国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み<< サンディエゴで秘密のトンネルから夥しい中国人の不法移民

2017/08/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月30日(水曜日)
         通巻第5410号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 サンディエゴで秘密のトンネルから夥しい中国人の不法移民
  麻薬カルテルが掘ったトンネルが人間を運ぶルートにも使われていた
****************************************

 8月29日、アメリカ税関・国境警備局はカリフォルニア州南部サンディエゴの郊外で新しいトンネルの出口を発見した。
じっと待機していると不法移民がぞろぞろと30名。このうち、23名が中国人男女だった。

かれらは中国からメキシコへ入り、国境をトンネルをくぐりぬけてアメリカへ密入国する。マフィアに支払うのは2万ドルが相場だという。

 もともとメキシコからカリフォルニア州やアリゾナ州へのトンネルは麻薬カルテルが掘った。トランプ政権となって国境の壁をつくるとなった直後から、トンネルの発見率も増え、逮捕者もふえた。
 ちなみにことし上半期の不法入国の逮捕者は193名という。

 発見されたトンネルは2013年に僅か四つ。それが2015年はに8,2016年に貫通していないものも含め861ヶ所でトンネルが発見された。
 発見次第、待ち伏せ作戦をおこなったり、セメントで出口を塞ぐ処置がとられてきた。

 一方の中国。経済繁栄に酔いしれる筈で、賃金がこの十年で四倍になったとされるのに、なぜいまだに外国へ命がけで渡航し、しかもマフィアに2万ドルも支払ってまで出稼ぎに行く必要があるのか。

 奴隷のような人身売買組織が介在し、麻薬や武器、そして売春など非合法ビジネスが地下に猖獗しており、中国の地下経済が一足先に不況に突入したのかも知れない。
     □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ▼READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 「とびっきりの講演会」のお知らせ

?演題 「日本の政治・経済を語る」
?講師 文部科学大臣・参議院議員 林芳正先生
?日時 平成29年9月20日PM6:00〜
?定員 先着90名(要予約)
?会場 神奈川県民サポートセンター3F 304号会議室
(JR横浜駅西口徒歩3分ヨドバシカメラ裏手)
?問い合わせ先 045−263−0055



  ♪
(読者の声2)北朝鮮危機と日本の対応
 北の核ミサイル危機で北朝鮮に金をやれという意見があるが、如何なものか。極東では「金と武器のどちらかを選べと言えば、武器を選ぶ。金で武力は買えないが、武力があれば金を巻き上げられるから」という。
これは北朝鮮の指導者も公言している。金をやっても核は手放さない。
 さらに北朝鮮の狙いは金ではなく日本の占領と併合だ。朝鮮人は「小よく大を飲む」と豪語しているという。だから米国との話合いも日本から出て行けということになるだろう。日米安保の破棄だ。
北の問題を金の問題と考えるのは視点が低い。
 こうして考えるとあらためて日本は無力であることに気づく。パニックだ。そして安倍首相を守る重要性と敵の安倍下ろしの狙いが分かる。「指導者無き群衆は無力」だからだ。戦争は始まっている。
日本の対応は核自衛しかない。報復力で北朝鮮の脅威を相殺するのだ。米国は核拡散で北朝鮮と同等の国になったので、自国防衛には核を使うが、他国防衛には使わない。
身替わり被曝はできないのだ。これはオバマ大統領が公言している。北はこの隙を狙っている。
 こうした状況での日本の行動は、特例法による再軍備、米国支援による早期核自衛だ。核ミサイル原潜10隻体制で絶対国防力を確保する。危機に対応出来ない占領憲法は棚上げする。政府は時期尚早と言えば良い。時間が無い。
 米国は自国の負担の軽減と中朝露の極東政策の複雑化をねらって日本の核自衛を支援すると見られる。
 安倍首相は非常事態を国民に伝えるべきだ。政府の報道機関が必要なので国営放送を開始する。NHKは占領放送の遺物で、存在意義がないから解体だ。
 格言:「座して死を待つ事無かれ」
「世界に憐れまれて滅びるより、世界を敵に回しても生き残る」(イスラエル大統領言)
   (東海子)


(宮崎正弘のコメント)チャーチルは言った。「若者の怯懦は国を滅ぼす」。
戦略研究家のエドワード・ルトワックはこういった。「男は戦争を好み、女は戦士を好んだ」。
武士道を忘れた日本の若者に国を死守する気概があるだろうか、ときどき深い懸念を抱きます。



   ♪
(読者の声3)貴誌前号に再録された加瀬英明氏のコラムを拝読して、信じられない気持ちになりました。日本外交の専門家のレベルとは本当にこの程度なのでしょうか。
 これではまさに、勝手に夢をえがき、『おむすび』を与え、柿の種から柿木を育て、柿の実がなると熟れた実はとられ、青い柿をぶっつけられて泣き寝入りする。そう日本人なら誰でも知っているはずの「猿蟹合戦」です。
  加瀬英明氏の『専門的ご提言』は、「私はアメリカが北を核保有国として認めて交渉するのに合わせて、?「日本も北と交渉して、北が核弾頭数とミサイルの射程に制限を受け入れるのと引き替えに、日朝間で国交を結ぶことを提言してきた。?1964年の日韓国交正常化の時に、韓国に6億ドルを供与したが、今日の貨幣価値にして1兆円以上を、10年あまりに分けて北に提供する。?交渉がまとまれば、拉致被害者が全員帰国して、朝鮮半島に平和秩序が確立される。?韓国は日本からの6億ドルによって『漢江(ハンガン)の奇蹟』を行ったが、北も『大同江(デドンガン)の奇蹟』を行うことになる。?このあいだ北朝鮮は、親日国家 にならざるをえない。そうなれば、韓国も反日を叫び続けるわけにゆくまい」
とあります。

  これを拝読して、この世の不条理なことをさんざん見聞きし、何事も疑ってことを処することも必要なのだという経験を積んで人生を送ってきた一般社会人であれば、上記のご提言について以下の如き感想を持つことでしょう。
 今までの拉致問題など北朝鮮との外交のやり方からすると、日朝間で国交を結ぶことなんかできるのか?できるはずがない!
できたとしても滅茶苦茶な北の要求を受けなければならないと予想するのが大人の常識であろう。それでもいいのだろうか?
北朝鮮と韓国はことあるごとに、「我々は同一民族だと」と声高に叫んできたが、なぜ同一民族に2度も供与しなくてはならないのか?
彼らは統一国家に成ると言っているのだ。又韓国に6億ドル供与したのだから、北朝鮮は「もっとよこせ」と間違いなく要求するだろう。日本は彼らの言い値をそのまましはらうのか?
交渉がまとまったら、拉致被害者が全員帰国する?
まさか! 今までのように拉致被害者数を小出しにしてくるにきまってるではないか。これほど拉致家族の人たちを苦しめてきた彼らをこれからは正直な人になるとでもみなせるのか?韓国人のいう”最終且つ不可逆的的“という彼らの主張を正しいとみなすのか?朝鮮半島に平和が訪れる?鳩山元首相だってかような子供じみた考えはおっしゃらない筈。
巨額のお金を供与すれば、韓国も北朝鮮も反日を叫ばなくなる?まさか! 従軍慰安婦の次に彼らは何を言い出しているのでしょう?軍艦島が終われば又他のことをいいだしますよ!
 ということだとおもいます。

 又「この1ヶ月あまり、アメリカのマスコミでも、同じような意見が多数を占めるようになっている。ワシントンの安保問題専門家から、私に「あなたのいった通りの 方向に動いている」という、メールがあった」と加瀬氏は『正論風』に書いておられますが、アメリカ人と本当に頻繁に交渉した経験のある人であれば、「アメリカは日本へのコミットメントから逃げようとしているな」「加瀬氏の意見をこれ幸いと思っているな」とピンとくるのが当たり前だとおもいます。

  なお「アメリカは、先制攻撃は韓国で何万人もの死者が出る事から、先制攻撃はありえない」と専門家は盛んにいいますが、広島や長崎では何名の民間人が亡くなったのでしょうか。
彼らは「もし原爆を落とさなければ 戦争が長引きもっと多くの米国人将兵がなくなったから」と言っていますが、これと全く同様の論理、つまり「今 北を武力行使しなければ将来ロスアンジェルスのような都市でもっと悲劇的なことが起きてしまう」と彼等が考えるのも不思議ではありません。
と言うより実際にある米国議会人が数週間前にこの発言していたと新聞にでていました。
(SSA生)


(編集部から)同様な意見が多数寄せられました。
        ◎□◇◎□◇◎□◎◇□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
大好評発売中! 
宮崎正弘 vs 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 歴史修正主義の逆襲が始まる! (定価1944円)
 ――これまでの近現代史解釈は間違いだらけだった
 ――ペリー来航の本当の目的は何だったのか
 ――西郷さんは本気で征韓論を訴えたのか
 ――日韓併合へいたる道はアメリカが背後にいた
 ――ルーズベルトはいかにして対日戦争を仕掛けたのか?
AmazonのURLは下記の通りです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/


 ♪♪
はやくも三刷!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

アメリカ通の藤井氏は最新のワシントン情報を分析し、ペンタゴンの慎重かつインテリジェンスの高さから、トランプ人事の軍人重視を良しとする。
 中国通の宮崎氏は、高層部の動きと軍の北朝鮮との絡みからも、アメリカが攻撃することを阻止するうえ、どうしてもこの緩衝地帯、鉄砲玉を中国は維持したいと動いている。
 「トゥキジディスの罠」をめぐって両者の意見は交錯しつつ、世界情勢の次がどう動くかの激論が続く。世界情勢を政治、経済をカバーし、裏情報満杯、直近の分析。
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


     ♪♪♪   
<<< 絶賛発売中! >>>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/08/30

    トンネルの出口を発見した。

    じっと待機していると不法移民がぞろぞろと30名。このうち、23名が中国人男女だった。←そのトンネル、まさにゴキブリ(中国人)ほいほいですね・・・

  • 名無しさん2017/08/30

    >極東では「金と武器のどちらかを選べと言えば、武器を選ぶ。金で武力は買えないが、武力があれば金を巻き上げられるから」という。

    コメントされた方の言わんとしていることは分らないではないけど、事実の問題としては、2007年の米国による北朝鮮口座の金融封鎖では、北朝鮮は、表向き、「金」を選んだ訳であって。結局、現代おいては、金も武器もどっちも大事であって、どちらか一方を選べと言われるなら、そのときの状況次第であるということで。今の日本については、十分な防衛費を賄うための「金」が大事であって、日本経済の再生を第1優先すべきではないかということ。早急に必要な装備については、国債発行で対応すべき。防衛装備を揃えることを急いで経済をおかしくするようなことはないような注意が必要ではないかと。

  • 名無しさん2017/08/30

    本当のところ、北朝鮮の実態についてはさっぱりわからない。北朝鮮ほど情報の流出を管理、阻止している国はないからだ。



     中国でも、通常は中国共産党、あるいは人民解放軍と言うようなところの情報は全く漏れてこない。文書も出ない。しかし、時にはいろいろな高官が亡命して、そのお土産に必ず中国中枢の情報を持って出る。また、多くの中国共産党幹部の子弟はアメリカに留学している。習近平総書記でも、その周辺の人達の中にはアメリカで生活している人も沢山いる。そういう関係があるので、いろいろな形で亡命を誘惑したりというようなことで、中国の実態がよく分かるわけである。本当のところ、今、習近平総書記が何を考えているのか、アメリカは正確に認識している。



     しかし、北朝鮮は全く良質な情報が出てこない。北朝鮮について、専門家と称する人たちがいろいろなことを書いているが、その分析の根拠になるのは、朝鮮中央通信とか、当の機関誌である「労働新聞」とか、人民軍の機関誌である「人民軍」とか、その他の北朝鮮が公式に発表した文書や出版物である。



     共産党の国は、党中央に必ず宣伝部というのがある。中国共産党の中央宣伝部は、中国のすべてのメディア、最近ではインターネットその他、全てをコントロールしている。したがって、そこから流れてくるものは、現在の中国政府の意向に沿った情報ばかりである。それと同様に、北朝鮮の場合も、労働党中央に宣伝扇動部というのがあって、全てのメディアの伝えるものはそこを濾過して流されてくる情報だということになる。



     今、北朝鮮から亡命する人が沢山いる。しかし、殆どの人はランクが高くない人たちなので、これらの人達のもたらす情報によって中国と北朝鮮との国境あたりの人民の生活状況とかはわかるが、平壌の中枢、例えば、金正恩委員長の周辺で何が議論されているのかといったことや、金正男の問題でも、本当に北朝鮮が組織的に殺したのか、本当のところはよく分からないわけである。



     北朝鮮のイデオロギーはチュチェ(主体)思想と言われているが、チュチェ思想を確立したファン・ジャンヨプと言う人が韓国へ亡命した。この方は金日成主席と一緒に、中ソ対立の中で北朝鮮独自のイデオロギーを確立した人で、金日成時代には党中央書記の一人であり、大変偉い人だった。本来は日本滞在中に亡命するはずだったが、日本では朝鮮総連のガードが非常にかたかったので、中国へ行ってから韓国大使館に逃げ込んで亡命した。



     ファン・ジャンヨプが話すことには限界があった。彼が言うには、金日成がなくなって金正日が後継者になったけれど、金正日と意見が合わなかった。つまり、何がチュチェ思想かということについての解釈が合わない。共産党の国は、絶対権力者が亡くなると、当のイデオロギーの解釈権を巡って激しい権力争いが展開する。ファン・ジャンヨプ氏は自分がチュチェ思想を作ったので、自分か解釈することが金日成時代からのチュチェ思想の神髄だと思っている。ところが、後継者の金正日は、自分が解釈するのがチュチェ思想だと言う。つまり、解釈権を独占しようとしたわけである。



     こういうことで、ファン・ジャンヨプ氏は、粛清されるであろうと予感して亡命した。

  • あぁ、お次のネタは?国連脱退、核実験、南侵、テロ?それとも・・・。2017/08/30

    ○貴メルマガが報じる米国内秘密トンネル。米国海軍の軍港サンディエゴに掘られていた狙いとは?米国本土の他の軍事拠点や重要施設の地下にも秘密トンネル群が掘られ、中国不法移民(が、その正体とは?中国人民解呆軍特殊部隊では?)が決起の時を待っているのかも。悪夢である。が、世界最大最強の軍事諜報超大国の米国は何らかの意図を持って泳がしているだけかも。いざとなれば一網打尽、瞬殺だろうが・・・。いずれにせよ、中国共産党は即刻解散、完全廃党を。小中国、北朝鮮もろとも共倒れすることで世界平和と人類福祉の増進に貢献して欲しいものだ、が・・・。



     報道によれば、2700Km飛んだという北朝鮮発闇市場入手バッタモン弾道ミサイル。その発射方向を西にずらせば、中国海南島や三峡ダム、四川核基地も射程範囲内である。対米威嚇の他、中国への脅しもかねていたのだろう。米国トランプ大統領は「北朝鮮は隣国を侮辱した」とし、暗に中国中枢に北朝鮮始末を促しているようにも見える。また、韓国や日本を用具化し、対北朝鮮攻撃に使役するかもしれない。米国といえども自国民や自国軍隊を1%でも残る危険に晒すわけには行かないのだろう。アジアの脅威はアジアに取り除かせる。そんなつもりかも。で、主戦場は日本と韓国、中国ということか。北朝鮮をむしろ用具化することで、長征の野望を抱く無神論の共産国家中国を潰し、北朝鮮による反米浸透戦略が深く広く蔓延している反米韓国を潰し、「ナチスの手口」でポツダム宣言受諾前の国体・政体を野望する『教育勅語』『わが闘争』容認靖国ナチス賞賛国家日本をもスクラップにする・・・。そんなグランドデザインを描いているのかも。米国の深慮遠謀、計り知れない。



     「日本向けではない」 今回の北朝鮮弾道ミサイルを日本は迎撃破壊せず、同盟国米国向け北朝鮮弾道ミサイルの日本上空通過容認の態度を公に宣明してしまった。逆にいえば、「日本向けの北朝鮮弾道ミサイルは迎撃しなくてもよい」との免罪を米国に与えたようなものである。センパン三世髭なしヒトラー率いる靖国ナチス土台人内閣はじめ長州謀略政治は、大日本帝国の残置諜者国家であり皇軍ラストバタリオンでもある北朝鮮の核弾頭ミサイルで「対米百年戦争」のケリをつけ、「開戦の詔勅」成就、「八紘一宇」の野望達成を目論んでいるのかもしれない。が、その末路は?72年前と同じかそれ以上である。



     報道によれば、「ナチスの手口」を学ぶとした政権中枢幹部が、またしても本音(ヒトラーの「正しい動機」)を漏らしたという。『ポツダム宣言』は知らなくても『わが闘争』は熟読・熟知しているのだろう。残念な「ナチス・ジャパン」の実態である。

     

     結局、どれもこれも旧GHQが残置した「戦前」のゆえである。日本と日本人をしていつでもなんどでも地獄の底へと叩き落す魔界のチャンネル、戦争無反省の傲岸不遜の砦、政治的霊的覚醒を阻む「馬鹿の檻」となっている。残念な民度だった。日本が執着する「反ユダヤ」はやがて「反日本」となって日本人自身の身に降りかかる。アウシュビッツ絶滅収容所の「死の門」を次にくぐらされるのは日本人かもしれないのに・・・。いったいいつになったら、靖国ナチスを脱却、卒することができるのだろう?残念だった・・・。