国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国、ロシア最大手の石油企業の大株主へ

2017/09/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月10日(日曜日)弐
       通巻第54287号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国、ロシア最大手の石油企業の大株主へ
  中国華信能源(CEFC)、ロフネフツの14・2%を1兆円で
****************************************

 不思議なディールである。
 中国の「民間企業」(事実上は共産党の先兵)である「中国華信能源」(葉簡明CEO)は、夏頃から噂のあったロシア最大の資源企業「ロフネフツ」の株式14・2%を取得し、ロシア政府、BP(19・75%)に次いで第三位の株主となる。
 この株式はカタール政府ファンドとスイスの資源企業グランコアの持ち分を買い取るかたちで、買収資金は93億ドルといわれる。

 なにが不思議かと言えば、中国は5000万ドルを超える海外企業の買収を事実上、禁止している。このため王健林率いる万達集団などは、予定していたハリウッド映画や北欧の映画館チェーン買収ができず頓挫している。海航集団、安邦保険なども海外買収案件の悉くが暗誦に乗り上げている中、この例外的な、しかも巨額の買収がなぜ可能なのか。

 習近平の外交戦略の目玉「一帯一路」の具体的構想に寄与できるうえ、資源企業への出資は、中国の「国家戦略」だからである。
 既報のように中国はサウジのアラムコの大株主をめざしており、その取引条件は人民元建て取引。アメリカのドル基軸体制を迂回路で挑戦する仕儀でもあり、ワシントンは警戒している。石油先物取引を人民元建てとする取引所も近く上海に開設する。中国は世界最大の原油輸入国である。

 さてロフネフツである。
 ロシアの最大の資源企業であり、世界一の石油とガスの埋蔵量を誇るとされるが、ソ連時代からの資源企業と言えばガスプロムとルークオイルであり、このロフネフツなる新興企業は、いかなる経過で誕生し、かつ巨大化したのか。

 ロフネフツはプーチンの利権いがいの何者でもない。
 クレムリンの権力者が、たらいまわしに社長を務めるガスプロム同様に、このロフネフツも、プーチン政権直営企業と見て良いだろう。


 ▲設立の動機も、企業活動の中味も怪しいことばかりだ。。。。。。。

 ソ連崩壊のどさくさに、多くの国有企業がクーポン、バウチャー方式で売りに出され、マフィアと組んだ新興勢力が、旧社員等からバウチャーを買い集め、合法的に旧国営企業を乗っ取った。

 1990年、ミハイル・ドルコフスキーという先見力に富んだ新興成金はメナテップ銀行という怪しげな銀行を経営していた。この銀行はクレムリン高官らの海外秘密口座を運営し、権力と近かったために急成長した。

 ホドルコフスキーはユダヤ人、モスクワ生まれ。その彼が1998年に「ユコス」を設立し、買収につぐ買収で、またたくまに有数の資源企業となった。
 ふんだんな資金を元に、ホドルコフスキーはプーチン批判を始め、プーチンの政敵や敵対的政党に多額を寄付し、テレビ局も買収してさかんにプーチンを攻撃、しかも大統領選挙への出馬をほのめかすなど、プーチンにとって明らかな邪魔となった。

 脱税など冤罪をでっち上げ(ホドルコフスキーはエクソンモービルにユコス株の40%を売却し、多国籍企業への脱皮を狙っていた)、プーチンはホドルコフスキーを逮捕し、あまつさえ、彼の経営したユコスを解体し、巧妙な手口でロフネフツが乗っ取った。
 つまり政敵の資源企業が、プーチン系の大企業への生まれ変わったのだ。

 2013年、プーチンはホドルコフスキーに恩赦を与え、ドイツへ出国させた。
背後にはドイツ政府の働きかけがあったと言われ、家族とともにホドルコフスキーは、その後、スイスへ移住した。

2015年からは政治活動も開始した。ロンドンなどへ出かけて「プーチンは裸の王様」などと舌鋒鋭く、ロシア指導部を批判しているが、所詮は犬の遠吠え、ほぼ影響力を失ったと見て良いだろう。
 そしてロフネフツの大株主に中国が加わるのである。

   □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1624】      
――「獨乙・・・將來・・・無限の勢力を大陸に敷けるものと謂ふべきなり」(山川14)
  山川早水『巴蜀』(成文堂 明治42年)

   ▽
ここで山川に戻るが、山川は四川の最西端に位置する貿易地の打箭爈に興味を示す。同地での貿易は「陸路直接に印度との間に行はれ、商品は茶を以て其大宗を爲す」。四川銀の外に「印度貨幣」が通用している。住民は漢族と「喇嘛蠻子」と称するラマ教信徒の少数民族だった。興味深いのが、「此處までは、本邦人も少なからす其踪跡を留め」、山川が確認しているだけでも前後10人ほどとのこと。そのうちの1人である木田鍈治は明治39年6月に、「商業視察」を目的に同地を訪れている。

  当時、同地には「英國宣?師夫婦、那威人一名、佛國宣?師二名、米國宣?師二名」が在住していたという。英人夫婦は当初は西蔵潜入を目的に、「印度より陸路四川に入りしが、未だ其志を得ずして、打箭爈に滯在し、已に三年を經過せる趣なり」とのことだ。

  こう見てくると、明治末年、イギリス、フランス、アメリカの3国は、既に四川の最西端の地に影響力扶植の手を打っていたことになる。じつは四川の最西端はインド、チベットに最も近い地政学上の要衝でもあったわけだ。そう、昔も今も。ところで木田らの目的は、はたして「商業目的」だけだったのか。同時に、彼らの旅費は誰が負担したのだろうか。まさか、彼らが自腹を切ったとも思えないのだが。

  当時の四川における3大事業といえば、「?育擴張、兵備擴張、及び漢口成都間に敷設せらるべき川漢鐵道」。そのうちの最難関が川漢鉄道建設であり、「工事の困難は勿論、經費の鉅額、測り易からざる」がゆえに、「今後五年や十年の短時日にては、恐らくは成功を期し難からん」とするが、「その初一念を貫かんとする支那人の意氣込、萬里の長城を築成したる祖先の遺血を傳ふる」点を記すことを、山川は忘れてはいない。なお、鉄道経営に関するノーハウに関しては「明治三十九年の春、新たに鐵道學堂を設立し、本邦より工額士橘、原、百瀬の三氏を聘し、其?習とせり」。「川人の目的は、此學堂にて養成したる學生を以て、諸般の經營に任ずるに在るものヽ如し」。100余名の学生が学んだとのことだが、なにせ「普通學の素養なき爲」に専門課程を教えるまでには至っていない。かりに日本の鉄道技術が四川に定着し、それをテコに四川全域に日本の影響力を保持し続けていたと考えるなら、四川の地政学上の位置からして、その後の日本の中国政策は現実とは違った経緯を辿ったことだろうに。

  さらに山川は精力的に歩いた成都とその周辺の名勝旧跡に関する記述を残しているが、詳細な旅行案内に近く、敢えて割愛する。

 「明治三十九年六月十四日 成都を去り、歸東の途に上る」。いよいよ帰国の旅となる。
 翌15日には?習として地方に派遣されている「千葉縣人瀧口定次郎氏夫妻」や「茨城縣人後藤美之氏」を訪ねる。「故郷への事傳てもやあらん」というわけだ。瀧口夫妻や後藤のその後を知りたいところだ。

 「二十日 午前十時、重慶府に達す」。四川唯一の開港場だが、上海に較べれば極めて小規模であり、「明治三十九年末の帝國領事館の報告に據れば、外国人は日本人(24人)、イギリス人(48人)、フランス人(22人)、アメリカ人(27人)、ドイツ人(7人)、その他(2人)の総計130人。

  「重慶の本邦事業としては」商業以外に教育事業が認められるが、「支那には西洋人の經營せる學校は各地に在れども、本邦人の創設せる者は、極めて希に、此點に於ても、彼れ西洋人に一歩を讓り居りける」。
ビジネスに関するなら「西洋商館としては、數ふるに足るものにあらざるに似たり」。だが「竊に彼等の云爲する所を察するに、各個人の發展を謀るよりは、先ず根柢に於て、勢力を扶植するを急とし」ているというのである。
《QED》 
      ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 先日のメルマガで宮崎先生が人民解放軍における習近平による反対派幹部粛清をスターリンの赤軍粛清になぞらえて論じておられました。
実際、1930年代に行われたスターリンの赤軍大粛清はトハチェフスキー元帥以下高級将校の三分の二が犠牲者になったといわれます。
お陰で赤軍はガタガタになってしまい、1939年から40年のフィンランドとの戦争では、ソ連は勝ったもののフィンランド軍の損害6万に対して赤軍は40万以上の大損害を出しました。
翌年のドイツによるバルバロッサ作戦では赤軍は緒戦で大打撃を受け、モスクワもレニングラードもドイツ軍によって陥落一歩手前まで押しまくられました。
これを耐え忍んだのが、スターリンによる大粛清をかろうじて生き延び、トハチェフスキーの軍事理論の弟子であったジューコフでした。
ノモンハンで精鋭関東軍を相手に善戦健闘したジューコフは、圧倒的な兵力と物量で敵の数倍の犠牲は最初から折込ずみの戦法で冬将軍の助けもあってモスクワとレニングラードを守り抜き、1943年にはスターリングラード決戦で独第6軍を包囲して降伏に追い込みました。
あとはクルスク大戦車戦からベルリン攻略戦まで一直線でした。

朝鮮戦争では彭徳懐率いる中国人民義勇軍、その実、人民解放軍は圧倒的な火力を有する米軍に対して人海戦術をもって膨大な犠牲にもかかわらず(その大部分は元の満洲国軍や国民党軍からの寝返り組だったといわれますが)、米軍の弾丸が尽きるまでの飽和攻撃を繰り返すことによって何とか引き分けに持ち込みました。
後方に前線から退却する部隊を撃ちまくる督戦隊を配置し、犠牲をいとわず人海戦術で攻撃を続行する戦法は、ロシア革命期にクロンシュタット要塞攻防戦でトロツキーとトハチェフスキーが確立し、ジューコフが継承し、後にはベトナム戦争でも用いられた赤軍伝統の戦闘法です。
たとえ習近平が江沢民派を人民解放軍からパージして、軍内部の腐敗がすすむとしても、だから人民解放軍は張子の虎だ、鎧袖一触だと馬鹿にするのは禁物だと思います。
 むしろ名目上は9個師団に6個旅団を有するわが陸自は、実数わずか15万に過ぎず、そのかなりの部分が管理部門要員で実際の正面兵力が少なく、来年には陸上総隊司令部が設けられるとやたらと陸将や将補、幕僚だらけの頭でっかちの軍隊となってしまいます。 
徴兵制もない自衛隊に対して中国が伝統の人海戦術で尖閣に飽和攻撃をしかけてきたら果たして守りきれるのでしょうか。
今こそ国防のあり方を考えなおすべきときです。
(武蔵国杉並住人)


(宮崎正弘のコメント)ジューコフ、忌まわしき名前。ロシア人にとって英雄。
ウランバートルにはチンギスハーン巨大な銅像とまではいかないけれど、レーニン像に匹敵するような、ジューコフ記念館があります。
昨年、ベラルーシへ行った折、新設されたばかりの「戦争記念館」を見学すると、ジューコフ将軍のトルゾーが飾ってあり、かれはベラルーシでも英雄扱いされていました。スターリンはジューコフの名声と人気に嫉妬していたけれど、彼の根強い戦争英雄の輝かしい戦歴を前に、失脚には追い込めなかったのでしょう。
 ◇◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
宮崎正弘の新刊予告 (9月25日発売)
書き下ろし『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  
  ♪♪
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  9月25日発売予定


♪   
<絶賛発売中>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198793.html
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • えっ、核弾頭チョーパン攻撃への反撃って?怒りの炎ラリアット炸裂か、独裁者に延髄蹴りか?いつまで馬鹿やってんだよっ、でてけっ、コノヤロー!ダッーって?2017/09/10

    ○貴メルマガに詳しい政商プーチン大統領、闇の顔。KGB流企業乗っ取り手法で、今度は中国国家自体を乗っ取るつもりでは?ロシア資源企業の大株主になったところで、中国側に経営の決定権は実質なく、資金を巻き上げられて終わりだろうに。それともバックマージンや見返り利権等、中国共産裸官の懐にしこたま金が回る仕組みかも?分からない。とにかく、中国共産党は即刻解散、完全廃党して欲しい。小中国、北朝鮮もろとも崩壊し、世界平和と人類福祉の増進に寄与して欲しいものだ、が・・・。



     いま、ウクライナ製ICBMをぶっ放し、「ニセ水爆騒動」で世間様を騒がし、EMP(電磁パルス攻撃)をも匂わせて世界を脅す北朝鮮連続殺人鬼独裁者。報道によれば、第七回核実験、ウクライナ製ICBM発射も準備完了、カウントダウン中だという。もしかすると16年目の911当日、あの忌まわしいテロ事件発生時刻にあわせての弾道ミサイル発射や第七回核実験をかますつもりかも。今も癒されることなく米国民に刻まれた911の深い傷に、激辛キムチをまぶしたり濃塩酸を塗り込むが如きの暴挙をヤルかも?何をしでかすか、分からない。そして、本気の米国、本気の怒りとは?世界が誰も見たことがない炎とは?米国の深慮遠謀、計り知れず。



     いずれにせよ、北朝鮮崩壊カウントダウンは止まらない。日本は同盟国米国をしっかり支え、未曾有の危機に立ち向かうほかはない。日本に神の憐れみを。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/09/10

    中国、ロシア最大手の石油企業の大株主へ

      中国華信能源(CEFC)、ロフネフツの14・2%を1兆円で←プーチン大統領もしょせんは金目ってことですかね・・・情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2017/09/10

    大和心を語るねずさんのひとりごとから

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/09/05/1879-%e5%a4%a7%e5%92%8c%e5%bf%83%e3%82%92%e8%aa%9e%e3%82%8b%e3%81%ad%e3%81%9a%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%94%e3%81%a8%e3%81%8b%e3%82%89/

    【合法的な乗っ取り計画】中国人自治区誕生に手を貸す国土国交省と北海道開発局【きっかけはビジネス】 

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/7eacb57eca2ae33d27671c38dacccf61

    日本は、神の可視化に成功した唯一の国だ。歳をとって心が弱くなるのを防げば高齢化は、問題でなくなる。生きている間に神に近づくのが、心を若いままにする秘訣だ。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18636709.html

    【韓国崩壊】アメリカ政府の通達で韓国人若者が米国から大量に追い出され涙の帰国ww トランプ大統領の本気の激怒で敗れ去る80万人の「アメリカンドリーム」ww 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-5134.html

    山尾の相手の倉持麟太郎は極悪人!朝鮮人か?病気の妻を実家に帰して不倫三昧!共産党や朝鮮人と交流

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6789.html

    【朝鮮有事】在日朝鮮人の”兵役の義務”について「内政干渉はよくない」ため、どうぞ連れていってください【確かに内政干渉はよくないなと思ったらシェア】

    https://samurai20.jp/2017/08/koliea-2/

    北朝鮮有事を前に通化事件(つうかじけん)を学ぶ

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3507.html

    山尾離党 「ポピュリズム政党なのに大衆の気持ちが分からない民進党」

    http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016604

    中国人投資家が皇室ゆかりの日本の古寺・円満院を60億円で買収!?宗教法人のメリット生かし節税対策 

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5131.html

    神道に通じることによる発見は、読者に、日本の仏教美術を見直すことを促すはずだ

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-246d-1.html

    山尾不倫に思う。日本の選挙制度ではまともな国会議員は選ばれないのではないか・・・

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34881729.html

    抗がん剤は効かない

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%8A%97%E3%81%8C%E3%82%93%E5%89%A4%E3%81%AF%E5%8A%B9%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjs8oaZ_pnWAhVCnJQKHdvyAXAQ_AUICigB&biw=1239&bih=600

    【韓国に在日を送り返す方法!】韓国支社を持つ企業が自社の在日社員を韓国支社で60日間働かせれば、兵役義務へ そしてそのままリストラへ

    http://hosyusokuhou.jp/archives/40701133.html

    山尾志桜里

    https://i0.wp.com/hosyusokuhou.jp/wp/wp-content/uploads/2017/09/3OuJQRj-1.jpg

    日本から朝鮮半島への米の伝播について・稲作の伝播のまとめ 

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-380.html

    トキワ荘プロジェクト

    http://tokiwa-so.net/about/

    植村隆元朝日記者が文春と西岡力氏を提訴!茶番の外国特派員協会記者会見と提訴報告集会

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1667.html

    天皇論と新天皇論の矛盾

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/tennouron-sintennouron.htm

    支那事変の仕掛人が中共であるもうひとつの証拠ーー百団大戦 

    http://hakkou-ichiu.com/post-8857/

    イルミナティに47年間仕えた元メンバーが内情を全暴露!“三百人委員会”名簿も完全公開、HAARPやエイリアンについても!

    http://tocana.jp/2017/09/post_14285_entry.html

  • 名無しさん2017/09/10

    アメリカ軍は、その気になればミサイルを使って金正恩を必ず殺すことができる。勿論、核施設も破壊するし、ミサイルも破壊する。電子戦になったら北朝鮮は手も足も出ない。中国でさえどうしようもない。韓国なんか日本の自衛隊と戦ったら、3日ともたない。アメリカ軍と一体化する自衛隊にアジアで勝てる国はない。



     B?2爆撃機と言うのがグアムにいるが、これはバンカースターと言う爆弾を8個搭載できる。この大型爆弾は目標の18キロメートル手前で落としてから誘導できる。このB?2爆撃機が数機あるだけで北朝鮮はアウトである。機動艦隊を出すのは、中国に対する威圧のためである。



     トランプの目的は、北朝鮮を手に入れることである。北朝鮮は握手したがっているが、中国が邪魔している。そのために中国の影響を排除しなければいけない。「お前たちに任せるぞ。ダメだったら、アメリカが勝手にやる」というのはそういう意味である。文句を言わせないための機動艦隊である。それもわざわざ南シナ海を通る。中国のメンツは丸潰れである。習近平はどうしようもない。



     政治と言うのは表舞台と裏舞台があり、真逆なのである。上では握手し、下では蹴飛ばし合いをしている。アメリカのトランプと中国の習近平も全く同じである。特に北朝鮮の場合は、核移動式ミサイルがあって、トンネルを出たり入ったりする。アメリカが行かなくても日本だけで十分叩けるのである。



     北朝鮮はアメリカと仲良くしたいと叫んでいる。中国が邪魔なのである。合法的に状況証拠でアメリカと手を結ぶために邪魔なのが金正男だった。金正男は東京ディズニーランドが好きで、アメリカ人からも好かれていたが、トランプと握手するのは自分でなければならない、トランプが北朝鮮と条約を結ぶぞと匂わせた段階で、金正男の運命は決まった。あれを言わなかったら、金正男は生きていた。おまけに、韓国に脱北した連中が、金正男を使って亡命政府、臨時政府などを作ろうとした。金正恩は、自分がアメリカと国交を回復した最高指導者だと言う時に、金正男は邪魔だったのでマレーシアで殺した。



     マレーシアと言うのは政治的ごみためである。都合の悪いことは全部マレーシアでやったらいい。マレーシアがそういう不味いことを全部引き受けている。何かあったらマレーシアで事を起こせば丸くおさまる。だから、今回の金正男暗殺事件でも北朝鮮は表向きはマレーシアと対立していたが、最終的には大使館員を全員帰した。

  • 名無しさん2017/09/10

    >徴兵制もない自衛隊に対して中国が伝統の人海戦術で尖閣に飽和攻撃をしかけてきたら果たして守りきれるのでしょうか。

    中国海軍が人海戦術的に大量に艦艇を出してきた場合、日本側の対応としては、先日の本ブログにも紹介されていたインドのブラモスのような超音速対艦ミサイルが有効なのではないでしょうか。相手の艦艇~数百億円相当に対して対艦ミサイル~10億円とコストパフォーマンスに相対的に優れますし。中国の戦略のひとつは、防衛費負担で日本経済をソ連のように潰すことにもあるように思われ、それに対して日本は日本経済の強化(生産性向上)と、人的、価格的にコストパフォーマンスの良い装備の開発配備ということになってくるのではないでしょうか。