとやかくいわないが、学生の卒業後の進路すら用意できないようでは「父兄を欺瞞して生徒を誘惑した」も同然だとしたうえで、こうなってしまったのも「創肇者の辟」であり、「監督者の責」であり、「?授者の咎」であると強く批判する。

  振り返ってみれば「明治二十三年九月九日百二十名の生徒と二十名の職員」は上海埠頭に上陸し、「白衣同式隊伍整々、威儀正だしく歩武亂さず、凛々堂々として研究所に進到せしの時允盛允壮、碧眼足を駐めて其の威風を稱し豚尾駭て曰く東洋の兵士矣と」。

  「貿易富国」と「協同防禦」の趣旨に賛同し燃える思いを胸に描いていたであろう若者120人は、「白衣同式」というからおそらく白の上下と思われるが、揃いの制服に身を包み上海の街を進む。西洋人は足を止め威風堂々たる姿を讃嘆し、「豚尾」、つまり中国人は「東洋(にほん)の兵士」と驚くばかり――さほどまでに盛大に出発した研究所ではあるが、当初の勢いは何処へやら。卒業後の進路もままならず、学生を路頭に迷わす始末だ。

 かくて阿川は「噫何んぞ前に盛壮にして後に柘落なる、聞くもの誰か其れ感慨せさらんや」と綴り、こういった不始末も国内でならともかくも、「苟も外國に於て之れあり、豈我國面に關係なしと云ふ可けんや」と苦言を呈す。つまり国家の面汚し、というわけだ。かくて「予は又政府に望む、其の與に救濟の策を賛襄し以て當初の盛時に復せしめんことを」。それというのも研究所創設に当たっては政府も「多少の關連あるに於てをや」であればこそ、政府は日清貿易研究所にテコ入れすべきだ、とも主張する。

  阿川の目には、荒尾精すらも「大言放語、空談?論、盛んに東洋の大勢を説き、肆まに對清の議を籌り、濫りに東方策士を以て自任す」る者と映ったのだろう。因みに日中提携に由る貿易立国という構想は、盟友の根津一や近衛篤麿に受け継がれ、阿川シンガポール客死翌年に当たる明治34(1901)年の東亜同文書院設立に結実することになった。同学院は後に東亜同文書院大学に昇格したが、昭和20年の敗戦に従って校舎は中国側に接収され、翌昭和21年の教職員・学生の引き揚げをもって閉学となった。

  「忠誠憂國倜儻卓識の士」、「濫りに東方策士を以て自任す」る者、そして「蕃籬之鷦鷦」・「溝澮之蝘蜒」との指摘は、現在にも通じる。それにしても阿川の早逝が惜しまれる。
《QED》
       ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)いよいよ解散総選挙、小池都知事率いる「希望の党」に群がる民進党はじめとする弱小政党の政治家たち。夕方のニュースでは民進党が希望の党へ合流へ、夜のニュースでは小池知事は合流は考えていないという。
民進党籍のまま希望の党の公認を得たいなど、中国共産党員が国民党にもぐりこんだ「国共合作」をもくろんでいるのでしょうか。
実態は当選がおぼつかない連中の選挙互助会、まるで芥川龍之介の「蜘蛛の糸」にしがみつくカンダタ、足を引っ張り合い地獄へ落ちる(落選)のが目に見えている。
ネットでは、若狭勝は汚い髭面をなんとかしろ、細野モナ男は論外、中山恭子にしても過去の人、おまけに公明党は選挙協力しない。「希望の党」にはまったく希望がありません。

「希望の党」という名称は2005年「総務省・(財)明るい選挙推進協会」製作の動画ですでに使われていたのですね。
https://www.youtube.com/watch?v=pmykwa114OE
https://www.youtube.com/watch?v=YDuwDBAVIVc

 選挙に行かない父親に高校生の娘が選挙に行けと迫る。聞き流していたら国から通知、3回連続で選挙に行かなかったので選挙権を剥奪。べつの家庭では娘が拾ってきた犬を処分した母親が「生類憐れみの法」で刑務所行き。さらに電車で痴漢した男性には死刑の判決。戯画化していますが、学生運動が盛んな時代、ノンポリの学生自治会を過激派が乗っ取ったことが現実の政治でおこらないとも限らない。
 2005年といえば小泉純一郎の「郵政解散」の年。動画全体を見ると小泉の「郵政解散」に騙されるなという裏のメッセージがあるようにも思えます。
10月22日の投票日には民主党(民進党)の残党を落選させるためにも自民党に投票したいですね。
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)TBS偏向報道糾弾・街宣(10月7日(土)「放送法違反のTBSに断固抗議を!」
 TBSに反省の色なし! 居直るTBSに再度抗議を敢行!
500人の愛国者が党派を越えて結集した9月9日のTBS偏向報道糾弾大会・デモの直後、井上弘名誉会長は「各局の報道の編成方針は各社の判断、偏向報道は行っていない。」と開き直った。
 盗人猛々しいとはこのことであり、反省の色は全く無い。しかも「サンデーモーニング」では岸井成格に代えて青木理を登場させた。これは我々に対する明らかな挑戦である。
そして総選挙でなりふりかまわず左翼に荷担する意思の表明でもある。我々は受けて立つ!下記の通り再度TBS本社を包囲して落城まで戦おう! 日本を憂い偏向報道に憤るすべて愛国者の参集を請う!

とき  平成29年10月7日(土)  午後 2:00〜5:00
ところ TBS本社前(東京都港区赤坂5丁目3番)
道路上に街宣車が停まっております。その周りにお集まりください。旗・幟 日章旗に限定します。但し各団体幟は5本以内まで可です。
  主催: TBS偏向報道糾弾大会・実行実員会、
実行委員長  村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会代表)
        副実行委員長 水島総(頑張れ日本!全国行動委員会幹事長) 
 協賛:   頑張れ日本!全国行動委員会
       偏向報道から国民を守る会、他多数。
連絡先:  info@henkou.org 



   ♪
(読者の声3)韓国平昌オリンピックの公式ホームページの地図に日本がなかった件、菅官房長官が抗議したとたん修正されています。
日本人なら、どうしてこんな幼稚な嫌がらせをするのかと思いますが、韓国人にとってはあたりまえ。
https://snjpn.net/wp-content/uploads/2017/09/kankoku3.jpg
 チェックミスなどと白々しい言い訳をしていますが確信犯。「2014年平昌冬季オリンピック招致委員会」作成のポスターでは朝鮮半島を巨大化させ日本列島を消し去るという手口。
http://kotoage.net/cache/blog/ameba/fuuko/k.cgi?140417035530
 かつてサムスンのホームページでも日本消去の地図を掲載していましたから、日本よりも大きくなりたい、日本を消し去りたいという韓国人の深層心理が現れています。
自分よりも優れた人間は引きずり下ろしたい、汚したい、というのが醜いストーカーの韓国・朝鮮人。
 朝鮮人に乗っ取られたといわれたフジテレビがどれほど陰湿な体質なのかはフィギュアスケートでの浅田真央叩きとキム・ヨナ上げの報道でさんざん言われてきました。
世界選手権で浅田真央が優勝すると日の丸・君が代カット、キム・ヨナが優勝すると太極旗と韓国国歌を放送する。
浅田真央を招いてのインタビューではわざわざ浅田真央が転倒したシーンをパネルで大写し。しかも足が短く見えるように加工する。
https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Fblog-imgs-44.fc2.com%2Fd%2Fe%2Fl%2Fdeliciousicecoffee%2F131609353930413214930_1315648397618.jpg

 フジテレビに限らずTBSのドラマでも、なんの関係もない場面で韓国絡みのポスターがでてきたり、アニメでも池袋のシーンなのに背景にハングル、同じくアニメで小学校の運動会では万国旗に太極旗だらけとか、番組制作に韓国が絡むとろくなことがありません。
余命ブログでテレビ局は殲滅対象というのは当然のこと。朝鮮半島有事は11月のトランプ大統領訪日後になると思いますが、年末年始の韓国旅行など人質になりに行くようなもの。
それでも韓国に行きたいというのなら自己責任で、となるのでしょうね。
   (PB生、千葉)
    ◎◎◎□◇□△□◇◇□◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊    宮崎正弘の最新刊    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘 新刊(発売中)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。
しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。本書では、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。
 とくに西郷隆盛と三島由紀夫の精神性比較を論じた初の評論!
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/


  ♪♪
アマゾン(中国部門)第一位(9月26日)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
 「躾」という字句を見てエロティックな女体を連想するのが中国人。「嘘」という漢字は中国にもあるが、意味が異なる。中国の嘘は靜かにしなさいという意味でしかない。
 抱腹絶倒の中国および中国人論、見参!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/


  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜
『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
  五刷

  ♪
宮崎正弘 v 渡邊惣樹
『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
たちまち重版!
      ◇◇○○□ □▽ ◎◎◇◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
   ♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198793.html
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/09/28

    ティラーソン国務長官が北京入り。ロス商務長官も かたやイヴァンカ・ブランドへの輸出補助金が問題に←情報ありがとうございます。それで、イヴァンカ・ブランドですが、日本国内での販売はどうなってるのでしょうか?

  • あぁ、慟哭の9条抹殺解散か?アベヤメロ墓穴解散か?「北朝鮮の」国難危機突破解散で、日本も運命の岐路に立つ。2017/09/28

    ○貴メルマガが報じるティラーソン国務長官ら米国要人北京入り。先のバノン中南海極秘訪問での米中密約確認か?報道によれば、米国政府の「元」北朝鮮担当者らが10月半ば(ちょうど日本の総選挙投開票日頃か?)に北朝鮮側とあのオスロで会談するという。いったい何が提案され、どんな密約が交わされるか?それとも、最後通告か?「太平洋での水爆実験」を示唆する北朝鮮連続殺人鬼独裁者の暴走に、米国が用意する「大惨事」「壊滅的打撃」とは?東アジア情勢、大激動突入間近の、あぁ、まさにこの危機ど真ん中で。愛する我が日本は・・・。今日、40年目のダッカ事件当日、まったくの大義なき自己保身解散、「超法規的解散」で政治空白に突入する。



     「ヨーイ、ドン」で始まる「ナチスの手口」「ミイツ詐欺」の様々な政治ショー、手垢のついた毎度の「愛国芸」の数々・・・。「自称熱い愛国者」「憂国アジテーター」「翼賛コメンテーター」らが、怒鳴り散らすパフォーマンスやお涙頂戴の三文芝居で「愛国・新ネタ」を披露、TV画面狭しと大暴れ、お茶の間をさぞかし賑わすことだろう。すでに二重国籍疑惑党首トンチンカン辞任からのお遊戯的代表選挙、北朝鮮危機ど真ん中での週4お盛んW不倫騒動勃発馬糞の川流れ急流状態の野党は、選挙戦突入前に壊滅状態、敗残兵の如きザマである(えっ、謝罪って?支持者めぐりよりも奥さんや旦那さん、子どもたちへの謝罪が先だろうに。えっ、党首自ら無所属立候補って?政党政治全否定の暴挙をかます?これじゃ立憲主義否定のアベ総理とおんなじですよって?あぁ、無残。消滅カウントダウン、止まらない。通帳と印鑑争奪戦も一層激しく熾烈を極めるのかなぁ?はぁ~。惨めで悲しい「友愛」の末路だった・・・)。東京ジャンヌダルクKK劇場も本格始動はするものの、その正体いまだ不明。もしかするとセンパン三世髭なしヒトラー靖国ナチス土台人内閣よりも、もっと極右、もっと復古、もっと過激かもしれない。「最悪」を回避したら「超最悪」だった、騙された、えっ聞いてねぇーよ、もーやだ、そんな大どんでん返しが用意されているかも(ウソ泣き赤鬼実は大笑いの巻?結局、長州謀略政治の手のひらで踊るサンダとガイラ?)。



     いずれにせよ、10月の投票日には必ず投票に行き、「主権の一票」を投じたい。未曾有の危機迫る中、国際政治に翻弄される我が日本。コジキの神々、神話は信じても、『聖書』の神は決して認めず『福音』を断固拒否拒絶するうなじの硬い日本人に、それでも神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。