国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<毛沢東の孫=毛新宇も、張震の子=張海陽もリストから外された

2017/09/08

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月8日(金曜日)
       通巻第5424号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 毛沢東の孫=毛新宇も、張震の子=張海陽もリストから外された
  党大会参加者名簿から多数が「落馬」。とくに太子党の大物が五人。
****************************************

 第十九回中国共産党大会を10月18日に控え、参加者名簿およそ2300名が発表された。
 失脚が明らかとなったのは共青団系で周強、孫政才ら嘗て胡春華と将来を嘱望されたリーダーの名前がないのは予想通りだが、軍の代表団からのリストに異変がある。

 失脚が明らかとなったのは房芳輝、馬暁天、呉勝利だが、9月6日の時点で明らかとなったのは毛沢東の孫、毛新宇(陸軍中将)。劉少奇の子、劉源(上将。嘗ては習近平の軍師と言われた)、胡耀邦の女婿、劉暁江(海軍上将=提督)。張震の子、張海陽(上将)。李先念の女婿、李亜洲(上将。嘗ては反日軍人のトップ)など五人もの太子党軍人の大物が、リストから外されていることだ。

 五人はともに革命元勲の末裔であり、中国共産党を代表する顔でもあり、才能があるかないかは別に、象徴的存在だった。
 とくに毛沢東、劉少奇の裔が党大会にさえ出席できなくなったというのは異変である。

 前回の党大会では41名が中央委員を兼ねていた。その後、王建平、田修思ら軍人の大物らが退任していた。次の党大会では軍から34名の軍人が新しいメンバーとなる予定。
 退任が確定した軍人のなかでも、氾長龍(軍事委員会副主任)、常万全(国防部長)、越克石らの名前がある。

 軍トップの移動人事はかなり大幅な上、特徴的なのは習近平に忠誠を誓う軍人が選ばれているのは当然の流れにせよ、平均年齢が50代後半から60代前半と若返っていることである。
    □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 あの四川省大地震で糾弾された学校の倒壊は手抜き工事の悲劇だったが
  一人っ子。大事な、大事な子供が死んだ。田舎へ急行した両親は呆然自失した

  ♪
メイ・フォン著、小谷まさ代訳『中国「絶望」家族』(草思社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 副題が「一人っ子政策は中国をどう変えたか」。
 中国語に新しいコトバがでてきた。「失独」というのだ。
 これは「たった一人の子供を失った両親を一言で現す」。すでに推定で200万世帯が「失独」となり、さらに毎年7万6000世帯が増えている。
 これまでクローズアップされてきた一人っ子政策の問題のなかで最も目立った議論は「小皇帝」問題だった。
甘やかされ、兄弟げんかを知らない子供は人生観もスポイルされているからこの手合いが一線に立つと、社会が歪むのではないかという心配事だった。兵隊も一人っ子が多いため、とても戦える軍隊ではないだろう。
 「幼年期から神様のように扱われた子供は、大人になると悪魔のように振る舞う傾向になる」(P・D・ジェイムス『人類の子供たち』)
 だから本書も社会学者の近未来予測かと思いがちだが、中味は異なる。本書は勇気ある女性ジャーナリストの現場におけるレポルタージュである。
 中国の奥地、警戒網を突破して、当事者にインタビューし、真実に近付くというのはジャーナリストの任務でもあり、著者はウォールストリートジャーナルの北京特派員としてながく中国取材に取り組み、ピュリツアー受賞にも輝いている。
 人口動態、将来の高齢化、福祉制度の破綻という文脈で、日本や先進国の社会学者、統計学者はこの問題をよく語る。フランスの人口学者のエマニエル・トッドは、人口減少の主流派に対して反主流派イスラム人口爆発をベースにソ連の崩壊を予測した。
 社会的変化、人口動態の構造的歪みのグラフを見ていても、近未来の暗い家族像、国家像が浮かぶ。
 それゆえ日本でも団塊の世代が高齢化し、介護生活に直面した現在、もっとも懸念されるのは年金制度の崩壊と福祉医療、いつまで基金はもつのかという素朴な疑問、そして行政を離れてみれば、すでに高度成長期に崩壊した家族、過疎村!
いったい誰が最後の面相を見るのかという一種絶望的世界観にぶち当たる。
 それゆえに世界一深刻なのは日本であると騒がれた。一人っ子どころか、結婚しない日本人が急増し、さらに結婚しても子供を産まない。高度福祉国家を実現した日本は、この制度の崩壊が秒読みという近未来の恐怖が語られる。
 日本の国会とメディアの議論と言えば「待機児童ゼロ」だ。本末転倒も甚だしい。
まさに若者が結婚し、家庭をもって子供を産むという人間本来の自然な環境を、政府がいかに支援できるかということを考えなければいけないときに枝葉の議論をしているのである。

 ところが。
 世界一深刻で人口政策が悪魔的に貧困なのは中国だった。
 厳密な一人っ子政策の実行は末端の行政にノルマを課した。このため残酷な強制堕胎、あるいは法外な罰金が科せられ(それが地方幹部の副収入でもあった)、家庭は破壊され、悲壮な人生観が広がる。
まさにディストピア(ユートピアの反対語)、それが中国である。
 四川省地震では学校がばたばた倒壊し、おそらく数万の子供が、それも一人っ子が犠牲となった。手抜き工事や現場の写真をメールしただけで、監視団は口止めし、告発した人々を逮捕した。
 中国の人口抑制政策は1980年から正式に実行されたが、それ以前すでにテストケースとして実験された山奥の村があった。言い出したのはロケット工学の博士だった。机上の空論、所詮は、書類の計算式から産まれた処方箋だった。
 インドも人口抑制のため一人っ子政策に踏み切ったがすぐに撤廃した。不人気極まりないというより自然の法則に反するからである。
 日本は逆に産めよ、増やせよと笛を吹いても、若いカップルは踊らない。冷ややかである。
 「一人っ子政策がもたらした男女比と年齢構成のアンバランスによって、今後十年以内に中国の独身男性の数はサウジアラビアの全人口を上回り、高齢者の数はヨーロッパの全人口を上回る」と著者は言う。
 「ドイツ銀行による試算では、2050年までに中国の年金不足額は7兆5000億ドルに及ぶとされ、これは2011年の中国のGDPの83%に相当する」
 財政が悪化し、ゾンビ企業の再編効率化、輸出激減、労働賃金の高騰のため『世界の工場』ではなくなった中国。負債が膨張し、海外への送金が規制され、これから先の中国経済は真っ暗闇だが、このうえに一人っ子政策のツケが覆い被さる。
 突撃取材によって現場の夫妻の嘆き、独身男性の叫び、共産党のちぐはぐな対応を活写している。

     ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 きれいなものを見ると汚したくなる変質者と朝日新聞に似ていないか
日本(きれいなもの)を貶めることがよほど楽しいらしい

高山正之『サンデルよ、「正義」を教えよう』(新潮文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 皮肉たっぷりの譬喩がある。
 「先日、京浜東北車内で美人に痰をなすりつけた男が鶴見署に捕まった。きれいなものを見ると汚したくなると自供した。朝日新聞はこの変質者に似る。きれいな日本をみると汚したくなる」
 改めて文庫になったので、評者(宮崎)は読み返す機会を得たが、初読でスルーしていた重要箇所があったことを知った。
 この本、単行本のでた2,011年にいちど小誌でも書評している。最初にそれを下記に再録する。

 「ご存じ『変見自在』シリーズも第六弾。辛辣で皮肉たっぷりで、相手が一番触れて貰いたくない患部をぐさりと突き刺す。矛盾をえぐりだす。『週刊新潮』の看板コラムの単行本化である。
  日本の精神の腐れ、知的腐敗の元凶は朝日新聞だが、いかにこのメディアが卑怯で、それでいて本質的恐喝や暴力には怯懦であるか、本書をよめば溜飲が下がるように、パノラマを見ているように納得できる。正義を標榜する戯れ言は旨くても、かれらが隠し続ける左翼の不正義が、そこはかとなく浮かんでくる。船橋洋一がいかに偽物であるか。
 同時に歴史的経緯を簡潔に分析している行間のなかに、欧米とりわけ米国、英国、フランス、オランダという「民主国家」が、いかに残虐で、無謀で、暴力と謀略がすきな国々であるかも明らかになる。
 その左翼の詭弁と詐弁が擁護するのは中国、韓国、北朝鮮、そして冷戦時代はロシアを徹底して擁護した。その論理的破綻を隠蔽しつつ、今日もまたでたらめな報道、主張を織りなして多くの日本人を洗脳しようとする。
 これまで英雄視してきた人物達のいかがわしさ、これまで敬愛してきた集団や国家群や国際組織の欺瞞。そして歴代NYタイムズ東京支局長なる人々のいかがわしさと無教養。
 その嘘を、この本では表題に用いたハーバード大学の詐欺男に象徴させるのである。
 サンデルなるおっさんが、いかなる詐欺的弁舌を展開しているのか、評者(宮崎)は寡聞にして知らなかったが、高山さんが要領よく、端的にまとめる。
 「サンデルの頭にこうした日本的な正義はない。商売は阿漕に、金持ちは命を惜しむ。それを何とか正義で包みたい。あの大学(ハーバード大学)に中国人が増えるわけだ」

さて。
文庫になったのを機会に読み返してみて、おやと思った箇所はコソボの独立に関してである。
かつてトルコはセルビアを落とし、「強いセルビアが復活しないよう彼らの都、コソボに(トルコは)イスラム教徒のアルバニア人を住まわせた。セルビア人の心の拠り所を奪ってしまう手法だ。先の戦争のあとGHQは都会のいいところを三国人に不法占拠させ、パチンコ屋をやらせて日本の景色を一変させたこれと一脈通じるところがある」
 実際にコソボを歩くとアルバニア人が夥しく、セルビア人は家を放置して、ベオグラードやほかのEU諸国や米国に移住した。だから寂しい田園風景。治安はNATOが守っており、皮肉にも世界遺産はキリス小教会だ。
 もう一つ、ルーマニアの串刺公こと、ワラキア公がなぜか吸血鬼ドラキュラ、悪魔に扱われているのだろうか。かれはトルコの侵略を撃退したのに?
評者、現場に立ってドラキュラの王城を見学し、なぜ、この英雄が、単なる吸血鬼扱いされているのか訝しんだ。そこで拙著(宮崎正弘『日本が全体主義に陥る日』、ビジネス社)のなかでこう書いた。
「言うならば外国侵略軍と戦って散華した鎌倉武士の棟梁のような存在であり、イスラエルでいえば『マサダ砦』ではないか。ルーマニアの英雄である。それなのになぜドラキュラの汚名を着せたままルーマニア政府は放置しているのか、不思議に思った」。

 その答えは簡単だと、高山氏は言う。「彼らはローマンカソリックではなかった、東方正教会系だったからだ」
 清涼飲料をまとめて十本のんだようになれるのが読後感があった。
     ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) トランプが決めたDACA撤廃ですが、日本のメディアから受ける印象はトランプのほうが悪い、「経済的ロスは50兆円」などと騒いでいます。おかしいです。不法移民を排斥するのがトランプの公約だったのでは?
 たしかに80万人の不法移民の子供達が大きくなっており、「夢見るヒト」と呼ばれる、この人たちに罪は無く、またIT産業で活躍が目立つ。トランプは、この実施を実際におこなうかどうかは議会に丸投げし、六ヶ月以内に対応する法律を策定して欲しいとしたのに、メディアは終始一貫してトランプ叩き。そのうえオバマ前政権がやったことが正しかったとでも言いたげな印象操作を行っています。
 真相はどうなのでしょう? 
    (UH生、浜松)


(宮崎正弘のコメント)オバマ政権とは鳩山由紀夫政権が八年続いたと考えて下さい。
「日本列島は日本人だけのものではありません」と彼は言いました。
オバマは「アメリカをアメリからしからぬ国」にしようとしていたわけで、トランプはアメリカンファーストですからオバマ政治のすべてを根底的にひっくり返していることになり、それが気に入らないのがリベラルなメディアとボストン、ワシントンに巣くう左翼、カリフォルニアのITのメッカにいる無国籍グローバリストらという構図です。
 いずれにしても、このDACAは日本でいえば、在日特権をもつ人々の問題と似ています。しかもグローバル経済の波に乗って、もっと深刻なことが起こるでしょう。不法滞在の外国人は夥しく、中国人の不法移民だけでも10万人と推定されています。
 強制送還は「人道的に憲法違反」と、メディアが騒ぎ立てているような状況が、すぐそこにあると予測されます。



  ♪
(読者の声2) 週刊文春による民進党の山尾志桜里議員の不倫疑惑報道、民放各局とも叩きまくりで驚きました。
今まで自民党議員の不倫を声高に追求していただけに、民進党お得意のブーメランとはいえ気の毒なほど。モリカケ(森友・加計学園)疑惑でなんの根拠もないのに安倍総理を叩きまくったあげく、あまりの偏向報道ぶりをネットや産経新聞に報じられ、さすがにまずいと軌道修正でしょうか。
 ネットで知ったのですが、偏向報道筆頭のテレビ朝日、モーニングショーではテレ朝
社員でもあるコメンテーターの玉川徹が山尾志桜里を徹底追求「民進党のジャンヌ・ダ
ルク? 最後は火炙りになりましたよね」とまでという異常事態? 
ネットで動画を見るとたしかに言っていました。ネットの情報はどこまで本当かわかりませんが、山尾志桜里が司法試験を六回も落ちたとか(これは本当)、性欲が強すぎて検察官時代に被疑者と情を通じ検察を追い出されたとか、いかにもありそうな話ではあります。
 民進党の人材不足は深刻でこのままでは解党まっしぐら。
かつて小沢一郎が自民党を割って新生党・新進党を作りましたが、民進党の政治家はもとより自民党内野党の石破茂にもそんな力はないでしょう。
北朝鮮のミサイルと核実験で日本の世論は様変わり、10月22日の衆議院の補欠選挙にあわせて解散総選挙もありえますね。
   (PB生、千葉)



  ●●
<編集部より謹告> ここ四日ほど機械の不具合のため、メールの送受信ができません。nifityだけ受信ができておりますが、返信がかなり遅れます。
yahooは送受信ともに駄目です。復旧にしばらく時間がかかりそうです。投稿される方はniftyをご利用下さい。
            ◎◎◎◎◎◎  ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
宮崎正弘の新刊予告
 宮崎正弘書き下ろし
『西郷隆盛 日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  9月25日発売予定

  ♪
抱腹絶倒、深刻熟慮対談
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、予価994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  9月23日発売予定

  ♪♪
 宮崎正弘書き下ろし
『AIが文明を滅ぼすとき ガラパゴスで考えたこと』(仮題、文芸社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 10月下旬刊行予定。定価未定。 


♪♪♪   
<絶賛発売中>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198793.html
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/09/09

    山尾議員の不倫問題は民進党内の内ゲバでリークされた可能性もあるようです。

  • 名無しさん2017/09/08

    今年の5月に「カールビンソン」を主体にしたアメリカの機動艦隊が北朝鮮に向かっていた。北朝鮮ごときにあれだけの機動艦隊は要らない。あれは中国向けである。どこを通るかと言うと、南シナ海を通る。その「カールビンソン」の機動艦隊を空母打撃群と言い、敵を完全壊滅するための全てのオプションを実行できる。本来は、第7艦隊の旗艦空母「ロナルド・レーガン」の役目だが、「ロナルド・レーガン」は、2016年11月21日から神奈川県横須賀港のドックで修理中だったため、東太平洋で展開する第3艦隊の母艦「カールビンソン」が代わりに出動してきた。



     この空母打撃群の出動は、4月1日から1カ月間、毎年行われる「米韓合同軍事演習」に合わせてきた。一方、「ロナルド・レーガン」も横須賀から出動し、海上自衛隊の軽空母「いずも」などと一緒に日本海で合流した。仮に、「カールビンソン」が横須賀で停泊したら、同じ原子力空母「ロナルド・レーガン」の2隻を相手では中国はもう終わりである。



     従北親中を掲げて当選した韓国の文在寅(ムンジェイン)が大統領に就任して驚いたのは、選挙のどさくさに韓国に持ち込まれた「THAAD]の特殊車両システムが4セットもあったことである。どさくさに紛れて運び込まれたTHAADの撤廃など、韓国がアメリカに通告できるわけがない。



     これで中国は「ICMB(大陸間弾道弾)」「IRBM(中間距離弾道弾)」を発射しても、高高度で迎撃されることになる。これで極東における中国はトランプに全く手も足も出なくなった。空母打撃群はこのための出動だったのであり、トランプは北朝鮮をダシにして中国を封じ込めたのである。



     軍産複合体とは、ビジネスと軍事が一体化することで、トランプは水を得た魚のように、自分が一番住みやすい世界が大統領なのである。



     ビジネスマンにとって戦争は巨大ビジネスの場である。シリアに手を出したら第3次世界大戦が起きるが、今回、そのシリアを爆撃したから、世の中のマスコミはトランプが180度転換したと騒いだ。戦争をやれば、兵器が売れる。当然、爆弾、ミサイルは大量生産し儲かる。破壊された後の復興でまた儲かる。これをマッチポンプと言う。アメリカが最も得意とすることろである。



     北朝鮮の金正男が殺されたが、あれはパワーバランスから読み解くと良く分かる。北朝鮮はアメリカと仲良くしたい。邪魔しているのは中国である。アメリカと仲良くしたいと叫んでいる国は唯一北朝鮮だけである。事実、トランプが大統領選の時には、北朝鮮はトランプを応援した。それでトランプは「ワシントンに呼んでもいいぞ。対談してもいい」と言った。双方で信号を出していた。



     日本の新聞などは「安倍首相がトランプと会談しているときに、ミサイルを発射した。何を考えているのだ」と激怒する。大事なことは、北朝鮮は本会議では撃っていない。パーティーの場で撃っている。ちゃんと気を使っている。それも日本に当たらないようにしている。



     日本のマスコミが「右向け」と言ったときは、絶対に左の方が正しい。「上を向け」と言ったら、下の方がこの国では正しい。



     これからエコカーで電気自動車を作るとすると、みんな右向けで、電気自動車を作ってしまう。高速道路で電気を充電するためにずらっと並んだら、止まってしまうと、電気自動車はテールランプがつかない。しかし、ガソリン車はつく。それから、電気自動車推進派の連中は、停電を考えていない。東京で大停電があった。それは、橋を渡っている電線ケーブルを船に乗せてあったクレーン車が引っ掛けたら、東京都内三分の一が大停電になった。停電は起きる。だから、ハイブリッド車が一番正しい。いわゆる、リスク分散である。



     右向け、全て100%、1億総何とかと言うのが一番危ない。最後は一億総玉砕になりかねない。

  • 名無しさん2017/09/08

    >日本の国会とメディアの議論と言えば「待機児童ゼロ」だ。本末転倒も甚だしい。

    保守論壇の方からは安全保障問題と同列、表裏一体の問題として大きな声が挙げられてしかるべき問題のように思われるのですが、ほとんど挙がっていないのが不思議です。因みに、経済状況が改善すれば出生率は上がるとの主張もありますが、出生率はバブルピークの1990年頃も今とほとんど変わらない?1.5でした。単純な問題ではないように思われます。

  • 名無しさん2017/09/08

    山尾志桜里が司法試験を六回も落ちたとか(これは本当)、性欲が強すぎて検察官時代に被疑者と情を通じ検察を追い出されたとか、いかにもありそうな話ではあります。

    >山尾志桜里は東大法学部に面接だけの入試の年に合格した。が、その年の新入生のレベルが低すぎて、東大法学部ではあわてて面接だけの入試を廃止した。

  • 秋の総選挙はないでしょう。2017/09/08

    > 北朝鮮のミサイルと核実験で日本の世論は様変わり、10月22日の衆議院の補欠選挙に

    > あわせて解散総選挙もありえますね。   (PB生、千葉)





    安倍総理は北朝鮮のミサイル発射前には官邸に詰める状況です。



    国外の状況が不安定な時に、補選に合わせて総選挙なんて状況からしてやってはいけないのでは?



    党利党略で国益を損なうような判断をすれば自民党は見限られますよ。