国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国、党大会を前に地下教会の弾圧に拍車

2017/09/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月11日(月曜日)
       通巻第5428号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 バチカンとの秘密交渉を続ける一方で
   中国、党大会を前に地下教会の弾圧に拍車
****************************************

 数年前まで欧米の研究者が把握していたキリスト教の地下教会の信者は推定7000万人だった。
 それが、現在は9000万人から1億1500万人がキリスト教を信じ、表面だった活動は逮捕・拘束、あるいは罰金をおそれて行わないものの、地下での信仰、宗教活動は増えているという。

広東から福建省、浙江省あたりに行くと表通りにキリスト教の教会がある。とくに広東省はクーリー(苦力)でアメリカへ渡った人たちが持ち帰った。アヘン戦争以前からの布教活動の伝統もあり、教会があちこちに建てられた。
このため古くからある教会は容認しているが、新しい教会の建設は許可しない。あちこちで新設の教会はブルドーザで破壊された。

奥地へいっても小さな小屋のごとき教会がある。これらは中国共産党が「公認」している教会で、監視カメラ、信者リストが把握されている。共産党が指名した司祭か、牧師がいる。
中国のキリスト教の主流はプロテスタント系で、表の教会の信者は3000万人と推定されている(サウスチャイナモーニングポスト、9月11日)。このほかにモルモン教なども活動が確認されている。

ならば「地下教会」とは、べつに地下や洞窟にあるわけではない。40人から50人規模の信者が土曜日曜にそれとなく集まって、隠してあるキリストやマリア像を取り出し、祈りを捧げるのである。

ところが、これも発見次第、当局の手入れが頻繁に行われるようになり、従来は二万元だった罰金も、近年は10万元(160万円)から30万元(320万円)に撥ねあがった。
党大会を前に宗教活動への監視が厳しくなっているのだ。

しかし「上に政策あれば、下に対策あり」。
信者らは家庭の茶会を装って、少人数の儀式をおこなうようになり、当局の思惑とは別に信者は増加する傾向がはっきりと出ている。

     □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1625】          
――「獨乙・・・將來・・・無限の勢力を大陸に敷けるものと謂ふべきなり」(山川15)
  山川早水『巴蜀』(成文堂 明治42年)

   △
「将を射んと欲せば先ず馬を射よ」ではないが、西洋人のやり方は日本人とは違う。
「現在重慶在留西洋人の事業中、尤も耳目に響くものは、彼等の唯一手段たる病院及び宣?となす」。この点は「本邦人の仿ふ能はざる所」であり、彼ら西洋人は「之を以て着着其功を収むるだけそれだけ、本邦人は其發展上に消極的侵害を被ると謂ふべし」。

  病院中最大は「米人ドクトル、マーカードネーの設立せるもの」。彼は10数年前に「空拳にて此地に來しが、如何なる手腕や有ありけん、内外官民の信用を博し、全然其義捐を以て、重慶一等の形勝の地」に「壮大なる病院を建設せり」。これに次ぐのが「佛國店主?會の設立せる者」で、3番目が「英國宣?師の設立せるもの」だ。4番目は「獨乙軍醫に由」って設立されている。
 当時の中国における病院経営に関し、山川は「本邦醫師か本邦に在りて、之(西洋人経営病院の成功)聞き、或いは日本賣藥の好評あるを聞き、其技を挟み、巨利を占めんと試みば、多年の星霜を積み、巨萬の資本を投」じたとしても「萬失敗に歸す」だろう、とする。「何となれば、彼は多く政治手段として其醫術を用ゐ、其志單に利上に存せず」。これに対し、「我は最初より絶對的營利を以て其目的とする」からだ――と説く。同じく病院経営ということだが、その目的は西洋人は政治(端的にいうなら中国利権狙い)にあり、日本人は「巨利を占めん」とする点にある。

  山川が目にした重慶の病院に関してはそうかもしれない。だが、西洋人はひたすら政治から出発し、日本人は「巨利」のみを求めて動くということもなかろう。ここで改めて当時から現在まで続く中国と欧米諸国に日本との関係を振り返ってみるなら、山川による政治と「巨利」という指摘は完全に否定し去れるものでもなさそうだ。やはり日本人としては心しておくべき指摘といっておきたい。

重慶における「日、英、佛、米、獨の四國」の領事館を比較して、「英、佛、獨の三領事は常に遊?滯在の名の下に常に成都に駐在し」ている。だが日本領事は重慶に留まったままであり、四川全体の情勢把握に向けた努力が見られない。

重慶の中心街に置かれた英國領事館に較べ、中心街を外れた場所で「支那家屋」を借用した「我領事館の見榮無きに對しては、人情忸怩」とせざるをえない。

重慶における列強海軍の配置をみると、各国ともに長江上流の激流に適するように「特別建造の小砲艦」を停泊させている。イギリスの3隻は重慶の上流にまで遡航するが、フランスの1隻は重慶に係留されている。ドイツに至っては軍艦で商品を運ぶ始末だ。

  これに対し、「我日本は一艦を廻航せしむるの議ありとは夙に聞くところなるが、今は之が實行を見ず」。両国艦船が彼らの利権、在留民、商権を守る任務を帯びていることは敢えて想像するまでも無かろう。

  これでは四川において日本が、政治の面でも商売の面でも影響力を発揮することもできるわけがない。かくて「空しく長吁を發する外無し」。山川が憤慨した日本外交当局の不作為・消極性、さらには官民の連携の悪さという宿痾は、それから1世紀ほどが過ぎた現在に至っても完治したとは言い難い。

 旅も終わり近く、山川は辺境に住む羅羅族などの少数民族を指して、漢族の「移住的侵略」を阻止せんがために漢族に対しては獰猛に振る舞うのだが、ヴェトナム方面からのフランスの激しい侵攻に曝されている状況では、「此蠻夷の地を以て、永久に化外若しくは半化外として打棄て置く譯には行かざるべし」と、辺境の今後に思いを馳せる。
やがて山川を乗せ「檣頭高く日章旗を掲けたる紅船」は、長江を一気に下った。
《QED》
      ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) トランプ米国大統領は、9月3日のTwitter で、”South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing !” 「韓国国民は、私がこれまで韓国首脳部にずっと言い続けてきたことだが、韓国首脳部が言っているような北朝鮮との融和策は機能しないだろうということ、を今やっと分かりつつあるはずだ、愚かな韓国国民も遅まきながらやっとそのことだけは理解したのだ。」と言う。
South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing! South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing!
4:46 - 2017年9月3日
South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing!
4:46 - 2017年9月3日
South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing!
4:46 - 2017年9月3日
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/904309527381716992

 こうした発言は、原語でないと本当の感じがつかめない。「South Korea is finding」中の現在進行形、「as I have told them」中の継続を意味する現在完了形、「their talk of appeasement with North Korea will not work」中の未来形、「they only understand one thing !」に付された『!』に、今までさんざん言ってきてやったのに奴らは分からなかったが、やっと愚かな韓国首脳部も、今後に向かって、この程度のことだけは理解してきたようだ、と言っている感じがよくつかめる。
 しかし日本では、この期に及んでも、米韓合同軍事演習をするから北朝鮮はミサイルを発射するのだと、いうような因果関係を逆転させたようなロジックを唱える人がいる。この際、北朝鮮の要求(米韓合同軍事演習を控えるなど)を受け入れるべきと言うようなロジックである。例えば、8月31日における官房長官の記者会見に出席した、東京新聞の某記者(女性)などである。
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201708/31_a.htm
(12分30秒あたり、最後部分の愚劣な質問もこの女性記者によるもののよう)。
 官房長官は「北朝鮮に行って聞いてきたらどうか」などと軽くいなしているが、聞いていてうんざりしてしまう。
   (CAM)



   ♪
(読者の声2)明日(9月12日、火曜日)午後八時から日本文化チャンネル桜のニュース番組、「Front ジャパン」に急遽、宮崎正弘氏が出演します。ホストは福島香織さん。
テーマは、(1)あと1ヶ月となった中国共産党大会前に動き。(2)台湾の新首相に頼清徳(台南市長)。どうなる台湾。の予定です。当日のニュース次第では、内容が変更になることがあります。
   (日本文化チャンネル桜)



   ♪
(読者の声3)貴誌通巻第5427号「武蔵国杉並住人」氏の(読者の声1)に対して「ジューコフ、忌まわしき名前。ロシア人にとって英雄。」と書かれましたが、それに続けて、「ウランバートルにはチンギスハーン巨大な銅像とまではいかないけれど、レーニン像に匹敵するような、ジューコフ記念館があります。」
と書かれました。
ソ連がモンゴル人民共和国を創るとき、全人口の2割から3割を殺害しました。今モンゴルでジューコフ将軍を神格化するのは、この大虐殺を生き延びたモンゴル人は、故国を裏切った人の子孫なので、自己の存在を肯定するために、ソ連を解放者として描く虚妄を肯定せざるをえません。
モンゴルが今後まともな国にとして存在するには、この虚妄を破却し、事実に基づく歴史観を確立することが必須です。かえすがえすも残念なのは、ノモンハン戦争に於いて参謀本部が対ソ宥和方針に執着し、圧倒的に勇勢であった空軍力の使用を制限したことです。
日本軍が全力で応戦していたら、モンゴルは解放されソ連の傀儡国家から自立的な国家に変革したはずです。
地面を掘ればおびただしい数の白骨下が出てきて、世界中の社会主義者やマスコミのソ連及び共産主義インターナショナルに対する幻想が吹っ飛んでいたはずです。
 辻政信参謀が優秀さはそのままに、人付き合いがよく参謀本部に友人知己がいたらと日本の為にもモンゴルの為にも残念に思います。
(ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)やることなすこと、日本の支援は皆、中途半端でしたね。現在の内蒙古にしてもカラチン王ら、モンゴル王家への支援は中途半端そのもの。だから悲劇は倍加した。
 過去数年、随分と日本でも内蒙古関連の図書が増えています。
楊海英さんに代表されるように若い研究者も増えています。小誌は逐一それらの関連図書を書評しております。
 さてウランバートルのジューコフ記念館ですが、いまもあるのか、どうか。未確認です。小生が見学したのは十年ほど前。KGBの生き残りのようなじじばばが管理していましたが、見学者は小生ひとりだけ。 
 ノモンハンの展示は「ハルハ河戦争」となっていて、日本では「ノモンハン事件」ということは、それでも知っていましたが。。。
      ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
下記弐冊の新刊、予約受付を開始しました

宮崎正弘の新刊 (9月25日発売)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
<内容紹介>
日本人が好きな歴史上の英雄といえば、西郷隆盛は三傑に入る。しかしその最期から、維新者、改新家、陰謀家、詩人、軍人(陸軍大将)といった様々な評価があり、毀誉褒貶が続いている。
 本書では、「現場主義」を尊重する中国ウオッチャーの第一人者であり、文芸評論家としての顏も持つ著者が、西郷隆盛のすべての足跡(奄美、徳之島、沖永良部から西南戦争の敗走ルート全コース)をたどりながらその本当の姿に挑む。
 ■本書は三島由紀夫研究会の会員、「憂国忌」の賛助会員の皆様には、研究会から献呈されます●
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632/
(予約受付を開始しました ↑)

  ♪♪
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  9月25日発売予定
「躾」「忖度」「惻隠の情」がわからない中国人の民度、文化の基底の格差から、衝撃があまりにも多い日中文化比較。抱腹絶倒、やがて悲しきシナの人々!
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317626/
 (↑ 予約を受付ております)


♪   
<絶賛発売中>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198793.html
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/09/11

    数年前まで欧米の研究者が把握していたキリスト教の地下教会の信者は推定7000万人だった。

     それが、現在は9000万人から1億1500万人がキリスト教を信じ、表面だった活動は逮捕・拘束、あるいは罰金をおそれて行わないものの、地下での信仰、宗教活動は増えているという。←宮崎先生、情報ありがとうございます。しかし、シナ、、キリスト教信者の数も半端じゃないすね。さて、西郷隆盛の新刊、予約いたしました。宮崎先生の関連放送とかもあるんじゃないでしょうか・・・

  • 名無しさん2017/09/11

    ◎「偏向報道を許すな!」 TBS 

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/7ca4ec05d169b4ffac21857de6397240