国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<タクラマカン砂漠にも無意味な幽霊都市、誰が責任をとるのか?

2017/09/04

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月4日(月曜日)弐
       通巻第5418号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 タクラマカン砂漠にも無意味な幽霊都市、誰が責任をとるのか?
  新彊ウィグル自治区の安定化が目的だったが、実態は住民が不在
****************************************

 カシュガル郊外。緑のすくないタクラマカン砂漠。ここに新都心を建設し「地上の楽園」と宣伝した。2009年のウルムチ暴動ではウィグル人およそ200名が殺害され、数万がとなりのカザフスタンへ逃げ込んだと言われる。

 イスラム住民をなだめるために中国は何を思いついたか、砂漠の真ん中に新都心建設を始めた。総費用は85億ドルと謳われた。
「二万人の新雇用、新都心、繁栄する未来」が描かれた。
 これは2010年から開始されたウィグル安定化五ケ年計画である。

 もともと西部開発は胡錦涛政権以来のスローガンだった。しかもシルクロード構想の国内版としても政治宣伝に転用でき、砂漠地帯も「第二の深セン」が実現するなどと喧しいプロパガンダが鳴り響いた。

 沿岸部は港湾設備が充実し、交通のインフラがあり、大学も多く、優秀な人材を得やすいが、交通のアクセスは貧弱このうえなく、工業団地を建てても、進出企業はないだろうに、当局はそういう計算ができないのだろうか。

 新彊ウィグル自治区の最西端カシュガルでは古いモスクが破壊され、追い立てられた住民の住まいにと、およそ8万人の住居、ツィンの摩天楼、三本の大通り、商店街をつくり、有利な条件を提示して入居者を募集した。8万人というのはカシュガルの総人口の15%にあたる。
 200000平方メートルの砂漠は緑に化ける筈だった。

 ツィンビルは途中で建設が止まり、道路は冠水したまま、付近は荒れ放題、宣伝に騙されてやってきた商店主は客が殆どおらず、閉店状態となった。
「移住歓迎のネオンサインは、まるでSOSに見える」と現地を取材した『サウスチャイナ・モーニングポスト』(2017面9月4日)の記者は書いた。

    □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)宮崎さんと渡辺さんの共著『激動の日本近現代史 1852-1941』(ビジネス社)読ませていただいています。お二人の知の対決というより真実を抉り出そうという共同作業ですね。
 まず年表を見させていただきました。そこで非常に重大な三つの事件が載っていないことに気付きました。

 昭和16年7月23日米国統合参謀本部がルーズベルト大統領に提出した、日本爆撃計画に大統領が署名・承認した。昭和16年7月25日対日石油禁輸をおこなえば日本の方から開戦するという進言に大統領が賛成し、日本爆撃計画を中止とした。昭和16年8月1日米国政府が対日石油禁輸を発表した。
日本爆撃計画はそれまで中国で中国人に擬装した退役米国軍人をシェーンノート中将が指揮して行っていました。いわゆるフライイングタイガーです。
それを拡大して、日本の三都市の工業地帯を爆撃して軍事能力を削ごうというのが計画でした。東京、大阪、長崎です。各編隊はそれぞれ約千五百機です。攻撃対象は非軍事施設、宣戦布告なし。勿論、国際法違反であり、ルーズベルト大統領の選挙公約違反です。
そういった作戦計画に大統領が署名していました。
1970年代に米国国立公文書館で資料が見つかり、平成19年(2007年)に米国のABCテレビの人気番組「20/20」で放送されました。
司会のバーバラ・ウォールターズが「日本がだまし討ちをしたとおもっていたが、実はルーズベルトはこんなことを計画していたのか」と青ざめた顔で言っていました。
人気番組なので数千万人が観たはずですが、観た人もその時点ではショックを受けてもすぐにまた、元の歴史観に戻ってしまったことでしょう。大多数の人間の歴史意識なんてそんなものなのです。

ちゃんとした資料の裏付けのあることです。少なくとも日本の中学の教科書には載せてもらいたいものです。ちなみに、もし実行されていれば、殆ど全てゼロ戦をはじめとする優秀な日本軍の戦闘機に殆ど全て撃墜され、パラシュートで脱出した米国兵は捕虜となっていたはずです。
   (當田晋也)


(宮崎正弘のコメント)言い訳がましくて恐縮ですが、年表と索引は編集部が作成しました。
            ◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
大好評発売中! 
宮崎正弘 vs 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 歴史修正主義の逆襲が始まる! (定価1944円)
  ――ルーズベルトはいかにして対日戦争を仕掛けたのか?
AmazonのURLは下記の通りです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/

 ♪♪
はやくも四刷! 
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
世界情勢を政治、経済をカバーし、裏情報満杯、直近の分析。(定価1296円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/

    ♪♪♪   
<絶賛発売中>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/09/04

    幇(パン)は星の数ほどある。しかし、大切なのは洪門(ホンメン)と青幇(チンパン)である。



     原点は共に中国の戦国時代、紀元前の話である。戦国時代の思想家の墨子の思想を原点にしている。その後、洪門は、三国志の時代、関羽、張飛、劉備の時代に根元が出来上がったと言われている。さらに水滸伝の時代(12世紀)に梁山泊を拠点に洪門が再結成されたとも言われている。そして、洪門が本当の意味で、一本化されて強くなったのは、17世紀後半である。台湾の開祖始祖と言われ、日本では歌舞伎の「国性爺合戦」に出てくる和藤内と言う人物である鄭成功が、台湾から東インド会社を追い出して、清に対抗する巨大な勢力を作った。その鄭成功が、洪門の中興の祖と言われている。



     それまでの洪門には、たくさんの流れがあった。例えば、哥老会、三合会、天地会、三点会などである。これが17世紀後半になって、反清復明、清をひっくり返して明を復興させようという大きなうねりとして一本化されて、洪門が出来上がった。



     哥老会は、主に密輸、特に麻薬の密売をし、人殺し、暗殺を行っていた。テレビドラマの「仕事人」とか「仕置人」のようにお金をもらって人殺しをする。これが哥老会の流れである。また、三合会は密輸が専門であり、天地会は政治結社である。清をひっくり返すという政治結社である。



     幇の原典は墨子と言う古代中国の思想家にあるが、中国が海外に行くとき、怖いので、自分を守ってくれる組織として幇が必要だった。では、中国人はいつから海外雄飛を始めたのか? 

    それは唐の時代である。西暦では7世紀から8世紀にかけて、中国人は外国に飛んで行った。この時代に中国人は自分たちの身内を守るために結社を作った。また、朱元璋が明を建国して、最初は貿易を推進したが、すぐに海禁政策を行い、政府が認めない貿易は禁止した。政府が禁止すれば、当然ながら密輸が活性化する。幇が生まれた7、8世紀からやってきたことは、交通と通信と密輸である。そして今日も幇は裏社会で交通・通信・密輸を仕切っている。この裏社会のアジアの拠店は台湾と香港マカオにあった。



     香港マカオ及びアジア結社として知られているものに、新義安(しんぎあん)、14K、竹聯幇(ちくれんぱん)の3つがある。



     14Kは、香港のある町の4番地にあった国民党と言う意味である。1987年から2000年くらいまで14Kは、世界最強、史上最大の暴力団だった。構成員は20万ともいわれたが、現在は見る影もなく衰退している。なぜ衰退したのか? 

    組織の老化である。14Kは国民党軍である。そして国民党の洪門員が香港に逃れて14Kをつくった。作った人たちは、1990年代には70、80歳である。世代交代を行わなかったため、老化の結果、組織が恐ろしく衰退している。



     今、香港マカオで力のあるのが新義安である。彼らは昔から通信、密貿易が得意である。新義安の構成員は10万ともいわれている。新義安も14Kも、洪門系と言われている。そのトップの2000人は、洪門の人間である。



     竹聯幇というのは、青幇系の組織である。これは、亡くなった陳啓禮氏が広げた団体である。今は香港マカオ、シンガポール、クアラルンプールを中心にして、アフガニスタンにも支部がある。この奥地への広がりも、大変興味深い。

  • 名無しさん2017/09/04

    外電記事はurlをつけていただくとありがたい。