国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<BRICS初日、北朝鮮は核実験。習近平の顔に泥を塗った

2017/09/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月5日(火曜日)弐
       通巻第5420号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 BRICS初日、北朝鮮は核実験。習近平の顔に泥を塗った
   この経済協力機構は世界経済にとって、いかなる意味があるのか
****************************************

 BRICSは設立動機がそもそも不純である。
中国がロシアと組んでG7に一泡吹かせようと新興工業国家が集合しただけ、ロシア、ブラジル、インド、南アはそれぞれ政治体制が異なり、資源リッチとプアに別れる。加盟国の利害の一致点は経済、技術協力くらいだろう。

習近平は五月の「一帯一路」フォーラムを北京で開催し、晴れ舞台を演出、ことさらロシアとの協力関係を世界に誇示しようと企図した。プーチンはわざわざ厦門までやってきて習の顔を立て、次はウラジオで自らが演出する「極東経済フォーラム」へ回る。7日には安部首相がウラジオを再訪する。

その会議初日、北朝鮮はミサイルをぶっ放して習の顔に泥を塗った。
9月4日から福建省厦門で開催された「BRICS会議」にぶつけて北朝鮮は核実験を強行し、二度までも習近平の自尊心を傷つける。
しかし怒りを沈静しながら習近平は基調演説をこなし、また直前に兵力を撤退させてインドとも一時的停戦。モディ首相の顔を立てた。

 今回のBRICS会議にはオブザーバーとしてメキシコ、タイ、タジキスタン、エジプト、そしてギアナが加わった。だが、これら五ヶ国の正式加盟は見送られた。
そのうえで、習近平は追加で7600万ドルをつぎ込み、我々は保護貿易主義に反対してゆこうなどと宣誓したものの、実態は空中分解にちかいのではなかったか。

なぜならシルクロート(一帯一路)の注ぎ込む巨額は1240億ドルである。BRICSには7600万ドル、この開きは何を物語るのだろう?
昨年、五ヶ国の対外投資は1970億ドルあったが、このうちBRICS同士の投資額は、5・7%に過ぎなかった。

他方、中国のアフリカ進出に大きな影が射した。
「一時はアフリカ大陸のあちこちに100万人の中国人がいるとして騒がれた。それが急速に激減しており、たとえばアンゴラからは15万人が去った」(英紙フィナンシャルタイムズ、9月4日)。

第一にアフリカ全体のGDP成長率が低く、各国で通貨が低迷、下落を続けている。
第二に治安が中国より悪いうえ、中国人を狙った犯罪が急増した
第三にメンタル・タフネスの中国人もアフリカの文化には馴染めない。文化、風土があまりにも違いすぎるからである。

    □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 多彩な民族と言語。人々を別けたのは「国家」ではなく「宗教」だった
  政権が安定した時代は希、いつも争いが次の争いの火種を残したバルカン半島の歴史

  ♪
マーク・マゾワー著、井上廣美訳『バルカン』(中公新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 バルカンといえば、ころころと立場が変わる三木武夫の代名詞だった。ついた渾名は「バルカン政治家」。その弟子の海部首相も同じような軽さがあった。しかし、国際政治学ではバルカンには、そういう意味はない。
 多彩な民族と言語が点在し、半島に住む人々を別けたのは「国家」ではなく「宗教」だった。政権が安定した時代は希にしかなく、いつも争いが次の争いの火種を残したのがバルカン半島の歴史である。
 思い出すことは幾つもあるが、いまから四半世紀以上前、まだ「ユーゴスラビア連邦」という国があった頃、評者(宮崎)は首都のベオグラードで小粒なセルビア正教(ロシア正教の源流)の教会に入った。入り口に十字架のネックレスを売っていたので、土産に買おうとしたら、
 「あなたは何教徒か?」と聞くので
 「仏教徒だが」
 「異教徒には売らない」
 「えっ」
 という会話があった。そうか、「異教徒」という語彙がでてくるのか。相互不信の固まりのような質問だった。その教会では結婚式をあげていて、花嫁が美人だったことを覚えている。
 冷戦の終焉後、セルビアとクロアチアから始まった「内戦」は全土に飛び火した。スロベニア、クロアチア、ボスニア&ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニアが『ユーゴ連邦』の主導権を持っていたセルビアから独立し、最後にコソボも「独立」を宣言した。
アルバニア人の多いコソボは旧ソ連、旧東欧諸国の多くが独立を承認していないが、欧米が認め(日本も追随)、とくにアメリカはまっさきに大使館を開設し、しかもコソボはいきなり通貨をユーロとした。
一番得をしたのはアルバニア、貧乏くじを引いたのが悪者にされたミロセビッチとカラジッチだった。このセルビアにとっての民族の英雄は、列強の強い圧力と追求を前にして、セルビア国民によって国際法廷に売られた。
評者(宮崎)は冷戦後も、二回に分けて、これら七つの国と、ついでアルバニアを回った。その成果は『日本が全体主義に陥いる日』(ビジネス社)に詳しい。

さて本書である。
民族間の紛争を近現代だけではなく中世から古代にも溯って捉え直し、しかもこのバルカン問題はヨーロッパの過去の出来事として済ませてよいのか、それともバルカン問題は『未来のヨーロッパではないのか』と問う。
遠き昔、バルカンはギリシアとローマの覇権争いだった。中世にはオスマントルコ帝国がどっかと根を下ろし、近世には列強が介入し、トルコは近代化し、バルカン半島は三度の戦火に見舞われて無惨に破壊され、最貧の農業国家のひとつとまで言われる「どん底」に落ちた。
ネイションという概念が拡大し、民族浄化が行われ、ひとびとは宗教を超えた民族、そして国家という単位で紛争を激化させてきた。
現在のバルカン情勢は『束の間の平和』の最中であり、いずれまた戦争が始まるだろう。
 著者はこう言う。
「仏蘭西革命(1789)に始まり、1923年にオスマン帝国がついに崩壊するまでの時期、所謂『長い十九世紀』は、近現代のバルカンの政治地図が現れた時代だった。ナショナリティ(民族集団)の原則に従って建設された独立国家が、ローマ人の後継者を自認する『神の奴隷にしてのこの世のスルタン』、オスマン皇帝の500年続いた帝国にとって代わった」
一時はオーストリアとロシアがバルカンを分割する予定だった。エカテリーナ女帝の孫がコンスタンチノーブルで玉座に座る筈だった。この行く手を塞いだのがナショナリズムだった。しかし、独立にいたるには「ヨーロッパ列強が味方となって介入するのを待たねばならなかった」(148p)

国家という概念に乏しく、多様な言語が入り乱れていたため、キリスト教徒かイスラム教徒かの区別しか人々は理解していなかった。
「『ルーマニア』や『ブルガリア』という概念は、1830年代になってもまだ、ほんの一握りの知識人や活動家を駆り立てていたに過ぎず、『アルバニア』とか『マケドニア』に到っては、おそらく無いも同然だった。南東ヨーロッパは、民族が自らのために独立国家を勝ち取るという、ロマン主義のナショナリストが思い描いたような姿にはなく、新国家の指導者が、過去のオスマン時代の世界観に染まった農民社会から民族を作り出さねばならなかた」(165p)。
かくして、筆者が纏める。
「いくつかの主要な宗教が交差する地域では、民族の多様性こそが緊張の根深い元凶であり、民族浄化は、ヨーロッパ的な国民国家建設の論理の一部というよりも、バルカンの歴史を特徴づけるとされる一連の大虐殺とそれに対する報復大虐殺の最新版だった」(248p)。
そのバルカンが冷戦以後、地政学に変化し、世界市場の中央に位置し、「黒海、旧ソ連、中央アジアを含み、オスマン帝国崩壊以来最大の領域に渡ってビジネスの機会を提供している」(262p)のだからややこしい。
だからEU、欧米、旧東欧諸国、旧ソ連が積極的に絡み、アメリカも意外に高い関心をしめるというジレンマに陥っているのである。
       ◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 十年近く前から、宮崎先生のメルマガを拝読させて戴いております。Amazonで品切が続いた『激動の日本近現代史?』は、本日やっと届きました。
 前号(5418号)の読者欄にあった「日本爆撃計画」の他にも、日本に最初の一撃を撃たせるために囮の老朽艦隊を浮かべた「ラニカイ号事件」というのがありました。私はこれを山本七平氏の戦争三部作のいずれかで知ったはずです。
 また、「マッカラムの対日戦争挑発八項目」も重要だと思います。
    (EH生、横浜)

            ◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
宮崎正弘の新刊予告
『西郷隆盛 日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  9月25日発売予定

  ♪
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、予価994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  9月23日発売予定

 ♪♪
『AIが文明を滅ぼすとき ガラパゴスで考えたこと』(仮題、文芸社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 10月下旬刊行予定。定価未定。 


♪♪♪   
<絶賛発売中>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198793.html
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v  石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/09/05

    >BRICS初日、北朝鮮は核実験。習近平の顔に泥を塗った

    北朝鮮が、ここまで執拗に「顔に泥を塗る」のは、いざとなれば(少なくとも金正恩体制が中国のせいで崩壊のするような場合には)北京にも核ミサイルを撃つことも辞さないとの意思表示、脅しなのでしょうか?

  • 名無しさん2017/09/05

    北朝鮮創立にか関わったのは当時の大日本帝国帝國では、

  • 名無しさん2017/09/05

    第一にアフリカ全体のGDP成長率が低く、各国で通貨が低迷、下落を続けている。

    第二に治安が中国より悪いうえ、中国人を狙った犯罪が急増した

    第三にメンタル・タフネスの中国人もアフリカの文化には馴染めない。文化、風土があまりにも違いすぎるからである。←宮崎先生、情報ありがとうございます。んで、西郷隆盛の新刊がでたら、買います!楽しみにしております!よろしくおねがいします。