国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<あのベネズエラがなぜデフォルトに到らず命脈を保持できているのか

2017/09/16

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月16日(土曜日)
       通巻第5435号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 あのベネズエラがなぜデフォルトに到らず命脈を保持できているのか
  中国の支援にくわえてロシアの狡猾な支援がなされていた
****************************************

 チャベス大統領亡き後のベネズエラは622億ドルの対外負債を抱え、デフォルトは時間の問題と言われて二年あまりが経過した。
ところが、まだベネズエラ経済は1600%という超猛烈インフレに襲われながらも、命脈を保っている。

食料、医薬品が欠乏しても、物資はカラカスに陸揚げされ、国外亡命の波もしばし小康状態、原油はいつもの通り生産されている。このため最近、ブルームバーグはベネズエラの倒産可能性を65%から61%に下げた。僅か4%とはいえ、危機がちょっと遠のいたのだ。

 中国が支援していることは明確である。
 直近でも中国はインフラ整備のために27億ドルをベネズエラに交付した。中国主導の石油精製設備建設も含まれる。

また中国がもつ債権は400−450億ドルあるが、利払いができないため、石油で中国に金利を支払っていることがわかった。つまりベネズエラは石油を中国に輸出し、その代金を中国へ支払う金利に廻しているわけだ。

 ロシアはベネズエラ最大の武器供与国であり、すでに110億ドルの武器を売却しているが、なかには小型核が搭載可能な爆撃機=Tu160が含まれている。またロシア国営ロフネフツは15億ドルの貸し付けをベネズエラ国有石油企業に行い、これを含めて合計170億ドルを投じている。いつでも株式と交換できるのが条件である。

 米国がベネズエラ制裁を実行しても、一向に効き目がないのも、こうした中国、露西亜の巧妙な支援があるからで、両国はなんとしても、ベネズエラの破産を避けたいのだ。

とはいうものの中国もロシアもマドロゥ大統領の独裁体制を守ろうという政治的意思は稀薄であり、次の政権が産まれても、それが反米であれば、支持続行という考え方に基づいている。
       □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1628回】       
――「濫りに東方策士を以て自任す。此徒の心事最爲可憫」(阿川2)
  阿川太良『支那實見録』(明治43年)

   △
 阿川の人生を振り返ってみると、『支那實見録』は彼が上海に滞在した明治26年から27年の間の調査・経験に基づいて記されたようだ。「明治廿四年中支那貿易各港總輸出入價格表」「明治廿五年中天津港輸出入物貨價格表」を引用している点からも、こう考えて間違いないだろう。

 『支那實見録』の冒頭で、阿川は世間に流布する論議に疑問を示す。

東京に住んで1年になるが、「尚未だ風俗の微、習慣の細、盡く以て了得すること能はざる」である。このような自分の経験に照らしてみても、世の「支那漫遊者、僅かに半歳若しくは一ヶ年の短時日を以て、或は堂々東洋の大勢を論じ、或は滔々對清の大策を説き、或は縷々萬言一書を著すこと」は、やはり「獨り怪む」しかない。

 「夫れ支那は世界の大國なり」。面積は欧州に「二倍し」、人口の多さは「世界に冠たり」。だから簡単に結論づけ策を立てるなどということは「豈に誤謬なしとせんや」。だから自分としては「靜觀黙察、自悟自信、然る後初めて口を開き筆を執」る。そこで項目を設けて理路整然と記述するのではなく、「隨觀隨筆、直情徑記辭を修めず、賁らず、實況を記し實態を寫すを以て主となす」ことに努めたい。

  阿川としては「腰掛主義」ではなく「永く斯土に住することを期す」ものの、なにせ極端な寒がりであり、天津のような「河水氷結朔風凛冽寒計零度を下るの地」は堪らなので、福建辺りに寒を避けるか、あるいは突然に帰国してしまうかもしれない。だが「其れ迄は身體の勝ゆ可き限り、事情の許す限り、一心不亂探檢を遂げ」たいと考える。そこで「世間有爲の士清國の事に付取調を要する事項あらば」、それを『庚寅新誌』に連絡してもらいたい。「予は其の事項の紙上に登るを見て、直ちに之れが取調に從事せんとす、讀者請諒焉」と、自らの立場を記したのである。

  ということは阿川の清国行きに対し石川(というより『庚寅新誌』と思われる)が資金を提供した背景には、読者の清国に対する関心の高まりという当時の世相があったように考えられる。しかも読者の要望に応じて「取調に從事せんとす」るというのだから、読者の興味に積極的に応えようという『庚寅新誌』の販売戦略が絡んでいたに違いない。

 ここで改めて当時の主な出来事を拾ってみると、明治26年は郡司大尉の千島探検出発(3月)、海軍軍令部条例公布と戦時大本営条例公布(共に5月)、郡司大尉択捉島到着と福島中佐単騎シベリア横断成功(共に6月)など。
翌27年は金玉均上海で暗殺(3月)、朝鮮東学党全州占領(6月1日)、清国の朝鮮出兵に対抗し日本朝鮮派兵を決定(6月2日)、朝鮮政府の清朝への援兵請求(6月3日)と緊張が続き、遂に清国に対する宣戦布告(8月1日)に到るなど、朝鮮半島をめぐって利害の対立が表面化することになったわけだから、清国への関心が高まったとしても不思議ではない。
それだけに阿川の清国行きは、『庚寅新誌』による“企画”に絡んでいた。つまり阿川の「支那實見」の旅は、言い出しっぺの石川が『庚寅新誌』から引きずり出した資金が元手になっているということではなかろうか。

 阿川の「支那實見」の旅は天津からはじまる。

 最初に目にした砲台について、「其の建築たる、唯だ泥土を以て塗り疉みたるのみ」。「重砲も亦利機にあらず」。
この地の砲台は「實に是れ近くは天津の關鑰遠くは北京の守門、一朝瓦解せば城下之盟直樣と云ふ肝要大切なる場處なるに、其の膽旦粗なること此くの如し、人をして一旦支那軍備の不整頓なることを知らしめ、又忽ち輕侮の念を起こさしむ、洵に支那の爲め慨嘆の至に勝へず」と。
阿川は初っ端から「忽ち輕侮の念を起こ」す。やはり百聞は一見に如かず、である。
阿川は勇躍と歩みだす・・・なんでも見てやろう。
      ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 平成の大演説会Vol.23 防人の雄叫び!
 わが国と先人の名誉を守るため、言論、司法で戦う現在の防人たち。文京シビック・小ホールに集い、現在の防人たちと強い日本をめざそう!

【講演者】  田母神俊雄(第29代航空幕僚長)
【特別ゲスト】高池勝彦(新しい歴史教科書をつくる会会長)
       土屋たかゆき(元都議会議員)
【とき】9月21日(木)午後6時45分開会(開場6時30分)
【場所】文京シビックセンター・小ホール
    (メトロ丸の内線・南北線「後楽園」駅より徒歩1分
     都営地下鉄大江戸線・三田線「春日」駅より徒歩1分)
     文京区春日1-16-21
【協力費】2000円
【主催】展転社  東京都世田谷区北烏山4-20-10
    TEL03-5314-9470 FAX03-5314-9480
MLホームページ: http://www.freeml.com/minakiclub-zennkoku



   ♪
(読者の声2)桜チャンネル「闘論倒論討論 どうなる中国! 尖閣、沖縄、台湾」
放映日   今晩 9月16日(土曜)20−23時 スカパー!217
パネリスト 河添恵子、板東忠信、永山英樹、野口裕之、ペマギャルポ
宮崎正弘、渡邊哲也
司会    水島総
白熱した議論です。御高覧下さい
   (日本文化チャンネル桜)
           ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
下記新刊、予約受付中
  ♪
宮崎正弘書き下ろし新刊 (9月25日発売)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
<内容紹介>日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。本書では、「現場主義」を尊重する著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。(本書は三島由紀夫研究会の会員、「憂国忌」の賛助会員の皆様には、研究会から献呈されます)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/
(予約受付を開始しました ↑)

  ♪♪
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/
 (↑ 予約受付を開始しております。9月25日発売予定)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
   ♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198793.html
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • いよいよの、大どんでん返しって?政治のプロの手練手管に、国民主権ならぬ国民棄権の世間様の覚悟とは?はぁ?。2017/09/16

    ○貴メルマガに詳しいベネゼエラのゾンビ経済事情。なるほど中国に加えロシアもかんでいたとは。南米赤色化、反米尖兵化の橋頭堡なのだろう。前大統領時代からの、過激な反米、反ユダヤ姿勢は、反米ならず者・共産主義無神論者らの居心地のよいゆりかごのようなものだろう。そのうち毛沢東主義に洗脳されたベネゼエラ版ポルポトが、大量虐殺を開始し、人口激減となったベネゼエラに大量の中国戦略移民を送り込んで一気呵成に中国人民共和国の飛び地(カラカス自治区)にするつもりでは。で、南米全体を赤色化し、米国本土に赤い南米人民解呆軍をぶつけるのかも。仮にベネゼエラが中露の尖兵国家となれば、いま北朝鮮が盛んにぶっ放しているウクライナ製弾道ミサイルをカラカス周辺に配備するかもしれない。今の段階で飛距離が3700Kmなら、NYは射程に入るだろう。それがEMP攻撃なら、世界金融は一瞬でデリート(消去)されることになる。悪夢である。勿論、世界最大最強の軍事諜報超大国の米国が、米国の裏庭でかまされる中露の好き勝手を許すはずもなく、万全磐石のカウンターが用意され発動されることだろうが・・・。



     また、南米にはあのアドルフ・アイヒマンやヨーゼフ・メンゲレはじめナチス残党も数多く潜入していたことから、ナチス・ラストバタリオンが「反ユダヤ」の怨念をたぎらせ、中ロ共産主義勢力と共同しつつ、米国攻撃の時を待っているかもしれない。いま、アルゼンチンを訪問されたイスラエルのネタニヤフ首相。南米のネオナチ化、反ユダヤ化、赤色化阻止に向け、何らかの方策、措置を現地で講じられたのかもしれない。南米を舞台に国際政治の巨大な潮流が蠢いていることだろう。



     そしてロンドン地下鉄でテロ事件が起き、北朝鮮危機がイラン危機と連動して切迫しつつある今。あぁ愛するわが日本は・・・。センパン三世髭なしヒトラー靖国ナチス内閣が、寝耳に水・抜き打ち衆議院解散総選挙で超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家、日本丸ごと北朝鮮化、ナチス・ジャパン)を目論む邪悪。今頃は「7条解散」(北チョーセン・サンキュー解散、ジークハイル・ヒトラーナチス礼賛解散、「ヒトラーの正しい動機」わが闘争解散、大和朝鮮化解散、ネオ大日本帝国・狂育勅語解散、馬糞の川流れ北朝鮮危機真っ最中週4W不倫真っ盛り野党壊滅国会制圧大政翼賛解散・・・)の原稿が用意されているのでは・・・。



    「親愛なる日本国民の皆さん、アタシは本日、衆議院を解散いたしました。今、絶対に許すことができない北朝鮮の度重なる挑発が続く中、アタシは日本防衛の要である自衛隊の憲法上の位置付けを確かなものとし、この美しい日本を自衛隊の諸君と、そして日本国民の皆様ととともに守り抜く決意を固め、この際、国民の信を問うべきである、そう決心した次第です。日本を守る自衛隊を巡って、国民の間に分裂や対立が絶対にあってはならない、北朝鮮からの脅威に対し自衛隊とともに日本国民が一致団結して立ち向かい、この国家の危機を乗り越えたい。その一心で解散を決意しました。また、東京オリンピックを控え、アヘノミクスを完全に軌道に乗せるため、この際消費税に関しては5%に引き戻す、食料品は非課税とし、別に贅沢品に関しては新に10%の新物品税を課することとし格差是正に資するとともに、その増税分は少子化対策、若者活用、雇用対策に大胆に予算化してまいりたい。アタシは愛する日本の永続的な繁栄と恒久的な平和に全力を尽くしてまいる決意です。これは日本フェニックス解散だっ!」



     あのナチス・ドイツの国民啓蒙大臣・宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスのプロパガンダ手法を継承する広告宣伝会社の指導の下、声質や声域を変えたり、ブレスの位置を確認したり、鏡の前で身振り手振りをチェックしつつ、鬼神をも泣かしむる「愛国弁論」猛特訓中かも。いずれにせよ、次の総選挙で日本からは「野党」なるものは消え去るだろう。アプレゲール民主主義の哀しい終焉、さらば9条、さらば平和、さらば日本国憲法、さらば自由、さらば人権・・・。残念な民度だった。あぁ、よりによって77年目の9月27日(日独伊三国同盟締結記念日)に、新しい8月15日に向けての歩みが始まるのか・・・。悪夢である。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/09/16

    前原誠司

    http://blog-imgs-108.fc2.com/t/o/r/toriton/maehara1dd0fe22.jpg

    井上太郎氏のツイート。日本が嫌なら朝鮮半島に帰ればいい。朝鮮人は。日本政府は、人道的に朝鮮人の帰国を後押しし間違っても日本に来れないようにするべきだ。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18642984.html

    今年発生した「ベトナム国籍の犯罪」を軽くググっただけでも、組織的な窃盗や強盗事件が多く、容疑者の年齢も20代が多い 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5192.html

    日教組の嘘

    http://blog.goo.ne.jp/deception_2010/e/c088a30077482e2190f30df733b3e458

    背乗り

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%8C%E4%B9%97%E3%82%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj5wIKDqKnWAhUJv7wKHfChCHkQ_AUICigB&biw=1097&bih=531

    安重根は「天皇陛下崇拝主義者」で親日派だった

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

    【緊急拡散】北朝鮮のスパイが日本人になりすまし10年も普通に過ごす!!!? と ん で も な い 事件が発覚!!!

    http://www.news-us.jp/article/20170916-000011z.html

    女系公認論者のみなさまへ

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/ankeeto.htm

    韓国がパラオに建てた反日記念碑と日本パラオ友好橋

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1688.html

    ウルトラワイドモニタを買ってみたら思いのほか快適すぎた

    http://entames.net/digital/ultra-wide-monitor/

    門倉有希の「窓」と「希林館通り」

    http://kusopanda.blog130.fc2.com/blog-entry-629.html

    写経で認知症が、リューマチが治ったby七田真&橘香道 

    https://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/diary/200612240000/

    テレビ局はなぜ「電波オークション」を恐れるのか

    https://gunosy.com/articles/axyMv?s=t

    「不必要な医療あり」が9割超

    https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/264675/

    保守系のおすすめの本

    http://ken3.heteml.jp/hosyu/book.html

    恐怖!!全国で導入続々!!”スマートメーター”で「不眠」「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」世界では反対運動!!

    http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/ad8d93687a2443797e28a288cc217152

    青春18切符で行く、夏の和歌山(紀勢本線前編)

    http://blog.goo.ne.jp/adap_2005/e/91930685f7ee560dd4f14a3745e07cab?share

    衝撃の話題作。―差別される日本人―イエロー 

    http://www.eiko-books.co.jp/yellow/yellow.htm

    アーマゲドン

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170913.pdf

    [在日]実は日本人ではなかった…!テレビでは実名報道しない犯罪者。

    https://matome.naver.jp/odai/2135316453430633401

  • 名無しさん2017/09/16

    あのベネズエラがなぜデフォルトに到らず命脈を保持できているのか 中国の支援にくわえてロシアの狡猾な支援がなされていた←ま、シナ、ロシアの行動は想定内の腹黒さというわけですかね・・・しかし、ま、日本もこの腹黒さはみならわないといけないかもね。