国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <トランプ政権、高官人事が進まないのは何故か?

2017/08/27

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月27日(日曜日)
         通巻第5406号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権、高官人事が進まないのは何故か?
  行政に支障がでても、構わないという態度の根本的理由
****************************************

 発足から七ヶ月。トランプ政権が指名して上院の承認をえた高官人事はまだ124名。とくに15省のうち、10省で副長官が決まらない。農務省、エネルギー省、労働省ではトップ人事は10%も決まらず、逆に85%に達したのは厚生省だ。

 2017年8月25日現在、ワシントンポストの累計によれば歴代政権との比較で、その遅れは歴然としているという。
 ちなみにオバマ政権は就任七が月で高官433名中、310名が決まっていた。同じように414名中294名がブッシュジュニア政権。345名中、252名がビルクリントン政権の人事だった。

 例えば国務省を例にとると、長官、副長官、次官、副次官、次官補、その下にアジア政策を統括する部長クラスが並ぶ。主要な高官は200名強である。

 高官が決まらなければアメリカのようなトップダウンの国家では、何事も決まらない。なぜ遅れているか、それが謎である。

 メディアがあげている理由は従来的な要素が原因としているばかりである。
とくにトランプ政権には非協力的な人材が多いため、恒例の議員推薦、仕事のやりやすい部下の推奨、ロビイスト、シンクタンクの自薦組他薦組が列をなし、本来ならば履歴書の山ができている筈なのだ。

 ホワイトハウスからバノン、フリーバスが去って、事実上この権力の館を采配しているのはクシュナーであり、これにジョン・ケリー、イバンカ、マクマスターが加わる。
 
 バノンが言ったように「ホワイトハウスは身内と軍人と、そしてウォール街の代理人の三派連合だ」。

 人事に当たって、かれらが重視しているのは「忠誠度」であり、とくに選挙本場で、「ネバートランプ」の署名した共和党主流派系の150名には絶対に指名は回らない。そればかりか、彼らが政権の協力をしようとする保守主義的な人材に圧力を駆けていると言われている。

 もっと穿った見方は、コミー前FBI長官の会員やマクファーランド安全保障担当副補佐官のシンガポール大使転出に見られるように、トランプは忠誠度のリトマス試験紙ばかりか、政権の高官層に蔓延る「内部の敵」を見つけ出し、はやめにその芽を摘もうとしており、人事が遅れていることはあまり気にかけていない様子だという。

     □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ▼READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 26日付産経新聞1面コラム「産経抄」に朝日、毎日、東京3紙の「何が何でも安倍政権を倒せ」との『狂奔』ぶりが紹介されていることはご存知だと思います。
ある東京新聞記者は上司から「安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ」と号令されたそうです。
以前も紹介したように、この傾向は5月3日の安倍総理の憲法改正発言からより一層激しさ増したようです。
 既に「中立、公平、公正」という新聞社の基本原則はかなぐり捨て、「安倍政権打倒」を唱える。言ってみれば政党機関紙の赤旗と何ら変わりはありません。
 実は私が毎週流しているインターネットTV番組で、先頃、この問題を取り上げ、特に産経阿比留記者の「朝日新聞は『発狂状態』だ」という記事(Hanada9月号)を紹介し解説したところ、あちこちで引用されるなど大きな反響を呼びました。
 しかし3紙のこうした新聞の基本原則をも逸脱した行為は、必ず自分たちの首を締めることになるでしょう。
いやもっと言えば、産経や読売なども含めた新聞全体の衰亡を著しく早める要因となるでしょう。朝日にとっては存亡の危機にまで追い詰められつつある新聞社の断末魔かも知れません。
(加藤清隆)


(宮崎正弘のコメント)小生が『朝日新聞がなくなる日』(ワック。絶版)を書いたのは八年前、2009年でした。チト予測が早すぎましたね。
         ◎□◇◎□◇◎□◎◇□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
発売中! アマゾン入荷しました
宮崎正弘 vs 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 歴史修正主義の逆襲が始まる! (定価1944円)
 ――これまでの近現代史解釈は間違いだらけだった
 ――ペリー来航の本当の目的は何だったのか
 ――西郷さんは本気で征韓論を訴えたのか
 ――日韓併合へいたる道はアメリカが背後にいた
 ――ルーズベルトはいかにして対日戦争を仕掛けたのか?
AmazonのURLは下記の通りです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419721/
    ○○○○○

 ♪♪
はやくも三刷!
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アメリカ通の藤井氏は最新のワシントン情報を分析し、ペンタゴンの慎重かつインテリジェンスの高さから、トランプ人事の軍人重視を良しとする。
 中国通の宮崎氏は、高層部の動きと軍の北朝鮮との絡みからも、アメリカが攻撃することを阻止するうえ、どうしてもこの緩衝地帯、鉄砲玉を中国は維持したいと動いている。
 「トゥキジディスの罠」をめぐって両者の意見は交錯しつつ、世界情勢の次がどう動くかの激論が続く。世界情勢を政治、経済をカバーし、裏情報満杯、直近の分析。
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/


     ♪♪♪   
<<< 絶賛発売中! >>>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/08/27

    今年の3月初旬、「バラク・オバマ前大統領がホワイトハウスから3?離れたカロラマと言う高級エリアに屋敷を構え、そこを拠点としてトランプに対する反乱を画策している」と欧米の各メディアで大きく報じられた。その頃、ハザール・マフィアはバラク・オバマを再び担ぎ出して、何とかトランプに反撃しようと模索していた。ところが、その直後に、フランス領土のタヒチ島に逃げて1か月の休みを取って、完全に姿が消えた。その理由は、今年2月16日にカリブ海でレディ・ミシェルと言う名の漁船が4・2トンのコカインを積んでいたのが摘発されて、その船はオバマ名義だった。その後、オバマは拘束されたが、米国当局の取り調べで麻薬密輸についてペラペラ喋って、その後、いきなり16トンものコカインが押収されるなど、カリフォルニア州をはじめ全米各地で麻薬の摘発が相次いだ。



     もともと、オバマはブッシュやクリントンなどの麻薬マフィアに担ぎ出された大統領役者だった。オバマは全部喋ったため、再び外に出られる。今度は彼の生まれて育ったシカゴでシカゴマフィアの保護下に置かれるようである。オバマはもうトランプを倒すようなことはやめますということで、仮釈放された。



     他に消えているのはジョージ・ソロスである。昔の影武者みたいに、まだ生きているように細工されているだけである。だけど、無理があって、例えばダボスの会議で、ソロスが喋った映像がニュースで流されたが、全部ブルームバーグの映像だった。日本で言えば、テレビ朝日が撮影した映像をNHKとかTBSが使っているみたいな状況で、ロイター、MSNBC、全てのマスコミがブルームバーグの映像を使ったのである。ブルームバーグの映像以外、表に出てこないのはおかしい。要するに、本人はもういないのに、まだ生きているように見せかけるためにCGか何かで細工した映像を世間に流している。



     他に最近消えて姿が見えないのは、ニコラ・サルコジ・フランス元大統領、イギリスの元首相・トニー・ブレアの姿も見えない。ジョン・ケリー元国務長官も消えている。ヒラリー・クリントンもビル・クリントンも表に姿を現していない。



     一番大きいのは、デイビッド・ロックフェラーが死去した事である。デイビッド・ロックフェラーは外交問題評議会、ビルダーバーグ会議、三極委員会のトップだった。戦後70年間、裏のボスだと言われた人間である。彼が死んだことが正式に発表されたことで、欧米の権力の最高峰に空白が生じている。それでパニクって、変な状況がみられる。



     ヘンリー・キッシンジャーがそのポジションを狙っていろいろと動いている。1971年から73年のニクソン・ショックの時、ドルが金本位ではなくなり、ロックフェラーは石油本位制に乗り換えた。この時、ドルと円を発行するのに必要な金融システムのコード(暗号)を持っていたのはキッシンジャーだった。だから、彼には大きな力があると言われていたが、デイビッド・ロックフェラーの手先でしかなかった。



     今上天皇はやめたくない、ただ圧力を受けている。

  • 名無しさん2017/08/27

    ネットで誰も書いていない「莞達嶺事件」。日本人女性への「強制連行」と「性奴隷」。

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34863660.html

    中国人が日本の医療にタダ乗り!高額のがん治療で 制度の盲点を突き、中国人のために高額の健康保険料を払わされている日本人 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-4912.html

    通州事件の不都合な真実 日中開戦の裏に見え隠れする朝鮮人の影 

    http://propagandawar.info/post-6978/

    長征前夜の死(私)闘

    http://www.shakaidotai.com/CCP044.html

    馬鹿とプロパガンダ

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/bakapuropaganda.htm

    ワクチン 副作用

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3+%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjetsvWzvbVAhUKerwKHY8pBsgQ_AUIDCgD&biw=1097&bih=531

    プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170826.pdf

    怨念霊や祟り霊はなぜ、子孫を恨むのか? 

    https://blogs.yahoo.co.jp/kali071973/3834729.html

    若者の「胸」への関心が低下 アメリカの調査で判明

    http://news.livedoor.com/article/detail/13524305/

    売国のモンサント法【食糧安保】種子法廃止から視えてくる日本農業の未来

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/5dcefaed6dda9cfe9426abbcb78f4250

    健康保険を食い尽くし、病気を作る医療の実際・・・

    http://blog2.tumuzikaze.net/index.php?QBlog-20130525-1&mode=category&catname=%E7%99%8C%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82

    自閉症・アスペルガー発症のメカニズムと犯罪との関連

    http://t-yoshimura.doorblog.jp/archives/54421193.html

    エントロピーからシントロピーへ 

    http://www.long-life.net/new_page_304.htm

    自殺に関する本を読んだ(2)「生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある」 

    http://monyakata.hatenadiary.jp/entry/20141123/1416726886

    廃線のディーゼルカー10年ぶり復活、その意外な理由 神岡鉄道「おくひだ1号」

    https://trafficnews.jp/post/68356/

    大阪市ヘイトスピーチ条例3

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/01/16/420-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E6%9D%A1%E4%BE%8B%E2%91%A2/

    慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士

    http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51804890.html

  • 名無しさん2017/08/27

    プーチン大統領が、北朝鮮問題で、“戦争への道を取り続ける”ワシントンDCの連中に対して、子供の売買やペドフィリアに関わっている人物の名前を公表すると警告しました。

     おそらくこの警告で、彼らは動きが取れなくなるでしょう。9月の半ばには、これらの問題は決着がついていると見ています。

      オバマをリーダーとする連中は、アメリカ全土で暴動を起こし、トランプ大統領を非難し、弾劾に持ち込みたいのだと思いますが、このことも含めて、決着がつくと思います。

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170826.pdf

  • 名無しさん2017/08/27

    誰にでもアメリカの異常事態が分かるようになったこととして、米軍がトランプの言うことを聞いていない状況が起きてしまっている。さらに異常な動きとして起きたことは、北朝鮮絡みであるが、テレビで金正男がマレーシアで暗殺されたという映像を延々と流していた。ところが、マレーシアで殺された人間は金正男ではない。東京で逮捕された当時の写真とマレーシアの写真を見れば、確認できる。



     更にその後、金正男の長男・金漢率(キム・ハンソル)だという映像が出た。キム・ハンソルはフランスのパリ政治学院を卒業した優秀な人間だというが、そのハンソルと、映像に出ていたハンソルは別人だと中国側と北朝鮮側が言っている。本当のキム・ハンソルはかっこいい男ではないようである。これはロスチャイルド一族のフランス家が、北朝鮮の上に自分たちの替え玉を置いて、北朝鮮の地下資源を奪取しようと狙っているからである。つまり、ロスチャイルドの中央銀行がない国、リビアとかイラクとかイランとか北朝鮮が、みんな攻撃されている大本は、ハザールマフィアの中央銀行を持っている人らの思惑なのである。それを止めようとする動きもある。軍や情報当局の良心派が、この人たちを倒そうとしている。これも目に見える兆候は沢山ある。

  • 名無しさん2017/08/27

    女系天皇が生まれると日本が滅ぶ理由 



    http://propagandawar.info/post-6917/



    毎日新聞は、日本人を侮辱する変態記事を世界発信してたんだよ。



    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-74.html



    サタンが世界を支配している



    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170824.pdf



    和田政宗「前川喜平の根本的な問題は出会い系バーに行っていたこと。捜査が進んでるので金銭的授受が証明されれば買春・売春で逮捕」 



    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-4933.html



    プロパガンダの考察4



    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/puropaganda4.htm



    電通は朝鮮人に乗っ取られている! 



    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12303722674.html

  • 名無しさん2017/08/27

    トランプは忠誠度のリトマス試験紙ばかりか、政権の高官層に蔓延る「内部の敵」を見つけ出し、はやめにその芽を摘もうとしており、人事が遅れていることはあまり気にかけていない様子だという。←さすが、トランプ大統領ってところですね。扨て、2009年に『朝日新聞がなくなる日』をだされた宮崎先生、8年もまえに、さすがの慧眼でございます。すごいです。

  • 名無しさん2017/08/27

    朝鮮人の強制徴用工問題について 

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12304625619.html

  • 名無しさん2017/08/27

    朝鮮人の強制徴用工問題について 



    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12304625619.html